このやろ〜〜〜〜外へ出ろ〜〜 と外へ出たらたったひとりだった

 


 


これは前に書いたかな?


いつも合う同郷の同級生。


合う度に口げんか。


このまえなんか、ボク「このやろ〜〜〜外へ出ろ〜」と怒りまくった(案外短気なんですよ。あんがいじゃないか)


 


そしたら、こいつ「俺は外へ出ない」


しかも、おれは「手を出さない」


と言うのですよ。まったく。


じゃあ、外へ出たら俺だけだった・・・なんてことに。


しかも、


殴る相手がいないから自分でも殴るか・・・首締めてやろうか・・・


でも、首締めたら苦しいし、なぐったら痛いし・・


 


ああ、分かってますよ。分かっていても「知っているだけ」なんです。


 


じっさい現場になれば、直ぐ忘れているって! 


鏡の法則。


この自分の見る世界はぜんぶ自分が創造主たってね。


そんなこと実際の時は忘れちゃってるって。


だから、目の玉ひんむいて怒っている。マジで殴りかかっているかも。


相手が自分を映しているなんてぜ〜〜〜んぜん考えられない。


そりゃ、何事もないひとりのときはさも「さとった」と勘違いしてうんうんとうなずいて、よし、あいつにも教えてやろうなんちゃって(その相手も自分だってこと忘れているーー爆)


先回、さとりについて感がえてみたけど、やっぱりさとりを感じた人から話して貰うのが一番、ニンジン喰うまでは他人様の「おいし〜〜い」グルメ番組でも見てその気になっているか。


ようす、ずぶんでもニンジン喰うぞ〜〜〜


だれか早うもってこ〜〜い


(目の前にぶら下がっているのも見えずにね)


 


玉玉、じゃない、股股まえがきがながくなった。


ここでも読んでニンジン食らえ


 


 


 



壁(その2)


下記からとんびました











■

不意打ちに遭わないためには



 


 


 


 


スポンサーサイト

医学はまずは初歩に戻ってから。風邪薬神話から始まった現代医学の見直し

けっこう題名に苦心したりして(笑い)


未だに風邪薬神話

何十年たっても素人も玄人も知ろうとしない衆

病気の原点とも言える風邪。
この風邪に対して風邪薬も薬の原点かも。


風邪を治す風邪は無い。

これも常識中の常識。
しかし、
風邪をひけば風邪薬。

これも日常の常識。

なんだこりゃ。

相矛盾することがこの地球上では矛盾しない。

これも常識なのかもしれない。

医師も患者も素人集団か?

常識無視の常識論?

それはいい、原発安全神話など屁な様なものだ。
活断層上に作っても安全なんだ。

それは神話だと言う人が過去にも居た。
けど、

みんながそれを無視。

とにかく、原発は大地震に耐えられる安全でクリーンなものなんだ。

それは常識だった。
だれも不思議だとは思わない。
だから常識なんだろうけど。

そして、安全なものは大都市の近くには作らない。
送電ロスがいくらあっても地方に作る。
決して東京湾や大阪湾などには作らない。

安全なんだけど。

人は常識にしてしまえばなんでもいいのだ。

風邪を治す薬は無い。

しかし、風邪を引けば風邪薬。

これが常識というものなんだ。

くろうと(学者医師でも)でもしろうとでも同じく知ろうとしない集団。

これを知ろうとしない衆と名付けた。

知ろうとしない衆は常識に従う。

矛盾しようがしまいが、そんなことカンケイナイ。オッパイピイ〜(古すぎる・・)


人類と病気のなれそめの出発点はたぶん、風邪だったかもしれない。

そこから病気と薬の二人三脚の旅が始まったのだろう、たぶん。

やじさん、きたさんの旅道中は二人あっての話になる。

ひとり旅ではこうは行かなかっただろう。

その二人の密な関係はやはり、「風邪と風邪薬」のコンビから。たぶん。

このコンビは永遠の密約を結んで始まった。たぶん。

まあ、蜜月な関係とでも言うかな。

このコンビを突然解消しようなどというヤツが現れたら、とんでもないことになる。
石投げつけられる覚悟で。

こころちゃんのお言葉ではないが「批判覚悟で」となる。

そんなアマイモンじゃない!かも。


この蜜月な関係を切るような非常識なヤツは犬にでも喰われて・・
え、犬も食わない?   筋皮ばかりで・・

風邪=風邪薬  
そこに抗生物質というよけいな供までくっつけたりして、ずいぶん賑やかな旅にしてしまって、もう。
これじゃあ、
海外まで道中が続く大集団となってしまった黄門様一行じゃないかよ。

最初は風邪=風邪薬 の関係がいろんなお供くっつけちゃってよう。

それでも旅は続く、いや、視聴率高いうちは何度でも続けちゃう。
それは
知ろうとしない衆、じゃない、視聴者衆が望むからだろう。
それに答えて放送する苦労と衆が一生懸命答える。
もちろん、スポンサーがバックに控えておろう。このもんろうが目に入らないか(スポンサー)

あれ、おかしい、とか、変だとか、むじゅんしてるなあ〜
などとぐうたら言うヤツはほっとけ。

こちとら、ずっと続けて居るんだ。実績がある!

風邪と風邪薬の蜜月な関係はこれからもずっと続くだろう。
知ろうとしない衆が待っている。
シリーズは何百年目に入った。これは驚異的な事実です。

なんとかいっちゃって(笑い)




■本当に恥ずかしいのは「風邪薬で風邪が治る」と思っていること 01:14
本当に恥ずかしいのは「風邪薬で風邪が治る」と思っていることを含むブックマーク Add Starmemoclipiwwdendoupoppofuktommychintaro3

  (中略)
それよりも、医学生の立場からすれば、日本が最も恥ずべきことは、中川氏を含めて「風邪薬で風邪は治る」だとか「風邪には抗生物質が必要」とか、あるいは「薬は増やせば治りが早く治る」と考えている国民が未だに大多数いるという惨めな現実です。

風邪の原因の90%はライノウイルスやアデノウイルス等ウイルスによるもので、その場合、抗生物質は効きません(二次的に細菌感染を起こした場合は処方することはありますが)。それどころか、不必要な抗菌薬の投与は耐性菌を増やすリスクにもなります。いまや大半の先進国では風邪に抗生物質を処方しないことは常識中の常識です。「帰って暖かくしてしばらく寝てたら治る」と対応するのが当たり前です。

ところが日本では、つい最近まで医師の中には「風邪にはとりあえず抗生物質」を出す先生がいっぱいいましたし、患者さんにしても未だに風邪で抗生物質を要求する人は多い。最近ではようやく医療界では風邪に対する抗菌薬投与の危険が認識されはじめ、医師も本当は出したくないと思っているのですが、何も薬を処方しないと帰ってくれなかったり、口コミ掲示板に悪口を書かれるので、医師も悪いことだと思っていながら抗生物質が処方されているのが現実なのです。

では抗生物質以外の風邪薬なら風邪が治るのか・・・これまた大ウソです。昨今、風邪の治療に使われている風邪薬のほとんどは鼻水や咳といった、体の症状を抑えるだけのものが大抵であって、風邪の治療にはほとんど役に立たない。確かに39℃近い高熱時に体力温存や脱水防止の意味も含めて解熱剤を出すことや、咳があまりにひどくて睡眠を妨げる場合に咳止めを出すことには、一定の意義はあるかもしれません。しかし、解熱剤を服用するとかえって治りが遅くなったという報告もあります。つまり、風邪薬では風邪は治らないし、むしろ大抵の風邪では自然に任せるのが一番なのです。ところが、世間では「風邪薬が風邪を治す」と思っている人の多いこと、多いこと。まさに恥ずべきとはこのことです。

そして、中川大臣やかつて私自身も犯したミス、「薬は用量を増やせば早く効く」という誤解。確かに薬の中にはたくさん服用することで血中濃度が上がり、効きも強くなるものが多いですが、一方で薬の副作用や毒性が現れる確率も高くなります。その副作用で病状がさらに悪化するのなら、用量を増やす意味はありません。適切にコーディネートされた用量を守って使うことが重要です。薬物というのはクスリにもなりますが、毒にもなるのです。だから薬理学ではED50とかLD50という概念があるんですけどね。ともかく、「たくさん飲めば効くんだ」という考え方は自らを危険にさらしますし、そもそも対症療法にしかすぎない風邪治療では、用量を増やしたところで症状は緩和されるにしろ、風邪そのものが早く治るわけがありません。

正直、海外メディアにはどーでもいい大臣の記者会見よりは、こういう「恥ずべきニッポンの常識」というものを取り上げてもらいたいものですけどね。


DATE:2011年8月25日(木)
URL:http://d.hatena.ne.jp/vvvfigbt/20090218/1234887291

ーーーーーーーーーーー以上ーーーーー

素人の中の素人の僕でさえ、30年前に知っていましたよ。
風邪を治す薬は無い
ということをね。

それを現役の医大生が書いておられるということ。
現役医師もまだ医師にもならない医大生から指摘されて
恥ずかしくないのでしょうかねえ?

え、そんな事はとうに知っている?
あちゃ。
それどころか・・
え?
医療の三大ガン治療が効かない!!
しぃ〜〜〜、これはがん治療のトップ級の常識ですので・・・



まあ、こんな話がいまだ続けられているという事実は

知ろうとしない衆がこの日本の底ぢからなんでしょうか・・・
笑えるような笑えないような・・



だから、支えて居るんですよ。
水戸黄門様の印籠が見たいんですよ、みんな。
いや、入浴シーンがみたいの?
いえ、大集団化したお連れが集合して悪を成敗する場面を見たいの?
あ、そう。

つまり、なんにも新しいのは知りたくない、古いのがず〜〜〜っと変わりなく見たいってわけね。


はいはい、ず〜〜〜っとお続けください。
見たいの止める野暮はしませんよ。

けどね、

僕にね、
「黄門様みろよ。」とか「見ないヤツはだめねえ」とか押しつけるのはやめてよ。
見ないからと言って村八分にするヤツもキライ!!


あんたなあ〜
好き嫌いだけで人をみるなよな。

・・・・・・・・・・・・・・・・

世界ワクチン推進拡大運営機構大本営発表

今回はずっと溜めてきた江寝る技〜を放出する意味で秋葉三尺坊の縁の下の力を貰いうけ執筆した。(じつはお盆に本家にお参りしたのです)


 


ワクチン



なぜワクチンがいけないの?

ああ、感染症にかかれない身体にしようとするからだろ。


え、それじゃ、いいんじゃないの。

うん、それだけならね。
でも、かかれなくすると言うことがね・・・


感染症にかからない身体だからいいんじゃないの。

かからない身体とかかれない身体はちょっと違うの。


はあ?


芯から丈夫でかからないのと、芯を弱めてかかれなくするのとは違うの。


よく分かんない


う〜〜ん、病気は悪だという考え方から産まれたんだろうね、予防接種というものは。


だって、病気は悪でしょ。


現象的に見ればね、しかし、根源的というか総体的視点では病気はカルマの解消。
いや、カルマというとおどろおどろしいか。
不調和状態から脱皮して本来の自分に戻るための過程とでも言った方が好いかな。


なんだか理屈っぽい。


はは、身体のお掃除。浄化作用。


お掃除?


そう、あっては要らないもの、部屋のお掃除、身体のお掃除。


じゃあ、感染症も?


みんな同じこと。そこに微生物を発見しただけのこと。
昔はそんなの知らなかったけど、いまで言う感染症はあった。


風邪も?

おんなじこと。
むしろ、病気の基本中の基本。だから、これを止めると次々と次の予約をする事になる。
しかも、孫子の代々まで。
人間はみんな根っこで繋がっている様なものだから、どこかで誰かがそれを肩代わりするような集団的な浄化作用が起こる。


それで世界中蔓延する感染症なの?


きっとね。全体を守るために。
畑の野菜がほとんど虫にやられた時に一部とか全部でもほんの一部残ることがある。
それで全体の浄化が一部の野菜で終わる。そして、そんな残った種から丈夫な野菜が子孫として続く。


じゃあ、にんげんも野菜並み?


たとえだけどね。同じ家族でも兄弟でも丈夫な人と弱い人いるでしょ。
誰かが全体の守り神的になって浄化引き受けているわけ。
だから、その弱い身体を選んできた病弱な人を哀れんでいるのは、実は変なんだよ。
実際は勇気ある決心をしてひとのために引き受けて来るんだから。


へえ〜〜それ本当なの?


たぶんね(笑い)
感染症だって全部が全部かかるわけじゃない。人によって千差万別、症状も軽重違うだろう?


じゃあ、感染症にかかるのとかかれなくするのってのは。


簡単だよ。浄化しないように身体を弱めてやること。


え、弱めると浄化しないの。


一っときだけどね。そのうち弱体化がすすめば万病化へ。短命化へ。
人は生命力があるから病気をする。つまり浄化作用を起こす力は生命力だからね。それを阻止するのが毒性物質。つまり薬と呼ばれているもの。


なんだ、毒性物質が薬になるの?


そんなのは薬学では常識中の常識だろ。
医者でさえ知らないとは言わせないけど、ほんとは医師は薬については素人なんだろうね。


へえ、素人?


まあ、本当の素人よりは知っているくらいの。
だから、風邪の患者に風邪薬出したり、抗生物質だしたりしている、これは素人だから出来るんだね。


へえ〜問題発言


まあ、批判で言ってるんじゃないよ。これ世界中でやってきたんだから。玄人も素人もおなじ事だよ。
で、感染症にかかれない身体にすると一時的にかかれなくなるのも毒性物質による副作用。


へえ、毒性物質の副作用?


そりゃ、そうだろう。毒性物質の主作用って言えば、毒なんだから毒による害作用だろう。


害作用が主作用で、病気にかかれなくなる作用を副作用・・・
あれ、どちらもけっきょくは害作用に・・・・


ご名算。一時的には病気にならない(もしくは苦痛緩和する)から、有効作用に見えるが、浄化するべきものが無くなった訳ではない。いずれは将来起こる。ぷらすその薬の害毒も。


どうして、くろうとがそれに気がつかないんでしょうね。


まあ、一時的とは言ってもかなり長期間かかったからね。
ながいスパンでみないと分からないし、気がつかない。それに学者自身がすでにその視点でしか見れられない様に教育を受けているからだ。


じゃあ、だれも気がつかなかった・・


いや、そうでもない。
だけど、そういう人は無視されるか出る杭だね。


出る杭は打たれるですか?


最近よく引き合いに出すけど、原発安全、クリーン、安価という常識と同じ。
すでに出来上がった方向に全員が乗ったというだけのこと。


それが3,11で崩れだして


そう、いまや脱原発が主流になりつつある。
しかし、数年前そんなこと言っているヤツは出る杭か無視だったはず。いま騒いでいる人たちだって、あの震災前の自分を思えば同じだろうね。


じゃあ、ワクチンとの予防接種も何か重大な事件でも世界的に起こらないと誰も乗らないのかな?


まあ、そんな事もあり得るしあり得ないかも知れない。
それが3・11以後の意識変化がどのように拡がっていくのかになるだろうけどね。


じゃあ、とりあえずはまだ予防接種、ワクチンは日本の国としては変わりなく続くという・・・


おそらくね、鉄道のレールを敷いてそこの走らせた列車だからね。
そういう国としての体勢が出来上がっているのだから、もう列車は止められないかも知れないね。


ありゃあ


でも、乗客は自分だからね
乗るのも降りるのも自由。自分の意思が通るこの国はまだ素晴らしいんだ。


でも、乗車拒否すると世間の目や評判が・・・・


昔それをやっていた人は大変だったろうよ。
けど、いまはかなり変化してきたからものすごく楽になったんだよ。
どちらにしても、自己判断の自己責任だからね。
だれも保証などしないし、出来もしないからね。


そうだな。
みんなで渡れば怖くない
って標語も時と場合にはアブナイなあ。


ここまで前技

ここから本番!




秋葉三尺坊  真打ち登場!


   じつは「ガン呪縛を解く」の名著を残して神去りました稲田氏


の明快な解説文。


   天上界から指示が来ました   何となく


 


豚インフルエンザ対策の愚-1
2009-04-29
豚インフル対策の愚-2(ワクチン)

2009-04-29

 豚インフル報道の愚-3(免疫力)
2009-05-03

洗濯権の放棄

洗濯の自由権は責任の義務も伴う


ほんと、どうでもいいことにばかり時間使いまして。

抗がん治療
抗ガン治療
睾丸、あ、まちがい、抗癌治療


このみっつの違いわかるひと?

ね、どうでもいい話でしょ(笑い)

まあ、まえから不思議であったんですよ。
コメントにある偉大性、じゃないな、医大生から
「癌とがんの違いもわからんくせに・・」
と指摘されて、
???となっていたんですが、まあなんとく、ばかばかしいなあ・・・
と思いまして、放っておいたんです。

ところが、今日、ほんじつそれが判明いたしましたあ〜〜!!

「厳密には上皮細胞由来の悪性腫瘍を「癌」、肉腫など上皮細胞由来でない悪性腫瘍を「がん」というんですよ。」

という記事を見つけたのです。

なるほど、医学はここまで退歩したんか、じゃない、進歩したんかと感慨無量でしたねえ。


とおちょくるのは止めて、なんだか笑っちゃった・・・のですよ。

感じをよくするために漢字をひらがなに変えただけと思っていたのですが、ちゃんと学理上決めたんですねえ・・

しかし、暇じゃないとこんなことは・・・

しかも大まじめで・・・

ばかばかしい・・・

おっと、人を批判するまえに自分を批判しろ。

って、でも、自分を攻撃するのは一番よくないと聞いたもので。
え、人を批判するのは自分を批判しているのとおなじだって? え、鏡の法則だって?



そこで、癌治療に代表される現代医学の治療とたいていは怪しいとされる代替療法の治療。
圧倒的にこの日本では西洋現代医学ですね。

法律から保険まですべてがこの医学に基づいているわけで、これに少しでも逆らったような療法は違憲ぜよ。となる傾向があります。


しかし、世間ではほんとうにいろいろな怪しい?治療法が徘徊じゃない、広まっていますね。
これは現代医療だけでは間に合わないという世間の経験から来ているのでしょう。
が、しかし、治らないで死んでしまったとかもあり、この時はものすごく叩かれますよね。

反面、現代医療の方はいちおう手を尽くしたという免罪符が与えられているから、よほどのミスがなければ大丈夫です。

いま病院で最後を迎える人は9割以上でしょうね。
もしも他の治療法だったら、最後には死亡診断書が必要ですから、けっきょく最後は病院に担ぎ込むか、医師を呼ぶ。
しかし、そんなトンデモ療法にかかっている人を見てくれる医師もいないでしょうし、問題になるのを嫌がって来てくれないでしょうから、やっぱり病院に担ぎ込む。
いや、その前に死んでしまったらどえらい事件になりかねないです。

そういう事件はありました。
子供が亡くなったときはもう大事件ですね。
西洋現代医学を拒否して薬も飲まず、医者にもかけない非道な事件として。


どうしても、この日本で代替医療を最後まで貫き通すには相当理解のある医師がついているか、たとえ刑事事件になっても良いという覚悟をもつかでしょうね。

だから、一般的には代替医療とは現代医療のまるごと代わりにはならない。
それは法律の問題と、世間の意識がそこまで行っていない、まあ、日本が太平洋戦争であった様なものですか。
国の空気読めないヤツは非国民だってね。

けど、戦後になって、軍部批判して言う奴はそのころどうしてたの?って言いたいけど。

けっきょく、今は未だ国民の空気、日本国の空気が代替医療をまだ本格的に受け入れないってことなんです。


そのなかで、ほんのほんの一部だけど、ちょぴっと非国民がいるという感じですね。
これ大声で言っていたら、まだまだ頭うたがわれますよ。

国と言っても、本当の相手は国民なんですよ。
医者は別に何も言いません。薬屋も言いません。
というよりも、本当のこと言っているからでしょうね。内心分かっている。

けど、国民は手に負えない。この人たちは感情的になるからね。
激高しちゃったりして  ←げっこうと読むんですね。げきこうと読んでいました。半世紀以上も。


参考リンク (阿修羅掲示板、医療より)







あらら、また話が横珍へ。






この後は本文です。

え、読む前からどうも漢字(感じ)が悪い・・・・?
それは最後まで読まないひとのかんちがいですよ・・・・



西洋医療、代替医療&自己洗濯論考



○○が言ったから、○○ではこうなっているから、○○の学理では、○○の教えでは、○○の論では・・・・


私以外のものを取り出して、私を無視して、他のモノに責任を持って貰うと、選択権は無くなる。

つまり、AでもBでもCでも、なんでもいいけど、たいていは自分が本当は選択しているのだけど・

起こった結果においては他者の責任にしてしまう。

まあ、究極は神、根本創造主となるのだろうけど(笑い)

私は選んでいない、他者(神でも○○でもいいけどね)が押しつけたものだから・・・となる。

そうすると、うまく行ったときはとてもヒデキ感激。じゃない、感謝感激、飴あられ。

しかし、都合の悪いことが起こった時は、フデキ攻撃。ブーイング。
だいたいこういうセリフがつい出ちゃう。(笑い)

「どうして?ねえ、どうしてなの!?」

しばらくして、落胆からわき起こる感情の嵐、雨あらし。

怒り、攻撃はどこへ。

そりゃあ、神へ!
と言いたいけど、それはできないのね。ちょっと。

なぜか?って。

神じゃ相手が大きすぎる。
まともに応酬されたらエライ目にまああっちゃう(苦笑)


だったら、攻撃しても自分には害の少ない相手、身近なものとか、団体とか(苦笑)

攻撃するときだって、ちゃんと考えて居るんですよ〜〜〜〜(爆)


泣くときだって、子供とおんなじでしょ。

泣いて反応してくれる相手は両親とか身内。
だったら、

怒りをぶっつける相手もついつい知り合いの範囲とか(笑い)

でも、それでは収まらないから、○○のせい、○○を教え込んだ○○とか。


自分を密かに守りつつも誰かの責任にして怒りの対象を求めなければ感情が収まらない。


かくして、責任は○○、○○の上司とか教えた○○とか・・・


自分が選んだ時の責任は認めない、いや、認めたら、その怒りは自分に向かっているという事を知ってしまう。
自分は守りたい。だから、どうしても○○のせいにしたいのだ。


それは高速計算でされているから、ほとんど無意識なんだけど。

それで怒りに満腹になってしまう。
だから他のモノはもう目に入らない。

喰ったカレーが悪かった。
誰がこのレストランを紹介した?誰が連れてきた?
誰がチラシを配った。
誰が運んできた。

誰が作った?
誰がこの店の経営者だ。
誰がこの店の営業を許した?
誰が食材を運んだ。
食材の会社は?
会社の社長を出せ!


まあ、自分はまったく身に覚えのない災難が降ってわいたのだから、自分には選択すらしていない。
選択の自由があるなら、その時に情報はすべて分かっているはずだ。


こうおっしゃるでしょう。
当然。


だから、自分は正義だ、○○は悪だ。
制裁してやらなければ「気が収まらない」
そう、「わたしの気がおさまらない」 (笑い)

わたしなんて、向こうからやって来る車が私の歩いている側の方を走ってきたので、
ムカッとして怒鳴っていた。

そして、私の脇を通り過ぎていった車を振り返って、まだ罵声を浴びせていた。
しばらくして気がついた・・・(おそい!)

私は右側通行。車は左側通行。

私の正義が通用するのは、同じ方向に向かっているときだけ。

対面方向の時は同じ車線側になる。

それを私の正義感はとがめていた。
「私は右側。おまえ(車)は左側!」と。(爆)


まあ、正義感など誰もが持っている。
私のような勘違い男は極端過ぎるけど、微妙なところではナニが正義か悪かもわからんのだね。


道徳も、宗教も、そして、絶対客観的と言われるような科学でさえも、
ナニガ正しいかなど、時と場合によって、そしてその人によっても異なる。


あれ?

医療について打っていたら、なんだかまた横珍に・・・

とにかくだ。

西洋医療絶対正しい論も怪しい、いや、一番あやしいのだけど(この場合笑いにしてよいのかどうか・・でも、笑い)

手かざし、ホメオパシー、その他たくさんのあやしい(笑い)療法・・・・
絶対あやしい(笑い)論もけっこうだけど、


怒って批判するのはやめろよ!(と怒っている)

笑って批判しろよ!(と、怒っている)

つまりだ、いいかあ〜〜(と、他人に押しつけている)

押しつけるなよ!
正義を。
(と怒って、押しつけている意見)


まあ、西洋医療も全部なくしたら困るだろうけど。
ぜったいにこれだけだ
なんて
僕は全然思っていない。
そうだ。

全然思っていない。

だからといって、
こちらが全部正しいのだとは言わない。
押しつけない。
(と、言いながらけっこう押しつけていたりして )


農業にしてもだ。

いろんな農法がある。
正当派農業がある。
農協さんや国(農協や国って誰?って言っても誰も答えられないだろうけど。)が教える正統派農業。


正統だか正当だかわからないけど、医療業界と似ている。
いや、そっくりだ。

そんな中で代替農業をやりだしたら、白い目で見られる。
いや、怒って批判までするヤツの方が多いかもしれない。
まあ、怒るのは近くのひとで、たいていは笑って(軽蔑している意思をもっているから嘲笑ともいうが)批判の態度を示すのだけど(苦笑←この笑いも嘲笑かもしれない)


かくして、わたしの医療論はおわりとします。


はい?
なにも得るモノがなかった?

そりゃあ、あんた自己責任ですよ。

これを読もうと決心したでしょ?

え?
つい、誘導されたって?
初めからわかっていりゃあ、最後まで読まなかった?

うん、それを聞きたかったの。
90パーセントの無意識の世界でわたしたちは常に選択しているという事実を。


じゃあ、全然10パーセントの表面意識では分かってないってことね。

はい。でも、行動がそうなっていたって事が分かっていたっていう証明になる。

????

さて、洗濯でもするか・・・・
まてよ、ちょこっとずつじゃ、めんどくさい。
それに洗剤も不経済だし、
一週間ためてからにするか・・

まてよ・
汚れたモノが落ちにくくなるかな?
それに臭くなるし
やっぱり洗うかな。。

まてよ、今の時間じゃ、これから飲むし、飲んだら干すのは俺だし・・
洗濯機は洗うだけだし・・干すのは自分、

なら、干すひと捜すか・・・
一週間じゃ間に合わないな・・

一年かかるかなこりゃ・・
いや、3,4年かな・・

まてよ、
死ぬまで見つからなきゃどうなる・・・
山の様な洗濯物残して逝った
お焼きは大量に残していった衣類で間に合った。



・・・それより前に着るモノが無くなるか・・

やっぱり、洗濯するかな・・・

まてよ・・・・

(まだまだ続くので割愛)


けっきょく、今日も洗濯機は空いてました・・

究極の洗濯は自分なんだって!!

だれがそんな事言った!?

誰なんだ!
え?
責任者出せ!!

ブーーー。「お知らせいたします。当館でのゲームはまもなく終了となります。お客様は・・」

ある意味、この地上での災害は避けられない。


いままであらゆる災害が起こった。そういう地上にわれわれは生まれてきたんだ。


そして、それはこちらに来る前の承知済みのことだ。


 


 


例えば、「冒険の丘」というゲームソフトができたそうだ。


へえ〜〜それはおもしろそうだね。


で、どんなんだい。


 


「不自由な体験をする」


 


ほぉ〜〜〜 それはますますもっておもしろそうだねえ〜〜


でも、ひとつ条件があるんだよ。


 


こちらの事を忘れるってこと。


 


いいじゃないの〜〜
我を忘れて無我夢中になれるって、すばらしい!


でもね、そのゲームにはまってしまって、なかなかこちらに復ってこないんだって。


 


ほほ〜〜〜それはきっと、面白すぎなんだろう!
では、さっそくちょうせ〜〜〜〜ん!!


 


ああ・・もう云ってしまった。
はまりすぎて、何千年どころか何万年、いや何十万年かもしれないよ〜〜〜
・・・・これ言っておけばよかったなあ・・・


そこへ、友達がやってきて言った。


なあに、いくら言っても実感がわかないよ。むりむり。
だって、こちらの時間が無い世界でいくら説明したってむりむり。


 


かくして、飛び込んでいったあいつはいまごろどうしているだろうなあ〜?


あ、いま泡飲んでる・・・毎日、まいにち。
あんなことばかりして・・・・お、こんどは四角いもの持ち出して、両手使って指ならしているぞ。


カシャカシャカシャ・・


なんだかそれ見ながらほくそ笑んでいる・・・たった独りで・・・


 


お〜〜〜い、そろそろゲームの終了だとよ〜〜〜
何十万年やってんだあ〜〜〜〜


 


あああ・・そんな事も思い出せないで・・・はまってる。


泣いたり、笑ったり、何がそんなに嬉しいんだろう?


お、こんどは怒りまくっている。


あいつ、自分が創りだしている事さえも忘れているんだなあ〜〜〜


お〜〜い、そろそろその場所でのゲームは終わるぞ〜〜〜


あら、場所変えてもまだ続けるって?


 


また、延々と繰り返したいのかねえ〜〜


おなじ事をよく何度も何度も。


 


これは想像です。鵜呑みにしないでください。


しかし、ネタもとはありますよ。


トップ - 霊性の時代の夜明け


ここは元締めみたいな存在かも。


いえ、それは勝手な想像ですから、明日には変わるかも知れません。


あと、ここも有名なブログ


うんこくさい氏


ここ


http://blog.goo.ne.jp/namagusabose/c/a4d00ae193663e042df7e7de5ec30cea


 

またまた予言について

けっこう予言すきなのだ。


そして、後で恥ずかしい思いをしている・・・・それでもまた書いていたりして・・


 


予言は許さなくても


予断(油断)も許されない

コテ造&ママゴンのコンビが消えてさびしい思いもしますが。
(破壊的予言が大好きな悪魔的嗜好あり)

日時指定とか、細かい時間を示すのはだいたいはずれまくりますね。
それは宗教の教祖さんでも同じ。(自分に苦い体験あり)

だから、はずれるために予言は出される。
ただし、予言した者は案外当たる。(当事者が別次元かパラレルワールドで体験する)

と言うのがありそうです。
いや、あったのです。

パラレルワールドで体験というのは、写真ソフトなどに付いている
レイヤー機能みたいなものでしょうかね。

一番表面に見える画面の下に何千でも何万でも画が重ねられるという機能。
そして、自分のみたい画像を一番表面に持ってこれるわけでして。

意識の世界でもみたいとか希望するとかいうものが選択できる、「ありがとうおじさん」
が言っていたと思うけど、「無限の無限のチャンネルがあって、それを選べる」ってね。

だから、予言は当たっているかも知れません。
しかし、それはその人の見たレイヤーの画面であって、似たような画面がびっしりある中で、
微妙に違っている画面が無数に重なっているのかも知れません。


そして同じ様な画面を多くの人が選ぶと、この地球上で起こる事象が現実化する・・というように。

まあ、これは勝手な思いですから、鵜呑みにしないように。


この日本にもぎょうさんの人が居るわけですから、選択する画面だってひとりひとりが選んでいるわけでしょうから、
その時に選んだ画面が多数の集合体だったときに決定されているんでしょうね。


この地球上では重力がある
という合意があるから、みんなが地面にへばりついている。

しかし、この合意が一致しなくなったら、浮かび上がる人も出てくるかも知れません。

むかし、インドで生まれて赤ちゃんが放っておくと空中に浮かび上がってしまうという事があったそうですが、(確認はしていないので話だけかも)

壁なども素通りできる人間がいるかもしれませんよ。
後は意識の問題なんでしょうけど。

飲んでも飲んでも減らないビヤーカップとか、第三のビール入れるとホンモノの生ビールに変わるカップとか。
本当にシンから信じたらそうなるかも。

まあ、例えは幼稚でしたか。


そんなこんなで予言ははずれるのが本意だと分かってしまえば、
それは情報が拡散して多くの人がそれを拒否したからかも知れません。

それなら、
コテ造&ママゴンコンビも意外と天使だったりして(笑い)

まあ、本人たちは別に悪意もなく、そういう情報を関知しただけかも知れませんけど、
要はこのコテ造事件(事件じゃないだろ)は、われわれに対してかなり高度な仕掛けを見せてくれた様な気もします。

実際、もし、3月の大震災を予言してそれが多くの人に知られた場合(それはないだろうけど。たいてい後になって「当たった」という情報拡散になるだろう)
大勢の人たちが既に心の準備だけでなく、実際に対策をじゅうぶんとっていられたはずです。

しかし、過去をみるとほとんどがそういう予言は当たらない、いや、情報拡散しないのが事実だったと思います。

たいていは「突然」とか「いきなり」的です。
だから、人的大災害になるのでしょうが。

動物的カンを無くした人間にとってはかなり厳しい事になります。

けど、いま科学的と言って予知は当然されています。けど、年月日まで指定できないのも事実です。
それでも「いまいつおきてもおかしくない」という警鐘は出されています。

今の日本国中、
じつは
「いまいつおきても不思議ではない」
という予言は科学的に言っても通用することです。


だったら、何月何日がはずれたから、予言はやっぱりダメだとばかりは言えないのでは?

そんな日付を信じる必要はなくても、じゃあ、他の日は大丈夫なのか?
というと、
そうではないのです。

ただ、みんなが「まさか、自分の所には」という、ある意味「良い方にとっている」だけの事です。

「自分の地域以外で起こっても不思議はないけど、自分の地域ではまだ大丈夫だろう」
と思うようにしているだけの事です。


それはボクの体験でわかります。
「まさか。この地域で地震が」という。
そして「大地震が起こった後はもう起きないだろう」
と思うわけです。
そして二度目の地震が来ました。
そうしてこんどは「2度も起きたんだから、もう無いだろう」
と思っています。

そんなもんですよ。

東京湾だろうが、駿河湾だろうが、日本海岸だろうが、
おなじ。


だから、予言がはずれてほっとしたのはつかの間だと考えるべきなんです。

それは今の日本の地震学者さん達が言っている、要するに大好きな「科学的予見」です。

天使さんとか青白い光とか怪しい情報源ばかりに神経とがらしているうちに、科学的見地からみて、既に警戒警報は鳴りっぱなしの状態にあるのが日本国だと。


こうタイプしていて、あ、自分の考えじゃないな・・・
だって、自分は全然関係ない生活おくっているんだもの。

あ、そうだ!

これは、ひょっとすると・・・まさか!

青白い顔のじいさんが・・・
両手を下げているのが見えたりして  ゾォ〜〜〜〜


「おい、そこなおせよ・・・そこだよそこ〜〜〜」
なんて、青白い手でわたしの手をつかんだりして〜〜〜〜〜




予言好きなのはどういうことなんだろう?



不安だからだろうか?


 


でも、「情報を封印するのは危ない」兆候です。


これも情報拡散して予言を回避しましょう。


黄金の金多摩市のブログ


地震情報 石油タンクの数について (08/18)


 

とまれ!その原発  「原発踏み絵」論

 



東海アマ管理人


 











梶川ゆきこ

  tokaiamaがリツイート
 







 


上記は東海アマ氏のツィターよりです。


一見かなりどぎつい表現ですが、本質的には優しいんじゃないかな?


と思っている、一見優しそうにみえるが本質的には冷酷無比なわたし(笑い)


いまなら、原発反対唱えても別にどうってこと無い。
しかし一昔前なら、「うっとおしい」と言われて遠ざけられたと言う東海アマ氏。


それがなぜ変わったか?


現実に危ないことを目に見せてくれたからだ。


ということは


人は知性では変わりえなかった。


ということだ。


なんにも無いときに「危ない」だの「止めろ」だの言ってみたとこで、


世間は認めなかったのだ。いや、むしろ「危ない奴」だとか「うっとうしい」と
近寄りがたい人間にされて、聞く耳も持たなかったからだ。


それは上層部だけではない。


みんなだ。国民全部なんだということに気づかなければならない。


ー東海アマツィッターよりーーーーーーー


私は昔、共産党系の労働組合にいて、反原発について党関係者に働きかけた返事がそれだった。市民運動反原発派もインテリクラブのような雰囲気で価値観を共有しない余所者はうっとおしいと排除される印象で、私は行場をなくしてた
今でも忘れない。78年頃、芦浜原発反対運動の市民団体でベ平連的な自発的活動を求めて活動してたころ仲間と思ってた人から「アンタはうっとおしい」と言われた。河田氏「キノコの会」や高木氏グループにコンタクトしてもインテリ的価値観、雰囲気共有を前提にしなければ参加を許されない雰囲気だった
8時間前



今は、恐ろしい災厄に連帯して立ち向かおうという雰囲気があり、誰でも反原発を叫べるから本当にありがたい。ところが昔、原発に幻想を抱く人がたくさんいた頃は反原発を言おうものなら、たちまち社会全体から排除された。本当に大切なものは金儲けじゃない人の命と生活なんだと大声で言えるんだよ
8時間前



同感、今もまったく変わらない。「優れた人が正しい方針で劣った大衆を指導する」なんて愚かな傲慢はアホといしかいいようがない。歴史は自分たちは優れてると勘違いした連中が滅びる法則だけじゃないか。歴史は傲慢の滅亡だけだ
8時間前


きけ!わだすのこえを! 


(聞け海神の声ををもじったりして)


 


 


 


原発はどうしても、どうしても止められない!


ピイーーーー(おまわりさんの笛) 


とまれ〜〜〜〜〜そこのげんぱつ〜〜〜


でも、とまれない、やめられない〜〜カッパえ●せん〜〜(●の解除はスポンサーから御礼の袋が届いてからにします)


で、現代地球人に与えられた現代版踏み絵。


どうしても、どうしてもか改宗できないの?


 


 






原発という踏み絵

ここに「原発」という踏み絵が提供されました。

もち、徳川幕府発行のものではありませんよ。

それは「自分」です。

え〜〜?そんなの発行した覚えないよ!

覚えの無いのは10%のわたしです。

創って発行したのは90パーセントのわたしです。


で、「おらおらおら〜〜〜踏むか踏まないかーー おらおら〜〜どうする^〜〜」

って、迫っているようです。


でも、踏むのを拒んでいるひともいます。

いや、あれだから、これだから、こうなるとそれだから、もう少しようすをみたりして・・・

ただ、単純に踏む人もいます。

なぜなの?

って聞かれると、

「ああ・・・要らないから」
たいして理由もなく、あっという間に踏んでゆく人も居ます。

ずいぶん考え込んでから、おそるおそる踏む人も居ます。
周りを見渡して、たぶん数多いからと思いあわして踏む人もいるでしょう。

ただ、理由はどうでも、「踏むか踏まないか」

90%のわたしはそれをみています。

そうして、やがてそれによって残りの10%のわたしに告げるでしょう。


「うん、どちらでも良かったんだよ」

え?

なんだ・・・

と安心した10%のわたしに、こう告げます。

「選択の自由は絶対権利なんだよ。けど、選択の結果はその通りに起こるということだけは変えられないけどね。」

そして、90%のわたしはこうも言いました。

「わたしが認めたこと以外は起こらないんだから、安心していいよ。だから犠牲になったなどと考える必要はないんだ。」

徹底的に自由な選択権を与える代わりに、その結果も全責任を持たなければならない。

どうもこういうありがたいような、厳しいような声が聞こえてきませんか?


ういぃ〜〜〜

「決してとめやしませんよ・・・」
お、寛大だなあ〜〜〜
「そのかわり・・・」
ん、おかわり?まだ飲めるの〜〜
「その結果は全責任をとることだ」
「わたしは首根っこつかまえてでも自由を束縛したくないんだね」

あら〜〜イケズ。冷たいんじゃないの?

それが自由を勝ち取るということだ。


・・・・なんだか飲んでいた泡がまずくなるような声でした。

ところで、「原発」という踏み絵。

踏むのがよいのか、踏まないのがよいのか?

でも、「踏む」方はどっちなの?
「全廃」の意味なのだろうか?

お〜〜い、どうなの〜〜〜?

「・・・・・・・」

返事無し。だいたい冷たい90%のわたしじゃあねえ。


ヒントは

宮崎感得いや、監督のツィッター


東海アマ氏のツィッターにあったので分かりました。




宮さん(宮崎駿)bot

  tokaiamaがリツイート
 









宮さん(宮崎駿)bot

  tokaiamaがリツイート
 







 


で、ボクもこのツィッターに書き込もうかな〜〜〜


でも、どうやったら出来るのかまだ分からない。
バカな国に生まれた宿命でしょうか?それともこれも偏差教育のせいでしょうかねえ〜〜


やっぱりおまえは変さ(笑い)


追記。


原発で終わりだと思ったらお間違いよ。


これからあらゆる面で踏み絵が用意されているんだから(90%のわたし)


え?まだあるの!(10%のわたし)


表面上一番派手だからね。目立つものから始めたんだな。90


派手というけど、度が過ぎているよ!10


でもこれくらいでなきゃ、あんた全然見向きもしなかったんじゃん。90


もう少し徐々にとか出来なかったの?10


やってたさあ、ちゃんと。90


え?知らないぞ10


しらばっくれて〜笑い 90


知らんと言ったら知らん。誰も教えてくれなかった10


そうじゃないでしょ。あんたにはかならずどこかであらゆる手段で教えてある90


??気づかなかったよ10


今の時代ではね、それは言い訳になるのっ 90


ちょっと調べてごらん、あんたの耳は目はシャッター下ろしていたか、
意識、無意識的にか、シャッター下ろしていたんだよ。 90


 


とまあ、10%のわたし対90%のわたしの対談は続きますが、
長くなるので割愛させていただきます。


 


どうやら、90%のわたしが言うことにゃ、


すべては自分の範疇にあるとか。


だから、知らないふりはもう許されないって、いうの。


 



世界の中心に立って、わたしは怒りまくる

この時代で怒りのわかない奴

って、

いるでしょう。とうぜん。

で、

怒りがわいてわいてもうどうしょうもない!!

ってひといるでしょうね。

はあ〜〜〜〜い、(とボク)


ああ、あんた・・・・ま、まっててね。

・・・・・


でえ〜〜。
今の世の中、理不尽ばっかりとか、じぇんじぇ〜〜んおかしい〜〜

って思う人

はあ〜〜〜〜い(と、ボク)


ああ・・・・あなたね、 ちょっとまっててね・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・


ええっと、いますかねえ?
ご自分の周りを見回して、すっごく怒りがわいてくるということないですか?
なにかおかしい! 
でも、なんだか分からない。
でも、へんだ。
胸が締め付けられるような怒りがわいてくる・・・・


はあああい〜〜(とボク)

無視・・・


なんだろう?
このボクの胸を締め付けるような怒りは?
自分でもよく分からないけど、ふつふつとわいてくる怒りはなんなんだろう?


わおぉ〜〜〜〜〜〜


な、なんだ今のは?


いえ、ボクの怒りを表現したの!


で、雄叫びはいいけど、なにが言いたいの?具体的に?


それが分かれば叫ばないよ。


ワオォ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


はは、いつまでも怒ってろ。
エネルギー放出。


ところで、地球さんって怒ってるの?


地球さんはね、すっごく懐が深いの。
だから、まんず、怒るというよりも、いいこいいこで人間をお守りしてきたのよ。
けんど、

もうお守りだけでは済まない事になっちゃって・・・


え、なぜ?


それはね。
お守りしていた赤ちゃんがね、ワガママいっぱいになっちゃってね、もう自分で
自分の首しめちゃうようになってしまったの。
だから、赤ちゃん守るために

泣き泣きお母さんとしては、お尻ペンペンしなくてはならなくなったの。
すると、

あかちゃん、また泣くでしょ。
それがね。

お母さんにとっていちばん悲しいことなのよ。
できればお尻ペンペンなどしたくないの・・・


おかあちゃーーーーん。
え〜〜〜〜〜ん、ごめんね〜〜〜〜〜
言うこと聞くから、愛してぇ〜〜〜〜〜〜〜


もちろんよ、ぼうや。
いつまでも、いつまでも愛してるわよ。
チュ!


ありがとーーーーー(嬉し泣き)


タイプ打っていた奴が涙ぐんできた(爆)

原発の次は医療問題か? 平成の医療大改革は目の前に迫っている

古くてねえ〜〜


とお思いでしょうが、今の医学の方がほんとは古い考えなのでございます。


と。


《酷民健康封建制度平成大改革案音頭》
他雑文集暇人向暇有著術集》


 


 


全般読み上げ与太話1.wma へのリンク


《酷民健康封建制度平成大改革案音頭》



       1999、9、12 himaari  (元記事は平成4年  古いかな?)


いや、古いのはあなたの頭なんて イテ!  ←ゴン


 


あわせて現役医師の新しいお話を


土橋重隆の「平成養生訓-21世紀は治療から予防へ-」 2011年8月17日 意識の力


 


土橋重隆の「平成養生訓-21世紀は治療から予防へ-」 2011年8月10日 医療界の現実と未来




追記


引用記事


平成20年度の国民医療費は34兆8084億円、前年度の34兆1360億円に比べ6725億円、2.0%の増加となっている。 人口一人当たりの国民医療費は27万2600円、前年度の26万7200円に比べ2.0%増加している。国民医療費の国民所得に対する比率は9.90%(前年度9.02%)となっている。


 


ああ、やっぱりねえ


国民所得の約一割も


無駄な!医療費に使われていると「知った」時にはもう・・


もういちど、ここ読んで大英断をくださないと、国がつぶれてしまうよ。


いや、そのまえに国がつぶれて、後先の順が変わるかも知れないね。


金がなくなれば今の医療制度はあっという間に崩壊しちゃうから。


それほど、金食い虫。


千の風になって往ってしまった君。そして残されたおいらの気持ち

盆も過ぎた。あの世の方はどうなってるんだろう?


おい、一年に一度かい?


おいらの田舎は一年に一度お墓参りする。


一年中ご先祖様はお墓にいる。


そして、お盆になるとお迎えに行くのだ。


家に連れてくるというのだ。


それが13日。


 


そして、14日にも15日にもお墓参りに行く人も居る。


当地に住んでいない人がほとんどだろう。


 


え、家に帰った? いま留守になっているって?


そんな事言うヤツは居ない。


 


それにしても、お墓に一年中居るって?


この下に眠るって?


おい、おれはやだね。こんな湿っぽい地下じゃ(笑い)


だいいち、この田舎では盆しか家に帰れないというじゃないか!


それに「永久の眠りにつきました」なんて宣言されてさ。


ず〜〜っと眠り続けるの?あの世では。


そにしても、ちょっと変だぜ。


akyonn氏は「生前、世の中のために・・・余りお役に立たず・・(オイオイ)」


なんて褒められているのかどうかも知らないけど、「生前」だよ、「生きる前」。


じゃあ、「生きていたときが死んでいた」のかよ!


そして、


死んでから生きたのかよ!


ぐだぐだ言ってないではやく往生しろよ!


え、「往生」?


これも生まれ往くじゃないの?


じゃあ、こっちは死に復る   ← 往復葉書のつもりで考えている奴


 


なんなんだいった、あっちの世とこっちの世とは?


生きてんのかい、まだ、あっちでも?


でも、死んだと言うじゃないの、こちらでは


じゃあ、上の話はどうなんだよ?


往生しましたってのは? 


死に逝くではなく、行き往くのじゃないの?


そんなへりくつ考えているやつはいないぞ。


 


ということで、一応、型どおりのお墓参りを済ませて来ました。


 


でも、あのスマトラ地震の際20万人?


3月の東北大震災でも万人以上?


すごく多くの人がなくなった。


 


それに対してどう答えるの?


往生しましたというの?


みな、悟りを開いた仏に生まれ変わりましたと言うのが往生だとすれば、


どうしてみんな悲しむの?どうして喜んであげないの?


それは不謹慎だぞ!


 


え、生まれ変わって仏の様にさとるんでしょ?


なぜそれが悪いことなの?


悲しまないとなぜ悪いの?


それはね、


残された家族や友人にとっては凄く痛手なんだよ。悲しいのは当たり前だぞ!!


それを喜んでやる?


ばかいってんじゃねえ〜〜


そんなのはな、無関心、非情というものだ!


 


そうか、それは自分で体験してはじめてわかった。


いや、親の死でそうとう昔味わった居たんだけど。


それにしても、最愛の愛房を失って


 


どうして誰もオレの気持ちをわかってくれないんだ!


どうしてオレを慰めてくれないんだ!こんなに悲しくて落ち込んでいるのに!!


みんな非情なやつばっかりだ。くちだけじゃないか!


ってね(苦笑)


 


そして、今回の、いやいつもそうだけど、他人の不幸をみて、正直自分には実感がわかない。


スマトラ沖の大津波、もっともっとたくさんの人がなくなった。


それなのに、飯くいながら平気でみているおれ。


 


遠くの人だからか、外国だからか、日本ならもっと悲しくなるのだろうか?


そうでもなかった。


他人の不幸をみてあまり感じない自分を発見した。


それは悟りだろうか?


そうでもない。


自分の身内の時はかなり痛手を受けた、悲しく寂しく、そして誰もオレの気持ちを察してくれないという怒りまで起こった。


 


これはなんなんだろう?


もちろん、死についてはたくさん、たくさん知識を貰った。


死は死ではない。どころか、こちらの方が幻想、夢の様な世界だと知った。


それなのに、こちらの方が超リアルに感じる。


だから、こちらから去った者の方が夢の世界に行ったと錯覚している。


知ってはいるけど、感情的なものが許さないのだ。


人の死に際して、悲しまない人を非情と言うが、じゃあ、それはすべての人に対してわき上がるのかというとそうでないだろう。


極端だけど、世界でも悪者とか悪魔的な人間が居るだろう。


その人が死んだら、おまえは悲しむのか?


喜ぶだろう?


じゃあ、死んだら悲しむべきという「べき」は方程式ではない。


死は悲しむべきことだというのは「限定的」なのだ。


それもかなり湾曲している、「自分にとって」愛するとか知っているとか近い存在とか善とか、いろいろ条件がいっぱいあるだろう。


 


無条件で人の死に対する反応が、もしも、起こるとしたら、その人は毎日、毎分毎秒、悲しくて苦しくて、とても生きておれないくらいになるだろう。


人の死に対して無関心というが、それはその人にとっての条件付き愛でしかないのでは?


 


それに肝心なことをすっかり忘れているのだ。


悲しんでいるのは誰だ?


寂しい思いをしているのは誰だ?


そう、行った人ではない。


残った人である。


彼らは「別れ」を悲しんでいるのだから。


「死を悲しんでいる」のかどうかは違うのではないのか?


 


おいらだって人が死んだらどうなる?って事は、山の様な情報を探し捜し求めて、


だいたい結論は出ていた。


それでも、愛房の死の際には最上級ショックだった。


なぜだ?


それは「死」が悲しいのではない。


死とは生きる形態が変化しただけのこと。


むしろあの世の方がこの世で不自由していた人にとっては自由な世界だ。


それなのに、「死」を悲しむというは?


もちろん


自分にとっての哀しみなのだ。悲しみ。


独りになる悲しみ寂しさ。


けっきょく、自分が不幸になったということを言いたいわけ。


自分の支えがなくなったとか、いつもの話し相手が居なくなったとか、


とにかく、自分なのだ。


 


悲しいのは自分、せつないのは自分。


自分以外に不幸なひとは居ないのだ。


死んだ人は幸福になるのだから。


そうでないと自分が思っているとしたら、それは自分に知識がないか、思いこまされているだけだ。


 


しかし、その知識だけではない。


自分が残されてしまった自分が可愛そうなのだ。


お墓参りもご先祖供養も自分が可愛いからできるんだ。


そして、向こうも喜んでくれているだろうと。


自分が喜ぶのだ。


 


お墓もお位牌もこちらの世で考えたアイテムだ。


なんて言ったら怒られるだろうな。


それはこちらの居るとあちらが分からないから出来るんだ。


ひとはどんな死に方をしようと、それは個々人が独りで体験するものだ。


それがたった独りでのたれ死にしようが、集団で災害とか事故で死のうが、


起こる事は個人がたった独りで体験することだ。


一度に大勢死んだから


だから凄く悲しむ。


じゃあ、


おれの奥さんはどうなる?


たった独り、おいらに見まもられて死んでいった。


こちらは誰も人知れずに近い。


じゃあ、たった独りだから悲しくないのか?


そうじゃないだろう。


他人様が誰かの死に対して思う気持ちなどかなり個人的条件付きなのだ。


知らない人だったらほとんど無関心だろう。


それは当然なのだ。


おいらの奥さんに対して思う気持ちは、この世に居たときとあの世に行ったときどうかわるのか?変わらないのか? そんな事は個人の思いでしかない。


 


おれはおれでよいのだ。


本当は死など無い。


(魂のインターネット」という本で明快に解説されている)


あるのはひとの意識だけなのだという。


それは知った。


知識としてはある。


だから、かなり悲しむ「べき」状況でもなんとか自分だけで乗り越えられた。


(ほとんど独りきりだったから、他人様の慰めなどは無かったと思うほど孤独感があったけどね)


 


しかし、知識はあってもその衝撃は厳しいものだ。これは体験しないと分からないだろうけど。


知識がなかったらどうなんだろう。


おそらく、半狂乱的悲しみを体験するひともいるかも知れない。


悟るのだとは言わない。


それよりも


「知る」ことでいいのだろう。


知らないと知っているではやはりいざというときの感情の乱れが違うと思う。


人はこの世で支配されるのは自分の抑えがたい感情である。


感情で白も黒も決めてしまうことさえあるだろう。


おなじ事をして、同じものを見て


それを判断する。特に善悪にして判断する人間の最大なる癖。


何十万年かそれ以上かは知らないが、その様な世界を創ってはまり込んだ自分。


生と死という様に分離の世界を創って往復するかの様に創って自ら体験する自分。


 


すっかりその癖が鍋底にこびりついてしまった自分。


いくらこすってもなかなか落ちない。


感情というもので表面にわき上がってくるが、それもわずかずつだろう。


そのわずかでも相当きびしい、苦しいのだ。


いろんな刺激材料は押し寄せてくるが、やはり特注はひとの死であろう。


 


死に際して、行く者と残る者。その絆の深さによって感情が爆発する。


まあ、こんなのを芸術と呼ぶには不謹慎かも知れないが、


 


まさに、あの世とこの世の接点に深い芸術性を入れ込んだのかもしれない。


 


なんて、


ち〜〜〜〜〜〜ん   


 


盆くら話はこれにて。


 


 

鏡の法則といったって〜〜

たまには本当の事も含まれます。

このブログの信憑性について。
まさか勘違いしている人はいないでしょうが・・・(笑い)


信憑性?  ひゃ〜〜〜%
なんて(爆)

まさかとは思いますが。

で、
「信じろよ〜〜〜」
と言ったら、信じない。

で、
「信じるな〜〜〜」
と言ったら、信じる。

「ばかあ〜〜〜」
と言ったら、
「おまえがばかだあ〜〜〜」
と返ってくる。

金子みすず  (そんなのあるか!)




いいかあ〜〜〜

お、でたな、ワンパターンが。
こいつ、大体言っていることが逝っている(失笑)


いいかあ〜〜〜
おれはなあ〜〜〜
決してオレの意見を人には押しつけない!!


(けっこう押しつけてるじゃないの〜)微笑



おれはなあ〜〜ゼッタァイニ、オレの意見を人には押しつけない!!


(わかったわかった)  笑い


いいかあ〜〜〜


(そもそもその開始言葉が押しつけに聞こえるんだけど・・・・・失笑)


おれはなあ〜〜〜

はいはい


決してオレの意見を人に押しつけない。ふむーーー(鼻息の音)
おれはなあ。人の意見を否定しない(きっぱり)
人の意見は聞く(きっぱり)
いいかあ〜〜〜


・・・・はいはい。


こんな繰り返しが延々と続いたりして(爆)





これは幼友達と再会してから合うたびに
聞かされる耳たこである。


しかし、人間自分が見るもも(桃でも面もでも、18歳代の腿(もも)でもよいのだが)
いや、ものだった。

ぜんぶ、自分の内面を映し出す鏡だという。

ほんとか〜〜〜〜〜〜〜

うっそ〜〜〜〜

あいつもこいつも、嘘つき学者も、ねつ造大好きマスコミ人も、無責任政治家も、ドイツもイルミナ茶も、そして、こいつ(いいかあ〜〜〜男)も・・延々と続く・・


嘘つき原発も嘘つき現代医学もそして、ぼったくり金融経済も、まやかし詐欺システム銀行制度も・・・農協の農薬販売も・・・まあ、入れたらきりがないけどね。

そして、ボクは精錬潔白 ん、清廉潔白だって?

いや鍛えているんだ。きんこんかんこん^〜
たたけばたたくほど逞しくなると聞いてね。

でもあれは痛かった〜〜〜

で、最近は冷水錬磨という方法があるというので、そちらに切り替えた

こっちはただ冷やすだけ、簡単。
でも冬はかなり厳しいのだぞ。

え、女性諸君には通じないって?

まあ、男性諸君にだけ通じる話だな。

でね、けっきょく・・・冷やし続けたけっか、縮みっぱなしになった・・・・(泣き笑い〜)





え〜と、どこまでいったっけ?


そうそう、くだらん、くだらん、くだらん、み〜〜〜んな、くだらんあいつらもこいつらも、

み〜〜〜〜んな、おれの内面の写しだってこと。


うっそ〜〜〜

それだけ未だに信じられない。


じゃあさ。
「いいかあ〜〜〜男」はオレってことかい?

あの頑固でぶすっとした顔して、ワガママいっぱいでいながら、オレにたてついてくるあの男。

もう我慢できないぞ。

「おい!表に出ろ! とっちめてやる!」

おれはついに噛みついた。

そしたら、「いいかあ〜〜〜男」はこう逝った。いや、言った。


「オレは絶対手を出さない。」(きっぱり)

「殴られてもオレは手を出さない」(おいおい、そんな)

そして、
「表にも出ない」


おいおい、じゃあ、オレだけ表に出て、どうするってんだあ〜〜〜〜

自分の胸ぐら掴んで、

「オイオイ、こりゃあ〜〜〜お前の根性たたきなおしてやる〜〜」
とでも言って、

しょうがないから、力抜いてパンチいっぱつくらいガン(顔)に食らわしてやるかい?


まてよ、
あいつは逃げているのか、それともキリスト意識になって言うのか?

まさか後者じゃないだろうが・・・


という事は・・・


口ばっかり人間か、オイ!


と突っ込んでやろうとしたら、もうあいつは寝ていた。

このやろ〜〜〜〜


あまりの苦々しさに追加のビールが何本も増えた。

おかげさまでたくさん飲めた、ありがとーーー(ただし自腹だった、苦)


もうこいつとは絶対飲まないぞ。
と固く心の中で決心した。


車での帰途、お互いに口も聞かないでそっぽを向いていた。

着いて、ドアを閉めるとき、あいつは言った。


「また飲もう!」



その後、また飲んだ。


けっきょくオレは、「いいかあ〜〜〜男」のペースにはまっていた・・・・・
そして、またおなじ事を繰り返していた


ナンデコナルノーーーー

(上記は実話です。プラス脚色もあり←これが問題)

前座は引っ込んで貰いまして。
(前座に勝手に引っ張り出した、ナンパ〜〜〜〜ごめんよ(笑い))
もっとも彼はパソコン一切できないんで(笑い)ばれる心配なし。




ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

わたしのblogもそうですが、何事においても依存や妄信、鵜呑みするのは禁物です


あなたの答はあなたの内に存在します


また、あなたという宇宙の創造主はあなた自身です


自身の内なる声の徹底的検証と確認を怠らないようにしましょうね


この作業をしっかりとやり遂げなければ、闇の残党にもいとも簡単に洗脳されたり騙されてしまいます


わたしのblogの記事の内容のひとつでも、皆さんの気づきのお役に立てたらとても嬉しいし幸せです


神はあなたの内に存在します



TITLE:★弥勒の世〜すべてはひとつ★
URL:http://snowqueen1058.blog88.fc2.com/page-10.html
ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


ま、こんなかっこよいこと書けたら当ブログも優良ブログに選ばれるんでしょうが。
(それにしてもシリウス文面のkagariさんのブログと似てますねえ。もしかしたらもうひとり住んでいる16歳の小娘だったりして?)


で、妄想中。

私は夢うつつの中にいたらしい

大観衆の前で何か盛んにしゃべくっていたオレ。

いまこそ立ち上がろう〜〜〜〜!!
嘘とねつ造のこの社会を改革して〜〜〜
真善美の世界を構築しよ〜〜〜〜〜〜

さけびつつ、大歓声を浴びているオレみたい(喜笑)


そして、長い演説の終わりが来たようだ。

「いまこそ糾弾すべし〜〜〜〜〜!!」とオレ。

大観衆も同時に「そうだ〜〜〜〜!!」と大合唱。

おれは「責任者出せ〜〜〜!!」とさけぶ。
「責任者出せ〜〜〜〜〜!!」大観衆の大合唱。


と、すると、

背中からポンと押された感じがした。(壇上には誰もいないはずなのに?)


すると、小さな声が聞こえてきた

「お〜〜ま〜え〜〜の番だよ〜〜♪」と。
そして
「声〜〜〜かけられてぇ〜〜〜〜♪」
と続いた。


そこで、おれはおもわず


「どひゃあ〜〜〜とするやつぁ〜〜〜♪」
と唱ってしまったのだ。


そして、そこで一瞬理性が働いた。

「おとこのこぉ〜〜〜〜♪」

そう、オレは男じゃないと表明したかったのだ。(ここんとこ微妙な意味あり)

おれは「私は16歳の小娘よ!」ときっぱり宣言して、
おとこの責任を逃れようとしたのだ。
(解説:オレは姿かたちは男に見えるけど、内面は純情な娘なの・・という意味)


しかし、大観衆は姿形だけをみてオレを判断してしまったのだ。(苦)


やぶ蛇だった。
責任逃れしたのが、かえって大観衆の怒りを喚起したかのようだ。

投石の雨がオレに降り注いだ。


ついにオレは降参して言った。
いや、そうしないと血だらけになった身体がいつまで保つかわからなかったからだ。



 「すみませ〜〜〜ん、ぜ〜〜んぶ、おれの責任で〜〜〜〜す。」


すると
屈辱感と供に、どこか心の奥底に不思議な安堵感がひろがった・・・・



なんだかタイプ打っている本人さえもよくわからん文だな、うん。
菅笑文駄 談

次ぎに期待しよう

バシャール〜2012アセンションメッセージ「輪ゴムのたとえ」

悪くなればなるほど善くなる仕組み


なんて言葉があったような気がするけど。


この地球がじつに下らない世界になって見えたとしたら、


ラッキィ〜〜


自分の人生がいかにどん底にあるか自覚したら


ラッキィ〜〜


とさけぼう。


 


今の政治家が実にくだらなくなったと感じたら、


世界は嘘やねつ造でもう最低だと感じたら


やったあ〜〜〜


とさけぼう。


地球も日本ももう終わりだと感じるほど危機感をもったら


 


こりゃ、さいこうだあ〜〜〜


とさけぼう。


女房も子供もオレを見限って田舎から帰ってこなかったら


 


ひゃほ〜〜〜


と大喜びしよう


 


なんたって、


深い闇を見るほど輝かしい光を体験できる未来が待っているからだ。


 


(おお、きっとそうなんだ。と自分に言い聞かせるのだった)


キョロキョロ・・・・周りにだれもいないな・・・


 


きゃっほ〜〜〜〜、らっきぃ〜〜〜(あ、声おとしちゃだめ)


 


 


バシャール〜2012アセンションメッセージ「輪ゴムのたとえ」

バシャール〜「2010-2012 緊急・重大メッセージ」

放射能汚染で日本人は何年か先になると癌になって・・・・


大地震で津波に・・


金融崩壊で明日の飯さえ・・・


おっかあが盆帰りしたまま帰ってこない・・・


こまま不如意が続くと可愛い彼女が8月20日頃に離れて行く・・・


将来の不安は怒濤の様に押し寄せてきている・・


 


いろいろ不安の多い昨今、いまこそ、予言をはずすには「おれが創造主だあ〜〜」とかたく信じることらしい。


 


 


バシャール〜「2010-2012 緊急・重大メッセージ」

空気を読むべし。新しい医療の世界の空気をいっぱい吸いこんでちょうだい。

あんた原発反対だって?


いつから? 3月11日から?


もしそうなら、空気読んだんだね。新しい空気を。


 


 


ところで医学界にも新しい空気の注入が必要だけど。どうなのかな?


吸う気ある?


う、ゲホゲホ〜〜


まだ、なれないからねえ〜〜


 


そういえば同郷の先輩、ガン呪縛を解くの著者、稲田さんが言っていたっけ。


空気呪縛


 


まさにそのとおり。 ひとびとは空気読むことを 一番の人生訓にしてきたのかも。


しかし、その空気が突然「まずい汚れている」と感じたとき。


ひとびとは空気読まない方が生存できると感じた。


その空気は古くなりすぎたからだ。


もう新しい空気が必要だ。


それに気づかないのは


だんご五兄弟。


 


それを覚った医師のおひとり、土橋先生が語る。


2011年8月10日 (水)


土橋重隆の「平成養生訓-21世紀は治療から予防へ-」 2011年8月10日 医療界の現実と未来


医療界の現実と未来「youjyou110810.mp3」をダウンロード


 


 


後は愚利己のおまけ


ーーーーーーーーー


医療界の空気
を統治してきた 政・官・業・学+マスメディア 

となると、いま異変が起こっているわけですね。

もちろん、医療界は当然のこと。
政・官・業・学+マスメディア で統制されてきた一番見本になる様な体制でしょう。


一般大衆はもちろん、日和見菌群

群衆集団を結びつけてきたのは空気。

そうです。

空気読めよという空気。
その
空気を作ってきたのが 政・官・業・学+マスメディア


この団子強大、いや、だんご兄弟には誰も勝てなかったのです。

この串刺し団子に異を唱えようものなら、

「あんたには団子食わしてあげない」と、村八分。


それは兄弟姉妹、いや親子親戚関係であろうと例外は無し。

そんな様子を見せてくれるのが映画「母べえ(かあべえ)」でしょうか。


時代の空気に逆らえばたとえ親戚であっても恥ずかしい非国民扱い。
けっして、政・官・業・学+マスメディアだけの仕業ではなかったあの時代の責任は、大衆にもあったのです。


それは日和見菌としては当然なのかも知れません。
日和見菌は空気を一番大切にします。

その空気を誰が作ったかというよりも、ただただ空気に逆らわない、空気に合わせるという方向に動く生態なのですから。

それを批判する事は出来ないのです。
それが性質だから。

では、空気を変えるにはどうするか。

もちろん、空気を作る一部の集団が自分たちの作った空気で窒息するまで待つ事かも知れません。

いや、それまで待たなくても、吸う空気が少なくなってあえいでいる時、新鮮な空気を贈ってやれば生き返るでしょう。


窒息死まで待つか、それとも新たな空気を贈って生き返って、違う空気を作る手助けをして貰うか。


どうやら、後者の方が日和見菌にとっても助かるようです


なぜなら、同じ空気を吸って来たからです。
古い空気はもう自家中毒を起こすほどよどんできました。


そこには新鮮な空気を送ってやることです。

そうすれば、行き止まりに見えた世界がすっかり見違えるようになります。


空気、空気を読めという事は古い空気から脱して、新しい空気を感じる事のようです。


いつまでも古い空気を読んでいたら、空気読めないひとどころか、濁った空気で自家中毒を起こしておしまい。

日本全国の医師の皆さん、いや、旧世紀の医療関係を引っ張ってきた政・官・業・学+マスメディア団子兄弟たちは、今こそ、新たに空気を読めよと諭されている事を知るべきでしょうね。


え?なんのことかさっぱり?


それを土橋先生がやんわりと話してくれています。

ボクの様に唐突に言うと、角が立つ。
「もうね、ふるいんだから、もう。さっさと切り替えなさいよ、まったく〜」
なんて言ったら、あたまゴツンされちゃうし。


とにかく、政・官・業・学+マスメディア
こいつら、もとい、こういう関係者方々は一刻も早く、古い胃空気を捨てて、新しい空気を読むべし。


そして、イッパンタイシュウは自信のもつ智慧をよりもどして、政・官・業・学+マスメディアを超えて、自分たちから変身するべし。


そうなると、
日和見菌などと揶揄されなくなりますよ。

ゴツン


イテテテテ〜〜

ちょっと言い過ぎました。反省〜〜〜。


でもホンネ。

ゴツン!





原子力安全庁親切ばんざ〜〜い

もう最近はあわくってばかりですが、いや、飲んでばかりなのですが・・


 


ついに登場。先の投稿記事に合わせて頂いて政府巷間たちも考えたんでしょうね。


 


やったあ〜〜〜


ついに


あんぜん、安全という呪文をつけちゃった〜〜


 


あの、オチョクっていない?


 


いいえっ


安全という言葉つけたんですよ、あんた。


 


安全という言葉さえ付けてしまえばもうだいじょうぶぅ〜〜


 


え、だいじょうぶ?


 


そう、だいじょうぶ。


原子力に安全つけたら最後、もうだいじょうぶ。


 


??


 


あのね、原子爆弾に安全つけたら最後なんでしょ。ね。


ね。


??


 


つまり〜〜


安全でないものに安全付けたらどうなる?


 


???


 


波動の法則でしょ?


打ち消し合う。


互いに相容れない真逆な波動同士が組み合わさって打ち消し合う。


 


?  


 


わかんないかなあ〜〜〜


打ち消し合うっつうの。


 


安全が?


 


 


ばっかねえ〜〜〜〜


安全なんて言葉でしょ。


 


実体物は原子力発電所でしょ?


じゃあ、どうなる? 有るものと無いものでしょ。


 


?? 有るものは消滅できるけど、無いものはどうなるの?


 


はは、有るものが消滅して、無いものが残るのさ。


 


ということは?


 


やねえ〜、そこまで言わせるのっ


有るもの(原子爆弾、じゃない、原発)が消えて、無いもの(安全という言葉)が消えるのよ。


 


 


ふ〜ん、ところであんたそこにある泡、どうしたの?


それも消えたの。


いや、そうではないっ(きっぱり)


 


この泡はわたすの身のうちに昇華したのだ。


あわわわ〜〜


オシッコに・・・


 


それであわくってばかり居るのね、なっとく。


 


いやあ〜〜、どうも。


このまえ、わたしの身体のなるべき泡をパソコンにお裾分けしたのがどうも逝かんことになって・・・・


 


それがやっとパソコン直し隊のお陰で復帰して・・ね。


 


お恥ずかしながら、よこ珍かえって参りました。


 


記者会見いいかな?


 


うう、近くの小学校記者クラブでも来ないって?


じゃあさ、幼稚園記者クラブ会見ってのはどう?


 


どうしてこんな素晴らしい記事にだれも食いついてこないんだろうねえ〜〜〜〜泣き笑い


 


 


追記。


ぐり子のおまけ付き事件はここから。


なんで「事件」つけるのって?


 


はい、「安全」と同じです。


へ?   いや、あのね、言葉にだまされるなという教訓をね・・


へりくつ言うな!!!


 


 


 


ついでながら、この日の朝書いた記事です。


けっしてマスコミなどに持ち込まないでください。(え、催促してるって?)


 


コテ造君がこけると桶屋がこける


はあ〜?

いやね、コテ造君のブログが凄い人気だって聞いてね、それでどうしてなのかとね、自分のところも売り上げのばそうという参考になるかなと思ってね。

なんださもしい考えだねえ、いつもながら。


まあね、ほんね言っちゃダメよ。
ところで、突然消えたってことでまた大人気だってねえ〜


こちとら、大まじめに書いているときはさっぱりアクセスが上がらないで・・・ふまじめ路線にしたら逆に上がったりしてね、さっぱり分からなかったんだよ。
その秘密が。



え、大まじめな所なんてあったの?


顔がまじめだっていつも言われるぞ!
っていうか、マジメに逝ってるぞって。


まあ、人様は表面づらでしか判断しないところがあるからね。でも、君は正真正銘まじめな不真面目だな。



え?
ところ、コテ造君の話はおもしろかったね。いや、それを書いているママゴンがおもしろく書いたのかな。
もしかしたらひとり芝居?


じゃあ、君と同じだねえ〜〜


ばかいってんじゃないよ。
オレの中にはちゃんとふたり住んで居るんだから。


もっと多いような気がするけど・・・
多重人格者じゃないの?



そんなこと知るかい。
それよりも、なんでみんなあんなに反応したんだろうかって考えたんだよ。
あの予言の中身なんか、どうにでもなるしね。
どこに信憑性があったのかな?とね。



まあ、うまく書いてあるしね、信憑性のもとは子供が言ったという事かな?


ま「子供は純粋」だという思いかもね。
それと、「天使」という言葉かな。
あとはプラスして今の日本の状況、空気だろうね。



そう、空清めよ、じゃない、空気読めよ。


人は今不安というものがわき上がっている時代かもね。
その直接の原因は地震の多発、異常な気象、経済破綻のうわさ・・・そして生活の不安や健康の不安、
不安がなぜか増えていると思って居るんだよ。



そりゃそうだろう。まわり見渡してみればなんだか鍋底からどんどん浮き上がってくる錆赤って感じだからね。


そこへ、予言か・・
そりゃあ、不安が増すさね。そして信じてしまう。
ボクだって信じちゃってさあ。
そしたら、それを否定するブログまで現れて・・
さあ、どちらがというのが「自分で決められない」オレにとっての第一の不安だったりして。


笑い  そう、自分で決められない。だから誰かエライ人とか「上の方から決めてよ」って事になる。



そう、そこで、考えたんだ。
言葉で反応しちゃうってね。
「子供」「天使」「青白い光」とかね。
「醜い子供」「羽のほころびた天使」「顔の青白い神様」「床下の穴から射してきた青白い光」なんて言うと、ん??となるけどね。


「お上のお達し」だよ。君、空気読めよ。


そうそう、「お上」か!
そうなんだよ、「博士」「学者」「ノーベル賞受賞」「政府巷間、じゃない高官」「赤でみまれた、じゃない、アカデミー」「見えない世界の天使」「神様」「ガビエル」「イエス」「光」「教祖」「飯屋じゃない、メシヤ」「愛」「高次元」「いよ〜大統領〜」「となりの親父のハゲ頭(赤黒い光)」「オレの爪のアカの煎じたモノ」・・・



・・・・・


まあ、いろいろあるけどさあ〜〜
これってみな言葉によって権威を感じるんだよね。


・・・・・・


あら、答えないね、何か変なこと言ったかな?
それにしても、予言って当たったためしないと言う人と、いや当たっていたという人もいるし。
でも、やっぱり予言は外すためにあるんだよね。


そう、予言が当たっていたって言う時は、たいがい「起こった後になってから」そう言えば、こういう予告があったとかなんとか言って出てくるな。


そうそう。
あらかじめ拡がった予言はたいがいはずれているよ。3/11の大地震だって誰がそんな予言をしていた?
もしあったとしても誰も知らなかっただろう。


まあ、今の時期、日本のどこかで地震や火山活動があると言えば、たいてい当たるだろうしね。
そういう時期というか、日本は古代からそういう事を繰り返して来た自然現象だからね。



まあ、当たるも八卦、当たらないも八卦。
だから、日時と特定の場所をあれだけ詳細に言っている予言はたいていははずれる様になっているんだよ、きっと。


多くの人に拡散すればするほどその予言ははずれやすくなる。ほとんど知られない、数人の人しか知らない様な予言はあんがい当たっていたかも知れないね。
そういうのは後になってから出てくる。


ああ、後になって出てきても、そんなの役に立たない。


と言うことは、今回の予言騒ぎはどういう意義があったんだろうね。


もち、外すためだよ。


そうか。それと予言が拡散されたのはみんなが内側に持っている何かの不安という空気が浮き彫りになったということかな。
それによって、自分の内側を覗けるという。


まあ、いずれにしても自然現象としての地震などはいつ何処に起こるか知れないから、準備と心構えをしておくことだね。


そういう意味と言葉の権威に引っかからないという意味だね。学者とか政府とか天使とかボクの爪のアカとか・・・にね。


。。。。。・・・・


ここ読んでいるひと、だいじょうぶかなあ〜

時々心配になるんだ。
もしも全面的に信頼して記事読まれた日には・・と。



・・・・・・・よけいな心配するひまあったら、



ブログ書くな!!


追記
上記記事はこれは8月12日10時半に書いたものです。




その後
さて、ニュース見てみるかな


あ、早朝にあったんですね。
福島沖か。さほどでなくてよかった。ほ。

でも、これで終わったわけでもなし、安心安全は備えあってのたまもの。(ふん、えらそうに・・・一番やらない奴が)


今年の冬は豪雪です。
スコップやスノーダンプの準備は怠りなく。

あ、これはボクの予言です。
地震は日本全国津々浦々、どこでも何時でも準備万端怠りなく・・・と言っている本人が全然対策とっていないバカな奴。



あと、
こんなニュース見ると馬鹿馬鹿しくてやってらんないよ!まったく〜
って、(ところで、あんた、なにやってんの?って突っ込みは自分で入れたりして)


keijimoriiVet 森井啓二 ツイッター
インドで6人の少女が子宮頸がんワクチン投与後に死亡した件をきっかけに、インド政府はこの4年間の医薬品の治験で1725名が死亡したことを認めました。しかも年々増加傾向。
8月10日

やっぱりね。安全第一の旗掲げているワクチン、そのうち全部そうなるよ。(という予言ですが)
世界中がうなるときが来る(予言)
  「ええ〜〜ワクチンが効かない〜」
  「うっそ〜〜予防接種が、(病気)予約接種だったぁ〜〜〜」
  と、うなるか吠えるか、去勢された犬は吠えられないんですね。(声帯とられてしまって)
  
  
  
上記のツイッターより

   日銀、ドル買い100兆突破!!

おいおい、盗人に追銭かい?

はあ? いやねドル=下落→そのうち価値半減→そのうちばんざ〜〜い解散?

そんなものに100兆も使ってえ〜〜〜

震災復興や仕事なくて食えないボクみたいな者に仕事作れ〜〜!!  おまえたちは国民食えなくても、そとづらばっかりよくしやがってぇ〜〜〜!!
家族泣いているのによその人にはどんどん金ばらまいてぇ〜〜!! 
家族から絞り上げた金、どぶへ捨てやがってぇ〜〜〜



はあ、怒っちゃダメ?






ええ〜〜〜〜〜〜〜

あんなやつもこんなやつも?
バカばっかりのあいつらも〜〜〜


そう、みんなあんたが責任者なの!


うっそ〜〜〜〜

うううう〜〜〜〜〜むむむ〜〜〜〜


ショックで、吠えることも忘れているようだけど・・・


あんたが見る世界はぜ〜〜〜んぶ、自分が創造主なんだから  


あ、おれ創造主だったんだっけ?

創造しなおさなくちゃ!!


 


最後の追記


(オマエの追記は多すぎる!  はは、ついついね)


 


やっぱ、予言は事象を外すためにおろされる。


ならば


 


ため造、じゃなかった、え〜と、コテ造&ママゴンに感謝。


その青白い光と駄天使はわざとそういうシーンを映し出してくれたんだろう。


 


いや、もしくはママゴンが天から使わされた天使?


もっとも本人は気づいているかは関係ないけど。


 


かくいう私も天使甘栗じゃない、天津甘栗。


さあ〜かったかったあ〜〜やすいぞ。


一袋、


たったのひゃくまんえんだ〜〜〜〜〜〜


え、だれも買わない?


 


ええ〜〜〜い! ただだ、ただだ〜〜〜〜


おい、おくさん、もってっちゃだめ〜


タダはタダでもオレが多田(名字)だ〜〜


 


↑ ちょっとふるいかなあ〜〜ネタが


 


 

どんな事があっても「安全」になる秘密の呪文

先に逝ってしまった奴の言葉ですから(笑い)


 


もうこのブログは読むに耐えられない。


との保証書付き? 安全保障です。


 


で、ひみつのことばとは?


 


ところで、世の中「安全。安心」という言葉たくさん使われていますね。


まず安全な原子力発電所(笑い)


まだ常識なんでしょうかね?


 


ところが、いま真剣に討議されているというのです。


これ


安全な核兵器


安全、安心、便利な核兵器(びっくり笑い)


 


がはは、安全第一という旗がよく工事現場のプレハブ事務所に掲げてあるでしょ。


それですよ、それ!


「安全第一」という旗を付けた核兵器、ついに誕生!!


 


ついでに「絶対安全第一」という旗を各地の原子力発電所にたてたら、


絶対受けますよ!!


 


安全第一のワクチン接種。


安全第一の医薬品


安全第一の北朝鮮軍とか(特に北朝鮮に限ったことではありません)


 


安全無害な除草剤。


安全第一の消毒剤。


無毒保証!! 当社安全な消毒剤をついに完成。


 


つまりこちらも使っている秘密の呪文があったんですね。


しかし、


これを上回る言葉、呪文があったというからこれも驚き。


 


それはもう前に紹介したんですが、


あの中越地震の真っ最中のできごと。


 


あるおっさんが風呂の中で盛んに叫んでいたという呪文ですよ。(爆)


(ほんとは裸で飛び出したかったんだけど、ある逸物に地震がなかったので、そのまま風呂のまた沈みこんでしまったというエピソードもあるらしいーー愚愚)


地震→自信


 


だいじょうぶ、だいじょうぶ、だいじょうぶ・・・これを大声で叫んでいた。


(なあに、地震の最中だから大声でも隣近所には聞こえませんよ)


 


注意;何もないときに同じようにやると、トンデモナイ事になる。


いや、飛んでくるだろう、救急車とかが


 


という事で、だいじょうぶ という呪文でした。


 


え、秘密でもなんでもない?


 


そんな・・・・


 


じゃあ、最後の究極の呪文


 


 


なにがあっても大丈夫


??まだまだ〜?


 


死んでもだいじょうぶ!


 


 


 


これなら敵う敵なし(保証書付き)


 


まあ、実際は震えながら声張り上げていたんですけどね。


(これもエピソード)


 


 


 

予言はその事象を外すために予言する

ごて造とバカ盆です。


いや、笑いにしてはいけません。


 


予言は当たらない様に予言を出す。


そういう意味で聞けばいいのです。


 


しかし、予言は当たるという前提で聞くとそこには不安、恐怖を呼び起こす。


 


それは自分がしっかりやってしまったアホな見本。


といっても、じぶんが言ったよりも教祖が言ったこととか、指導者が言った事を鵜のみにしたという事です。


 


予言


来年の冬は豪雪です。


特に2月1日は一日中雪が降り続き、一晩で3メートルも積もります。


と、天使さんが私に教えてくれました。


 


じゃあ、それは大変だ。


スノーダンプ用意してスコップよけいに用意して・・


そう、昔そんな事がありました。


ただし、予言じゃなく、実際に豪雪の冬があったのです。


そのときになって、あわくって、(夏だけじゃないのです。冬でも泡食っているのです)


スノーダンプやスコップ買い出しに行ったら・・


 


なんとすべて売り切れ。


 


ああ〜〜、遅かった、準備しておけばよかった・・


 


こんな程度でいいのです。


なにも何月何日豪雪でなくても、前後一ヶ月くらいずれたって・・


 


しかし、センセーショナルなものは何月何日何時何分なんて。


 


予言ははずれるためにある。


そう思えばいいのです。


 


なぜなら、それがははずすために情報が出されるからです。


それが目的です。


 


だから、いつの時代でも予言ははずれています。


ただ、世間に認知されない予言は当たっていたかも知れません。


それは


多くの人たちに認知されるかどうかなのでしょう。


3月11日の予言が当たっていたという話があるかどうか分かりませんが。


 


おそらく、後出しじゃんけんじゃないけど、もし当たっていた予言なら、


それはおそらく「世間には伝わっていなかった」でしょう。


ぎゃくに「世間に多く伝わっていた」としたら、おそらくはずれていたのではないかな?


 


 


だから、その急所を分かっているならそれほどのめり込む必要はないはずです。


 


しかし、


年月日など指定しないなら、ある程度予言は必要なのかも知れません。


 


アメリカのドルの格下げなど、もう数年どころかずっと以前から予測されていたし、原発事故など一部の人がしっかりと予測していたのです。


これは予言でしょうか?


いや、必然的に起こることを、それに年月日などを入れなければ、りっぱな預言です。


預言は起こるべくして起こる事を先に予見している。


予言はその年月日を指摘して言ってしまう。


その目的は


 


当たらないようにする。


 


その役目としての人が居るとすれば良いのでは?


 


見えない世界では、天使なのか堕天使なのかはまったく見分けがつかないと言います。


 


しかし、たとえ堕天使だとしても、それはやはり役目がある。


結局は有用な役割をしていると見た方がよいのでは。


 


でも、コテ造ちゃんとママ言おもしろいですね。


 


けっして悪気じゃなかったのでしょうが、その予言内容が恐怖や恐れを産み出していたとしたら、(それは受け取る側の方の選択もあるが)


自粛するのは必要だったのでしょう。


 


いや、自分も人様の事は言えません。


 


じっさい、そういう恐怖、不安を煽る予言をかなり世間に振りまいて来たのですから。


 


だからこそ、分かるのですね。


ただ、その不安恐怖を刺激するのも必要な場合もあるという枝道、脇道も認知できればいいかなあと。


 


当たるもやっけえ、当たらないもヤッケエ〜だなあ〜〜〜〜〜モシ。


スマトラ沖も3.11もそんな予言が行き渡らなかったでしょ。


 


それよりも、もしも完璧な予言をしても、それは受け入れない人にとっては無意味なんです。


逆に回避できる人は何かの予感とか、偶然とかによって回避されるのでは?


 


まだその12日にはなっていませんから、おのおのがたスノーダンプやスコップの用意だけはしっかりしておくのが肝要かと。


だって、その冬が暖冬か豪雪かはなってみないと分からないから。


 


暖冬になって、なんだ〜〜はずれちゃって、無駄な買い物したなあ〜


と言って、ちょっとがっかりするか、


 


ああ〜〜〜〜〜凄い大雪になってしまった・・・


でも、用意はしてあった・・ので。


 


このたびの新潟県の豪雨は前にも増して凄かった。


でも、前の経験によってジタバタ、アタフタが少なかった・・・・


 


 


誰もこの豪雨を予言してくれなかったけど、自分たちの経験が活かせた。


 


今の日本国中、地震火山の活動期です。


だから、日時指定、場所限定する予言よりも大事な事がわかればいいだけ。


 


当たらない為の予言であったとして欲しい。


コテ造&ママ言にはそっとしておいてやりましょ。


 


 

さあ、準備はいいのかい?

じつはボクの奥さんはいま一応向こうにいます。


まあ、世俗的に言えば逝ったひとですが(笑い)


生前(この言葉おかしいですねえ〜〜 生きる前ですよ! じゃ、生きる前は死んでいた?)に語った体験。


N家に養生に逝ったとき、じゃない、行ったとき、そこで寝ていた時のこと、窓越しに猫が現れたそうな。


そして、さかんに私に向かってしゃべくっていたのよ。


 


そう、それから「オマエは猫族の長だろう!だから猫が話しかけてきたんだな。


まあ、猫族の長らしく、オレに何か頼むときはニャア〜ゴ〜〜、アレチョウダイ(最後の音は高音になる)。そしてそれが済んだら、あとは気まま勝手。


さっきの猫なで声はどこへ行った・・・・・・・・・・・


てなわけで、猫は人間にも化けたり、猫になりきっているが突然しゃべくってくるのである。


猫はどうやら、犬とは対照的に自己中心的ながらも、これは人間が一番理想とする姿なのかも知れない。


犬は犠牲的精神旺盛な、主人に逆らわず従う下僕的な姿。


猫はそんなのかんけいねえ〜だね。


 


いま人間が苦しんでいるの人が多いという。


それは犬的献身的人生を義人としているのではないのだろうか。


しかし、それは本来の人間の姿を外面的善でしか見ていないからだろう。


(こう書いて、何を言っているのか自分でもわからないのだが 爆)


 


 


人間は今こそ猫族に習って、本性としての神性を取り戻すことが必要なのだろう。


ねえ、猫ちゃん〜


 


ニャア~~ゴ~~~~


 


 


 


怒ってた猫が急に話しかけて来たけど、ネコ語だからわからない

テレビタックルを見ていて

ただ笑った。


はははは。はははは。うひひひひ。はひょうひょ。


おい、覗きやってるときでもそんなに嬉しがらないじゃないか?


 


そりゃそうだよ。覗きはりっぱな文化だよ。


真剣に真摯にがモットーだ。


 


(途中ですが、最近読むに値する記事は書きません!(きっぱり)ので、せいぜい指が弱らないように指の運動をしているだけです。おつきあいの必要はありません)


もしも、ひまがあるようでしたら、



そんな事と官僚の話を一緒にしないでちょうだい!


 


藤原不比等時代からだって?


日本の官僚制度ってのは、古いんだってねえ。


 


いや官僚制度って言うよりも、人間の精神状態だって。


身の保全を考え、体制を危うくするような言動を慎み、穏やかに体制を維持するべし。


 


って、会社でもどんな


組織でも同じでしょ?


組織に準ずる、武士の時代だって徹底的に上司に逆らわないで従う。


 


こんな生き様をしてこそ、武士の本懐である。


なんてね。


 


そりゃあ、立派なことかもしれない。


社会からはみ出してしまったら生きてゆけない時代。


 


自分を守る。いや、家族を守るため。


これが大儀名文ですよ。


 


自分じゃない、家族一族郎党を守るため。


 


この金看板を出してね。


そして、自分の身を守っているのよ。


 


あ、そう。


 


あら、感心ないのね。


 


だって、ボクだってやってきたんだもの。


それに、もうそんな時代は終わったんじゃないのかな。


終わった?


 


ほら、紙芝居の残り、裏へ回ってみたらもう何枚も残ってないってよ。


え?じゃ、どうなるの?


 


心配ないよ。だって、その次の紙芝居屋が後ろで「まだかいな〜」


とあくびをしながら待ってるそうだよ。


 


じゃ、全然違う紙芝居が始まるの?


どうも近いらしいよ。この紙芝居が終わるのも。


 


けどせっかくだから、大仕掛けの大団円を考えているって話もあるけど。


つまり最後のどん詰まりに大危機が来るかのように観客をドキドキさせて、最後にどんでん返しを考えているとか。


 


え!ど、どんな?


 


ばっかねえ〜〜


みんなが分かるようなシナリオじゃ、ちっともドキドキわくわくしないでしょ。


だれもが考えつかないようなシナリオよ、もちろん。


 


と言うことは・・・


 


そう、これこれこうだろうって誰かが言うと、それは必ずどんでん返しにするっていうように。


 


じゃ、じゃあさ。だれひとり知らないって事になるんじゃないの?


 


まあ、そうかもね。


 


ご注意; ここにタイプしている奴は全然無責任で想像で書いているだけですので、決して鵜のみにはしないでください。


 


誰がするか!


 


ところで、医学界の官僚制度はどうなってるんだろうね。


ここまで鉄壁の牙城を築き上げたんだから、もう崩れるって事はないんだろうねえ。


 


はは、土台の石垣作るときに小石はさんでおいた奴がいるらしくてね。


その小石をちょいとほじくり出すと・・・・


 


ガラガラ〜と自壊するようよ。


 


 


ご注意:この・・・


ああ、もういいよ。そんなただし書き

似たもの同士

原発推進機構


世界的ですね。


そして、日本支部機構。


みごとにばれ始めましたね。


国策ですから。国と企業と学者とグルになって、いや、協力しあって、さらにマスコミにえさを与え、いや、宣伝をお任せし、強力無比な体制ができあがった。


 


そして、いま・・・・


どうしたことか?   歯車が狂い始めたのだ。


ようやく少しずつだが、


原発宗教が作り上げてきた迷信教義が明かされてきたようだ。


世論を誘導するにはうまく行けばこうなる。


しかし、いったんバレルとすべて発泡酒となる。


 


似たもの同士、こちらの宗教はどうなんだろう?


 


ちょっとふるいけど


 




 


 


医学宗教が推進するワクチン神話


 


 

創造者としてはヘタコイタ〜

オレとボクとの対話


 


いつから白内障になったの?


ひどい、ひどい、ひれつだ、こいつらひどすぎる。

むき〜〜〜〜



最近、白内障の方が多くなったと聞きます。


なぜかというと、白目を向いて攻撃するというのです。


え?

白内障じゃないでしょ。それって。


いやね、それが急にそうなったそうですよ。
3月11日以降。


はあ?


いままではね、ずいぶん穏やかな目をしていたんですよ。

それが急に白目をむき始めたんですよ。
放射能性白内障かな?



おいバカいってんじゃないよ。
相変わらずだけど。


それはね、いままで教えられて信じてきた事が大逆転したからだよ。
そりゃあ、パニックも起こすさね。



だって、そんな事は知る人ぞ知るの世界では「想定内」だったんだから。
起こるべくして起こった。
ただ、それがあまりにも大きく起こった。


じゃあ、小さく起これば良かったんですね。



いや、そうでもない。
それじゃ、気が付かない。
柏崎刈羽で起こってたんだから。


え、そんなことあったの?



気をつけて情報を吟味していれば分かる人は分かっていた。
ただ、あれほどじゃ、誰も意識を向けなかった。
それよりももっともっと前から警告を出していた人は何人もいた。


じゃあ、どうしてそれが・・



はは、それはみんなに聞く耳が無かったからさ。
ただそれだけ。

こんどのは自然から起こった強制的気づきとでも言うかな。


まあ、これがなかったらみんな相変わらずでしたでしょうね。



そうなんだよ。
みんなが教えられた事を鵜のみにして信じている。
ただ、ちょっと自分で考えてみれば判ることなんだけどね。



うん、東京で使う電気をなぜ遠く離れた地方で発電しなくちゃならないのか。それも安全と言いながらも人口の少ない地域に作るって、それ自体がそもそも危険っていう事だもんね。



でも、それに対してどうした。
その当時から白目をむいて反対していたね、君は?


いやいや、なんとなく危ないなあとは思ってたけど、そんな事言ってたら社会からも変な目で見られますからねえ。
まあ、大勢が賛成するものだし、国や学者も安全だと言うし、マスコミだって黙っているし。



そう、みんな君が選んできたことなんだよ。
だから、3,11から急に白目になったかどうかだよ。
その前から白目をむいてかみついていたなら、その人は真性だけど。
急に変わったのなら、それは自分にも責任があるってこと。



ええ〜〜だって国も誰も教えてくれなかったし、新聞テレビも・・・



だから、言っただろ。
あんた絶対安全だと思っていたのかって。
うすうす知っていたんだよ。
ただ、大勢の中で異論を言うと立場が悪くなる、寄らば大樹の陰的生き方をしてきたから、ほかの情報を無意識でも意識でもよいけど避けてきたんだよ。



いいかね、今の報道みていて分かるだろう?
その人の立場では嘘も言わなければならないという事を。
マスコミでさえそうなんだ。NHKでさえ電力会社と関連があるんだから本当の本当は言えないんだ。



ええ、NHKでさえね。でも割と真実報道が多いと思っていたんですけど。



そりゃあ、中にはあるさね。
しかし、どこもかしこも経済で動いて居るんだよ。
それをはずしたらどうなる。昔から言うじゃないか。
「おまんまの食い上げになる」とね。



でも一般人には?



一般人だって何かの組織に属して働いているだろう。
その中で本当の事だけ言っていたら、窓際族かいたたまれなくなって退職だろう。



じゃあ、どうしたら真実が伝わるんでしょうね。



よい例が出たじゃないか。
3.11以降だよ。
ちゃんと白目をむきだして攻撃する人が増えただろうが。
あういう大変な事でもないと、気が付かないというか、注目しない人たちが多いと結局そういうきっかけが必要になってくる。
またそういう事が起こるまで何も変わらなかった事実だ。


それが事実ですね。たしかに。
大変な事が起こる前に我々大衆が分かっていたなら・・・


だから、それは仕方ないんだよ。
原発問題にしても、医療にしても、どちらも教え込まれた事をすっかり信じているから、そこには自分で情報を収集して判断する意欲も起こらないし、そもそも関心が向かないんだ。
既成学説や社会の常識だけを信じているから、そこに異端説が出てきたって検討する気もないし、だいいち頭に詰め込まれた常識でいっぱいだから「理解できない」構造になっているんだ。


う〜〜む、じゃどうしたらいいの。


それは自分で考えるしかない。
でも、たいていは何か大きな事が起こって、大ショックを受けるときに、脳の構造体がリセットされる。
まあ、その時までは無理かも知れないけどね。



希望がないですね。


いや、そんな事はない。
もう変わりつつあると思うよ。
それに大衆はけっこう日和見菌に近いから。



日和見菌?


これは微生物の世界でよく起こる現象らしいが、多くの菌を支配するような上層部の菌がいるらしい。
その一部が変わると全体がすぐそれになびくというんだ。



なんだ猿山の猿族みたい
ボス猿が交代すれば、すぐみんながそれになびくし。


まあ似ているけどね。
軍国主義国家が急に民主国家にも代わり得る。
北朝鮮だってどうなるかわからんよ。



とにかく、今の医療はガン治療に代表されるように、攻撃的医療だ。
その愚に気づくにはまだまだ時間がかかるだろう。
それを外からいくら指摘しても無関心だ。
それこそ、もっと多くガン患者が増えて、ガンの三大治療をもっともっと行って、ようやく分かってくるだろう。

それまでいくら白目をむいて言ってみても無理だろうなあ・・




でも、それが真実かどうかも分からないじゃないですか?


そりゃあそうだ。
わしがそう思っていたって、反対はこちらを間違っていると思っている。ただ異なる事は「調べてもみない、関心を示さない」という頑なな態度だけ。



そうか、原発推進がうまく行ってきたのは反対者も少なくて、居ても無関心だったからね。いまごろになって急に有名になって国会にまで呼ばれて証言している人も居られるし。


そうなんだよ。
無関心、拒否、みんなにそれがあったからね。
だから、急性白内障になった人は他に責任追及ばかりはできないんだね。


そうなると、あなたも?


まあね。
無関心だった、というか、口では言ってもなんにも活動もしなかった。
ただ、危ないってのは先に言ったように、なんで東京に作らないで地方に作るんだって事で内心は分かってたんだけどね。


でもいまさらながらですが、嘘ねつ造ってのがあまりにも多くて・・・




それは仕方ないんだよ
みんなが自分の立場を守ろうとしていたんだ。
それが社会全体、国全体になれば大きな力になるからね。
そうでない人は排除される。




昔からいうでしょ。村八分になるな。長いものには巻かれろ。
出る杭は打たれる。
そういう事でしょ?


誰もが変人呼ばわれはイヤなんだよ。
みんなと一緒、みんなと仲良く。
泥棒組合でも詐欺組合でもそうだろ。暴力団だってそうだろ。
みんなと一緒。みんな仲良く。
人間の性だからね、しょうがないしょうがいない。


でもやっぱり最後にはみんな仲良くエライ目に遭うんじゃ・・・


だからしょうがないしょうがない・・・


いやですねえ〜〜その言葉。


いやなら、今日から変人扱いされるかい?
奇跡のりんごの木村さんの様に「かまど消し」と村八分にされたいのかい?



う〜〜ん、それも困るなあ〜〜




この後ずっとつづく・・・




エエ〜〜〜イ!!

ドッチカニシロ〜〜〜〜〜




えーーと。

生にしようかな〜〜

それとも

ビンにしようかなあ〜〜〜


まてよ、


発泡酒ってある?

第二がいいか、

それとも

第三か

う〜ん、それが問題だ。




まてよ、


第4が出るまで我慢しているかなあ〜〜〜


まだまだ続きます。

(え、ここまで読んでしまった!!)

まだまだ怒りの白い目で見られそうだなあ・・


プロフィール

akyoon

Author:akyoon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR