フクシマゲンパツは利益主導型世界の終焉の象徴か

いや〜〜〜


原子力事業の利権構造というか利益主導型世界の姿が顕わになってきていますが、日本の(世界の)医療事業利益主導型世界とそっくりですねえ。


儲かる、うはうはは〜〜


 


これは金の魅力ですねえ。


金のあるなしでこうも人間の心が変わるものかという・・・


金さえあれば、どんな愚劣なヤツでも偉そうに見えるし、なければ良寛和尚の様に、ふるさと出雲崎でこどもからも石を投げつけられる・・・


人間の醜さと美しさは表裏一体と言いますけど、いま見えてきている利益主導型世界の主人公たちの生き様はなんとなく、滑稽にみえてきますねえ。


あれほどエライ人たちと思われていたのに、やってきた事がバレバレになってしまい、汗ふきフキ言い訳しなくちゃなんない。


ああ。。こんなはずじゃなかった・・・


と本人達もそうだけど、その様な権益利権社会を盛り上げてきたすそ野の庶民たちさえも、なんだか元気ないですねえ。


こういうときは温泉にでも行ってぱあ〜〜と生ビールあけてうだあげましょ1


 


って、自分のための言い訳かい!


 


それはともかく、この連休は温泉めぐりでビール飲むぞ〜〜(あ、発泡酒か・・、それも隠して持ち込んだ菅)


 


しかし、お金ないと元気も出ないっていう構造社会ですけど、これこそ自分の創りだした世界なんでしょうねえ・・・・はずかしいけど。


だから、逆にお金さえあれば・・・


という指向性だけ向上しちゃって、その結果、原子力業界という利益だけ主導型世界が完成しちゃった。


そこに君臨してきた人たちの断末魔が始まろうというのだから、見せ物としてはおもしろいかも。


でも、それを支えてきたのは、やっぱり自分たち庶民。


大衆には罪がない?   そんな事はないでしょ。


確かに上から教えられ教育された結果だと言うけど、その様な素質があったからであって、無いものがそうなったわけじゃない。


最初からみんなあったんですよ。


それがいま一番出世頭になっている人たちだけに向けられる非難ごうごう。


確かにオレだったこいつら蹴飛ばしてやりたくなるほど怒ったりするけど、それで終わっちゃったんじゃ元も子もない。


みんなが加担者だったんだよ。


だいいちゲンパツが安全だなんて誰が信じてたの?


知ってたでしょ? あ、ソコノチミ〜ですよ。


 


東京に、大阪に原発誘致しなかったでしょ? はい。


わかってんですよ、最初から。


それを今更になって


やれ「騙してくれたな」だの、「どうしてくれるんだ」だの・


そりゃあ、言いたくなりますよ、トウデン、じゃない、とうぜん。


缶が悪い? 民主が悪い? じゃあ自民党時代に造ったんじゃないか?


それも地域の先生方議員にお世話になったんでしょ?


それが民主主義といわれたんでしょ。


そして、最後まで反対貫き通した人なんて希少価値もんですよ。


 


大抵のひとは内心はどうでも、表ではそれほど反対もしなかった。


だから、もうそれはぜんぶ自分たちも同質だったということであきらめましょ。


しかし、


 


これからは違いますよ。


ちゃんと内閣府の原発部署、意見募集にも応募して「全部廃止」を意見提出しましたし。


もう、有識者たちには任せられない。無識者として堂々と意見を出しました。


 


そして、もう利益のためには嘘八百は通用しないんだ、本当の事だけになれば、とうでん原発は経済的にも合わないし、危険であることはキッパリ証明中ですから、もう誰にも文句は言われない。


はい、やめましょ。すぐにただちに。


え?ただちにはやめられない?


どうして?


 


それは利権利益構造構造が壊れてしまい、不幸になるからです。


 


え、だれが?不幸になるって?


はい、だから・・利益、利権で喰っている人たちですよ! おまんまの食い上げになったら不幸でしょ?


 


ん、そんなに貰ってたのが減るからでしょ。 そんな事でおまんま喰えなくなるはづないでしょ?


喰えなくなって餓死したひとなんて今の日本では皆無なんじゃないの?


病気ならべつだけどね。


 


要するに、いままえたっぷり儲けられたのに〜〜、それが無くなったら困るでしょ〜^って程度でしょ。


ただ、それだけなんでよね。


もうやめましょうよ。


そんな我だけ良しの利益主導型世界は。  けっきょくは、最後はみんなで泣くことになるんだから。


 


さて、まえがきはこれくらいで勘弁してやって・・・と。 


(え、その次ぎもまえがきと同じだって?  )


 


これからが本番よ。 もっとも書きっぱなし修正はセルフサービス。


そして、残ったのは・・・・・・・ 


 「。」だけだった・・・・・オイ!


 


自分のに
ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


 


すべてが利権構造で出来上がってしまった


と、言えるほど(そうでないものももちろんあるでしょうが・・)、この国は利益主導型世界を構築して来たようです。

もちろん、西洋からの受け売り型なんでしょうけど、日本人は何でものめり込むという性格があるみたいで、良くも悪くもトコトンまで行っちゃおうっていう事らしいねえ。


そうして、世界に冠たる利益主導型国家体制が完成して、しばらくはそれでうまくやってこられたようです。


それには国民も同意しているからなのでしょうが、良い内は文句もでないですね。
しかし、いざ、その構造にも耐震性が薄れたようで、今度の地震はその象徴でした。


地震そのものは日本の国の宿命みたいなものですから、これはいかんともし難いのでしょうが、(本当は人心乱れて天地が荒れるというらしいけど)人間が作り上げた物がもろくも崩れ去る様を見せられています。



それが福島原発という「象徴物」でしょう。

何の象徴かというと、もちろん利益主導型社会制度の結末があのお粗末な耐震構造で造られていた原子炉だったようです。

その原子炉は物としての象徴ですが、それを作り上げてきた社会構造が源になるわけですから、あそこまで行くには多くの人たちが利益主導型世界に同調してきた結果です。


まさにバベルの塔の崩壊を意味するような福島原子力発電所の事故でした。


その構造は建物というよりも、人間の「我よし主義から産まれる拝金宗教」が背景にあるのでしょう。


「おまんまにならないよ」とか「飯の食い上げだ」とか普段使う言葉の裏には、金にならない仕事は意味がないという様な思想が入っているとおもいます。


それはボク自身がそうだったし、今でもそれはあります。
しかし、物には程度というものがあるのに、無制限にその拝金思想というか儲けだけ宗教が流行ってしまったのでしょう。



だれでも裕福になりたいという事は良いことです。
しかし、そこに嘘や偽りさえもその目的のためには手段として使えるという教義が潜んでいたら、そこから産まれるものすべてが虚飾というか虚構性があるのでしょう。


正直に働いて裕福になる事は清富と言って、清貧思想を超えるものですが、嘘や偽りをもって裕福なるというのは濁富と言うのではないでしょうか。


そのような思想が入ってきたのは明治前後から特に強くなったのかも知れません

嘘や偽りの混じった文明開化の結末が我よしだけの裕福社会という、その陰には大多数が不幸になるという背景があるのですから、自然法則からいうと、大多数の幸福にならないものはすべて自己崩壊するという絶対的な法則があると思います。


それはこの地球世界を創造した当初に入れられた法則でしょうから、古今東西、一時的繁栄を誇った文明がもろくも崩れ去ってきた事実で分かります。


いつも文明の崩壊の前には頂点になる繁栄の時期があり、そこから徐々に腐敗構造が産まれ時間の経過と供に自己崩壊する、という形なのだと思います。


天災というけど、じつは地上の人間の生業がもの凄く影響していると思います。

天地人はやはり一体でしょう。
人だけでも無い、天地の共生がなされなかったら、人は崩壊するという様に創られているのでしょう。



そうなると、今度の震災そのものもある程度は人間には予測できるものだったようです。

もちろん、日にちを言うのではないのですが、津波にしても過去二回も大津波を経験した地域があったというし、特に原子力発電所などはそれを想定できないなどという事は言い訳にしか過ぎません。


その事を承知の上で造られてしまった理由は、利益主導型社会の構造そのものだったのでしょう。

福島原子力発電所の事故は物の崩壊とともに、むしろもっと奥深い意味では「自己利益の目的のために嘘や偽りの手段も正当化される」という思想が自己崩壊する(した)形であり、まさに他の社会構造の象徴とも言えます。


原発事業が利益主導型世界の典型的なものだという事が段々と明らかにされてきていますが、他の方面でも同様なことです。


それを支えてきたのは「我よしだけの利益思考」が源なのですから、そこから出来上がったものは皆同じ運命が待っているわけです。


特に世界中、そして特に日本で一番その強固な利益構造形態をとって進歩して(本当は退化なのだが)来たのが現代医学というものでしょう。


医学は学問ですから、それを元にしている現代医療のことです。


この医療世界がいかに利益主導型世界の典型的なものであるかは、約40年前の国会の特別委員会で行われた審議を読めば納得できます。


なぜ、現代医療がダメになるのか、ダメなのかという命題を出されて、それを潰してしまったのは時の政府高官や官僚、多数の国会議員、そして本家本元の医学者たちでした。


原子力発電所の事故で今頃になって言われているのが「なぜそのような理不尽な事がまかり通ってきたのか?」という疑問だそうです。


疑問というよりも愚問と言えます。

そんな事はわかりきった事でした。
ぜんぶ、「目的のためには手段を選ばない」思想が蔓延していたからです。


目的とは自己の利益のため、手段とは嘘や偽りでもって真実を葬り去ること。


これがいかにも民主的に行われるかの様に見せて、じつは権威、権益という力を使って弱肉強食の世界を築いてそれを保ってきたわけです。


現在でもまだその思想が残っているのですが、今回の東北大地震がきっかけになって起こった福島原子力発電所の事故はその崩壊の走りとして実に象徴的なものでしょう。


この様なことから、多くの人の目覚めが起こります。
最初は悲しみ、次ぎに怒り、そして気づくのです。


それを支えてきたのは我々ひとりひとりだったんだ!と。


宮崎口蹄疫騒動もまったく同じ構造だったのです。
恐ろしいのは口蹄疫ではなく、人間社会の作り上げた利益主導型の生き方そのものだったのでしょう。


人間のインフルエンザ騒動もまったく同類です。


そこには真実が隠される構造が出来上がっているのですから、原子力発電関連で言えば、「行き着くところまで行かないと目が覚めない」という事を福島原発が見せてくれていますが、他の分野ではその「行き着く先」とは何を意味しているのか想像できるはずです。


地の揺れは地球神の働きとすれば、太陽の黒点活動は天の働きでしょう。
それには月という調整作用が加わっているといいますから、日月地三位一体の力があらゆる事象に影響しているはづです。


それが地震であり、気象であり、人間の思考にまで影響しているというのですから、いま起こり始めた天地の異常は人間の精神にも同様に起こっているのではないでしょうか?


それは個人個人でぜんぶ内容は違うでしょうが、いま心の中で葛藤が起こっているとしたら、それは天地人一緒であり、当然それが自然のなりゆきなのだと思います。


異常に見える現象は経過途中と見るべきもので、それは浄化作用であり、調整作用であるからです。


行き着く先は浄化後の本来の姿の世界、調整後の安定された世界だと決まっているようです。


いろんな不安恐怖に見える自然現象と供に、自己の内側でも同様に天変地異が起こっているのではないでしょうか?


しかし、それを乗り越えてしまえば世界はミロクの世となります。


もっとも、ひとり独りが見ている世界は同じように見えて、実は微妙にkとなっているそうです。

それは、自分だけの自分の内面をスクリーンに投影しているという形だというのですから、これを腹に収めるにはまだ時間がかかりそうですが、そういう人たちが普通の様な人の中からどんどん出てきているみたいです。


書いているボク?

あくまでどこまでも他人様の受け売りです。キッパリ


いえ、人間の思考そのものが最初から頭脳で考えているのではなく他からの通信傍受だというではないですか。


そうなると、なんだ


全員、他の受け入りじゃないか?
最終的には宇宙のアカシックレコード屋さんからレンタルしたんじゃないの?



あはは、レンタル料払え!  って。

その借りたものをさらに無断でかりているヤツは誰だ?


それではまた。

自分のにーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


 


 


 


 


 

スポンサーサイト

なぜ代替エネルギーは潰されてきたのか?

代替エネルギーはなぜ潰されてきたのか?


 


その前に新生日本国にひとつ提案として


キャンペーン  を。


 


 


今ここキャンペーン拡大しましょう

「東京に誘致しよう、原子力発電所。もう他県に任せたんじゃ採算が合わない」

そうです、高価な送電線とその経過途中のロス。
これを省くには、
直に使う東京に原子力発電所を持ってくる以外にない。

え? 危ない?

そんな事はない。絶対ないのですよ!!
全部想定済みで原発建設に活かしていますから!

風評に惑わされないで、いまこそ、ここ(東京)に原発を建設しましょう。

え? これに反対ですって?
あなた何者?

原子力安全保安委員会?

え〜〜〜〜そんなのあったの?   ナイナイ。



で、やっと本文へ(ここから本番よ〜)(あら、それが一番あぶない)


 








じつに単純明快。

儲からないからです。

誰が? どこが?


これを想像できないひとには無理ですね。    ここまで。


じつは代替エネルギーの方が本家で

現在主力エネルギーの方が分家だった。


ここに逝くまで時間がかかるでしょうね。


そう、いままでの常識観とか教え込まれた教義を逝かせないと、生かせないのです。

本物とか本当とかいうけど、どれがそうなの?


という事を誰も教えてくれなかった。
いや、教えてくれるのは「これが本物だ」とか「こちらが真実だ」というかけ声だけ。



本当に本当に本当はどこにあったの?


いや、難しいことじゃないんですね。


ほんとうは・・・

しかし、

古い観念が常識が教義が・・・・


そこで、ストップさせている。

これはもうすべて宗教の世界です。

なあに、科学などと威張っていてもおんなじところがいっぱいありますよ。



まあ、ぜんぜん科学などにはうといくせに・・いや、知らないから大風呂敷ひろげて言えるのです。


科学? 科学なんぞ  ぜ〜〜〜んぶ、発展途上国だあ〜



ああ、きもちよかった


あ、


また、いらぬまえがきで本論をわかりずらくしてしまった・・・


わかりづらくかな?
(それなら、文字なおせよ!)



原子力発電所が一番邪魔をしているのではないの?

代替エネルギー(←本当はこちらの方が本家になる)


あんたがいつまでも居座っているから、こちらの方が座れないのよ〜
はやく逝って〜〜


はい、おまちどぉ〜〜〜さ〜〜ん
お席あいたわよ〜〜


はい、どうも、すみません


すみません、じゃないわよ、まったく。純真なんだから亜〜〜
なんたってずっと居座って独り占めしたがる旦那がわるいのよ。

あなた、待ってたでしょ? かわいそうに〜 真面目なんだからこちらさん、


いえ、どうも・・・・


あ〜ら、無口なところがもっと可愛い〜〜〜


それに較べてあの旦那って、超自慢ずきなのよ〜まったく!
自分を売り込むことだけ熱心でねえ〜〜
醜いところは全部かくしてさあ〜〜

でも、こんどだけはもうダメよ、きっと。
バレバレになっちゃったんだもの〜〜〜
亜母



おい、

え?

どこかの場末のクラブか!!



あ、
また本論から離れてしまった・・・
つい、真面目で純真なお客さんが自分だと思いつつ・・・


ところで、あんたが書くとこういうのばかりだけど・・・
まともなの書けないの?


え? まとも?  まともですけど・・・



石油産業は儲かる
だから独占企業体ができた。

そのうち原子力というものが台頭してきた。

こちらも独占すれば儲かることが分かった。


そして、石油から原子力へという筋書きを創った。


え?代替エネルギー技術は?
そんなのは概して儲からない。
だから排除するべきもの。
潰す。



原子力を推進するキャンペーンをはろう。

それには地球温暖化現象がちょうど良い背景にある。
温暖化が事実だとして、そこには二酸化炭素が増えているという事実が好都合だ。


なぜなら二酸化炭素を出さない(これをクリーンと名付けた)原子力のイメージは非常に良くなる。

本当は地球が温暖化すると二酸化炭素が増える。

◎二酸化炭素が増えるから温暖化するのではない。

二酸化炭素は後の方、従の方。
主は温暖化、従は二酸化炭素。

ええい!これを逆順位してしまえ!


二酸化炭素増加→ 地球温暖化 →さらに付け加えちゃえ!→ 氷が溶けて地上が水没する  →  おお〜〜恐怖でいっぱいじゃあ〜


これで逝こう。


かくして、世界中大キャンペーン開始。

特に、得に 大日本国の民草たちはこれを信じちゃったのね。


原発無ければもうダメぇ〜〜

みんな今頃になって怒ったり突っ込んだりしているけど、

だって、つい前までは

二酸化炭素出さないクリーンなエネルギーだから今後もよろしくぅ〜〜〜

ってね。

みんなが言ってたでしょ。

まあ、少しは反対してた人のいたけど。
そんな人を度外していた。無視していた、興味な〜〜い。


そんで、いまになって、そういう人たちを呼び出してきて

ね、そうでしょ。どうして当然は騙して来たの、肥満院はどうしてウソついてきたの?
ってね。


だって、あんたたち、ころりと騙されるのを好むじゃないの?

って、居直られたら、怒るの?

怒る□あるの?



ぜ〜〜んぶ、わしらがばかじゃった。
どうして分からなかったんだろう?って自分を反省した方がいい。


彼ら(攻撃相手)をいくら責めてみてももう遅い。

起きてしまったことは戻らない。

それよりも、どうしてここまで来たのか?

それは

みんな、自分にあったんだよ。

そこまで容認してきたんだから、何が起こってもそれは自分に元種があったんだよ。

こう反省して。


さて、原子力エネルギーは古いシステムだという情報を受け入れられるかどうか?



それが受け入れられないと

代替エネルギーとしての原子力発電所はまだまだ古い席に居座り続けるでしょ、きっと。


そうなると、本物は出てこられない。いや、待っているのだけど、旦那が邪魔しているからね。


もう原子力が安全だとか、不経済だとか、それ以前の問題。

それは超素晴らしい
フリーエネルギーが出番を待っているということだね。


それは儲からないのだよ。
国民は儲かるけど。企業的には儲からない。
独占できないから。資源はほとんど要らないから。


だから人類が真に自由意識を保つまでは、フリーエネルギーは出てこられない。

真の自由意識とは?

冷静の回復だよ。いや、霊性の回復。


エゴ丸出しの自己主義から、自他共に共存共栄の意識が表面に出てくる時にようやくフリーエネルギーが目の前に現れるという。


だから、フリーエネルギーが現れてから原子力エネルギーが退席するのではなく、先に古いエネルギーが席をのいてくれないと、次のお客さんが座る席がないということ。


ま、その本家が出る前に別の代替エネルギーもたくさんあるから、そんなに一度に切り替えなくてもよいでしょ。


意外なことに、というか、マスコミにはほとんど出されていない情報だったが、こんどばかりはチラリと腰のあたりまで見せてくれるようになったらしいぞ。

それはかなり有力なエネルギーとなりそうだ。

そして、そこから本当の本家本元のフリーエネルギー登場というシナリオで意向!



え?ますます分からなくなった?


古い旦那を家から出さないと、イケメンのあの人は家に入ってこられないってこと。


まあ、旦那を古い嫁に変えても・・・・・

そんなこと書いたら大変な目に遭うぞ!  

それにしても・・・・


うちには可愛い嫁が居ない・・・・・

ええ、出て行ったの・・・・


ところで、


このエネルギー問題は


現代医学一辺倒の現代医療と凄く似ている。

いや、むしろ、こちらの方が本家本元だろう。


 


あれ?似ている


なぜ代替え療法的なものは潰されのか? 


 


なにしろ、歴史が古い。
しかも、すでにその利権構造はすっかり定着して固まっている。

安全でクリーンなんてもんじゃない。

けっして代替を許してはならない。
法律でかたく護られている。しかも子供教育からしっかり植え付けられている。


この人類史上まれにみる金と銀と銅とオリンピックの賞を独占する(こういう比喩でいいのかな?)最強の体制が崩れる時が来るのであろうか?


それは東西冷戦の表徴であった鉄のカーテンなんぞまだ序の二段だ。


こちらは横綱大相撲。


しかし、あんがいこういうものはもろいものだ。


福島原発がたった一度の地球様の揺れでこうももろくも安全神話が崩れ去って、しかもその波は世界中の原子力エネルギーの見直しへと伝わってしまった。


たった一個の小石(自然界からみたらであるが)でも、簡単に人間の作り上げた強固で絶対的なあらゆるものを壊してくれる。

まあ、壊すというよりも、

本当は自壊作用なんだけどね。


壊れるべくして壊れる。倒れるようになっていたものにちょっと刺激があっただけでもこうなるもんだ。

もともと脆いものを、さも頑丈であるかのように神話を作り上げたのが人間のエゴ活動だっただけのことさ。


さあ、いままで嘘八百のこの地球上の人類世界で我々はゲームを続けてきたのだが。・・・


そろそろ、その仕上げゲームが最終段階に入ったというらしい。


嘘を承知で付き合ってきた貴女と私の関係、いや、貴男と私の関係か・・


その関係ももうおわりね。
もうわたしたち嘘をつけない世界にはいってしまったの・・


もうおしまいね、このゲーム続けたいと思ったら、また別の場末のバーにお勤めしなくちゃ、そこの貴男もまた通ってくれるかしら?


でもね、アタシもう、
ウソつくのにつかれちゃった・・・・
自分にもウソつかなくちゃね・・だから、もうおしまいにしようかと思うの。


貴男はどうする?
でも、あなたのお好きなようにね。
とめやしないわ。


こうして二人は最後の夜を濃密に過ごして
翌朝、何事もなかったかのように朝霧のただようまだ人気のない街に独り歩いて行った・・・



うう、嘘八百の世界もけっこうそれなりに楽しんだわよ。
でも、もうそれで自分まで苦しむのは嫌なの。


彼女はまた古い方のお店に向かう彼氏に向かってそうつぶやいた・・



じゃない、

完。  



つい記


でも、あなたたちばかりに合わせていられないわよ。
わたしだって意思があるんですもの。
もう
あなたたちには悪いけど、アタシだけでもイッチャウわよ!


なんと意味深な言葉でしょうか? (アホ)

この彼女は図体がものすごく大きいのですが、優しさ、気高さ、美しさは誰も敵わないのですよ。

その彼女が決心したかの様に、

「わたし、もう変わるの!貴方たち私の上で腹上死したいの?」

おいおい、その彼女って誰だい?


そうよ、わたし、わたしよ!


ガイアとも呼ばれている彼女は言う。

もうあんたがたの好き勝手にできないわよ!

その手始めにちょっと身体調整をやっただけ。
これでも最高に護っているのよ。
だから、いままでどうにか保ってきただけ。

そんな護りをもうやめちゃおうかしら・・・
ちっともわかっていないんだから・・


もう待ってられないの、あなたたちにはもう時間が残り少ないの。


それなのに、まだ原発にいままでお世話になったからとか言って、これからも替わりの旦那さんが見つかるまでお願いね、などと悠長すぎるわね。


そんなのは時間がある時に言ってちょうだい。
もう私待てないわよ。


わたし、ま〜〜つ〜〜わ〜〜
の時代はもう終わったの。



う〜〜〜ん、ひょっとして、ボクに地球ガイアの彼女が乗り移ったんじゃないか・・・(あるか!)



もういちど揺らしてみましょうか?

誰でも光の薬をつくる力がある。その方法ーーーー


ネットでは放射性鼻血症候群が流行っているそうだ。


流行っているというのは、ほとんど関係ない程度の放射能でも鼻血が出てしまうという症候らしい。


 


放射能は確かに幼児には危険だと思う。


が、おとながあまり神経質に恐れているのではないのか。


昔の話しだが、放射能そのものより、それによって症状が出た場合、それを治療する医療の方が怖いというものだが、例えば甲状腺に異常が出て、その治療を施したために本当に甲状腺が悪化してしまうような・・


現代医学の癌治療そのものが癌を悪化させているという話しと同様、癌を恐れるあまりに助かろうとしてやる治療そのものが怖いというものである。


人間の恐れからくると、人間は無力だという思い。


その無力は放射能にすごく弱いという創造力を発揮する。


すると、放射能恐怖症が実際に人体に症状を引き起こしたり、全然無関係な症状でさえも放射能のせいにしてしまうという人為的症候群まで発生する。


 


人間の創造力というのは凄い。


出来ると思えば出来る。出来ないと思うと出来ない。


しかし、奥底にはその力が眠っている。いつでも使えるのだろうけど。


 


ということで再掲


 


 


詳しくは下記のURLにてどうぞ。


URL:http://divasoul.blog17.fc2.com/blog-entry-719.html


一部転載


ーーーーー誰でも光の薬をつくる力がある。その方法ーーーーーーーーーーーーー



わたしはハトホルたちを二十年以上チャネルしてきて、
2003年2月からウェブで紹介しています。
しかし、今回のようにメッセージを緊急でお伝えする必要性というものを、
彼らから感じとったことはありません。

通常は、メッセージを受け取ってからこのような感想を書くまで、
数日は寝かせておくのです。しかし、今回そのような猶予は許されないと感じました。

彼らは、わたしとジュディに他のどれでもないこのメッセージを、
一刻も早く発表するよう頼みました。

ですから、今回の感想は、簡潔にしたいと思います。




最も中心になるメッセージは、




すべての人が、ハトホルたちが「光の薬」と呼ぶものをつくる力があるということです。




そしてこの種の薬が、



放射能だけでなく、神経毒やウイルス感染への防御を可能にするということです。


 



方法は簡単です。こ
れを読んでいる人で「バー」と呼ばれる神聖な魂について、
初めて目にする方もいらっしゃると思いますので、ご説明しておきます。

「バー」または「神聖な魂」と呼ばれるものは、
時間と空間の外側に位置するあなた自身の意識の一側面です。

ハイヤーセルフと表現される方もいらっしゃる かもしれません。
何と呼ぼうが、あなたの神聖な魂は、ハトホルたちが光の次元と呼ぶ領域に実在しており、
感謝の気持ちをこめて意図すれば、いつでも繋がることができます。

あなたの「バー」は、時間と空間を超えているので、そのどちらにも位置しません。

しかし、それはあなたのエネルギーフィールドへの進入口を持っています。
それは、頭上から腕の長さを伸ばしたくらいの上方の位置です。
両手を頭より高くまっすぐ伸ばして指を合わせれば、その付近になります。



光の薬をつくるときは、まずこの位置に意識を合わせてください。
(具体的な位置をイメージしやすいように両手を上に上げる動作を紹介しました。
 光の薬をつくるときに、実際に両腕を上に上げたりする必要はありません)

あなたの意識を、その「バー」のポイントに合わせたら、
受け取りたい光の種類を、しっかりと思い浮かべます。
放射能に汚染されたことが既に起きたり、
またはそのようなことが予想される場合は、
頭上の「バー」のポイントに意識を合わせたあと、
そこから降りてくるエネルギーが、放射能防御と癒しの性質を持つものとして意図します。

それから、あなたのハートチャクラから感謝の気持ちを上に伸ばし、
「バー」のポイントまで送ります。

次に意識を「バー」からハートチャクラに移し、
防御と癒しのエネルギーを受け取るよう待ちます。

初めての人は、何か反応があるまで、
このプロセスを何回か繰り返す必要があるかもしれません。

しかし意図を感謝と合わせて、何度も「バー」に送ってみ てください。
エネルギーが降りてくることを感じたら、意識をハートチャクラに合わせて、
防御と癒しのエネルギーを受け取ることを感じてみてください。

そうしたら、次にきれいな水の容器に両手をあてて、
そのエネルギーを水に送ってください。
受け取ったエネルギーが、両腕を通り水に入ります。
3回繰り返してから水を飲んでください。

もし危険で不安定な状況のときは、
ハトホルたちは、この光の薬を自分の直感に応じて、数回飲むことを勧めています。

ハトホルたちは、この方法が、
放射能だけでなく、他の感染などにも有効だと述べました。

メッセージを受け取ったあと、
この方法が、他の身体的な疾患、例えば癌などにも有効なのかどうか尋ねました。
彼らは同じやりかたで、どんな症状にも対応できると明言しました。

もちろん、この方法は、医学的な対処方法の代わりになるものではありません。
それらを検討した上で、さらに自分自身で出来ることとして考えてください。




ハトホルに、子どもたちやペットなど、
自分では、光の薬を作ることができない人たちについて尋ねました。
同じやりかたでつくることができるそうです。
そのときに、自分ではなく、
与えてあげたい人の必要な防御と癒しのエネルギーを意図するだけです。


 



ここで一言付け加えておきたいのは、
誰かに薬をつくってあげたりして、「依存すること」を教えるのではなく、
自分で光の薬をつくれることを教えるほうが 大切だ、ということです。

光の薬をつくる能力は、全ての人が持ちあわせているものです。



ですから「ヒーラー」を名乗る人が、
自分の特別な力で作ったのだと説明するようなやり方を、わたしは好みません。



この方法は、全ての人が生まれながらに持つ能力によるもので、
わたしは、この方法を、全ての人々と分かち合うことを望んでいます。



この方法についてもっと書きたいことがありますが、
哲学的・形而上学的な考察は、またの機会にします。

ハトホルたちは、強く、この情報を一刻も早く投稿し、
人々が目にするよう望んでいます。

日本語訳 谷口ゆき Japanese translation by Yuki Taniguchi







URL:http://divasoul.blog17.fc2.com/blog-entry-719.html


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


 

原子力発電  電力利権には安い! 国民には激高!!

油断(余談ではない)を許さない日本の地震


そして、原子力発電所のコラボはこれから本番に向かうだろう。


 


もう終わったかの様な気になっているととんでも無い日本の地震事情は


この一年間が一番要注意なのかも。


気を緩めずにかつ怖れないで・・


というと、大丈夫と言いながら、次の地震を予想しているようで


 


いや、気を引き締めて、かつ油断をしないのと、むやみに怖れてばかりいるのとは


まったく違いますよ。


 


それにしても、まだ福島は終わったわけではない。


さらに、原子力発電所は全国各地にある。


 


それらが、地震とともにコラボしているのだ。


 


なにがコラボだ!


という不謹慎過ぎるという怒りにも耐えなfがらも、


 


油断禁物、かつ怖れないでという相矛盾的な言葉を連ねつつ、


 


果たして原子力発電所は「安全」や「クリーン」を除外していても、


経済的に「財布があうのか?」という疑問が


 


いつも陰に隠されていた。


 


その陰にはなんと、


原発は儲かる  ーーー  原子力発電関係企業


原発は膨大な金がかかる ーーーー 国民の財布から


 


視点が違えば、確かに原発は儲かる


しかし、


その資金はどこから出されているの?


って言われると、


 


え!


シィ〜〜〜〜〜〜


 


ありがと、お〜   こんにち、わ〜〜


 


の え〜しぃ〜〜  じゃない。


 


聞いてみるとなんと。。。


 


後は自分で聴いて確かめてちょうだい


 


それにしても、儲からない、危険、クリーンどころか放射能物質まき散らしの


原発がなぜ止められないのか?


その答えがわかった国民は


 


即刻、意思表示をしなければならないのです。


 


なぜか?


 


地震がまだまだこれから本番だというからです・。


 


地震大国日本はもう始動してしまったんだからしょうがないのです。


それに合わせて生きてゆくのが日本人の宿命ですね。


 


ーーーーーーーーーーー以下引用記事ーーーーーーーーーーー


 





マル激トーク・オン・ディマンド 第523回(2011年04月23日)




 これまで政府や電力会社は、「原発は安全でクリーン、他の発電方法よりも安く、原発を使用しなければ電力が不足する」などと説明をしてきた。福島第一原 発が事故を起こした今、原発が安全だという点への信頼はもろくも崩れ去った。では、喧伝されてきた「原発は安い」は、本当なのだろうか。環境経済学の専門 家で立命館大学教授の大島堅一氏と共に、ジャーナリストの武田徹と宮台真司が議論した。
 大島氏は、原発の商用利用が始まった1970年以降に原発にかかったコストの実績値を計算した。その結果、「原発が安い」のは電力会社から見れば本当なのだが、われわれ利用者にとっては間違っていると話す。一体どういうことか。
 発電にかかるコストとしてよく電力会社が出す数値は、たとえば04年に電気事業者連合会が経産省の審議会に提出した資料では、1キロワット時あたり、水 力(揚水発電を除く一般水力)は11.9円、石油10.7円、天然ガス6.2円、石炭5.7円、そして原子力は5.3円としている。これは、稼働率を 80%に設定するなど、ある一定の条件を想定して計算した値だ。この数値はあくまでモデル計算の結果であり、本当にかかったコストはこの方法ではわからな い。
 さらに、われわれ利用者の負担という観点で考える時に重要なのは、「見えないコスト」と「バックエンド費用」だという。「見えないコスト」とは、国から の財政支出だ。技術開発費や立地対策費がエネルギー特別会計の中から支出されるが、電源別に集計されていない交付金もあり、知らない間に原子力にお金が出 ている状態が作られていると大島氏は話す。大島氏が集計したところ、1970年〜2007年の交付金の約7割が原子力に支出されており、ほとんど「原子力 交付金」だということがわかったという。つまり、原発は国の優遇策を受け、必要なコストは国、つまり国民の税金で負担してきた。そのために、電力会社に とっては「原子力は安い」のだと大島氏は言う。
 大島氏は1970年〜2007年の約40年間について、想定のモデル計算ではなく、実際に発電にかかったコストを、財政支出の国民負担についても合算し て計算した。その結果、1キロワット時あたりのコストは、原子力10.68円、火力9.90円、水力7.26円と、原子力はもっとも高かった。
 もう一つの「バックエンド費用」とは、原子力特有の使用済み燃料の再処理費などのことで、これは燃料費など発電に必要な費用と共に、電気料金に算入され ている。つまり、われわれ利用者が電気料金の中で負担させられている。大島氏は、たとえば使用済み燃料の再処理に11兆円以上が掛けられているが、そこで 得られるプルトニウムはウランで購入した場合の9000億円分でしかないなど、バックエンド費用には今の原子力政策が抱える不合理が多々あり、それをわれ われが知らされないまま、原子力を選択してきたのではないかと指摘する。
 後半は、再生可能エネルギーのコスト面での評価と、1980年に科学技術庁のクレームを受けた文部省からの求めで、検定を通過した中学校社会科(地理) の教科書の原発に関する記述を書き替えた経験のある元教科書執筆者の大谷猛夫氏のインタビューを交え、原発をめぐる言説がいかに作られてきたのかについて 議論した。


以上ーーーーーーーーーーーーーーーー


 


 


 


 

国民は意思表示をしないとね。

原子力委員会から広報が出ています。


原子力発電についてのご意見を求む


 


国民は黙っていると全部賛成派にされかねない。


もちろん、ここには賛成のためにかなり「桜」が導入されカモ。


我々イッパンコクミンとしては、数の勝負となりましょう。


金貰って投票する人たちに打ち勝て、 廃止する方向に向けて国民の意見をどうぞ。


 


もちろん、さきほど全面停止を早急に。


その後、全廃に向けて国民投票を行うこと。


 


それで国民が納得して運転再開したら、あとはどうなっても一切責任はとりません。


こういう覚悟をすれば、国民も納得して逝けるだろう。


 


いや、55パーセント賛成としても、


残りの人たちはどうなるの? 赤ちゃん、子供は?


 


やっぱりどちらにして原子力発電所は全廃だろう。


こちらも再視聴を


池田整治氏 「福島原発ではいま?」日本のターニングポイント!


予言されていた"原発震災"/広瀬隆氏インタビュー

予言されていた"原発震災"/広瀬隆氏インタビュー




54分頃から、地震と地域について詳しく解説されています。


関東大震災は小田原地震だったのですね。


ちっとも知らなかった・・・


 


これから起こるという東海地震には浜岡原発が建っている・


しかも、活断層の上だとすると、


 


もう、ホント時間がない!!


 


いや、東海に限らず西日本にも地震は起こるだろう。


 


小さな地震でも直下できたら原子炉は保たないだろう。


 


福島原発は津波の前にすでに破損していたという。


 


直下でなくても危ない。


 


国民は貧乏をイヤだというか、命がイヤだというのか・


 


自然はもう待っていてくれないだろう。


 


なぜか、すごく気があせるような・・・・


 


薄氷が益々薄くなってきたような・・


 


昨日は刈羽柏崎原発の近辺で地震があった。


 


ここで福島級の放射能事故が起こったら、風向きで関東、東京まで危ないだろう。


 


 


 

活断層の上にある原子炉  中越地震からの警告は無視されてきた。そして福島、次は?

柏崎原発不可解な活断層評価1


 


中越地震、中越沖地震・・・


柏崎原発の危うさを知らされる


日本人への警告だった。


そのため被害はほとんど無しで済んだ・・・・


 


そして、福島原発


未だ終息したわけではない、


どころか、綱渡り状態にあるという。


薄氷を踏むという状態が続いているのに、もう、原発はやっぱり止められないという人が多いそうだ。 先の地方選挙でも原発を停止するという人は少なかったのでは。


安全を充分見直して原発を進める・・・


 


 


そして、 その後時を経て・・・


 


 


日本はどうなっているのだろうか?


 


浜岡原発を止めるという意思を国民は表明したのだろうか?


 


そのあと、わたしはあの世に逝き、もうこの世に未練もないから


わざわざ覗きに来る気もしなかったが


 


最近になってかなり多くの人がこちらに帰ってくるのを知った。


 


ある若い人に声をかけてみた・・・


 


ねえ、君なら知っているだろう?


あのあと、日本の原子力発電所はどうなったの?


 


若い人は答えた・・・・


 


ええ、あれからですね・・・・・・


 


そこで、ボクは夢から覚めた。


「活断層の警告 揺らぐ原発の安全審査」(1)


 


「活断層の警告 揺らぐ原発の安全審査」(2)


 


4/4 原発直下に活断層 "日本以外にない"新たな計画やめるべき 吉井議員が追及


 


「活断層の警告 揺らぐ原発の安全審査」(3)


 


最後に映画の一シーン


(東京原発?それとも別の映画かTVドラマ?)


 


原発の危険性


 


昔から日本人は地震とともに生き延びてきました。


 


大地震のたびに多くの被害を出し、それを乗り越えて来たことは歴史に残っています。


 


しかし、


今度という今度は・・


 


単に大地震による大火災や大津波による被害を遙かに超える


原子炉爆発という起こったら危険度100パーセントの大人災が待ちかまえている。


 


千年に一度であろうが、1万年に一度であろうが、一度起こったら100パーセント的中の大激震は


活断層の上、活断層の近くに建てられている原子力発電所というものがあるからです。


 


電気を止められたら経済は終わるとか、生活が出来なくなるという理由をもって、その危険度100パーセントの原子力に未だ頼って生きて行くのでしょうか。


 


それは、原子力に頼って逝くのではないのか?


日本列島は(世界もそうだが)いま地震活動期に真っ盛りに向かっている様に、最近の地震多発が示しています。


 


もしも活断層の上にある原子炉が破壊されたら・・・・いまの福島原発を超える程の大被害で、電気を失うよりももっと大変な事が待っている。


 


意思表明しましょう。政治家を動かす、役人を動かす、マスコミを動かす


それは国民がハッキリと意思表明を示せば良いだけです。


と、ここで書いていても無駄なことか・・・


 


 


 


 

人工地震とか地震兵器とかいう疑心暗鬼(←ウシシうまく逝ってるぞ)

今後も続くであろう日本各地の地震は(世界においても同様でしょうが)、「地球という生命体自らの調整作用」であり、しかも「できるだけ地表上の生命に配慮しての・・」という但し書きがあるくらいだと思います。


なぜなら、地球は母親の様な存在だと思うのです。


母親がどうして子供の事を憎んで破壊活動をわざわざやるのでしょうか?


むしろ、抑えて抑えて、それでも究極の浄化調整を自分自身が行わなければならないという時、それはもう苦痛の中にあると思います。


できるだけ可愛い我が子を護りたい、しかし、究極の自浄作用をしなければ自らの身体を護れない。護れなければ地表の生命すべてを失ってしまうから。


 


人類にとって自然災害はずっと古代から続いてきたもので、その被害を受ける程度は時代によって大きく異なっていたと思います。


しかし、自然は自然に活動するものとして冷静にながめてみれば、それはこの地球上に生息する生命体としてはすべて想定内のことです。


当然起こる事象に対して、どう備えるか」だけが人類にとって自由な選択ができるということです。


自然の起こす作用を回避できることと出来ないことを分別して、出来る範囲内のことを選択できるのです。


いまやるべき事は福島原発というものが地震そのものよりも、人間が無防備な心で作り上げたもので、そこには「災害を未然に防ぐ」という選択をしなかっただけの結果です。


それは何も東電や政府や財界とかマスコミだけの責任ではなく、我々全員が必死の思いで反対してきたかどうかを見れば分かります。


 


「なんとなく合意してきた」のがほとんどのひとです。もちろん、ボクもまったく同じ穴の・・。


 


そうして、すでに起こったことに対して、軍部が新聞ラジオがと、戦争責任論をいくら論争しても時すでに遅しです。


国民の合意があったからここまで日本の原子力発電所は何十も出来たのですから。


 


責任を特定の人たちにとって貰いたいのは山々あります。


あきれるような事実を知って、もう怒りしか出てこないことも当然です。


 


しかし、いまその怒りのエネルギーをどこに向けるか?


という緊急メッセージが地球自身から出されているのでしょう。


それが依然として続く地震活動です。


しかも大地震を控え、小刻みに揺れ続くという「いつ終わるともない」様な不安を抱かせているのではないでしょうか?


 


じつはこれが地球の意思でもあり、日本列島そのものが龍神形とする生命体の意思でもあるかも知れません。


 


「いつまでも決心できないあなたたち・・いつまでも待ってやりたいのはやまやまなれど・・」


という歯がゆい思いが伝わるようです。


 


それはこの度の痴呆選挙でその後の地震の多発は、そんな意思を感じてしまうのです。


なにか催促されている・・


 


それは福島原子力発電所の事故で教訓にできないのか?あなたたちは?


このままスムーズに終了するとでも思っているの?


あれは抑えて抑えている結果なんだ。


ほんとうだったらあんな事では済まなかったはず。


 


そんな意思が発せられているように思います。


地球には意思がある生命体だ。


しかも、日本列島はまさに活きている身体そのものだ。


 


その生命体が抑えて抑えて出来るだけ護ろうといる姿が頻発する小型地震だとしたら・・・


それには限度がある


 


あなたたちには時間的な余裕を与えて気づきを促しているんだけど、実はもう時間が足りないのだよ。


いまなら、まだ防ぐべき事出来る。


 


原子力発電所の停止だよ。


 


天も地もすでに決定したんだよ。


地球上から核分裂(原子爆弾も原子力発電も)エネルギーを廃絶するという意思決定を。


 


あとはそれに合わせる気があるのか、無いのか? 


それはもちろん自由なんだ。


しかし、その結果も自分持ちだということさ。


 


さあ、痴呆選挙で意思決定をしたのかね? 今日明日もまだ「原子力は必要だ」と思うのかな?


猶予期間は時間制限付きなんだ。


もう、わたし(地球)は待っていられなくなるの。残念だけど・・もう古い地球システムは終わりにしたのよ。


 


こんな意思があるとしたら、


 




人工地震?


 


なんてまったくナンセンス!!!


 


これじゃあ、地球さんの親心がちっとも伝わらないじゃないの!!


 


そこには闇の何とかとか、悪魔とかに向ける怒りと、それを防ぎきれなかったという無力感が残るだけ。


なんだ結局は奴らの支配下にあるのか、ああ、自分は無力なんだなあ・・・


そして、その無力感が他者への批判や怒り、攻撃と・・・


 


ああ、ダークサイドに落ちる〜〜      堕ちたジェダイの騎士


 


不安恐怖を餌にする宇宙生命体が存在するなんて話しがあるそうだけど、


実際、こういう地震兵器とか人工地震という話しは、人々に不安、恐怖とあきらめ感、無力感を植え付ける、それをまた利用して詐欺師が暗躍するという


 


違うんだよ!


本当はわれら人類の意識体の総意のもとで今回の地球の最後のクライマックスを想定内としてやって来て居るんだ。


つまり、こういう設定下の中で自分はどう生きるかという、全体の総意の中で個人の自由選択というゲームなんだ。


だから、無力じゃない、こういう設定をして同意しているんだから、もともとは自分たちの力じゃないか!


たしかに全部忘れてはいるけど・・


 


忘れているから迫真のゲームが出来るんだ。


それは地球神という意識体とコラボじゃないのか?


地の意識と天の意識が共同連合してやっている背景に対して、


やれ、人工だの兵器だの・・って。


 


ちょっとおこがましいんじゃない?


太陽さんやお月さん、そして地球様に対して失礼じゃないの?


 


いま起こっていることはまさに何千だか何万だか何十万だか知らないけど


 


宇宙でもそこらじゃへんには滅多にお目にかかれないもの凄いイベントそうだぞ。


彼らは弁当もちで見学に来たり、サポートしたりしているらしい。


宇宙からみても、この地球大転換ゲームはあまりにも珍しいらしいし、この結果がまた宇宙にも大きな影響を与えるらしい。


もう人間考えなんてちっぽけなアンタのモノのようなんだぞ・


 


あれ、地震兵器の話題がなんだかとんでもないほうに進んでいる・・


おら、し〜〜らないっと。  指がかってに・・・・


 


ふう〜まえがき核のも大変だ。(やめたら・・」)


 


やっと本番に入れるが、ここまで読んでくれただろうか?


(はい、いつもの様にまえがきは飛ばしました・・・・あらら正直すぎる貴女)


 


以下をご覧ください




    「ちきゅう」が象徴するもの  


地震兵器について


 


imimiさんのブログ


URL:http://plaza.rakuten.co.jp/imimi/diaryall







宇宙情報では安定したお話がとても参考になっている


小松英星氏のHP


 






復刻『タスマニアの羊』(1993年)
―原発を正しく理解するために―


大震災から何を学び何処へ向かうか 



計画停電―身勝手な東電、ノーテンキな政府

URL:http://homepage3.nifty.com/gaia-as/frame3.html






上記のHPにQ&Aというコーナーがあり


 


地震兵器HARRP(ハープと読むらしい)について


 






ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


(11/04) 今回の大地震にはシャドウグループも加担した? 


(Q) 今回の「東日本大震災」がガイアの意思というのも理解できます。
しかし、ガイアが地球人類を実質支配してきたシャドウグループを巻き込んで、地震を起こさせたということは考えられないのでしょうか。
実行グループと思われるアメリカに拠点を置くシャドウグループ(ヤミ軍隊も含む)が、勝手に実行してしまったという声が、アメリカ政府筋からも聞こえてきているようですが。

今回の震災は彼らの最後の悪あがきで、今後彼らは消滅の一途をたどりそうでもあります。
そんなことを考えると、ベースにガイアの意思があり、シャドウグループのエネルギーを消滅させる施策であったのではとも思います。

原発の放射性物質汚染に関しては、たくさんの宇宙存在のみなさんが、手助けをされていると思われます。 


 


(A) シャドウグループは、部分的にせよ、これだけのことを起こす力はもう持っていません。宇宙兵器の開発は、相変わらずやっており、軍の支配についても変わりはありませんが。 


いま彼らにできることは、撹乱情報を「Webの海」に密かに浮かべること、特に「彼ら」が依然として隠然とした力を持っていると思わせて、人々の恐怖心が消えないようにすることです。 


しかし正面から「俺たちがやった」とは名乗り出られないので、「政府筋の情報によれば」などという情報を流すわけです。これが常套手段の第1です。 


しかし、本当の政府筋なら、そんなことを言うわけがないでしょう。コモンセンスで物事を判断するようにしましょう。 


 


常套手段の第2は、ターゲットにするチャネラーの意識に介入して、「奴らがやった」という情報を発信させることです。このテクニックは、近年相当のレベルまで進化しています。 


90%ぐらい、立派なことや本当のことを言っているので要注意です。 


基本的に、チャネリング情報を相手にしなければ、混乱させられることはありません。 


何事も鵜呑みにしないで、「自分の頭で」考え判断することが大切だと思います。 


ここでもコモンセンスが鍵になります。



URL:http://homepage3.nifty.com/gaia-as/qa11d.html


 


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


 


??コモンセンスって?


カモ〜ン ベイビ〜 なら分かるけど。


 


おい、扇子持ってこい! かな  (ばか)




 

平原綾香 威風堂々☆ジュピター 激動の時代だからこそ威風堂々と。

まあ・・威風堂々なんて言葉が一番似合わないボクだけど・・


首にはいつもタオルまいて、衣服はかなり汚れている・・


まあ、土方のおっちゃん風。


これで平気でスーパーに買い物。


そう言えばそれも衣風堂々かな?


 


閑話休題


の次ぎにまた閑話休題が続く


(あの、まえがきですので、下の方に感動の唄があります。だから飛ばして読まれるよりも飛ばさないで読まれる方をお奨めしています・・あれ?)


 


きのう、安飲み屋でそこのオヤジさん夫婦が話していたことだけど。


それに対してボクがいつものようにさも自分が覚っているかのように話しをしていた。


すると、奥さんの方が涙を流して心から感動していた様子。


オヤジさんの方も喜んでくれていた。


え、いつものように?


はい、さも自分は知っている!という様にです。


そして、とくいげに話していたんじゃな?


はい


いい気持ちじゃったろう?


はい、じつに。


ほほう〜〜、恥ずかし下もなく・・・・


はい、じつに気持ちがよかったので、ついつい。


 


ばっかじゃのう、あの時は☆☆さんが来ていたんじゃよ。そこにな。
おまえが言ってたじゃろうが、「むこうの世界からはいつでもこちらを見られるし訪問できるが、こちらからは見えないし、訪問できない」と。


はい


じつは、それが起こっていたんじゃ。
あの奥さんは☆☆さんの感情が移入していたんじゃよ。だからうれし涙だったんじゃ。
おまえの話しで感動したというよりも、「ああ、分かってくれたんですね」という想いが伝わったんじゃろう。


 


え、あの時に☆☆さんは来ていたんですか? やっぱり。
ほかにお客も居なかったし、好きなようにボクが喋られたということもびったりでしたし・・


そうじゃなあ、そういう時間に吸い寄せられていったんじゃよ、ちみぃ〜


君は飲むことしか頭になかったけどな。


 


ははは、少し遅い時間かなあと思いながらも、行っちゃいましたからね。


 


そう、そこでもう舞台はすでに用意されていたんじゃ。


☆☆さんを心から心配して捜していたそこの飲み屋のご夫婦に伝えたかったんじゃろうなあ。


 


そうですね。あの大地震の後すぐ携帯電話で無事を確認したと言っていました。しかし、そのごにあの大津波が・・・


そのご一切連絡がとれなくて、ボクにインターネットで調べてみてと言われていたんです。
そして、どうしても見つからない。そこで現地の捜索本部みたいな所の電話を教えていたんですけど。
やはり、津波で母子は流されて行方不明となっていると。


 


そうじゃな、その前に話しがあっただろうが・・


 


はい、じつはオヤジさんが夢の中で、海岸のようなところでその母親がひとり立っていて、こちらに微笑んでいるような姿をみたという。
ああ、これは夢知らせというか、あちらで亡くなったその☆☆さんが挨拶に来たんですねと、まあ適当に話しはしてたんですけど。


 


そうじゃ、あちらからはこちらを見たり訪問できるが、こちらの肉体意識ではそれがままならない。だから夢の中でおぼろげに出てくるのが精一杯、肉体側の感度が悪いとさっぱり感知できないがね。


 


そうですね。ボクの可愛い妻(おい、生きている時に言えよ!←妻のつっこみ)がなかなか見えてこないんですが、肉親でもさっぱり感知できないことがありますよねえ〜〜


 


おまえのは、いつも飲んでばかり居るからだいぶ感知能力が落ちているんじゃ。


 


・・・・・


 


でも、よかったです。


死はお終いではない、活きている意識体がちゃんとあるという事を心の奥では知って居るんですね。だからボクの受け売り話でも泣いて感激してしまう。


 


そうじゃよ、逝くものもこちらに生きるものも同じ意識体じゃ、波長が合えばいつでも合えるし、その感情さえも伝わるのじゃな。


だから双方が共鳴して感激して感謝して心からの涙が流れてきたんじゃろう・・・


 


そうなると、ぼく達は肉体があって不自由だからこそ味わえるという「感動」


その感動というごちそうを戴けるのなら、この不幸や災難の背景を必ずしも悪いとは言えませんねえ・・・


 


そうなのだが・・・その設定もそろそろ終わりに近いんじゃろうな。だんだんと思いだすことになるだろう。そうして、最後はすべての悲しみや悲劇的な背景も無用になってしまう


 


そうですか、いまがクライマックスに入ったという時でしょうか?
それはいつまで続くのでしょうね?


 


それはチミィ〜 君次第。だって独り立っての一人芝居をみんながやってるんじゃないの?


 


え? 一人芝居? そんなあ〜〜
相手が居るから感動や感激できるんでしょ。泣くのも怒るのも相手があるから・・・


 


まあ、そこのつづきは「魂のインターネット」をよく読んでみるんじゃな。


 


あ、はい。 ところで、なんだか老人っぽいひとが話しに入ってきましたが
一体誰なんでしょうか?


 


ふふふ・・・わしの言っていることが理解できてないようじゃ脳〜〜
一人芝居って言ったじゃろうが


 


????


 


 




 


 


中越地震以来、長岡市の花火大会でずっと流されている


Jupiter(ジュピター)/平原綾香


 


いつ聴いても心が洗われる。


 


大震災でのできごと、それはひとりひとりが全部異なるだろう。


 


しかし、魂では「犠牲」とか「悲惨」というものは無いと思う。


この人生において肉体をまとっている意識体は、肉体があるからこそ


体験として、そのつど感情を味わいつくしているのだろう。


 


それはとても悲しい事の様に見えるし、実際、感情は奥底からわいて出てくるようだ。


「霊性を失う」という壮大なテーマで始まった人類の旅は、そろそろ大団円を迎えようとしているのだろう。(魂のインターネットより)


 


先にあるの「霊性の回復」という輝かしい未来。


その途中の大クライマックスともいえるだろう、いまこれからの大舞台に


独り一人の役者さんが立っている。


威風堂々と。


 


もちろん、すでに産まれる前から地球の大転換時代に「実体験する」という大きなテーマを胸にしまい込んで、そしてほとんどの人が「忘れて」生まれて来たこの世界。


それを「思いだす」時のきっかけとなるのだろうか?


この大激動の舞台装置を仕掛けたのは誰だ?


それはわたしだ。あなただ。


 


 


 




 


こんどの東北大震災にはこんな曲で精神的に立ち直りたい


いや、東北地方だけに限らないだろう。


これから日本、世界が浄化という大嵐の中で、自分という個人が独り立っている。


そして、みなが異なった世界を見ているという。


その人にしか無い体験を味わうために。


 


平原綾香 威風堂々☆ 2010.06.09


 


 


HDTV 20100609 平原綾香 威風堂々


 

【全編】「もう原発はいらない!エコでピースな未来モデル」田中 優 氏

田中優氏の講演動画の中でもかなり充実しているのでは?


DVD(3,000円)でも販売中だそうです。


これはみんなで見たい。


政治家さんにも教えてやりましょ。


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


 


【全編】「もう原発はいらない!エコでピースな未来モデル」田中 優 氏


 


 


ワールドフォーラム2010年12月
田中優氏講演【全編】(1時間55分収録)
【講演内容】
1.原子力発電所予定地 祝島 0:00:00
2.放射能汚染がなぜ危険なのか? 0:4:13
3.原発周辺の信じられない危険 0:14:43
4.電力会社が原発を推進する理由 0:19:00
5.原子力発電が一番コストが高い 0:22:03
6.エネルギー問題の原因と自然エネルギーの未来 0:28:58
7.石油社会から自然エネルギー社会へ 1:18:46
8.森林を守る天然住宅とNOPバンクの可能性 1:20:09
9.画期的な森の再生・資源活用方法 1:37:10
10.お金に頼らない暮らし方へ 1:49:34

「もう原発はいらない!エコでピースな未来モデル」田中優氏講演DVD好評販売中
DVDの購入はこちら→http://worldforum.cart.fc2.com/ca9/105/p-r4-s/

実 現可能な「エコでピースな未来」モデルは、もう始まっている! 金融危機や北朝鮮・中国の脅威!?なぁ〜んて世間は騒がしいけど、どっこい僕らはこの国でピースに生きてゆく! 原発なしで全く可能な、エネルギー政策実現モデルがあった!田中 優 氏 「ピースな未来モデルの話をしよう!」講演
〜持続可能な生物多様性社会のお金とエネルギーは?
田中優氏ブログ 田中優の'持続する志'
http://tanakayu.blogspot.com/

ワールドフォーラム12月例会 
2010年12月19日_北沢タウンホールにて開催
http://www.worldforum.jp/report/2010/12.html


 


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


 


 

池田整治さん 緊急インタビューより 「日本国民マインドコントロール」

先回はずいぶん長かったのですが、


こちらは短時間ですので、まずはこちらの方を紹介したら、本編がより理解されやすくなるのではないでしょうか?


日本人はマインドコントロールにかかっているとは気づきません。 


それがマインドコントロールというものですから、気づいたらコントロールは解除されますから。


 


いま起こっている日本列島の地震はこれからも引き続き起こるでしょう。


しかし、それはある意味必要なのでしょう。


ひとつは地球、日本列島の調整作用という自然の摂理。


もうひとつは、これによって日本人はまず世界に先駆けてマインドコントロールを解除する段階に入ったということ。それを即しているのが地震であり、原子力発電所の事故であるようです。


いつまで原子力発電所に依存するのか、このまま大地震が頻発してくる日本において、一か八かまで行かないと気づけないのか、これで終わりだと思う甘さに対して、一面「容赦ない督促状」がひとりひとりに渡されていると見た方がよいのでしょうね。


 


 


 


池田整治さん 緊急インタビュー

【全編】池田整治氏 「福島原発ではいま?」日本のターニングポイント!

まだまだ起きるであろう地震と、一番心配になる日本の原子力発電所の事故予測。


いま、我々の不安と恐怖をくすぐる(表現が違うだろ)原発の行く末。


これは、我々に対してどういう意味を持っているのか?


こんな事を考えていると、たまたまこの動画を発見しましたので、ご紹介。


ただし・・・


 


まだ見ていないのですが・・・


 


とりあえず、ご紹介。


池田氏は先回の動画(こちらは全部聴きました。)で


なんと! アセンション という言葉まで飛び出したのにはビックラ。


汗とションじゃないですよ。


そんなの分かってる! コシミズさんはアセンションなんて無いと言っているしぃ〜〜


でも、そもそもアセンションという意味はなんなんだ?


 


それは人類の励声回復・・あれ冷静、令婿(こんな言葉あったんじゃ!令嬢に匹敵するのかな?)・・・・まあ、分かってますよ。


 


霊性への回復


というHPを嫁ばわかるでしょ!


なんと言っても、陸上自衛隊幹部級の御仁。


 


水飲み百姓のオイラとは大違い。いや、濁酒飲み百姓か・・


 


え? まえがきはいいって? 


はいはい


 


ーーーーーーーーーー以下転載ーーーーーーーーーーー


 


【全編】池田整治氏 「福島原発ではいま?」日本のターニングポイント!


 


ワールドフォーラム2011年4月緊急!講演会
「福島原発ではいま?」日本のターニングポイント!
ー 国家的非常事態発生、最悪のシナリオを回避し未来に向かうには ー
講師:池田整治氏 (元陸上自衛隊人事教育部長・陸将補)
【動画 内容】(2時間13分収録)
1.司会挨拶・黙祷
2.原子力の専門家小出裕章氏動画紹介 0:02:03
3.池田整治氏講演 0:10:58
4.メルトダウンが始まる!?万一の準備! 0:14:33
5.マインドコントロール2プロローグ 0:18:30
6.天変地異 太陽系の現状 0:34:24
7.【地震】生き抜く為の3の原則 0:38:45
8. 福島原発の実相・説明 0:48:26
9.陰山康成医師から 1:42:10
10.質疑応答 1:52:35

 3月11日、未曾有の大災害が起こってしまいました。被災された皆さまに心からお見舞いを申し上げますとともに、命を落とされた方々のご冥福を、深くお祈り申し上げます。
災害直後からのさまざまな身を挺しての救援・支援の広がりと被災地の方々の懸命な復旧への尊い営みのなかで、いまなお福島原発では予断を赦さない状況が続いています。最悪


­のシナリオを回避しようと過酷な現場で尽力されている方々。大災害や復旧活動のなかで尊い命を落とされた方々に、生き残った私たちが託された、未来の日本とは。。
元自衛隊人事教育部長で、オウム真理教の上九一色村サティアンへの強制捜査に自衛官として唯一人同行支援した体験等から、世の中の「本当の情勢」を独自研究してこられた池­田整治氏を講師にお招きし、4月緊急!講演会を開催いたしました。
http://www.worldforum.jp/report/2011/4.html


 


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


 


追記


2011/04/16


音声版にして、仕事中に聴いていました。


うん! これはやはりおすすめです。


 


DVDにして配布したいくらい。


ぜひとも、日本国の人たちにおしえてください。


 


今回の原子力発電所の事故で日本人の中でも富裕層らしき人たちが、アジア各国に移住の打診をしているという話しを聞いて、「ああ、君たちは早くこの日本から抜け出した方が良いよ」と後押ししてやりたいくらいです。


 


これから始まる日本全国の揺らされて立ち直るという大イベントに、「君たちはふさわしくないなあ〜」という、ある意味見下げた考えですから、これもほんとうは良くないなあ〜なんでしょうけど。


まあ、富裕層なんてのは一時的な身分でしかないかも知れませんよ。


これから世界的金融大改善の大嵐が吹いたら、一変してしまう、築いたお城がいっぺんで砂上の楼閣となり得るのですから。


そのてん、ソフトバンクの孫氏はもう先を読んでいらっしゃる。


「いま笑わなきゃ、もう笑うとこないよ」


と同様なのかも。


「いま使わなきゃ、もう使うとき無いよ」を越えて


「いま使わなきゃ、もう価値無くなるよ」


そう、  金の価値がある時に使うからこそ、「よくぞ我は世の中に貢献できた」という自己満足感を味わえるもの、それを、後出しにしちゃあ、「あ、もういりませんよ、それってちょともう価値がないんです〜〜〜」と言われちゃったら。


 


いまの日本人で一番お金持ちなのは老人たちだと聞きました。


もし、そうなら、君たち、そんなに積んでいても使わなきゃ、乞食同然だよな。


使うことも知らないで溜め込んで一億円残して死んでしまったという人がいたね。


それも浮浪者的生活をしていたとか。


 


いまが使うチャンスなんだぞ。


それ過ぎたらもう、あんたの出番はないよ。 と思ってくれ。


 


え?


おれ?


・・・・・


まだ飲みたいし、それに老人としての自覚もないし・・・・


それに全財産これしかないし・・・


だいいち、無職だし・・・


でも、これから稼ぐぞ。そうなったらにしてね。


 


そうそう、そう逝って言い訳しとくんだな。


 


ほんと、使うときに使わないと、


もう使うとき無いよ〜〜


 


むぅ〜〜


 


 

もう地球は止まらないやめられない 自浄化現象は益々続く?

人工地震と地球自身の自浄作用の違い


 


「霊的回復」という大前提を基準にして。


やはり地球自身の浄化作用だという事に同意します。


この同意によってこれから起こる事象に全部自己責任を持てます。


 


もしも、これがどこか悪意のあるものからの強制的被害だと受け止めたら、


そこには


「無力感」や「悲劇」「恐怖心」「依存心」・・・


出てくるのは、自己責任ではなく、他者責任です。


だから、


マシュー君であろうが誰であろうがボクは「人工地震」は無いものとします。


もちろん、あっても構いませんけど。


それはそう思う人の世界でじっさいにそれが創造されるだけの宇宙の自由選択の範囲でしょう。


 


これから次々と起こるだろう地震やそれに伴い被害を見て、恐怖や怒りではとても心身が保ちません。 これはあくまで自分は自己責任の範囲内で起こっている、しかもそれは背景だとかたく信じる事を愛します。 イヤ、意図します。


↑ わたくしめの宣言ですね。


 


 




 


まえがき


(いつもの様に決してためにはなりません)  ←こう言われるとつい読んだりして(爆)


 


いま日本で起こっている事は世界的先駆けになるのでしょうね、きっと。


そのまた先駆けが中越地震だったと思っています。


あの時は余震がかなり続きましたが、あれは終息に向かっていると思っていたのですが、今度はどうも日本各地にも続きそうな気配です。


中越地震は日本の型。


今回の大地震は世界の型。


そして今度はあまり休み期間が無いのかも知れません。


 


もう、日本のどこに住んでいても同じ条件の様です。


それは地震そのものよりも、各地にある「原子力発電所」にあるのでしょう。


 


ようするに、核爆弾を抱えているような日本人という立場でいま自分はどうしたら良いのかと詰問されている様なものです。


まだまだ、原発は必要だ。


安全に充分気をつけてやって行けば良いのだ。


経済が大切だから急に無くすわけには行かない。


 


こういう人の方がまだ多いのかも知れませんが、もう地球さんは待ってくれないようです。


 


それでも、小出しに小出しにしてくれている!!


 


実際、東北地震の大被害は津波でした。それは陸地でなく海の方です。


しかし、よく考えてみると、もしも陸地で、しかも福島原発の直下型だったとしたら?


 


最大最悪の状況に陥っていたことでしょう。


 


もちろん、ボクもここには住んでいられない。いや、日本の半分は確実に危なかった。


 


やはり、今は大難を小難にしてくれている。なにものかが護ってくださっているという感覚です。  それが神様とか宇宙人とか、どういう名前でもよいですけど、確かに今よりも何百倍も大被害になったかも知れない原子力発電所の事故を創造すると背筋が冷たくなる想いです。


 


いえね、「もういつ死んでもいい」と昨年ほざいていた張本人としては背筋が冷たくなったというのは表現上であって、べつに死んでもいいかなあって事もあったりして(苦笑)


 


今の様な世の中になるとは誰も思ってはいなかったかも知れません。


が、いま地球上に居る人類、全員がすでに「知っていた」はずです。


生き死にそれ自体もほとんど青写真を見てから、この世に顔を出している・・ような。


 


しかし、絶対覚えていない。


なぜなら、迫真の演技、いや、迫真(過ぎるぜ!)の体験が出来ないのだから、ぜ〜んぶ、忘れてからゲーム開始。 だそうです。(風の又聞き三郎)


 


ぜ〜〜〜んぶっ わすれちゃったあ〜〜〜〜


 


おい、かえせよ。 かえしてくれよ!


え、あれっておまえのものだったの? 


すっかり忘れちゃって 大笑い


 


いい加減にしろ!


ひとの女房、先週からずっと借りっぱなしだぞ!!


 


おいおい、女房怒るぜ。旦那にしろよ、旦那。   そんな問題じゃない?


 


・・・・・またまた、まえがき読んでしまいましたね・・・


で、今大切なお話は


もうずっと前にアップされていました。


本にまで書いてありました。


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


霊性の時代の夜明け



ーーーーーーーーーーー以上ーーーーー


 


しかし


本当に揺れっぱなしですね。


これは人類覚醒の気づきを即しているという役割もあるようです。


詳しくは上記のHPで。


 


もうひとつ、


これはボク的にはかなり信頼していますが、あなたはぜったに鵜呑みや全幅の信頼などの


「寄りかかり」は止めましょう。


やっぱりいま宇宙は自分に寄りかかる事を推薦しているようですから。


 


こちとら、本人は全然わかってないヤツでして。


それにしてはエラソウニj書いているじゃないか、え〜?


先月友人の所で飲みながら宇宙や精神世界の話しをしていたら、言われましたねえ。


「本人がちっともわかってないんじゃないの?」って。


まあ、そんなもんです。


 


まさに風雲急を告げるの日本列島ですが、


本当はそういう事はみな背景にすぎないようです。


緑の森の前で食事をする。東京のど真ん中、しかも交差点の中で食事をする。


静けさの中、騒音や雑踏の中、どちらも背景です。


その背景を今は極端に騒々しいものにみながそれぞれ選んでいるようです。


 


直接そこに居るひと、離れていて何かの影響を受けている人、中には一切の情報を絶っている人、それぞれがいま自分に起こってくるものとそれにどう自分が対応しているのかの、ただそれだけの事らしいです。


みんなが同じ想いをしているというのは錯覚であって、みんなが全然違う異なった体験になっているようです。


地震という背景、放射能という背景、それによって経済や社会の変動が背景になっているだけで、実際は個人によってひとりひとりぜんぶ異なっているというのです。


 


それに不安や恐怖という感情が体験になっている、そんなゲームなんです。


それを自分はどうクリアして行くか、どう障害ゲームを乗り越えて行くか、すごくワクワクしてこの世に出てきたんだけど、


すっかり忘れてしまっている。


それを思いだすにはある意味、ショック的な呼び水作戦を背景にして、気づきやすくする。


 


まあ、ぜんぶ自分は承知の助なんですけど。


やっぱり忘れている。


しかも、自然とわいてくる感情とのかねあい。


 


これがゲームたるゲームの真骨頂!!


 


だから、気づき、ショック、気づき、ショック  


わざわざ、超巨大ジェットコースターに、金まで払って、しかも乗ってから「きゃあ〜」だの「ぎゃあ〜」だのと騒いで、涙流しているおぱさんがいます。


いや、おっさんでもいい、お姉ちゃんでも、おぼっちゃんでも、あかちゃんでも・・・


おんなじ。似たような背景のスクリーンを金払ったかは分かりませんが、わざわざ好んでこのゲームを楽しんでいるというわけ。


しかし、


実際は超現実感そのものですから、真から嘆き悲しみ、怒る、そしてやがて笑い、微笑む時が来る。


 


死んでも大丈夫!


という事が腹の底から解れば、この過激なゲームは終わりとなるのでしょう。


 


しかし、忘れているうちはまだまだ続くぜ、超過激なジェットコースター。


わめきながら楽しむ?のも良いけど、もうこのゲームは終わりに近いのですよ。


切符買うとき言われてきたでしょ。


もう、定員いっぱいなのですよ、最後のゲームを楽しみに宇宙からたくさんの参加者が集まってしまいまして。 それに、前から参加し続けて「こんどこそ」とか「いま一度挑戦」とか言う人の多くて、もうこのゲームは終了間近です。


これ以上は舞台なる地球さんが耐えられないというし。


いえ、もう身体は保っても精神的に耐えられないという。


 


だから、あなたがたはもうこの地球上では最後の方のお客さんなんですよ。


「やったあ〜〜、ついにやったあ〜」


と喜び勇んで、この地球に顔をだしたとたん。


 


・・・・・・・あれ、ぼくはドコ。 ここはダレ?


なんてことに。


 


そして、わざわざ切符を買ってまでわざわざ参加してきたくせに、


ああ〜〜どうしてボクは運が悪いの?


ああ??? この世の中には神も仏もないのかしら・・


 


こんな世の中、産まれてくるんじゃなかった!


え? おとうさんがお母さんをひっかけて・・


ばかあ〜〜


もっと選びなさいよ! おかあさん〜なんで、こんなお父さん選んだのよ〜


もっとお金持ちでナイスガイで出世しているお父さんだったら・・・もっと幸せになれたのに!


 


ばか・・・そうしたら、今のおまえはこの世にいないんだよ・・・


 


とにかくじゃ、自分で選んで自分で創った世界なんだ。


責任取れよ!


 


究極の自己責任とはねえ?


 


イイカ、自分で選んだのも誰か他人に責任をあずけるのも、ぜんぶ自己責任なんだ。


 


おおお〜〜〜〜(大汗)  ガマか。


 


お、すっかり書くのに酔いしれて大事なものを忘れていた!


人間とは忘却を選び、その忘却を回復するというゲームを選んだという。


                          (ゲーテもの)


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


■imiminの日記の一覧












  
霊的覚醒の本格化へ

ーーーーーーーーーーー以上ーーーーー


 


 


 


 

原発放射能(力)対生物放射能(力)= 死の放射能対生の放射能

けっきょく、なんだな・・・・


 なんだ?


いやあのなあ


だから。なんだんだんだ。


 


けっきょくな、能というのは能力の事だな・・・


放射能→放射能力  能力→ボク脳力ない→無能力者(と錯覚している)


 


鉱石だよな      原子爆弾とか原子炉の元種は


鉱物から放射されるエネルギーの能力



生物から放射されるエネルギーの能力


 


能力ってエネルギーのことかな??


 


いや、言いたいこと分かるかなあ?


 


鉱物対生物の放射能力ってこと。


 


まあ、この世界で極ちいさいものの代表者として、微生物という、そのまた代表者として細菌やウイルスに登場して貰うのもイインジャナイ;


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


2011/4/8  18:37


投稿者:a

水の中の放射性物質が全部なくなる

イスカンダルプロジェクト

広島国際学院大学 佐々木健

東京スポーツ2011年4月3日
http://megalodon.jp/2011-0407-1908-58/ichigo-up.com/cgi/up2/oiu/xs22295.jpg


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


そういえば、人体には細胞の数の10倍以上も細菌類がびっしりと生息しているそうだけど。


単純に10倍とすれば


細胞60兆×10= 600兆個か・・・・



うん、これは頼もしい!


フラスコとかビンの中で実験しなくても、ちゃんと人体という小宇宙体というビンがあるじゃないか。


この中で放射能は無力化される。


うん、これは素晴らしい!!



どうりで放射能かなり浴びた人でも平気な人が多いわけだ。


微生物という光を発振しているものの総合体=人体


ただし、この素晴らしい人体機能を最大に働かせるには


精神的安定がまず第一番目。



不安、恐怖、心配、その他もろもろマイナスイメージに合致するものは、かなりこの機能を低下させる。


実際、恐怖心だけで病気は起こる。

放射能恐怖症という不安が本当に病気を造り出すのだ。


レントゲンは危険だと固く信じているとたった一回でも身体に反応が起こる事もある。



放射能は確かに有害だろうが、それを上回る人体の機能を知らないと

いたずらに不安恐怖だけになり、本当にその放射能の害を出現させてしまう。


それが人間としての創造主たるゆえんだろう。


思ったことを実現させる。


だから、放射能は怖い、少しでも取り込むと身体は対処できない。

こう思っていると、本当にそうなる。

しかも、

ほとんど取り込まなくても

放射能被害を受けてしまうこともあり得るだろう。



もちろん、原子力発電所は必要ない。21世紀はもっと素晴らしいものが用意されている。

それを出させないのは実はいまの原子力発電所なんだろうけど。


早く無くせばよい。


ただ、いまその放射能漏れで世界中は恐怖と不安でいっぱいになっている。


しかし、それを上回る人体の素晴らしい生体放射能があるという事を認識できたら

すごく安心するだろう。

そして

安心は確信に変わる。



確信はなんでも奇跡的に創造する。

この伝播が繰り返されることで、もっと創造の力は増す。



もともと、人体は光の放射体として創られている。

それを

発揮できないようにしてきたのは誰だ。


おまえだ。


え?


おまえたちだ。

この地球上で壮大なドラマを創造してそこで演技、いやゲームをするには

自分を「無力化する事を第一番目に設定した」


設定したというのは「忘れることにした」


だから、人間は無力であるという事にした。自分で。


本来ある力を、光の生命体を忘れた。



だから、鉱物ごときの放射能には勝てないと思い込んできた。


人体放射能という原子核放射能よりも偉大な光だという事をすっかり使えないことにした。


いま、それを思いだす時なのだ。



あんな微細な放射能ごとき、こっちは同じ光でも人体放射能というエネルギー発生装置が埋め込まれているんだぞ。


あっちは荒い波動、重い光。

こっちは微細な波動。軽い光


より微細な波動(光、放射能力)ほど、エネルギーが高い。創造の源に近い。


という事を知ればよい。



知って真実だと信じること。



いま実際起こっていることは日々生活上において放射能が降り注いでいることだ。

しかし、


これをむやみに恐れているだけでは、この日本中がやがてぜんぶ汚染されて逃げる場所もなくなるとき、どうするのだ。


今は恐れから抜け出すときだ。



微生物にある力をなぜ人間が出せないのだ。


人間の身体には600兆個も微生物が住んでいるという。


いや、微生物の塊のようなものじゃないか。


それなら、この人体は放射能など



クソクラエ!だ。



医学は進歩していない。


これは常識だろうか?

いや、非常識だろう。


しかし、将来はどうなるか分からない。



原発は安全か?クリーンか?


ちょっと昔はそう皆が思っていたのかも知れない。

いや、うすうすは知っていただろう、そんな事はないと。



そうして、いま常識は反転しつつある。


まだ、まだ地球さんが人類の意識を揺さぶり続けるだろう。



そして、いままでの常識はその都度反転してくる。



放射能を除去する能力を開発する

のではない。



もともとある能力を思いだすのだ。


いまのままでは放射能恐怖症だけが大手を振って歩いてしまう。


そして、無力化した人間がそれに負けてしまう。



人間は光の媒体だという事を忘れているからだ。


想いだけで病気になれる。


重度の病気の人のエネルギーをみられる人がいたらきっと驚くだろう。



凄いエネルギーを発していることを。


しかし、プラス、マイナスで別けるとマイナスとされるだけのこと。


実際はエネルギーとしては最高度の創造力を発揮しているのだ。



それは想いから来る。

想いは実際に凄いエネルギーなのだ。



その想いをいま


プラスの方に使える様にするだけのことだ。



原発は要らない。


しかし、すでに起こった事に恐怖だけしていたんでは能がない。

微生物にお任せするのも良い。


しかし、すでに微生物の塊の様な人体を備えているワタシをもっと信頼しよう。



あっと、

またまた、ただ手がすすむままタイプしただけ。

無責任投稿なので決してみないでください←もう、遅い!!




で、先の微生物に関してコメントされた元記事を最後にご紹介して、

ワタクシメの汚い(つたないでない)記事をひとまずおわりとしよう。


え? ひとまずはまずい?  もう書くな?





ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

 Main 



ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー




無能なのか、周りが無能なのか? 日本のトップ周辺事情の裏側

4/11 国民を救ったのは菅総理・・・メディア・リテラシーという視点


より


一部転載


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


■ 菅総理の指示は的確 ■

私は今回の原発事故を大規模な再臨界事故から救ったのは、格納容器(圧力容器ではありませんよ!)への海水注入だったと考えています。

圧力容器の表面温度400℃・・・空焚きという選択肢
http://green.ap.teacup.com/applet/pekepon/20110321/archive

福島原発は原子力塩田となったのか?・・・矛盾するデータの意味するもの
http://green.ap.teacup.com/applet/pekepon/20110324/archive

現場に余程の切れ者が居て、現場判断で格納容器への海水注入やベントを行っているものと思っていまいた。

? 圧力容器の本体、あるいは配管の損傷により地震直後より圧力容器の冷却は機能不全
? 圧力容器内の水位低下で、早い時点から燃料棒の溶融は始まっていた。
? 官邸はこの情報を早期に掴んでいた
? 東電は現場作業員を50人しか残しておらず、メルトダウンを覚悟していた

? 菅首相が直接指揮して、格納容器に海水を注入させた
? 原子炉温存の為、海水注入をいやがる東電を首相が恫喝した

? 東電は現場から作業員を退避させようとした
? 東電の清水社長を菅首相が恫喝して、東電が逃げる事を許さなかった

? 4号機の使用済プールの温度上昇を重視して自衛隊にヘリからの散水を指示
? 被曝を理由にイヤがる自衛隊を説得

? 消防庁のハイパーレスキューに放水させる

さて、菅首相の指示の何処に誤りがあったでしょうか?
結果的に首相の指示は的確で、スリーマイル島事故の対処と同じ対処を行っています。(格納容器に注水による冷却維持)

ただ、福島原発では地震によって冷却循環系が損傷していたので、高濃度汚染水が大量に漏出する事と、電気系統の完全喪失により、原子炉建屋の換気が出来ずに水素爆発が起きたという不運が重なりました。

■ トップダウンこそが正しい選択肢 ■

現場では東電、自衛隊、消防という監督官庁が異なる組織が活動していました。
縦割りの弊害で、これらの組織を一括して機能させる為には、官邸の指示は不可欠だったでしょう。

産経新聞の記事では、「原子力災害特別処置法」を発動すれば、対策はもっとスピーディーであったろうと書かれています。

はたして、どうでしょう。他官庁の干渉を嫌うそれぞれの官僚達の意地の張り合いに終始したのではないでしょうか?

自衛隊員や消防職員の「死亡事故」を恐れる官僚達は、思い切った対策が打てない事は、ヘリの放水の現状を見ても分かると思います。

いつ、再臨界を起こすか分からない使用済燃料プールに散水するのに、ヘリの床にタングステンの板を敷くなどという時間を費やした挙句、ヘリをかなり上空で 飛ばせ、さらに通過させながら散水したので、いかに腕の良いヘリのパイロット達でも、効果的な散水とはなりませんでした。

ヘリのパイロット達は自衛隊でも有名な程、度胸が据わっているそうです。防衛庁幹部は年間被曝量100(mSv)という数字に縛られていたのでしょうが、 ヘリパイ達は、たとえ1000(mSv)の被曝をしたとしても任務を遂行する勇者達です。(最前線でのヘリコプターでの作戦遂行は非常に危険な任務です。 普通の神経では出来ないでしょう。)

■ 菅首相がベントを遅らせたのでは無い ■

世間では「菅首相が原発を視察したから、初動のベントが遅れた」と騒いでいます。

産経の記事では、ベントを指示したのは菅首相です。

ベントを遅らせたのは、首相視察に気を遣った現場の判断か、保安員でしょう。

もし、首相の視察がベントの妨げになるならば、彼らはその趣旨を官邸に告げれば、菅首相は現場視察を行わなかったはずです。


責められるのは首相では無いハズです。

■ 一人ぼっちの対策室 ■

菅首相の最大の問題点は、「他人に任せられない」点にあります。

小泉首相の秘書官だった飯島勲は、「官邸に10人の少数スタッフの対策室を設置して、官邸主導で超法規的な指示を出さなければ、官僚組織は動かない」と言っています。

今回、菅首相をサポートする人材が見当たりません。
首相自らが、発電機の大きさや仕様を電話で確認して、空輸出来るかを問い合わせる必要が何処にあるでしょうか?

本来は首相は決断と責任を負うだけの存在のはずです。

■ 地震への対策も問題無かった ■

上記記事を読むと、首相が原発対策に集中するあまり、震災対策が二の次になったと書かれています。

阪神大震災の時、当時の村山首相は、社会党出身の首相であったために、自衛隊の災害派遣に二の足を踏み、結果として自衛隊の初動投入が送れた為、救えるはずの多くの命を犠牲にしてしまいました。

今回、菅首相は、自衛隊の10万人派遣をトップダウンで指示すると同時に、即応予備自衛官と予備自衛官の投入指示しています。

即応予備自衛官と予備自衛官は自衛隊OBなどで組織される、非常勤の自衛官達で、今回の派遣で初めて実働しました。

防衛省制服組は、即応予備自衛官と予備自衛官が前例の無い事から投入に二の足を踏んだと言われていますが、菅首相がこれを強行しました。

自衛隊内では、素人の首相に命令される不満があるでしょうが、結果的に首相の自衛隊大量投入によって、東北地方は救われています。

■ メディア・リテラシー ■

日本には様々なメディアがあり、インターネットも含め、山の様な情報が飛び交っています。

この情報の中から、価値のある情報を集め、分析して、真実を知る行為を「メディア・リテラシー」と呼びます。

震災後の菅首相の行動に対する評価でも、産経新聞と「人力でGO」ではこれ程違う評価をします。

どちらが正しいかは、皆さんが判断されれば良いでしょう。

ただ、私は亡国の危機に際して、首相の足を引っ張って、政争に明け暮れる永田町の住人や、それを煽り立てるマスメディアとは異なる視点がある事を、皆さんに知って欲しいと思っています。


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


 


なんだ菅だと言われているけど、マスコミの報道だけじゃ分からない日本国のトップ裏事情。


 


   ヤ菅の様に怒りまくっているというけど、


 なるほど  、 オレだったら もっと怒るかも知れないね。   周りが全然動かないんじゃ   


 


なんだか、菅さんのことずいぶん無能だと思っていたけど、   これ読んでたら、まあ、ちょっと直球過ぎるきらいはあるけど、 けっこう  好菅に思えてきた。


 


物事は一方からだけの情報ではダメなんだなあ〜〜〜  と改めて反省。


 


でも、菅さん、じゃない、閑散としている執務室でいったい何を考えているんだろうね。


「はやくやめたいなあ〜〜」 


とか、


「やってられないよ。も〜〜〜」


とか、


おれだったら


「なんで首相になどなったんだろう」


いや、


最初から


「なんで首相になどなりたいんだろう?」


って、思うんだけどね。


 


やっぱり、菅さんはなったタイミングも


「自分で決めてきた運命に従っただけ」なのかなあ〜?


 


それを見ているオレも


「そんな背景を選んで来たんだ」ろうかなあ〜〜?

?/5 未来バンク事務局長 田中優 氏 「3月13日原子力発電の現状」

?/5 未来バンク事務局長 田中優 氏 「3月13日原子力発電の現状」


 





 


投稿者: | 作成日: 2011/03/14


3月13日大阪市民会館にて行われた「今、僕たちにできること」チャリティイベントで、原子力発電の今の現状について、田中優さんにお話ししていただきました。  


 


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


 


【全編】「もう原発はいらない。エコでピースな未来モデル」田中 優 氏

【全編】「もう原発はいらない。エコでピースな未来モデル」田中 優 氏


 


 



投稿者: | 作成日: 2011/01/07



ワールドフォーラム2010年12月
田中優氏講演【全編】(1時間55分収録)
http://www.worldforum.jp/report/2010/12.html

「もう原発はいらない!」田中優氏講演DVD好評販売中
DVD購入はコチラから→http://worldforum.cart.fc2.com/ca9/105/p-r4-s/

実現可能な「エコでピースな未来」モデルは、もう始まっている!
金融危機や北朝鮮・中国の脅威!?なぁ〜んて世間は騒がしいけど
どっこい僕らはこの国でピースに生きてゆく!
原発なしで全く可能な、エネルギー政策実現モデルがあった!
田中 優 氏 「ピースな未来モデルの話をしよう!」講演
〜持続可能な生物多様性社会のお金とエネルギーは?

田中優氏ブログ 田中優の'持続する志'
http://tanakayu.blogspot.com/

ワールドフォーラム12月例会 
2010年12月19日_北沢タウンホールにて開催


 


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


 


【全編】池田整冶氏インタビュー「21世紀の武士道とは?」 (1時間41分)

【全編】池田整冶氏インタビュー「21世紀の武士道とは?」 (1時間41分)


 


投稿者: | 作成日: 2011/04/04



「マインドコントロール」著者、元陸上自衛隊人事教育部長、陸相補 池田整冶氏に「21世紀の武士道」について貴重なお話をいただきました。(1時間41分 2010年10/30収録)

ワールドフォーラム創立30周年記念_緊急講演会/第3弾
特別ゲスト(ビデオメッセージ)
http://www.worldforum.jp/report/2010/11.html

「21世紀の武士道とは」池田整治氏インタビューDVD好評販売中。
DVD購入はコチラから→http://worldforum.cart.fc2.com/ca8/104/p-r4-s/

1.池田整治氏インタビュー
2.マインドコントロールとは 1:25
3.日本人・日本語の特殊性 5:04
4.武士道とは 13:53
5.戦後の日本コントロール 18:25
6.開国以前の日本文化・江戸 29:27
7.武士道の戦い方(心の戦い) 46:14
8.世界で一番の親日国家 パラオ  1:02:24
9.多生の縁とは 1:21:39
10.原子力発電の危険性 1:29:50



ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


 


 


 

原発は安全第一に!今後もやって行こう! 医学は進歩している。今後もこれでやろう!

 


うん! そうそう。


原発は安全第一でやればだいじょうぶ! だぁ〜〜〜〜(イノキ流に)


 


 


 


久しぶりにのぞいてみたあそこ。


え? どこ?


ア  ソ   コ    よ。


 


 


中に動画ありますよ。どうがみてください。


は? 生ですか?


いえ、生じゃないか なあ・・


 


 


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー




豚がしゃべるわけがないというかもしれません。
では、あなたと友達がいっしょに屠畜場に見学に行くとか、テレビで屠畜場の映像を見て、その友達が
「豚たちは幸せだね〜。人間達に献身的に育ててもらい、かわいがられて毎日ごはんもたべられるなんて。」と言ったら、それを聞いたあなたはどう思うか。
あまりの世間知らずのウルトラ勘違いに聞いた途端に吹き出しそうになるかも知れません。
まったくわかってないウルトラ勘違いだとわかるでしょう。
「えっ!?あなた本気でそんな風に思ってるの?今の冗談でしょ?」と聞きたくなるはずです。真顔で
「ううん、私はそう信じてるけど、そうじゃないの?」と聞いてきたらどうでしょうか。
それでわかるのは本質がまったくわかってない人間だと言うことです。わかってないどころか幻想の世界に生きて現実がまったく見えてないわけです。その本質的な不自由さは盲目以下です。
一部を見てわからないということは、その部分だけが気づいてないわけじゃないんです。その人間はあらゆることに対して、それと同じようにウルトラ勘違いの解釈で世の中の出来事を見ているということなんです。
このたとえなら、私が現代医学なんか信じていること自体が荒唐無稽、滑稽なことと書いていることに誰もが気づけはずです。



医療が人を救いたいなどという精神で回っているなどと言う荒唐無稽なことを本気で信じているんですか?屠殺場と同じだと言うことがわからないんですか?
ところがこの道理なら、すんなり理解できる人間が自分が病院に行くとてっきり自分たちを助けるために世界の医療産業がまわっているものだと荒唐無稽なことを思い込まされているわけです。
よくよく考えてみたら滑稽な思い込みですが誰もその滑稽さを教えてくれません。
人間を信じてるなんてことじたいが吹き出しそうになるぐらい滑稽なことと書いているのはそういうことなのです。
何もがもが同じ無慈悲な精神状態で社会が回っているという当たり前のことのことに気づいとらんわけです。



これがプロパガンダでは次のようになります。悪魔の現代医猟が美しくなるのといっしょです。













こんなところでセンセイ、センセイとお任せしとるくらいですから、アホな獲物です。真相が見えている者から見たらまったく滑稽な世界です。これを見れば、人間なんてものを信じてるなんて事自体がいかに荒唐無稽なことか気が付けばはずです。悪魔の屠殺病院、地獄の屠殺師である日野原も赤十字社もまったくこれと精神状態は同じ。
現実認識能力がないから現代医学などという狂った屠殺師に引っ掛かるわけです
TITLE:医猟地獄の犠牲になるな 2011年の日記
DATE:2011/04/11
URL:http://hon42.com/iryou/bl2011.php


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


残念ながら


なまなましい動画は割愛させていただきました。


どうしても


どうしても


 


見たい!!


 


という方は


上記のURLを


 


ぴゅっしゅ。  


あぁ〜〜〜


 


ふざけるな!!


 


という反感を覚悟していました。


 


で、なにがいいたいの?


というと、いま起こっている原発関連ですが・・・


 


もしかしたら


 


怒っている方はいらっしゃいませんか?


 


もし、いらっしゃったらのはなしです。


 


上の医療の話し、どうもおかしいんじゃないの?って思いません?


 


そうでしょうね。


 


じっさい、何年か経ってようやく理解できるかできないか?(どっちなんだ)


 


原子力発電所にしても、似ているんです。


ただ、こちらは早く分かっちゃいましたけど。


いえ、まだワカランっていう人も多いと思いますよ。


 


で、もう少しお時間をください。


 


そうすれば、否応なしに分かるようになるかも?



でも、そうもならないかな?


 



最後まで分からない人も居てもイインジャナイ・・・


 


医学がず〜〜と進歩していると思い込んでいるのと同じ。



原発の事故みたいに逝かないからね、こちらは。


 



先に逝って待ってます!

あれ、だれのこと?


 


はい、先に逝った妻の遺言です。


で?


はい、こんどは彼女からの伝言です。


 


え?彼女?  もう出来たの?


 


いえ・・・・・生前によくたのんでいたんですけどねえ〜〜


まだ、見つけてこないんです〜う


 


ん? だれが見つけるっての?


 


はい、先に逝ったおっかあです。餅。


で、こんどの彼女はだいぶ図体がおおきくて・・・


抱くのにちょっと苦労しちゃうっていうか・・・


 


ほう・・・大柄なおんな?


 


はい、彼女の名は


 


ガイア


 


はあ? 


ガイア?


 


はい、別名、地球さんという彼女。


 


おお〜〜


話しだけは大きい、おまえのはちいさい


 


ほっとけ!!


 


で、今度の痴呆選挙ですけど・・


 


 


うん


 


どうなんでしょ。厳罰、じゃない、原発推進派でしょうか、原発廃止派でしょうか?


 


そんなの分かんないよ。


だって、途中でコロコロ変わるのが政治科じゃないの?


 


そうか・・・


でもね、彼女がちょっとね・・


 


え?


 


もう、やってられないわ。アタシ勝手に先に逝っちゃうから・・・


と、もう鼻にも引っかけられない。どうしよ?


 


なんだ、ぐずってるの?


 


そうみたい・・・・でも、彼女、図体でっかいから・・ちょっとイヤイヤしちゃうだけでも


そうとう地面が揺れちゃうから


 


 

東電原発震災をターニングポイントに 田中優 2011/3/26















緊急停止を要望の署名を。先ずは浜岡原子力発電所。

黙っていたんでは動かない。


祈りもよい、しかし、意思表示をしなくてはならない。


まず緊急に浜岡原発の危険度が非常に高いと言われる。


3,6,9ヶ月でどんどん危険度が上がってくるという話しもあるくらいだ。


もっとも、1月だろうが一週間だろうが、おなじこと。


地球は人間の都合など待ってくれない。


 


いま浜岡原発が福島原発の様な事故が発生したら、もう日本の中枢部はお終いだと言われている。


それだけ位置も立地条件(必ず来ると言われている東海地震、それに活断層の上に建っているというではないか!)


 


今でさえ薄氷を踏む想いで福島原子力発電の状況だ。


当初の予測を越えて未だに解決収束の状況が見えてこない。


もし幸運にも(おそらくこの大幸運を信じているものだが)福島原子力発電所が辛うじて収まったとしても、その影響は何年の続くだろう。


しかし、年も明けないうちに同年に、浜岡原発が地震に見舞われたら、今度こそもう日本は立ち直れないほどの大被災を受けるかも知れないのだ。


 


100万にひとつあってもダメなのだ。


いや一億分の一でも、起こったら100パーセントだ。


 


つい先ほど、署名の意思表示をした。


黙っているのは容認だとされてしまう。


 


http://www.geocities.jp/plumfield995/


の下の方に署名フォームがある。


これをクリックして、簡単に意思表示できる。



https://ssl01.rocketnet.jp/www.plumfield9905.jp/hamaoka/hamaoka_form/form.php



 


このほかに


先ずは地方選挙で、出馬する方には「原子力発電所を停止→廃止」の意思があるかを問う。


 

何があっても大丈夫!という想いと覚悟と準備(心と身体)


 


 深刻な事態が続く福島第一原発:小出裕章 2011.3.25


 


【福島原発】2011/4/6/水★昨日の懸念(再臨界)について質問⇒東電の答え 1/2



 


 


これは関東圏だけでは済まない。


ほぼ同心円に入っている我が地域も同じだからだ。


 


ただ、風向きと山脈が関係しているから、少々は違うだろうが。


 


それよりも、おそらく人間はパニックを起こす方が怖い。


 


本当に非難するべき場所と、耐えられる地域の差が分からなくなることだろう。


 


いままで、我慢していたのに、ある地域が突然危険区域になったとき、


それっとばかり一挙に始まるだろう。


 


それは恐怖感から起こる、逃げなくても良い地域までパニックになって行動してしまうことだろう。


 


決して恐れないで。


しかし、人間は恐怖心というものがわいてくるのだから仕方がない。


これを認めてあげることだ。


 


そうして、じっと味わう。


怖がることを怖がらない」という意味がそういうものだろう。


 


そして、本当に物理的に避難するべき時はすることだし、それ以上でも以下でもない。


 


大丈夫という言葉は何が起こっても大丈夫ということだ。


 


何も起こらないから大丈夫なのではない。


何が起こっても


という事は、プラスもマイナスも無い、中立的に状況判断をするということだ。


 


それにそって行えば大丈夫だということで、大丈夫という言葉だけでは無い。


本当にこの対処で大丈夫だというには、冷静で客観的判断を自分で出来ることでしかないだろう。


 


他人様にぜんぶ合わせていると、適時、適当な行動ができなくなる。


それはかなり難しい判断かもしれない。


 


いまほど自分の直観を信じ切らなければならない時はないだろう。


 


情報はあくまで情報、それをどう判断するかは自分自身でしかない。


 


覚悟と準備万端を備えているから、大丈夫となるのだろう。


へたに恐れてばかりもいけないし、へたに安心しきっていても危ない。


 


我々はいま冒険の丘に立っている。


しかも薄氷を踏むような想いの中で選択ゲームをしているのだろう。


 


しかも、それはひとりひとりが同じ様な背景や舞台にみえるが、実はぜんぶ異なっているのだ。


だから、他人と同じ行動をすることではない。


 


こんな事を書いているお気楽なヤツだが、


 


やっぱり、


いざとなると、ピューーーっと、ぜんぜん的外れの方に逃げて行く可能性がある。


 


覚悟とか心の準備だとか言っていても、急にそれが来ると慌てふためくものだ。


だから他人様のことは言えない。


が、書いている


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー



最近の著作


■原発 緊急情報(51) 窒素を入れた理由と影響
■原発 緊急情報(50) 規制値が20ミリになると・・・


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


上の方が最新ですが、


かなり今注目する内容ですね。


投入物が窒素だけで終わってくれる事を確信してます。


が、覚悟と準備の心構えの方では


もっとも危険なのは、「圧力容器内の核爆発」で、これを止めるには「ホウ素の投入」が必要です。ですから、「ホウ素」という文字が出てきたら、逃げる準備が必要です.


だそうです。


窒素投入が成功することを確信しつつも。


 


以下もすでに紹介した所ですが、


いま窒素投入が成功する様に、いまは東電だのどうのと怒っている場合じゃない、とにかく絶対に成功する様に祈ることしか出来ません。


 


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


カレイドスコープ


 



ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


 


なお、見えない世界の「シリウス文明がやって来る」の著者はかなり厳しい状況を書いてあります。 見える世界の方でも情報がさっぱり不明なので、今は見えない世界と同等かも知れません。


おそらく、薄氷を踏む想いはまだ続くでしょうが、どうにかおそるおそる岸辺にたどり着けるだろうという、ボクは甘い予測を確信しているのですが。


 


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


石巻・東松島で震度4 福島沖が震源、M5.3




 6日午後10時55分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、宮城県石巻市、東松島市などで震度4を観測し、同県栗原市や岩手県一関市、福島市、福島県いわき市、茨城県日立市、栃木県大田原市などで震度3の揺れを記録した。気象庁によると震源の深さは約40キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5.3と推定される。この地震による津波の恐れはない。(2011年4月6日23時19分 asahi.com)



このような地震が頻発して起きて来ていることが、
福島第一原発事故の傷口を拡げています。

今現在、海中への大量の汚染水漏れは、
一旦、防御出来ているように想われますが、
細かな亀裂が、数十箇所以上観られ、
少しずつ、海水へと汚染水が漏れている状態にあります。

東京電力社員の皆さまには、大変に、
全力を尽くして頂いたとは想われますが、
もはや、東京電力1社が抱える許容範囲を、
大幅に超えてしまっています。

直ちに、日本政府が、総指揮権を取り、
対応しなければ、完全に危機回避不能となってしまいます。

水素爆発を抑止させるための窒素注入が開始されていながら、
今現在においても、大規模な水素爆発の可能性は、

100%を最大として → 100%のままです。


宜しくお願い申し上げます。

URL:http://mihoh.seesaa.net/



 ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


 


う〜〜Mu


真実性があるのかどうかボクには分からない


 


が、


注意文字は「ホウ素」にありそうです。


 

原子力からフリーエネルギーへ転換の準備は出来ている

太陽光とか風力とかいろいろ知られているエネルギー転換じゃなく、全然世界中に知られていないフリーエネルギーは既に何十年前から開発されていたという話しを以前から聞いていました。


 


しかし、富の集中を目的とする経済社会の中では「無用なもの」とされてお蔵入りしていたようです。


極端に言えば、潰されていたという事でしょう。


 


そして、今現在、人類は日本の原子力発電所の実態を見せられているわけでして。


これはもうダメだ! と思わない様なひとは、これからもっともっと起こるであろう最悪のシナリオに身を任せるしかないようです。


 


すでに準備されているはずのフリーエネルギー技術がどこに隠されているのかを発見するだけです。


このエネルギーに移行できれば、人類のエネルギー革命が起こり、世界は大激変するでしょう。これによって戦争も貧乏も不必要になるでしょう。


 


しかし、その前提として人間の精神的変容が必要だというのです。


富の一極支配があるかぎり、このフリーエネルギーは表に出されないでしょう。


みんなで共有できる精神構造ができないうちは人類には手渡せられないようですから。


 


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


この「フリー・エネルギーと代替エネルギー特集:パート?」は、私たち自身および私たちの愛しい惑星の存続にとって、私たちがこれまで提供してきた情報の中でも、恐らくは最も重要なものです。



あるレベルで、私たちの霊的な成長さえ危うくなりかけています。




私たちが意識を上昇させ、フリー・エネルギーを受け入れるか、


あるいは、


私たちの子供たちや美しい地球が、最終的に環境面から破局を迎えるか、




そのどちらかの道しか残されていません。


 


後者の道を選択した場合、地球上の生命は―――そもそも、それがまだ存続すればですが―――もはや今日と同じものではありえないでしょう。



URL:http://homepage2.nifty.com/silverring/maatdrunvalofeb2editor.htm


ーーーーーーーーーーー以上ーーーーー


 


いま問われているのは、上記の様に


本当にクリーンでしかも充分なフリーエネルギーを選択するか


 


偽のクリーンである原子力発電エネルギーを選択するか


 


二つにひとつを提示されている、いまその時なのでしょう。


 


未だそのフリーエネルギーが見えてこない?


という前に、


先に


原子力発電所を我らは捨てなければならないのです。


 


もちろん、ある事は分かっていても、誰の目にもまだ映らないもの。


それを選ぶ勇気が必要だということでしょう。


 


今の財布が空になるから、もう少し多くのお金が入ってから捨てるね・・じゃダメなんです。


 


もう時間が残っていないからです。


 


それを世界中の注目を集めている福島原子力発電所が見せてくれているんです。


 


まさに、このまま終息して後は良かった良かった・・で、


そのまま原子力発電所をご愛用  じゃいけなくなったんです。


 


私たちの子供たちや美しい地球が、最終的に環境面から破局を迎えるか、


 



まさにこれです。


問題は二酸化炭素じゃない!


(これは原子力発電所建設の利益を目的とした事でつくりだしたもの)



日本は国際的に二酸化炭素を25パーセント削減


という目標に近づけた・・・今回の原子炉の事故で 


そして、


 


大量の放射能物質を空に海にまき散らしている。


 


二酸化炭素など全然問題ないのです。


それに反して


日本は汚染されている、クリーンだという原子力発電所によって。


 


最後の決断は


生命か金かです。


 


それも、賭けるのは未来のこどもたちです。


あなたの子も孫も賭の対象になるわけです。


 


今の裕福を失いたくないために未来の子供や地球を襲うのか?


 


といっても、しばらくの間ですよ。


フリーエネルギーはすでに用意されているのですから。


 


数年か十数年で世界中がふんだんに使えるフリーエネルギーで地球環境も改善できる


まさにパラダイスが待っているのですよ。


 


う〜N パラダイス  か。 なつかしいことば。


 



田原 総一朗×孫 正義 対談 〜東日本大震災について〜

損し、じゃない孫氏がいま大変化の途上にある。


やっぱり今回の震災は人間の意識を変えつつあるようだ。


(ん? おまえも変われよ! って、つっこみはおいといて)


 


まだ、見てないけどいちおう紹介。



追記


録画



 



http://www.ustream.tv/recorded/13747656


 


 

いつまで薄氷を踏む想いをするのか?日本人の意思決定を待つ為か?


地震そのものは天災。これは地球の自然現象だから避けられない。


 


しかし、原子力発電所という人災は避けられる。


既に全人類の深層意識界ーーー善の集団意識界ーー神界は


原子核利用を廃絶の決定をした。


 


その見本をいま見せている。


これが最大最悪の大被害に及ばないでいるのは奇跡としか言えない


しかし、じわじわとその被害は拡大しつつある。


 


その意味、意義は?


まず、人類代表として日本人が原子力発電所を廃絶するという宣言をすること。


この意思決定を迫られている。


一度は原子爆弾投下の大被害を受けて。


今度は国内の原子力発電所の破壊にて。


核分裂エネルギーは人類には使い切れないほど危険なのだ。


その事をいま現在見せられている。


 


早急に全国の原子力発電所を停止、廃止しましょう。


国民はその意思を表示しましょう。


これは天地の意思だから。


いつまで護られているかは分からない。


 


これは明らかに何かに「護られている」から、最悪の状態にならないように保たれている・・・が、それがいつまで続くかは、日本人の決意によるのだろう。


 


ちょっと、オカルト的にまえがきを書いてみました。


以下の小出先生のお話は、原子力発電所が最悪の状況におちいった時、


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


カレイドスコープ様より転載


 


政府は破滅的事態を知っている



20110405-1.jpg


終末的な事態は、水蒸気爆発。今は、かろうじて押しとどめている状態。
政府、東電は、やはり、本当のことを話していない。

akyoon! 福島は身体に良い放射線だってえ〜〜!???

メルマガにこんな記事が!


そう言えばこの人の話がネットで飛び回っているようだが。


 


トンデモ論者か原発推進側の回し者か御用学者か勘違い学者か?


こんな人だというが、果たして?  


要は肩書きでもなんでもそんなのは関係ない! 内容が本当かウソか


それが問題だ! (聞ルけ ゴール)


 


稲 恭宏



よ〜〜Ku、耳に唾をつけて観て見よう。


 


ハチャメチャな論の様だけど・・・・


(実はボクは未だ見ていないので、これから)


 


つっこみ?  ハチャメチャなのはここだ・・・?


 


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


 


【件名】: 福島原発放射能汚染へのコペルニクス的転換点か?
----------------------------------------------------------------------
 もしこれが本当だったら、福島原発の放射能汚染に関する常識に
 コペルニクス的転換を迫ると思われる情報です。
 
 稲博士によると、日本を含む世界の福島原発事故の【放射能汚染】
 に対する理解や対処方針は、それ自体ただ国際的法改正が追いつ
 いていないために起こっている完全な【風評被害】なのだとか。
 
 数字は弱いので単なるイメージですが(^^;)、放射線量のパワーを
 例えば、
 ・広島長崎の原爆でのオーダーを「1京」とすれば、
 ・チェルノブイリ原発事故でのオーダーは「1億」、
 ・福島原発事故の放射線量のオーダーは「数千」程度なのだとか。
 
 これらの放射線量の各オーダーはまったく別の世界を意味してい
 てこのオーダーの違いを混同するのまったくの間違いだと。
 
 広島長崎原爆の“超超高線量放射線”とチェルノブイリ原発事故
 の“超高線量放射線”そして今回の福島第一原発事故の“低線量
 放射線”の影響を一律に語るのは、まったくナンセンスだとか。
 
 例えば、優しく撫でるのと、ぶん殴るのとでは、同じ接触であっ
 ても、まったく意味が違うのと同じことだそうです。
 
 福島原発の【放射能汚染】を心配するのは、喩えて言うなら、
 【お母さんに一万回愛撫されたら】、その子は
 【ボクサーのノックアウトパンチ】をくらったのと同じ結果にな
 ると想像して、心配するようなものなのだそうです。
 
 数千ベクレル程度の放射線量がある地域はじつは地上にいくつも
 あって、それらは有数の超健康地域なのだそうです。
 
 そして地上のそういう超健康地域を研究することで稲博士の学問
 『低線量率放射線療法』が確立されたのだそうです。
 
 福島原発地域の放射線量はすべて博士の『低線量率放射線療法』
 の範囲内に入るものだとか。
 
 つまり、稲博士が「医療」として使っている範囲内の放射線量だ
 ということです。
 
 チェルノブイリの「赤い森」って聞いたことがありますか。
 --------------------------------------------------------------------
 赤い森のある場所は、世界で最も汚染された地域の1つであり続けている
 が[4]、この場所は驚くべきことに多くの絶滅危惧種にとって豊かな生息地
 になっていることが証明されている。
 原子炉を囲む地域から人々が避難したことにより、草木が生い茂り他に類
 を見ない生息地が形成されるに至った。
       
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E3%81%84%E6%A3%AE



 --------------------------------------------------------------------
 
 そういえば、『アレクセイと泉』っていうドキュメンタリー映画が
 あるそうですね。(
http://movies.polepoletimes.jp/alexei/



 
 しかし、もしこの稲博士の話が本当だったら大変なことですね。(@_@)
 
 もしかして、日本は将来“フクシマを中核とする健康センター”
 として蘇ったりして。\(^O^)/
 
 --------------------------------------------------------------------
 福島原発事故の医学的科学的真実: 稲 恭宏博士 緊急特別講演
 風評被害を科学的真実でくつがえす
 福島原発放射線全く心配なし
 低線量率放射線効果により、健康寿命を著しく改善する
 福島の野菜、魚、牛乳、一切影響なし
 稲 恭宏( いな・やすひろ )博士東京大学 大学院 医学系研究科
 病因・病理学/免疫学 専攻 博士課程修了。
 博士(医学)。東京大学 医学博士で病因・病理学、免疫学者。
 『 低線量率放射線療法 』の発見確立者で、放射線の医学的科学的真実を
 証明した世界的権威の医学英文論文多数。



 http://yasuhiro-ina-dmsc.jp/

 http://www.youtube.com/watch?v=PQcgw9CDYO8&feature=channel_video_title

 http://www.youtube.com/watch?v=8ONbhHHBlVk



 http://www.youtube.com/watch?v=c1R0D82JHzI

 http://www.youtube.com/watch?v=X6K4M-ytivQ

 http://www.youtube.com/watch?v=28QPwHkjnPo

 --------------------------------------------------------------------


ーーーーーーーーーーー以上ーーーーー


 


 

今後の原子力発電所の状況や他地域の地震はどうなのだろうか?

見える世界でも混乱している情報。


どれが本当でどれがウソかもなかなか見分けがつかない。


だから、不安、恐怖・・・買い占め、買いだめ、情緒不安定状況に陥ってしまう。


 


では、見える世界でさえも不確実な情報で混乱しているのに、見えない世界の情報を出してきたって障害無い、いや、しょうがないのか?


 


そうでもないだろう、けっきょく人間は情緒が安定しないとダメなんだから。


 


先ずは精神的な安定と覚悟が出来れば、なにが起こっても平成二十三年、じゃない、平静に自由に参念できる。(ちょっと苦しいか)


 


精神世界の情報でもかなり信頼できるものがある。


しかし、全面信頼とか全面確定しないで欲しい。


これは見える世界でも同じことだけど。


 


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


 


■imiminの日記の一覧 (最新100) 








































  
現時点での状況について(その2) 今回は、前回の続… (2011.04.02) New!
現時点での状況・今後の展開について 今回お伝えする… (2011.04.01) New!
 

人工地震とするなら人類の覚醒から遠ざける、既にハープは無効

人工地震に自信を与えちゃダメね。


 


だって自然の意思が読め取れなくなるジャン。


 


しかも、出来もしないのにさも出来るかのように錯覚させちゃったら、詐欺師さんっちはこれ幸いとばかり、逆利用して「脅し」の材料に使えるジャン。


 


ともかく、そんな人工地震によって災害を受けた人たちの無念さは、自然災害によるものよりももっと残念無念になってしまうゾ。


 


今回の大自然の作用が結果的に多くの人命を無くした事は事実だが、魂ではそれを選択しているという。勇気ある人々の意義が伝わるには、そんな・・ちんけなものじゃない。


もっともっと壮大で有意義有る事の起こりなのだ。


これを自覚しないと、第2第3の自然の警告を察知できないで逝っちゃう世。


 






 


 


 


ーーーーーーーーーー以下一部だけ引用ーーーーーーー


※全文は下段のURLにて


 


 


闇の残党勢力たちには、もう、



地球物質界を支配する力は残っていない





HAARP は、西暦2010年秋頃に、
すでに、彼らから奪い取ってあり、
ある機関(名称はNG)が厳重に管理しています。




数霊「33」の本当の意味が開花するのは、ここからです。

それは、古代フリーメーソン派によるものです。

陰謀論好きな人が云うところの「フリーメーソン」では、
古代フリーメーソン派の叡智は、一切、受け継いでいない、
すでに、形骸化したものです。

ですから、これらは、全くの別物として観てください。

いまから始まっているところの数霊「33」の意味は、
シリウス星系とプレアデス星系との共同作業による、
地球物質界における古いシステムの、現実的な解体作業です。

「AREVA」を数値化しますと、数霊「47」となりますので、
ここでは、“友愛”、“夜明け”を表しています。

“夜明け”とは、新しい時代への夜明けであり、
宇宙規模での大変換です。


“友愛”は、プレアデス星系が、シリウス星系と、
完全な協力体制に入ったことを示すものです。

数霊「33」には、2つの側面があり、
プレアデス星系では、33階段のピラミッドをシンボルとして、
シリウス星系では、シリウス女神のイシス = 伊邪那美命さん
をシンボルとしています。

この両方の側面が、確かに、合わさる時を迎えたことを意味しています。

一般社会の人は、「AREVA」社が支援して頂けることで、
福島第一原発の事態が、収束へ向かうと想われるでしょうか?


ここには、途轍もない神仕組みがあり、
それはすでに、開始されています。


これらのサインは、原発事業に関わる当事者たちには、
全く知らされていない神仕組みです。


TITLE:シリウス文明がやって来る       Kagari ∞ Kazuki のブログ
DATE:2011/04/02


URL:http://mihoh.seesaa.net/


 


ーーーーーーーーーーー以上ーーーーー


 



ここには、途轍もない神仕組みがあり、
それはすでに、開始されています。


 


↑の意味する


ところは何なのだろう????

微々リマンからチビルマンへ変身 「今が人類の正念場!原子力発電」

予言は回避される事を願って、


多くの人たちが知ることによって過去の予言は回避されてきました。


  


しかし、これが「予言」か「預言」なのかはボクには分かりません。


「預言」とは確率とかの問題ではないからです。


 


そこがジェセリーノ?とかの「予言」とは全然意味が異なるからでしょう。


 


これを「予言」としてとらえるか、「預言」として覚悟を決めて自分の直観に従って困難な時代を生きて行くのか?


これを匕首(アイクチ)と見るか、愛唇(アイクチビル)と見るか、そこがもんだいだ ・・・ (聞けゴール)


   を自分の内なる声に。


 


あのう・・・キルケゴールにひっかけているんですが。。。。


 


 


 


 


ふん、えらそうなことをいって!  かいているほんにんが、いちばんびびっている・・


あ、もうオモラシシチャッタ・・・・・


バカモン!  これはずっとまえからだよ!!  


どうやら、ビビルマンはすでにチビルマンに成って完成の域に達していたようであります。(凄い!)


 


 


あ、またまえがき読んじゃったの?


 もう、遅い!!   


ほんとに学習できないヤツだねえ(笑い)     あ、オレか?


 


 


ほんとにチビッチャウ、じゃない! ビビッチャウ内容ですが


  


  


TITLE:シリウス文明がやって来る       Kagari ∞ Kazuki のブログ
DATE:2011/04/02


URL:http://mihoh.seesaa.net/


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


“原子力の扱いについては ここが正念場”




であることが示されています。

今現在の状況から辿る、数週間から数ヶ月以内の、
「未来のヴィジョン」を観てみます


これは、危機的状況が回避されることに願いを込めて、
お伝えさせて頂きたいと想います



今しばらくの間、世界各国は、「原子力発電」における、
最善なる安全策は無いものだろうか?と模索を続けるでしょう。

しかしそれは、自国に原発事故が多発するまでの間の話です。

日本列島では、福島原発1箇所だけの事故に留まらず、
2-3箇所での原発事故が多発し出すことから、
ようやく、「原子力発電」の推進を断念せざるを得なくなるでしょう。

なぜなら、彼らは、本当に最悪な状況に陥るまでは、
それを身をもって心底体験するまでは、
「原子力発電」を止めようとはしないでしょう。

これは、世界各国においても同様であり、
自国での原発事故が多発を始めてから、やっと、
「原子力発電」の推進を止めざるを得ない事態を迎えます。

しかし、そのときには、世界中で、
相当数の被爆死者数の増加が見られるでしょう。

これらの原発事故を仕掛けるのは、何処かのテロリスト集団ではなく、
地球という惑星意識そのものです。




地球上のアカシック・レコードで、
「核兵器の脅威」が、「原発事故の脅威」に置き換えられた今、
“原発事故による地表上の人類大量死の極めて高い可能性”
という警告信号が出ています。

西暦2011年のいま・この時期から先は、
地表上から、大量に人類がいなくなることになっていますので、
そのキッカケが、原発事故であるとしたら、
それは、あまりにも悲惨過ぎる事態です。

現実的には、世界中から、原発撤廃を要請することが、
最低限度、重要なことですが、
単に、それだけでは済まされないんです。

地球が、原発事故を仕掛ける方法は、
大規模な天変地異という自然界の現象です。

これは、もはや、誰の手によっても止められないし、
光の先生たちの手によっても止められないです。

地球地表上は、このような緊急事態に置かれていますので、
今後、あなたが助かる道があるとすれば、

“自分自身の「内なる声」に繋がって、
魂意識から光の信号を発信すること”

この方法だけしか、選択肢は皆無です。

もう、多くの警告信号が出ているわけですから、
私たちは、覚悟を決めて進むだけです。

出来れば、このような話は、
エイプリル・フールの話題として伝えたかった…

あなたが、あらゆる試練を乗り越えて、
新しい時代へと入れますように。

私たちの善き日のために。


全文は以下にてーーーーーーー
TITLE:シリウス文明がやって来る       Kagari ∞ Kazuki のブログ
DATE:2011/04/02


URL:http://mihoh.seesaa.net/


ーーーーーーーーーーー以上ーーーーー

プロフィール

akyoon

Author:akyoon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR