【大切な人に伝えてください】小出裕章さん『隠される原子力』

命が大切か金が大切か?


いや、両方大事なものだ。


 


では、原子炉は要らないですね。


他の方法でも充分技術は用意してあるものですから。


それをただ「隠してきた」だけのことですね。


あたかも「原子力が無いとやっていけない」と 


思い込ませただけのこと。


 


一生危険と隣り合わせで生きて行くつもりはありません。


 


 


【大切な人に伝えてください】小出裕章さん『隠される原子力』


 


 


 

スポンサーサイト

広瀬氏の原発放射能情報講演より

かなり信頼できる内容だとは思いますが、


100パーセントかどうかは分かりませんので、一応参考になりました。


 


不安恐怖を持つような人は見ないでください。


人の不安恐怖はそういう現実を創造するパワーを与えますので。


ただ、原発というものはどういう仕組みになっているのかを知って、


今後の原発について自分で考える為の


参考資料として



広瀬隆講演 3月26日夜の部 その1


広瀬隆講演 3月26日夜の部 その1


 


 


 



 


 


事実かなり厳しい状況下にあるのは本当らしい。


日にちが経つに連れて、収束がなかなか見えてこない・・


 


見えない世界の一情報だがかなり厳しい事が書かれている。


ただ、それが事実になるかどうかは分からない。


シリウス文明がやって来る


でも、恐れないで、それがもしも事実としても。


それ以上を創造する必要なし。


 


皆、創造主の一員だから。


どんな厳しい状況でも逆転できると信じること。


 


ただ、今のままだと他の原発までも危険性があるとして、運転中止を求める声は出そうと思う。


私は原発は要らない。


 


 

地球温暖化→二酸化炭素排出原因説→原子力発電所必須

炭酸ガスによる地球温暖化説は
政治がらみのインチキだった?


URL:http://data.livex.co.jp/okonomi/9802/top.html


上は後追い記事(追記なのに冒頭に入れるという暴投)


 


 


地球温暖化の原因はCO2ではない


 


原発推進の前提には 「人為的二酸化炭素排出が地球温暖化の原因だ」 というものがある。   実は「地球温暖化」が先で、二酸化炭素が後であるとする と。  人為的な二酸化炭素排出が第一原因ではないとすれば・・?  また、温暖化は一時的で寒冷化が待ちかまえているという説もあるという。


 


ちょっとひろってみた「二酸化炭素が地球温暖化の原因だ」という説そのものを検討する動画


 


   地球温暖化詐欺アメリカ版(CNN)/正体暴露−脅迫の気候(2/7)ユーザー:  


 


   地球温暖化CO2犯人説のウソ 1/8 


 


   地球温暖化CO2犯人説は全部ウソかもしれない 


 


   地球温暖化CO2犯人説はトリックだった


 


  地球温暖化の真相とは 1/5


 


 地球温暖化CO2犯人説の非常識 1/4


 


 地球温暖化CO2犯人説の非常識 2/4


 


  地球温暖化詐欺 1/8ユーザー:


 



田中優さんと語り合う「おカネで世界を変える方法」

田中優さんと語り合う「おカネで世界を変える方法」


 


 


田中優さんと語り合う「おカネで世界を変える方法」2

原発がどんなものか知ってほしい(現場で働いていた人の手記)

原発がどいか


『原子力エネルギーと別れ豊かに暮らす仕組み作り


を、ようやく最後まで聴きました。


素晴らしい解説でしたね。


 


これって五年前なのかな?


 


いや〜、これは大新聞屋がやれないわけだなあ。


御用新聞屋さん達には無理だ。


そんな能力ないわ。ほんと。 


 


 


 


続いて、こちらも・・・


実際に現場で働いていた人の原発極道実録シリーズ。


金でこれだけ悪くした世を金で潰して世をいったいらにしてみせようぞ。


なんとかこうとか・・・・・


金という道具を目的にしちゃったんですねえ。


まあ、人のこと言えないけど、それにしても人間という欲望の塊が最後には金で自滅するという図を、「自らシナリオに書いて」  自作自演してるんでしょうかねえ〜〜


 


んなものかも知ってほしいもあはさい









原発がどんなものか知ってほしい(全)


平井憲夫



私は原発反対運動家ではありません



 私は原発反対運動家ではありません。二十年間、原子力発電所の現場で働いていた者です。原発については賛成だとか、危険だとか、安全だとかいろんな論争がありますが、私は「原発とはこういうものですよ」と、ほとんどの人が知らない原発の中のお話をします。そして、最後まで読んでいただくと、原発がみなさんが思っていらっしゃるようなものではなく、毎日、被曝者を生み、大変な差別をつくっているものでもあることがよく分かると思います。



  1. 私は原発反対運動家ではありません

  2. 「安全」は机上の話

  3. 素人が造る原発

  4. 名ばかりの検査・検査官

  5. いいかげんな原発の耐震設計

  6. 定期点検工事も素人が

  7. 放射能垂れ流しの海

  8. 内部被爆が一番怖い

  9. 普通の職場環境とは全く違う

  10. 「絶対安全」だと5時間の洗脳教育

  11. だれが助けるのか

  12. びっくりした美浜原発細管破断事故!

  13. もんじゅの大事故

  14. 日本のプルトニウムがフランスの核兵器に?

  15. 日本には途中でやめる勇気がない

  16. 廃炉も解体も出来ない原発

  17. 「閉鎖」して、監視・管理

  18. どうしようもない放射性廃棄物

  19. 住民の被曝と恐ろしい差別

  20. 私、子供生んでも大丈夫ですか。たとえ電気がなくなってもいいから、私は原発はいやだ。

  21. 原発がある限り、安心できない

著者 平井憲夫さんについて

『原子力エネルギーと別れ豊かに暮らす仕組み作り01』

『原子力エネルギーと別れ豊かに暮らす仕組み作り01』


 


 


下から順番です。


適当な所をポチ。   ゆーちゅうぶに跳びます。


 


 




















TITLE:
DATE:2011/03/27


URL:http://www.youtube.com/user/Raphael779#g/u


 


 

田中優×鎌仲ひとみ?〜脱原発して平和な社会へ〜 2010.5.16

田中優×鎌仲ひとみ?〜脱原発して平和な社会へ〜 2010.5.16


 


田中優さんと語り合う「おカネで世界を変える方法」


 


 


 


 

電気屋さん「想定外だった」 × 智慧者「想定内だった」

そら、みたことか!


とは、言わない智慧者。


 


ここは電力会社や政府だけに責任を絞れない。


なぜなら、国民が同意していたからだ。


いや、反対もあったけど大多数が認めていた。


 


敗戦になってから、軍部だけが悪かったと言える国民はほとんど居なかった。


あの当時はみんなして戦争に走っていった「国の空気」が出来上がっていた。


それはNHK特集でよく分かった。


 


今回の大事故も、同質なのかも知れない。


それを許してきたし、共同体とも言える。


しかし、福島だけで終わるか?


日本中に幾つもある原発について、これからも国民は認めて行くのだろうか?


今後起きたとしたら、それは「既に想定済みです」と言われても


グーの音も出ないだろう。


立派に実証して見せたではないか、それを知っていたのだから、


何が起きても文句言えないだろう?


 


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


「緊急会議



起こり得ることが起こってしまった今



田中 しかしまさか、こんな事態になるとは思わなかったね。

小林 本当に。かれこれ10年くらい経っていると思うのだけれど、ap bankを作ろうと動き出した頃から優さんがおっしゃっていた電力会社の問題が、今、すべて露呈してますよね。

田中 ほんと。結局、露呈しちゃった。

小林  今になってヒステリックに騒ぎ立てる人もいるけれど、ここ数日の優さんの執筆や発言を拝見しているとすごく冷静じゃないですか。予測し得る出来事だったか ら、というわけですよね。そもそも優さんがエネルギー問題について行動を始めたのも、チェルノブイリ事故がきっかけだったということですが、今はどんな気 持ちなんですか?




田中  まず事故が起こったこと自体は、この無責任な人達の責任を問いたいって気持ちだよね。


だって僕たちはあれほど「こういうふうになるよ、こんなことが起こり得るよ」と伝えていたのにそれを無視し続けた結果だから。



だけど一方で、多くの人々は全然そういう論争があることすら知らなかった。だから今のこの現状に、非常にヒステリックになってしまっているところもある。 それが怖いんだよね。パニックになりかけているから。今日も僕のところには、メールを1通送ると、10通返ってくる勢いで連絡がきている。永遠に追いつか ないんじゃないかと思いながら、とにかく片っ端から、いい加減なデータや煽るような論調があると「それは間違っている!」と、すぐにメールを返してさ。変 な方向に動きかけてるところの芽を摘むということを一日中やっていました。


 


つづきはリンク先で




ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー



電気業界の裏を知ると、なんだ広告機構と違うンジャン! え〜?シィ〜〜

なんだ、電気業界の裏を知れば、原発などいらないじゃないの?


凄い技術があるのを邪魔していたのが電気業界だったとは・・


 


まさにええ〜〜〜!!


の情報。


しかし、


電気マフィア?がこれを阻止するかも


しぃ〜〜〜  黙ってろ!


 


うむ、日本興国機構に頼もうかな?


え〜しぃ〜〜〜  


え〜しぃ〜〜〜


え〜しぃ〜〜〜


 


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


田中優×小林武史 緊急会議(2)



「新しいエネルギーの未来」
data : 2011.03.19category : 緊急会議

これまでの体制が崩れてしまった今、必要なのは"元通り"にすることではなく、"よりよい仕組みを作る"こと。実は、日本にはたくさんの新しい技術が生まれている。明るい未来に向かうには、どんな道を選べばいいのか?
みんなが「なるほど」と思える仕組みにしよう
情報鎖国にしてはならない
feature_energytana2_01_1.jpg


 



田中 実は家庭の電気料金というのは省エネを進めるために、使うにつれて単価そのものが高くなるようになっているんです。


それに対して、事業系の電気料金は使えば使うほど安くなる。


だから、省エネしても事業者は得にならない。


これを家庭と同じ設定にしてくれれば、企業はたちどころに省エネに取り組みます。確実に3割は変わってくるでしょう。


日本全体の電力の4分の3は企業が使っているので、それが3割減ったら、発電所も直ちに4分の1は止めることができる。つまり、全体の22%ほどである原子力発電所はすべて止めても問題はなくなるんです。


  


 




小林 そうか、なるほどね。

田中 でも、なぜそうならないかと言うと、ここでも電力会社は鉄壁の体制を作りたがったんだよね。


各地域の経団連の代表というのは、全部電気会社の代表なんです。


なぜなら、電力会社が「ここに発電所を作りましょう」というと、5000億円ほどのお金が動くわけ。それで「君のところに頼もうかな」と言えば、ゼネコンが儲かる。しかもそのお金は、実はかかった費用に3.5%上乗せして、みんなの電気料金からとってもいいことになってるの。


だから、お金をかければかけれるほど利益が大きく出るという構造になってしまっている。


  


 



パブリックアクセプタンス(PA)と言うんだけれど、テレビコマーシャルなどで「原発はいいものだよ」とPRするたびに、それも経費として3.5%利益としてとれる。


その結果、あらゆるメディアは電力会社にビビって、電力会社の意向に逆らうことだけは言えなくなった。それで情報鎖国ができちゃったわけ。


  


 


小林 国は経済を押し上げる方向でずっと来ていたし、高度経済成長時にできあがってしまったかたちなんだろうけれど。今は物を大量に作って消費していくというスパイラル自体が壊れようとしていて、僕らも、人間としての幸せってなんだろうねって一人ひとりが考えだして問い直そうとしているときに、視点が個人に向いていない制度という感じがしますよね。これをやっぱり変えていかなくてはいけない。というわけで、ここから優さんとの緊急会議・第二部になるんだけれども(笑)
蓄電ができれば、電力会社や国にあまり頼らなくてもエネルギー共有を作り出せるということですよね? そういう未来の可能性というのは?

以下は下記のHPで

DATE:2011/03/27


URL:http://www.eco-reso.jp/feature/cat1593/20110319_4986.php


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


原発ジプシーが支えてきたバレルの棟  命を買う、売る仲介業者

バレルの棟? ・・・・   ウソがばれる原発棟


元原発労働者として


といっても、放射能は浴びていない。


つまり、稼働前の建屋の仕事だった。


もちろん、曾孫孫のまた孫(苦)


 


こういうピンハネ業者の仕組みはどこの世界でもあるだろうが、


要は下請けが延々と下に続いて、実際の労働者は低賃金で仕事をする。


 


 


しかし、


 


命をかけてやる仕事だったら、これは使い捨て奴隷となり得る。


いや、


実際それが行われてきたという。


 


原発が無くなったら私は困る、とか、代替えエネルギーが確立されない内は・・


 


とか、言う方は


 


この実態を知ってから、ものを言うべし!!


 


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


現在、原発に関わる人は年間5万〜6万だという。
うち原発会社の社員は約5千名。
彼らは実際に作業にあたることはほとんどない。
子会社、孫会社になるほど被爆量は増すのだそうだ。

原発奴隷。
原発ジプシー。

この言葉があるのを知ってるだろうか?
彼らの被爆なしには原発が動かない。
我々は電気にありつけない。

原発メーカーと家電機器のメーカーが同じである以上、
『セット売り』という事実から逃れられない。
この悪魔の連鎖を作ったのは誰だろうか?

“原子力に頼る、世界で唯一の被爆国・日本。
放射線被爆が人体に何をもたらすか、
その国民こそきちんと知っておかなければならないのではないだろうか?”

★参考★
被爆治療83日間の記録→http://www8.plala.or.jp/grasia/dokushyo/JCO/Hibaku2.pdf
日本の原発奴隷http://www.jca.apc.org/mihama/rosai/elmundo030608.htm
原発で働く人々→http://www.nuketext.org/roudousha.html


 


DATE:2011/03/27


URL:http://senmaya.at.webry.info/200807/article_9.html


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


 


↓ こちらは作業員が書いた残した遺書のようなもの


 


 


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


 


発がどんなものか知ってほしい(全)


平井憲夫



私は原発反対運動家ではありません



 私は原発反対運動家ではありません。二十年間、原子力発電所の現場で働いていた者です。原発については賛成だとか、危険だとか、安全だとかいろんな論争がありますが、私は「原発とはこういうものですよ」と、ほとんどの人が知らない原発の中のお話をします。そして、最後まで読んでいただくと、原発がみなさんが思っていらっしゃるようなものではなく、毎日、被曝者を生み、大変な差別をつくっているものでもあることがよく分かると思います。



  1. 私は原発反対運動家ではありません

  2. 「安全」は机上の話

  3. 素人が造る原発

  4. 名ばかりの検査・検査官

  5. いいかげんな原発の耐震設計

  6. 定期点検工事も素人が

  7. 放射能垂れ流しの海

  8. 内部被爆が一番怖い

  9. 普通の職場環境とは全く違う

  10. 「絶対安全」だと5時間の洗脳教育

  11. だれが助けるのか

  12. びっくりした美浜原発細管破断事故!

  13. もんじゅの大事故

  14. 日本のプルトニウムがフランスの核兵器に?

  15. 日本には途中でやめる勇気がない

  16. 廃炉も解体も出来ない原発

  17. 「閉鎖」して、監視・管理

  18. どうしようもない放射性廃棄物

  19. 住民の被曝と恐ろしい差別

  20. 私、子供生んでも大丈夫ですか。たとえ電気がなくなってもいいから、私は原発はいやだ。

  21. 原発がある限り、安心できない


著者 平井憲夫さんについて


 


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


 


 

あたしは16歳の小娘よ! それがどうした?13歳の小々娘より

 



今日


やっす〜〜〜〜〜〜い(強調文字×フォント最大)


のれん酒屋さんに行った。


 


そこでは当然! 


原発の話題。


 


まあ、いまはこれが飲み屋のつまみというような・・・


まあ、とおりいっぺんのはなし、


そこで、お隣に居たひとが「あんた、オレより10歳くらい上なの?」


 


と北門だ。


お隣の方はここのご主人、ぼくは「亀山社中のだんなさん」と読んでいるが、その方を同年配。


 


で、たしか67前後だったかな?


 


とすると、あたしゃ、77前後か!


 


ムカ!


あなた、なにを隠そう


あたしゃ、16歳の小娘よ!


 


もっとも、これは深層意識を読む人のリーデングみたいなもので、証明はできないが。。


 


でも、なんとなく、当たって居るんじゃないかなあ〜


そのつもりになって書けばいくらでも16歳の小娘風にかけちゃう、あたし。きゃあ〜〜


 


 


オイオイ・・・顔しわくちゃだろ? 


 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 


 


 


それはともかく、


 


 


こんな話し聞いた。


それを見て、なんとこりゃあ、


この小娘、   ほんとはオヤジじゃないの!!??


 


人は見かけだけで判断する。


じじいっぽい(そのまんまじゃないか)オヤジがアタシはじつは16歳のこむすめよ〜〜


と、言う一方、(まあ、この世の中主張する自由があるからニッポンアッチャチャ7)


 


アタシは13歳の小娘よ〜〜〜と。(実際みればなるほどカワイ〜〜イ)


言いつつ、


どうみても、発言は


 


アンタ、オヤジじゃないの!!


 


と、ついつい怒鳴ってしまった16歳の小娘だった・・・


(アホ)


 


それを紹介した爺さんもエライ!


は! ?山先生でした。


 


http://grnba.com/iiyama/


2011/03/26(土) 子供たちの未来が,メチャメチャに…




13歳の小娘が!(こだわっている・・・)




ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


 


安室奈美恵さん達のように


多額の寄付は


稼ぎの少ない


下っ端芸能人の私には


とうてい無理な金額ですが、





私の出来る範囲で


少額ですが少しでも被災地のみなさんに


役立ててもらえるよう、


物資+義援金送らせていただきました。


 


毎日、被災地から届くニュース映像は


 


涙なくしては見れません。しょぼんあせる


 


私も、芸能人のはしくれとして、


 


出来ることを、


 


これから色々考えて行きたいと


 


思っています・・・。


 





ところで・・・


 


汚染が広がっているようですねしょぼん


 


原発で懸命に冷却作業にあたっているみなさん、


 


被災者のみなさん、


 


折角育ててきた野菜を捨てなければならなくなった農家のみなさん・・・


 


テレビで見ていて、それぞれ本当に大変な状況だなと思います。


 


そして、今日に入って、都内の水道水にも放射性物質が・・・・。





一体汚染はどこまで広がるのでしょうか。


 





そして、いつまで続くのでしょうか・・・。


 





テレビでは、やたらと「安全性」ばかり強調しています。





「風評被害」に惑わされないで、


 


「冷静」に対応してと・・・。






汚染された野菜を食べ続けても安心です・・・。


 


汚染された水を飲み続けても安心です・・・。






個別の数値は低くても、


 


ただちに健康を害することはない? 量だったとしても、





微量とはいえ空気中の放射性物質を吸い続け、


 


微量とはいえ、汚染された野菜を食べ続け、


微量とはいえ、汚染された水を採り続ければ・・・


 


微量+微量+微量 


 


イコール→ はてなマークはてなマーク


 





しかも、そういう生活が1週間続くのか、


 


1カ月なのか、


 


1年なのか・・・・


 


3年なのか・・・





計算私あまり得意じゃないけど・・・・( ̄_ ̄ i)


 


影響があることくらい、




バカな厨房2年の私でも分かるのに!!






テレビは「冷静に対応してください」


 


しか言わない。





あまりにも大丈夫すぎて、心配・・・・。






挙句の果てには、


 


ラドン温泉などもあるように、少量の放射線なら体に良い?(笑)


 


とか、


 


「想定外」の


 


1000年に一度の大津波に、これだけ原発は耐えたのだから、


 


やはり日本の原発はすばらしい・・・???





とか、意味不明の原発絶賛???


 


訳の分からないコメントを言う専門家とかww


 





想定外だった、想定外だったって


 


みんな口をそろえて言うけど、


 


原発は、事故った時 甚大な被害がでるから、


 


「想定外」はあってはならないと思うんですケド…


 


私言ってること間違ってますかね・・・。







しかも、最近は、原発の危険性を言う人は、


 


危険をあおっていると、世の中は叩く傾向にあるようで、


 


これは何かおかしい流れだと思うのは私だけでしょうか??





風評被害を辞書で調べてみました。


 


→風評被害(ふうひょうひがい)とは、


災害、事故及び不適切又は虚偽の報道などの結果、


生産物の品質やサービスの低下を懸念して消費が減退し、


本来は直接関係のないほかの業者・従事者までが損害を受けること・・・。


 


実際は大したことないのに、


大げさに報道する・・・ガーン


 


→風評被害を生む報道






実際は大変深刻なのに、


大丈夫なように軽く報道する・・・ガーン





→ これは何て言うんですか???





 


 


私は冷静ですよ・・・。


 


危険をあおっているわけでもありません。






テレビはこんだけ安全・大丈夫って言い続けているので


 


そのうち、


 


「放射能を跳ね返す!! スーパー健康法」


 


とか


 


「放射能にも負けない!! 体質改善・げんき体力づくり」


 


特集とかやりだすんじゃないでスカ???・・・( ̄ー ̄;


 


 


そんなの、いくら頑張っても


 


跳ね返したり、勝ったり出来ませんから。


 


なんてったって、相手は放射能ですからね。







今の現状、私が思うのは・・・


 


テレビが言う、安全・大丈夫ではなく、


 


やっぱり「危険」なのだとおもいます。


 





どーんと爆発したり、急に明日何万人何十万人が


 


死ぬということはないかもしれないけど、


 


5年、10年の歳月を経て、じわじわ私たちを蝕むとおもいます。






原発のリスクとリターンを考えたら、


 


あきらかに、リスクが高すぎる。





原発のデメリットに比べたら火力や水力のデメリットなんて可愛いもんだと思う。





でも、日本ではいまだに、原発見直しの声はそれほど上がってこない。


 


むしろ、よく聞かれるのは「原発はやっぱり必要」という声。


 


おとなしい国民性なんでしょうか・・・。


 


それとも・・・・。



前回の記事で、私が原発について否定的なことを書いたら、


 


コメント・メールだけでなく、


 


事務所にまで抗議・意見のメールがきました・・・・。


 


どんだけ、原発をかばうんだよぉ。


どんだけ、日本て、平和なんだよぉ。


 


どんだけ、日本て、良い人(人が良い)が多いんだよぉ・・・。





まだ自分自身が被害に遭ってなくて、


 


直接危険が迫ってないから


そんなことが言えるのかな??


 






私なんて、ズルイ性格だから、


 


こんな現状を見ると、


 


もう、これっぽっちも信用できないけど・・・。






じゃあ、原発廃止したら、足らない分の電力は


 


どうするんだ!!って、言うけど、


 


それの答えは簡単。


 


 


今の原子力に頼らない電力の生活に


 


社会全体のシステムを変えればいいのです。


 


変えれますよ。


 


電力を絞れば、変わらざる得なくなる・・・。


 


初めは不便でも、やがて人間はそれに順応していく。


そんなことで、経済が落ち込んだりしても、


 


生活水準が下がっても、全然OK!!





原子力の事故で世の中がごちゃごちゃになるより


 


はるかに、リーズナブルで経済的。(*゚ー゚*)







私の家の近くに、数年前、大きな病院が出来たんです。


 


駐車場少なくて、いつも満車だったので、


 


駐車場の「混雑解消」のために、


 


更に、駐車場増やしたんですよ。





そしたら、どうなったとおもいますか???





駐車場不足が解消したのは


 


ほんの数カ月だけで、


 


駐車場が増えたら、


 


その分、みんな車で来る人の数が増えた!!






結局、駐車場増やしたのに、


 


駐車場不足は


 


今も、全然解消されていない。







電力もこれと似ていると思う。





ただ単に、容量増やせば、良いんじゃない。





人間の欲望ははてしないから。







サンドウィッチマン 伊達さんのブログに、


 


「テレビのインタビューの中で、東北の被災者のために、節電してますっていう人がいたけど、


 


まったくの大間違い。福島原発で作られる電力は全て首都圏に送られています。」


 


という事が書かれていました。


 


なんで、東京の電源を遠く離れた福島県につくるのか???


 


東京という大都会の電力を支えるために、犠牲になった福島県・・・。


 


住み慣れたふるさとを、


 


先祖代々受け継いだ、家や田畑や牧場を、放射能で汚されて、


 


福島県のみなさん本当にかわいそうだと思います。


 


 


これだけの状態になって、


 


それでも、原子力が必要だって言ってる人は、





失礼かもしれないけど、ある意味


 


もう、麻薬中毒みたいなもんだと思う。





あと、自分の意見だと思い込んでいるだけで、


 


実は、原子力は世の中に必要なんだという


 


だれかのPR 刷り込みだということを


 


気がついてないんじゃない?





よく麻薬中毒だった人が、インタビューとかで、


 


少量の麻薬なら、自分の仕事の効率上げるためには


 


必要悪なんだみたいな風に、自分に言い訳していた・・・。


 


とか言ってたの思い出します。





自分がどんどん蝕まれているのに


 


まったく気がつかない・・・。


 


 


いや、気づいているんだけど、やめられない。


 


薬やり始めた以上、


 


やめたら、


 


禁断症状でて、


 


もう、後には戻れないwwみたいなww






しょーもない、B級アイドルの私が


 


偉そうなこと言えた立場ではないことは、


 


よくわかってる。





電力関係・原発推進関係に携わっている人も多いから、


 


アイドルとしての立場の私は、賛成か反対かは


 


あまり明確にしない方が、本当は良いのかも知れない。





ラブ&ピース がんばろう日本!


 


みたいなことだけ言ってた方が、


 


アイドルとしては活動しやすいのかもしれない。





こういうこと書くと、ファン減るかもね。





でも、減ってもいいや。べーっだ!





私は中途半端なことは言いたくない。


 


 


人にどう言われようが、叩かれようが、


 


はっきりと、自分はこう思っているんだって


 


言うことを言いたい。





その結果、ファンが減っても、


 


私は仕方ないと思ってます。






原子力


 


それはまさにパンドラの箱です。


 


檻から解き放たれた 猛獣・・・。


 


いつ襲いかかるか分からない猛獣と


 


同居出来るほど 私は神経太くない・・・。


 


あなたはそれでも、


 


便利と引き換えに


 


これからも、


 


パンドラの箱を開きつづけますか???





今、日本は、色んな面で


 


考え直さないといけない時に来てるんじゃないですか?


 





私には、福島原発の煙が、


 


不謹慎かもしれませんが、


 


そんなパンドラの箱を開けてしまった私たちを死滅させる


 


巨大なバルサンか、ゴキジェットに見えます…。





藤波心


 


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


 


 


う〜〜〜ん、


やっぱり新人類は誕生しているんだ。


 


しかも、今はどっかに隠れている・・・


 


どんだけ多くの新人類が待機しているか


 


むむ、16歳の小娘もオチオチしてられないぞ。


 


え?   それよりもいつクタバルかって?


 


 


この16歳の小娘という話しの真相は、まだ教えない!


 


 


 


 

放射能なんか怖くないって!?微生物に任せろ

またまた、やりましたねえ〜〜(大笑い)

おっと、笑い話じゃない!

たった一杯のコップの水飲んで見せるパフォーマンスショー

ごっくん、ああ〜〜〜うまい。 うん、直ちに影響ないですね!!

おい、おい、ビールの広告じゃあありませんよ。

貝割れ大根がありましけど、こんどはたった一杯のコップでねえ〜〜

「飲んでも直ちに死にません」とか言ったりしたら、とんでもない事になってしまうかな?

言葉というのはどうにでも表現出来ますから。

それにしても、こんな都民はバカかと思ってんじゃねえだろうな。

たった一杯?

毎日毎日朝から晩まで飲んで見せて、しかも自分のお孫さんでも連れてきて一緒に飲んでみせて「ね、大丈夫でしょ!直ちにはね」

とか言ってくださいよ。

と。 そこに居ないから好きなこと言っている輩はおいといて。と。



その前に武田先生の冷静な分析から






2011/03/25(金) 微生物にとって,放射能は“自然の恵み!”




同じ微生物でも

こういうものも

柳田ファーム


より

ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

推 薦 状(訳文)

                                                          2011年3月15日
                             中華民国前科学技術庁長官
                                胡 錦標



 この度の東北地方太平洋沖地震の深刻な被害について、深く憂慮いたしますと共に、日本国民の強い団結力と高い科学技術によって早急な復興を成し遂げられることを確信しております。
  さて、この地震によって東京電力の福島第一原子力発電所において、「炉心溶解」という事態が起きていることを知りました。これは深刻な人体・生物に対する 放射能汚染を招きかねない状況です。これは日本国民はもとより、世界の原子力政策・エネルギー政策に悪影響を及ぼすものです。早急に汚染を最小限にとどめ ると共に汚染の予防と対策を講じなければなりません。
 私が科学技術庁長官・原子能委員長であった時に、台湾で日本の?嶋康豪博士に放射性物質で あるセシウム137の分解消失の実施実証を依頼したことがあります。?嶋博士は、その複合微生物による複合発酵酵素によって、セシウム137を吸着・分解 できることを実証し、核能研究所がそれを証明しました。
 そこで、今回の深刻な放射能汚染に対しても?嶋博士の複合発酵酵素によれば、放射能汚染 の予防・対策が十分に可能であると考え、日本国民、そして世界の人々のために?嶋康豪博士の複合発酵酵素の科学技術を推薦する次第であります。この私の知 見が日本国民・日本政府のお役にたてれば幸いです。                                    敬具

ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

新しい地球の創造の準備開始、日本は光のセンターとなる?

ご注意;先に書いておきますが、ボクの解説はあくまで装飾ですので飛ばしてください。


まあ、ひまでひまでショウガナイ人はショウガナイか(笑い)


肝心なのは後に方に転載してあります。


 


これが日本についてなのかどうかは分かりませんが、今地球は大変化の途上だというメッセージ。


新しい世界の創造のために必要で起こる浄化という。


「そこにはジャッジは全くありません」


ジャッジーーーー審判、判定


という事をしっかり掴んでいないと、起こったことに善悪というジャッジ(審判)を下してしまうので、重要な注意事項でしょう。


天の裁きだとか地の怒りだとか・・・


罪のなんとかかんとか・・・


 


全部それは「ジャッジ」です。


裁くとか審判するとか、これは地球を舞台にゲームするときに自分たちが創りだしたものでしかないと信じています。


生き残ったから善だとか、死んだから悪だとか、短命だから間違っていたとか、長命だから正しいとか・・・


そんなジャッジを下すことは、それこそ神の裁きにあいます。


といっても、神はどこまで裁かない。


 


いや、裁きようがないのですから。


大元には善も悪もない。


 


この地球舞台での人間が創りだした善悪の仮想ゲームでは非常に有効に働いて来たわけで、もうそろそろ新しい地球舞台に切り替えようと、みんなこの地球に合意の元でやって来ただけ。


その舞台の中で、肉体の死や災難や病気や・・諸々の悲劇と思われるようなバーチャル体験を通して感情を体験するという様な・・・


 


なんて、書いている本人がいちばん分かってない(苦笑)


まあ、おいらが書くとなんだかちんけになりすぎるので


「魂のインターネット」



を良く読んでくらはい。


 


 


またまた、まえがきが要らぬお節介になりました。


 


 


どうやら、魂の方では既に知っている事なのですね。


そして、劇的な収束が待っている。


ただ、表面意識はそれを覚えていない。


だから、恐怖や不安の感情が起こる。


けど、それはかえってその不安をを創造させる。


 


我々の魂のレベルから見れば


今起こっている大危機はすでに「想定内」であると信じていましょ。


原発事故の言い訳の「想定外」とは違いますよ。


もっともあれもこれも大所から見れば「すべては想定内」になるのかな?


あ、また余計な事を・・・


 


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


 


ウイングス 2010/02/12




地球の変化 2010月2月12日

ようこそ!

ウイングスメッセージを最近投稿しましたが、注目に値する出来事が近づきつつあり、その背後にあるより高いレベルの理由をあらかじめ知ることは、生じるかもしれないストレスや混乱を緩和するのに役立つでしょう。

ハイチ地震は、ハートを開き、人々を再び一つにすることによって、新しい現実の出現をジャンプスタートさせました。それは文字通り、新しい地球をこじ開け、新しい始まりのために準備されたのでした。

と ても近い時に、私たちは、さらなる天災を経験するでしょう、そして、それらは第三世界では起こらないでしょう。これらの災害が起こる地域は、もしかしたら 既にたくさんの人が知っていますが、個人的には、私はこれに関して報告する必要性を認めません。私たちはどんな時にも、いつでもちょうど居る必要のあると ころに居るのです。魂のレベルでは、私たちはいつも、とにかくいつでも、私たちの完璧な場所と空間にナビゲートされているのです。このように、これらの災 害が起こる時、地上の天使の役割が大いに必要なので、誰かがこれらの地域に留まるでしょう。他の人たちはこれらの地域を避けることでより一層勤めをするこ とができます、すべては誰がそして何のために来たのかに従っています。

さらに、私は、常に別のシナリオの余地があると感じているので、めったにあらかじめこのようなことを報告することはしません。どのように起こるか、そして、実際に起こるかどうか、私たちには本当にまったくわかりません。




これらの出来事を報告する と、通常、恐れを創造してしまい、そして、私たちはもうすでに十分にそのように不安を感じています。さらに、私たちがそれにフォーカスするので、それに よって全く必要でない状況を単に作り出してしまうだけかもしれませんし、それは全く必要のないことかもしれません。もし私たちがこのアセンションのプロセ スを一歩づつ進み、私たちが経験しているその一歩一歩にその時フォーカスするなら、私たちはいつでもちょうど居る必要のある場所に居るのです。



現在、私たちはまさしく次の差し迫っている地球の変化の上にいます。なぜ私たちが地球の変化を経験するのでしょうか? そして、それらは回避することができるのでしょうか? それは確かに不快でかなり劇的ですが、それらが現在、やはり必要なのです。




地 球は新しい始まりのために準備しているところです。その結果、新しい地球のためのパレットを準備するために、ある地理的な地域は掃いてきれいにされて、浄 化されているところです。私たちは今、手を広げ、光が「引き継ぎ」始めているので、新しいベッドが準備されているところです。ここにはジャッジは全くあり ません。ある特定の地域は、とても低く振動するために素早い改革が必要なので、目標にはなっていません。ここに起こっているのは、光のセンターになるであ ろう惑星上のある特定の地域があるということ、そして、これらの地域はその新しい役割のために準備されているいうことです。




エネルギーを 伴った劇的な浄化と動きが起こる時、その浄化とシフトが起きた後は、浄化の起きた地域は常にはるかに高く振動します。例えば、ハイチはまもなく、認識され た神聖なスペースになるでしょう。そして、ある地理的な地域がまた同様に、かなり劇的な方法で再配列されるかもしれません。




これはすべて新しい世界を創造する過程の一部なのです。私たちが再び最初からくまなく始めるために、新しい世界には横たわるための新しいベッドが必要なのです。

あ る人たちは、最近、新しい現実の肉体レベルで起こるであろうこれらの迫り来る変化からエネルギー的に取り除かれるために、新しいエネルギーのスペースに移 りました。しばらく「隔離されて」いる感じ、取り除かれている感じ、突然、新しく、とても穏やかで、リラックスしたスペースにいると感じる、もしくは、私 たちがついに正しく、守られて、本当であると感じる場所にたどり着いたと感じることはこの経験をしている兆候です。数カ月前、新しい階層構造が整えられる 間、私たちの多くは「隔離」されました。これは世界が分離する時の前後に起こりました。何か新しいことがセットアップされている間、そこに移る前に、私た ちはそこから外される必要がありました。

今回の新しい「隔離」はとても似ていますが、今回は異なった理由のためなのです。新しい地理的な 地球が準備されている間、私たちは取り出されているのです。これらの取り出されているという感じは、これらの影響を受ける地域に住んでいる人たちには最も 一般的です。彼らはとても近くにいるので、その結果、自分たちの影響力をさらに強く感じるでしょう。私たちは、これらの劇的な変化からどんなトラウマや反 響も経験しないように、この間、取り除かれます。

はい、本当に、これらは劇的でストレスが多いのです。しかし、私たちが非常に長い時間こ れを計画しているのを覚えているなら、完全で神聖な方法で、事態は調整され、収まっていくことを知っているなら、私たちは、これらの変化のすべてが起こっ ている間、希望をもって、平和、愛、静けさの空間に留まることができます。

<訳:WHALE>


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


 


上の事が日本を示しているのかは分かりませんが。


もし当てはまるのなら、


日本は世界の先駆けとしての役割がまたハッキリした?


光のセンターとしての準備された??


ニッポン!(ア)チャチャチャ!!(アは無しよ)


 


ここに起こっているのは、光のセンターになるであ ろう惑星上のある特定の地域があるということ、そして、これらの地域はその新しい役割のために準備されているいうことです。



立て替え立て直しは表裏一体

立て替え立て直しは一度にくるぞよ


 


 


たしか「大本しんゆ」にこのような意味の言葉があったような・・・


 


いま見えているのは破壊です。


それも大破壊。


 


世界ではユーロの金融破壊の前兆があると


 


アメリカはずっとまえから、ドル崩壊と言われ続けてきました。


 


周りを見ると、破壊、破壊、ぜんぶ破壊・・・


 


に見えます。


 


 


破壊=立て替え


では、


立て直しとは?


もちろん、新たな創造です。


 


そこで、


立て替えと立て直しはセットになっているわけですから。


 


表が動けば裏が一緒に動いている。


 


破壊が凄ければ創造も凄い。


 


破壊が急ピッチなら創造も急ピッチ


 


だが、いま見えているのは破壊の方。


 


おそらく、見えないところで急速に創造の力が働いていると思います。


 


なぜ破壊が起こるか?


立て替え立て直しの順序がある。


 


立て直し(新たなる創造)のために立て替え(古いものの崩壊)がある。


 


つまり、目標というか、行き着く先は立て直し(創造)ですから、


 


先行きは明るい未来です。


 


 


立て替えが急速になるほど立て直しも急速に。


破壊が大きいほど、創造も偉大になる。


 


あらゆる社会現象も経済も、なにもかも、


そして、にんげんも心の中で起きているのでしょう。


 


あらゆる困難がこの先の光明の前に起こっている一時的現象だ。


 


 


と。


 


先には希望がある。


人類がついにこの大希望の実現の世界を目の前にしている。


 


たしかに不安、恐怖はある。


それも自然に受け止め流してやる。


 


破壊の裏には創造が働いているのだから。


 


どっちみち、生きても死んでもこの先はすべてうまく行っているのだ。


 


 


人類はそれを最初から設定してこの世界に来たのだから。


 


本当は人間は意識という実在でしかない。


 


そう思えば、生きていても良し、肉体が死んでも良し。


 


霊性の時代の夜明け


 

原発停止を要求します。 一国民の決意です。

ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


原発について、とてもわかりやすい学習材料を紹介します。


『源八おじさんとタマ』というアニメです。?〜?までのシリーズがあり、広瀬 隆さんの講演や本を基にして作られています。1本、1分30秒から2分少々の短いもので、インターネットで観ることができます。


 源八おじさんと猫のタマが会話をしながら、原発がいかに危険なものであるか、原発推進派のうそを、判りやすく解説しています。このアニメが制作されたのは、昨年の9月から、今年の2月にかけてです。?と?は、まさに今回の地震と津波を問題にしています。是非観て下さい。


?『源八おじさんとタマ001』:「日本の電力の4割は原発」のうそ。


http://www.youtube.com/watch?v=OzGnBFNU1bI


?『源八おじさんとタマ002』:「原発はCO2を出さない」のうそ。


http://www.youtube.com/watch?v=RBw_nfQ_glQ


?『源八おじさんとタマ003』:「放射性廃棄物の回収日はいつ?」「えっ!回収できるの?」


http://www.youtube.com/watch?v=pFUKKLkN1nE


?『源八おじさんとタマ004』:「大地震が起きての原子力発電所は安全です」のうそ。


http://www.youtube.com/watch?v=QpLPFXG1bLg


?『源八おじさんとタマ005』:「原子力発電所は津波がきても安全です」のうそ


http://www.youtube.com/watch?v=ExkDeqHl_tc


反原発自治体議員連盟準備会


http://www.youtube.com/watch?v=g9M6akoucjo


 


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


 


京都大学教授専門家の見解


動画asx


 


 


 


かっぱ江尾泉じゃないですよ。


もうやめましょうよ。   ウソは。


夜の世界かはウソが通用した。 暗がりだからそれでばれなかった。


しかし、


昼の世界は、 明るく照らされてうそがどんどんばれ始める 


これは岡田茂吉の「夜昼転換論」にて書かれていたことです。


岡田師はわが人生での師匠でした。


でした・・・と言うのは、いつまでもそれにとらわれないで取捨選択して感謝して進めよ


という意味です。


だから全面的に全部を受け入れているわけではありません。


 


しかし、夜昼転換論は


本質的にはいま起こっている事の説明にぴったりです。


 


夜の時代はウソがまかり通った世界。それは光が少なかったから。


昼の時代になると光が増して、すべては明るみに出る。


だからウソなど隠されていたものが白日の下にさらされる・・・


 


と、簡単に言えばですが。


 


原発に限らず、医学のウソ(勘違いと言った方が良いかも)もこの先になれば明らかにされるのでしょうが、今はその先駆け現象が見えています。


何が起こってもパニックにならないように。


いま起こっている事は夜から昼になる為の一時的現象です。


さらに、


神の審判というものもありません。


 


なぜならば、最奥の根源的存在を神とすれば神には善悪が無い。


だから裁きようにも元種が無いのです。


 


善悪というものを創造した(設定した?)のは我々人類(もちろん、ずっと奥の方の意識でしょうが)、自作自演の舞台を作り、そこでゲーム(不謹慎に思えるけど)をして、超現実感のバーチャル体験をしているわけです。


 


これをすごく分かりやすく解説してくれているのが


「魂のインターネット」(検索)


だと思います。


 


我々がこの超現実体験をしている舞台はすでに終演を間近にして最後を盛り上げるフェナーレを目前にしていると言うのです。


 


日本は世界に先駆けて、夜昼転換の様な事象を背景にして一人一人がその舞台で自由意思をもって選択するというゲームらしいです。


 


詳しくは上記のHPで。


 


とにかく、今は迫真の綱渡りをしているかの様な原発の様相ですが、あれほどの大事故がこれくらいで済んでいる事はかなり強力に「守護されている」という感があります。


 


それを何がやっているかは分かりませんが、とにかく大災厄を出来るだけ少なく済ませてくれている働きに感謝申し上げて。


 


これからの日本人が一番最初に選択するものが


原子力発電所の即中止から廃止の決意をする事のように思うのです。


 


それまで時間的余裕が少し与えられているのかも知れません。


まさに綱渡り的に福島原発が持ちこたえている意味が、そこにあるのかと感じています。


 


国民は先の事は読めないですが、


とにかく、


私は危険性が高い原発を中止する事を要望します。


 


地震がいつまで待ってくれるかは誰も分かりません。


みんながとにかく、中止して欲しいという決意を出せば、政府も動くでしょう。


 


それまで何かで揺さぶられる現象が起こるかも知れませんが、とにかく早急に


原発停止を要求します。


 


 

「危険だと証明できない内は安全だ」という言葉遊び

追記


本当は後に追記するものですが・・・


佐藤優さんのお話はすごくシンクロしてましたね。


いや、先に書いたのはボクですよ、確かにあちらの方が先に話していたんでしょうけど。


発見したのはボクが書いてからのことですよ。(ドウシテコダワルノ?)


 


ユーストリームの動画はどうが(だ)


http://www.ustream.tv/recorded/13373990


 


 


で、下記は既に投稿していたものですよ(まだこだわっている)






ちょっと無駄話書いていたんですが、


ここがちょうど見つかったので


先にご紹介しました。


武田邦彦 (中部大学)先生の話は  深い!


 


原子力保安院の大ウソ暴露!(関東エリア未放送)


 


 


 


上の話を聞いていると、これが長い長い間培われて育てられてきた(こういう表現はおかしかも)体質が原発という舞台にして、全国民に見せてくれたという事でしょうか。


 


こういう世界は原発の世界だけはないと気づく人は多いでしょうね。


天地の警告として人が受け止めるものの本質はこういう人間の体質改善を急げという事かと。


これは人ごとでない、人間ひとりひとりの本質的なところに警告されている。


 ○○にんげんとして、じつに感じ入る話しだった。


言葉と本質、言い方と本質、本質は変わらないけど、ひとの表現方法でどうにでも変わる


これは原子力の世界だけでは無いようだなあ・・・


 今の起こっている事の本質はここに凝縮されているようです。


 


 


 


以下は与太話です(決して読まないでください←まだやってるその手)


 


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーーって自分のにつけるか?


 


安全とは危険性を証明できな事を言う。


危険でないという証明せよ。

それなら危険であると証明せよ。

と切り替えされた。

けっきょく、危険だと証明出来ない内は安全である。

と押し切られてしまった。



そういえば、痴漢で無いという証明をしない内は痴漢である。


おまえは犯人だ。
いや違う。

では犯人でないという証明をせよ。

・・・・・


逆も真なりかな? こういう事って言葉遊びだね。


でも、原発は安全だ


という言葉遊び


これもなんだかおかしいなと誰も気がついていたんだろうけど、危険だという証明が出来なかった。

危険だと証明できない内は「安全だ」という言葉は有効だ。


うう〜〜Mu 深い!   (精神世界じゃないんだ!)



じゃあ、「想定内なら安全」というのはどう?

そうだな、「想定内」か。


じゃあ、「想定外は危険」となるじゃないの?


そうか、想定外は「安全の内には入れない」とすれば?


なるほど〜〜〜

「想定外は安全でない」けれど「安全の範疇には入れない」
なかなか考えるね。


なあに、言葉遊びだからね。


なんか、そうすると、「○○の薬は安全」とか言うのもなんだかねえ〜〜


いやいや、「害があることが証明できなければ安全」って言葉を使えばいいのさ。


なるほど、
「害がある」と証明するにはかなり詳しく年月かけて因果関係を突き止めないと分からないよね。


そうだろう?
だって、病気したからって、たったひとつの事が原因でないのが当たり前だよ。
その薬ひとつだけで起こったのか別の事が原因なのか、それとも複数のものが絡み合ってなるのか、誰も同じ様になっていないし、たったひとつだけでは判断出来にくいだろう?



そうか、飲んで打ってすぐ害が出た時以外は解明しにくいなあ。
時間が経てば経つほど因果関係は分かりにくくなるし。


そうそう、例えば分かりにくいものには予防接種があるね。
ワクチン接種で死亡なんて記事が時たまあるけど、本当はワクチンの害は時間がかかってから起こるのが本質らしいからね。



そうなると、すぐ害作用が出たというのはホンの一角なんだろうね。
そう、世界の医学者の中ではそういう研究をしている人も居るんだけど、なかなかねえ、この因果関係を正確に証明しろと言っても国家を挙げて大々的に追跡調査でもしないと分かりにくいね。


そうか・・・・するとそれが証明できない内は「安全だという証明になる」わけかな??



まあ、実質的には害作用もあるという事を認めながら、それを上回るほどの効果があるとして認可されるんだろうけどね。


なるほど、天秤にかけてプラス面が重いならそれを重視してマイナス面は出来るだけ目をつぶる


そう、薬というものは全部副作用があるという事は薬学常識だから、否定はできないわけさ。
しかし、副作用を上回るほどの効果があるという事を前提にしてしまえば、全体的には「安全」であるかの様にされてしまうんだろうね。



でも、原発と薬ではちょっと違うんじゃないの?


そうだね、原発は危険だと思われているが、使用上の注意を守れば安全だという様に思わされたのかな?
それにしても、危険だという事は誰でも知ってはいるはずだよ。


そう、そう、東京電力がなぜ福島や新潟の田舎に発電所作ってロスの多い長距離電線使ってまでいる。
ならば、東京湾や大阪湾にも作れるじゃないの?って事だね。

けど、やっぱり「危険だ」という事が分かっているから、わざわざ大都会から離れた場所に作るんだろうね。



原発危険!なんて事がひろまったら大変だよ。
まずは安全だという証明をしなければならない事になるね。
しかし、安全だという証明をどうやってするの? 



それは始めに言ったように危険とは「危険であるという証明をしなければならない」
とすればいいんじゃないの?


うん、危険であるという証明などどうしてできるの?
余所では危険だったがここは改善して万全の構えだから安全だとすれば済むだろう。


言葉じゃどうにでもできるよね。
「私が安全だと言っているんだ。だから安全だ」みたいな。
で、けっきょくその原発の安全は「危険が証明できない内は安全だ」で確定されるって事かな?


今乗っているオートバイ、これも安全だぜ。
なにしろ安全運転第一だから。ボクも長年乗っているベテランだから。



で、それも急に横から飛び出してきた車にぶっつけられたとか?
もしくは停止中にトラックがよそ見運転していて追突されてぺしゃんこになったとか?


はは、それはボクの責任じゃないよ。
ボクはしっかり安全運転しているし、そういうのは想定外だし。


でた〜〜
想定外!


まあね。
出したかったんだ。
安全とは危険を証明できない事と言う
としたら、オートバイが誰かに急にぶつけられるまでは安全だったというのと似ているかな。


まあ、例えは悪いけど、ちょっと似ているかな?
じつはオートバイは安全だなどとほとんどの人は思わないんじゃない。
車に較べて鉄板で囲まれているわけじゃないし、転びやすいし。


でも、乗っている本人は安全だと思っている。
「危険だ? そんなのはボクには通用しないよ。ベテランが乗って法を厳守して安全運転第一にしているんだ。そんなのは杞憂というものだよ。」
と自信たっぷりに言うだろうね。


でも、ほかの人から見たらオートバイは何となく危なく見えるけどね。
まあ、原発とオートバイをくっつけて見たって始まらないけど・・・



そう、全然違う話かもしれない。
それほど原発の事は重大な話しなんだけど。
でも、なんとなくみんなが「安全だ」としてきた。心からでなくても、なんとなくね。


だから、昔盛んだった原発反対運動などほとんど少なくなって。


うん、かくして「危険を証明しなければならない」事態が発生してしまった。
「安全」とは「危険である事を証明しなければ安全だ」という言葉遊びに従って。


でも、そこに「想定外」というキーワードが付いていたんでしょ?
じゃあ、これからその想定外も入れたらどうなの?



うん、想定外を入れると、
まず、「あらゆる危険性を考慮に入れて∞絶対に安全である様に」作り直さなければならない。
となると、
採算が合わなくなるだろうね。



儲けが無くなる? 
一番痛いところ突かれるんじゃないの?



本当に冷静に公正に計算しつくせば、原発というものは後々の処理なども含めるととんでもない程の費用がかかるそうだね。だからそこまで計算しつくさないで、まずは当面だけの計算をしたんだろうね。
だって、放射能出し続けるものを何十年も保管し続ける施設やら時間を考えると、それこそ「想定外」の費用がかかるでしょ?



そうか。。。よく考えてみれば採算度外視か?
始め儲かったけどあとあと凄い請求書が・・・・何年も何年も


じゃあ、や〜〜めたと行かないところが原発の最大の欠点でもあるだろうね。


なるほど、緊急停止もままならない上に、燃料そのものがずっと残って管理して行かなければならないわけか。
止めるにも金がかかるし、かといっていつか止めないと老朽化して危なくなる・・・


まさに進むか引くか、どちらも困難だという。
むむ、塀の上で右は油の海、左は塩酸の海、さあ、どちらに飛び降りる?なんて聞かれたって。



でも、けっきょくは止めなければ元も子もなくなる。
止めるなら早い内だよ。続けるならもう危険は承知で「安全だ」と思い込んででも続けるしかないだろうね。
それでも最後は越えられない壁が立ちふさがっているだろうけど。


うう〜〜ん、
便利で安全、しかもクリーンだと思ってきたのに・・・



まあ、人類が薬を信じてきたのを凝縮して見せてくれたようなものかも知れないよ。
薬信仰は原発の比ではないほど長い歴史があるからね。



出ましたね。
薬。
こちらも「危険だという証明が出来ない内は安全だ」と言いたいのでしょう?



薬の場合はいまや、「危険もあるけど効果の方が上回るから」という理由に変わりつつあるようだよ。
誰がどう調べてみても「絶対安全だ」という証明はできないだろう。
それは薬というものの本質が毒だからだよ、。



毒が薬か   
でも、効けばそれも見逃す?
適量に使えば安全だ・・・?



それもやっぱり期間をかけて大々的に追跡調査をして公正な資料を出さない限り危険は証明できない。
つまり、「薬は毒だ」という事は証明できても、「薬が病気を造る」という証明ができないわけさ。
最初の方は毒が薬になるという薬学上常識なのだから言えるけど、薬が病気を造る」などとは誰も証明できないだろう? 


でも、そう言っている人も医学者の中でも居ますよね。


それは一部の人だ。
だから原発でももちろん一部の専門家がその危険性を言っていたんだ。
けど、多数決の世界ではそれは通用しないんだよ。



なるほど、多数決で決まるんですね。


当たり前だよ、今の世界はすべて多数決の原理だろうが?
選挙から何から、全部多数決で決めているだろう?



すると、原発の危険性を訴えていた専門家やその薬の害を訴えている医学者も
多数決の原理から言うと「間違っている」のですか?


まあ、極端に言えばそうなるね。
「間違っている」とされるか、「無視される」だろうね。


また最初にもどっちゃうけど、やっぱり「危険が証明されない内は安全」という原則なんですかね?
「間違っていても、その間違いが証明されない内は正しい」のですか?


問題はその「証明」だね。
「証明する」のに実地が必要なのかどうか?という事だ。
どうしても実質上、現実に見せてくれないと証明できないとすると、
世の中は初歩的な間違いであっても
多数決の原理で採用されてしまえば最後まで残り得るだろう。



そして、その最後のとき・・・って?
どうなるんですか?



ものによっては大打撃を受けるほどになるだろうね。
こんかいの原発事故などはまったくそれが的中したようなものだろう。
最後の最後まで間違いが正されないで行くとどんどん間違いが拡大されて行く
そして、最終的に小さな間違いから大きな大失敗を引き起こすのだろうね。



そうか、小さい内に気がつかないと段々と拡大されるのか?
でも、だれもが気がつかないと進んで行く・・・・
その間違いを証明できない内は正しいものとされて・・・
なんだか、変ですね。
証明できないものは全部最後には実体験しなければならないとすれば・・・




本当はそうでないんだろうけどね。
実際にそうならないうちに理解できればね。
だいいち証明できるとか出来ないというけど、人間は猿じゃないんだから、
理論的には先を読めるわけじゃないか。
それをしないだけのことだよ。
先を読まないからだよ。



なぜ読まないんですか?
能力がないから読めないんですか?


いや、能力はあると思うよ。
ただ、なにか先入観とかが邪魔してストップするんだろうね。


その先入観ってのは?


ひと言で言えば「思いこみ」だろうか?
「古い価値観から来る思いこみ」かな?


そりゃそうですね。
新しい価値観からは思いこみはあまりないでしょ?


それとなんだろうね、多数原理というか、その世界での常識に合わせようとする価値観?
価値観というのか、生存の智慧というか、とにかくあるでしょ。
皆に合わせておけば問題ないっていう知恵。



そうですね、空気を読めよっていうか。
その場というか、その世界の空気、常識、価値観に合わせて生きないと生きにくい。
だから合わせちゃう。



そう、それが学会とか学者の世界でも政治でも経済でもなんでもそういう事が基盤となってきたんじゃないの?

だから、例えば薬の害を訴えたとしてもその専門家会議では異端者扱いされてしまう。
だから、出世どころかその社会に居づらくなる。


そうですよね、会社でも何とかサークルでも集団の中であまり異なった事をしたり話したりすると、ほんと空気を読めない人になって、孤立しちゃいますよね。


そんな世界がずっと長い間続いてきたんだろうね。
まあ、生きるためには必要な知恵だったんだろうけど、しかし、このまま続くとエライ事になっちゃうよ、って事を教えてくれたんじゃない?
まあ、自然だから教えるというよりも自然から教わるのかも知れないけど。



だから今回の原発事故はかなり強烈なインパクトで今までの価値観jに対して突かれたんでしょうね。
エライ学者さん達や政府や国の政策にまで、一口に言えば「権威」に対する不信感を生んだというか。



十把一絡げに権威筋を非難することはないんだけどね。
専門家や学者さん政府や役人さん、優秀な事は実に否定できないんだ。
けどね、ぜんぶがぜんぶ、そういう権威とかエライ人たちに丸投げしてたんじゃいけないんだ、
と気がついてきたんじゃないのかな?


ああいう方々は知っていたんでしょうかね?
知っていて安全だと言っていたんでしょうか?


いや、ほとんどが知らなくて本当にそう思っていたかも知れないよ。
だってその人たちだって、そのまた上の尊敬するような権威ある人たちが居るだろうから。


じゃあ、その上の人たちってどこにいるの?


まあ、どこの誰って言うよりも巡り巡っているだけで、頂点の人は居ないんじゃないのかな?
まあ強いて言えば「学説」みたいな形のない「権威」かも知れないよ。
その点は医学と同じかも知れないね




医学と?
医学もやっぱりそうなんですか?


医学というのは人ではないからね。
長年積み上げてきた学問体系のようなものだろう。
初期の頃には少数の個人が業績を残して、それを基礎とか土台にして学問として積み上がったような・・



じゃあ、長年かかった分、立派な学問になったわけですねえ〜〜



まあ、普通に考えればね。
しかし、そこには「見直し」とか「再検討」とかが無いととんでもないことになるよ。
単なる最初に出来た土台に積み重ねる積み木の様にね。


ええ、いいんじゃないですか。積み木の様に知識や研究結果を積み重ねる。
するとそれが進歩として役に立つ。


だから普通に考えればの話しだね、それは。
では、最初の土台が傾いていたり、いずれは壊れる砂の固まりだったらどうなる?


積み上げれば積み上げるほど傾くか、砂の固まりだったら耐えきれないで壊れる。
すると上の積み木は全部倒れてしまう・・・・あれ?


そう、まず積み木をする場合には必ずしっかりとした土台が必要だね。
その土台が最後まで上の積み木を支える基礎だからだ。
しかも、積み木を重ねる途中でも再点検してこのまま積み上げてもうまく行くだろうかと再点検する。
そこでもしも土台に欠陥があったり傾きがあれば、積み木をいったん中止して全部取り去ってしまう。


そこからまた出直しですよね。基礎まで戻るんでしょ?
しかし、えらい損ですよね。
せっかく積み上げてきたのに。


でも、そのまま積み上げたら途中で倒れると解ってしまえば損は得になるだろ?
そのずっと先まで積み上げてから気づくよりずっと安上がりさ。


うん、じゃあ、どうして医学ではそれをやらなかったのかな。
いや、もしもその基礎が間違っていたとすればの話しですけど。



それが多数決の原理というものだろう。
積み木を見直して、気がついた人が居たんだけど、少数派として多数決の原則で排除されたのだろう。
その後はその多数派の方では「絶対」という烙印をその土台、基礎に押してしまったから、
もう「見直し作業」は行われなくなった。


「見直し」をしなくなったんですか?
じゃあ、どんどん歪んだ土台に積み木が重ねられていった・・・?
すると、ついには大量の積み木が一挙に崩れる・・・?
ホント?


いや、ホントかどうかはまだ証明できないからね。
現実にそれを証明せよと言っても難しいだろう。
せいぜい、少しづつ増えてきている急に起こる薬害程度にしか見えないかも知れない。



そうですか?
じゃあ、それほど危険性もないってことですね。
安心しましたよ。
まったく! 大げさなんだから!


まあ差し迫ってはということかな、
とりあえず危険性はありません   でもないか?


現時点では、いきなり害を及ぼす危険性はありません。
なにかどこかで聞いたような・・・


一番の危険性はそこなんだよ!
とりあえず、とか、今のところ、とか、現時点では、とかね。
その一見ゆるいかの様に見える害の方が本当はよほど怖いんだけどね。



え?急激な害の方が怖いでしょ。どうみても。


一見というか、局所的見方で言えばね。
しかし、大局的に見ると、緩やかな害の方が怖い。
それは緩やかだから「気がつかない」
だから、それに対処しない事になる。
そのままずるずると長くかかって、結局は積み重ねでまいってしまう。



チリも積もれば山となるですか。
しかし、どう考えても急にその反応が出た方が解りやすいですよ。


そうなんだ、みんながみんな即時に、そうなれば誰でも理解できるね。
しかし、薬はそうならないように研究実験して使えるように作っているんだね。
だから、すぐ気がつくほど害作用は滅多に起きない。
これからは分からないけど、いままではね。


分からないほど安全だったという風に取れないですか?
正しい使い方と害が起こらない程度の毒性だったと。



う〜〜む。
そう考えたいんだけどね。
それなら、世の中に使われている微量な農薬や添加物なども全然安全だと言えるね。
もしそうならば有り難いだけの話しだ。
しかし、その微量なものさえも蓄積されると言うじゃないか?



それもそうですが、でも添加物とか微量農薬汚染の野菜で死んだ人の話は聞きませんよ。


そこだね。即結果が出ない、だから、安全だという。
では放射能汚染もそうだろうね。
「直ちには」という言葉をよく使うでしょ。
その裏にはおそらく「長い間には」という反対語が想定されていると思うよ。
まあ、意識してかどうかは分からないけど。



「長い間には分からないけど、直ちには」ですか。
それをただ「直ちには」とした言葉遊びですかね。まあ遊びとは言い難いけど。


そう、言葉はあくまで言葉だよ。
安全と言おうが、危険と言おうが、直ちにであろうが長期的であろうが、
そこには本質的に何を言っているのかを察知しないとね。


う〜ん、むずかしいですよねえ〜
裏を察知するなんて



それはね、先に言ったように
権威とか学者とかエライとかいう言葉によって左右されない判断をしなさい
という意味なんだよ。
だから、逆にそういう肩書きだから間違っていると短絡しても困るわけ。



じゃあ、いったいどうしたら良いんですか?
あんたこそ、いったい何が本当か知っているんですか?



これはマイッタね!
そう言われるとねえ〜〜
いままで言ってきた事がぜんぶ白紙に還ってしまうようだよ。



何をもって判断すればいいんですか?ええ〜〜!?



だから・・・・言ってるじゃない・・・
自分で取捨選択をしなさいと。



なんだ! 好きなこと言って最後にはそれか、やっぱり!



ごめんね。
あとは自分の直観に聞いてちょうだい



え、直感?


いや、直観


直観はどうやって聞くんですか?



・・・・・・


え?


・・・・・・・


ええ〜?



(居なくなったようですが)


(このつづきはセルフサービスで)




 


 

人は光の導管である。本番前に練習を

え〜と、まえがき、まえがきと・・・


江?  けっこう?    そんなああ・・・・・


 


じゃ、あとがきなどを・・決して読まないでください(←その手はもうつかえないぞ)


 


imimiさんのリトリーバル日記http://plaza.rakuten.co.jp/imimi/diaryallより


ここを紹介されていたのでさっそく転載馬(おやじ馬)の耳がぴ〜んと立ちまして


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


一部転載と勝手に強調文字と改行あり   スミマセン



DATE:2011/03/23


URL:http://divasoul.blog17.fc2.com/




  (前略)


 


満月・春分と続きましたが、今回の大きいポータル突入には、
どんな意味があるか、感じていらっしゃいますでしょうか。
率直に言えば、いよいよこれで本格化に突入したという意味ですよね。
東北関東大震災だけだ、と思うのは、あまりに安直かもしれません。
少し、表面上、落ち着いたように感じていらっしゃいますか?
わたしは、まだ沸々としているガイアのエネルギーをすごく観じていて、
まだ、かなり体感もあります。。。

私と相方は、このポータルゲートに入る前に、
九州近辺のある断層海域に、大きな「×」がついているヴィジョンを視ました。
超ぼけ〜っとしているときに突然視るとびっくりしますが、
マインドのおしゃべりをしていない時のほうが、突然浮かびますよね(^-^;
断層の亀裂は、そんなところまで、この後に影響を及ぼす可能性があるのか、と
パラレルで存在する中の、ひとつの並行現実を観じ、
もちろん、その時期などについても問うてみたところ、
今月起きそうなこと、ということではありませんで、もう少しだけ先のことでしたが、

今回のことも、東北から遠く離れた場所にいるからとて、
ひとゴトだと思っている方が、あまりいらっしゃらなければいいなと、
西へ避難されている方々の事を、想っていました。
それはやはり、すべて、
この日本にいる方々の集合意識の反映によって変わってくるからです。

現在の集合意識の状態のままだと、数ヶ月先に起こりえる、という、
ひとつの並行現実のヴィジョンでしたが、
もちろん、これらは随時変わりますので、過剰にご心配なさる必要はありません。
集合意識が変容していくことによって、少しでもスムースな変容になるような、
別の現実が顕在化することを、切に祈ってワークしております。

それから、日本の方や、海外の方のメッセージサイトにも、
「今回の地震は、闇の組織によるものだ」というメッセージを
発信されていらっしゃる、チャネルメッセージもありましたが、
どこに繋がってチャネっていらっしゃるのか解りませんが、
そんなことはまったくありません・・・と、
わたしのハイヤーと、そしてガイドのガイア自身が、言っています。
ガイアに直接聞けば早いですよね。


  


 



「ガイアの本気」を、どうぞガイアと繋がり、観じてみてください。
もうこれからは、今までみたいに、
自身の外側に無数に存在するチャネリングメッセージサイトに、
無意識に依存しすぎるのは、あまり喜ばしくないかもしれません。



日々当たり前にいろんなサイトの巡回をしていらっしゃる方も多いと思いますが、
それが依存に近くなっていないか、今一度、観じてみるのもいいかもしれません。



もし、それらを読まれるなら、やはりしっかり、
ご自身でその内容を、それらの情報が、真実かどうか、
ハイヤーやアカシックに確認をとることです。ほんとうにそれが大切な時期になりました。
自分の能力を使うことを出し惜しみせず、手間を省かないことが
今後、自分の身を助けることに繋がるかもしれません。



チャネリングメッセージサイトも、国内外問わず、
1日にいくつも発信しているサイトや、一般的に人気があるETからのメッセージが、
真実を伝えているのかというと、全然そんなこともなく、
また、それを受信して発信していらっしゃる方も、別段悪気があるわけではなく、
ただそれらに関わっている本人自らがそれらを信じて疑わず、
マインドコントロールの渦中にあるのかもしれません。



「これだから、チャネリング情報は…」と仰られる方も多いですが、
かといって、チャネリングそのものが、悪いわけでもありません。



何故なら、わたしたちは、すべての人が、元々エネルギー導管であり、
誰でもが受信チャンネルであるからです。



太古の人々のように、TVやネットがなくても、地球としっかり繋がっていれば、
ガイアの異変に気づきます。そして、ハイヤーセルフと繋がって随時チャネルしていれば、
事前に危険を察知出来たり、その場で、どのような判断をして行動すると最善か、も
判断することが出来るからです。



「虫の知らせ」というのを、もっと具体的にすることは、全ての人にとって可能なことです。

どんなツールも、使う人如何です。TVやネットもそうですよね。
たくさんあるチャンネルから、どこに意識的に合わすか、もしくは、
無意識に合わせてしまうか、そして取捨選択するかは、その人次第です。



純粋にエネルギーと繋がり、様々な情報を持った光を降ろすには、
まずご自身がクリアでなければなりませんが、クリアに繋がれるのであれば、
まずは、ハイヤーセルフや内在神と繋がることです。



どこぞのETと繋がることより、一番大切なことです。
自分のエネルギー導管のベクトルをしっかりと、
ご自身のハイヤーセルフや内在神にチャンネルを合わせてください。
これは、かなり緊急なことかもしれません。



今回の震災や2次災害で「ネットでの情報収集はとても有効だ」と
多くの方々が、思われたことと思いますが、この先、もっと何かが起きてくるときには、
電気が使えることなどは、期待しないことが、とても大切です。



要するに、真っ暗闇の中、インターネットすら断絶され、
外部からの情報は、一切遮断される可能性が、大いに有り得ることだと、
しっかり踏まえておくことが大切だ、ということです。



電気が使えず、外部からの情報も遮断される、そのような体験は、
今回、被災地の方や近県の方では、多くの方が既に体験なさっていますが、
そのようなことが、今後、世界中いたるところで同時に起きることも、
可能性としてありえることを踏まえて、準備をしておくといいかもしれません。




そのような渦中に在るとき、暗闇の中で出来ることは、祈ることでしょうか?
きっと誰でもが「祈ること」は、するものでしょうね…。
暗闇の中で、出来ることは、祈ることだけでしょうか?



本当に大切なことは、どんなときでも、静かに心を落ち着けてから、
ハイヤーセルフや内在神と繋がることです。繋がり、しっかり情報を受け取ることです。
むしろ、すべての情報が遮断される事態になったら、
嫌でも自分の内側に問うことになりますものね…。



「今、ここにいて大丈夫か?」
「あと何日くらい続く可能性があるか」
「この水は、飲んでも身体にとって安全か?」
「今、窓を開けて風を通してもいいか?」
「今、キャンドルをつけるために火をつけても危険はないか?」など、
YES/NOだけでなく、数値も細かく取得することが出来ます。



リーディングして意味や数値を出していらっしゃる方のサイトなどを、
頼らなくてもいいんです。むしろ、それらのサイトに書かれていることを、
しっかり精査出来るくらいになるほうが、素晴らしいですよね。
電気も無く、ネットも繋がらない有事には、その方々のサイトなんて閲覧出来ませんから。



そのようなほんとに危機的な状況の際には、当てに出来るのは自分だけです。
今から、それらのサイトへの依存も減らしていくといいのかもしれません。
「外からのメッセージを探さなくてもまったく大丈夫な、私」で在れるために…



正しい情報を取得するために大切なことは、平静になり、期待をしないことです。
残念ながら、パニックの中では、正しい情報はとれません。
情報としてのエネルギーの流れを、邪魔をしてしまうからです。



今回のことで、パニックを起こしかけた方は、ありがたい経験と受け止め、
今後何があってもパニックに陥らないよう、少しでも内的ワークを進め、
怖れや執着を手放しておくことが大切かもしれませんよね。



大体の場合は、「サバイバル(生き残ること)」への恐怖が多いでしょうけれども、
今回恐怖を感じた方は、今のうちに、その怖れから眼をそらさずに、
とことん向き合っておくといいかもしれません。自分は本当は、
「何が怖いのか」「何を怖れているのか」「何を手放したくないのか」…
とことん向き合わないと、腹はなかなか据わりませんものね。




生と死は、ほとんどの人が何回も繰り返し経験した上で、
今回地球に、また、生を受けています。何度も何度も、
いろんな亡くなり方をしてきていますが、魂はずっと続いてまた受肉しています。



「もし自分が、今月いっぱいの命だ」
と言われている患者だったら、どのように心を静めますか?
「沢山の事柄すべてに感謝して、何も怖れずに、ただ今この瞬間に生きること」に
辿り着くかもしれませんし、
もっと別のことに気がついていくかもしれません…よね。


 




特に、エネルギーワーカーさんだと自覚していらっしゃる方は、
エネルギーの読み方を、今すぐからでも、練習をしておくといいかもしれません。
癖づけておくことは、イザというときに、自分を信頼出来るので、
とても冷静でいられ、力を発揮するからです。



真っ暗な中では、ペンジュラムですら見えないかもしれませんから、
何も道具も無くとも受け取れるようにしておくのがベストだとは思いますが、
どんな方法であれ、エネルギーに対して、心をオープンにして、
自身の中を流れる動き方に敏感になっておくことは、いいかもしれません。



質問の仕方、それにすら、自身の観念が入っているような聞き方の場合は、
答えとして返ってくる、エネルギーの動きがよくわからないかもしれません。
どのように質問すると、どんな風にクリアに答えが得られるかなど、
練習をしておくことは、とても今後に役立つことかもしれないと思います。



また今から、まともに内的ワークを進め、自身の浄化・クリアリングが進んで、
半年〜もたてば、かなり正確に情報がとれるようになるかもしれません。
もし、それらのことが気になるなら、諦めないでくださいね。
誰でもが出来ることですから、
どうぞ、自身の中にある能力を解放して引き出してください。
自身の中にある様々な無限の力を、疑わず、信じきってください。



自然界だけでなく、少しずつ、片鱗が見え始めています。
今回、みずほ銀行が、なかなか動きませんでしたが、こちらも、
電気が使えなくなるだけでなく、金融機関の在り方が、
今までと違ってくるかもしれない中での、素晴らしい練習の機会だと
思って受け止められた方も、いらっしゃることと思います。



『何が起きても動じない自分創り』
プレステや、WiiとかDS等の中で、アバターをカスタムすることより、
今の実生活の中で、「自分」というアバターをカスタムして、
経験値をあげておくことの方が、着実に今後の実になるかもしれません。



今回、トム・ケニオンが、
ハトホルからの情報チャネルなさってシェアしてくださっていますが、
これらのことは、ご自身でも、もちろん取得できる情報ですし、
必要なエネルギーを召還することは、出来ないことではありません。



誰でも、様々なエネルギーを召還する力を持っていますし、
それらを呼び、使う力も持ち合わせています。
魔法使いだけが、出来ることではありません。
インディゴやクリスタル、レインボーなどと呼ばれる人だけが出来ることではありません。




今まで、たくさんのエネルギーワーカーさんたちのお世話になっている内に、
「伝授されないと受け取れないものだ」などと勘違いしがちになっているかと思いますが、
そんなことはありません。今は解放されています。




自身に必要なエネルギーは、自分で、誰でも上から降ろせます。


 



「わたしが創始なので私以外のものは、ソースに繋がれない」とか
「エネルギーに制限がある」と言われても、真に受ける必要はありません。



その方が制限があるように見せているだけだと思ってもいいかもしれません。



エネルギーソース(源)に繋がれば、制限などありません。宇宙のリソースは無限です。



エネルギーの流れに、対価条件や制限をつけて、



すべての人に解放されていないように見せたり振舞うとしたら、



それは、人間のエゴが、していることです。


 



どんなに高い料金で世の中に出回っているエネルギーでも、それぞれ自分で繋がれます。



クリアリングが進んできて、いろいろエネルギーが感じられるようになってきたら、
必要だと感じるエネルギーがあれば、どんどん自分から召還し繋がってみてください。
有料で提供されているものでも、自分で呼べます。


  


 



少しヒントというか、コツがあるので、以下に記しておきます。



対象となる使う文言に、意味を持たせるのは、「ご自身の認識と、集合意識」です。
対象に意識を合わせて意図・宣言するのですが、



具体的に、意図する内容や召還文は、



集合意識などのように、誰でもに意味の通る文言であれば、
エネルギーは、その通りに動くと信じてください。



自分だけに通用する文言よりも、誰にでも理解できる文言にすることで、
よりエネルギーの動き方が、はっきりします。いろいろ試されてみてください。



言葉には、ほんとうに、集合意識としての認識が大きく関わっているのです。



自身だけでなく、集合意識の偉大な力をも、実感として理解できていくかもしれません。



そうしたら、後は、どんなエネルギーを動かすときも、
ハイヤーや天使などが介入して、サポートしてくださいます。



エネルギーを召還するとき、天使が動いていないことはありません。
どうぞ、サポートしてくださる存在方に感謝しつつ、自身とそれらの力を信頼して下さい。



エネルギーに敏感でないからわからない、と思い込んでいらっしゃる方も、
内的ワークが進んで、エネルギーを観じようと精進なさっていけば、
少しずつ感覚がつかめる様になっていくと信じてください。



世界的に有名なスピリチュアル・ヒーラーだったダスカロスですら、



エネルギーを扱う技術には、


訓練が大切だと何度もおしゃられていました。



感覚は経験を積んで、自分で磨いていくしかないのですよね…。



ガイドへのチャネリングも、エネルギー召還などのチャネリングも、
お金を払って誰かに仲介してもらわないと、繋がれないものではありません。



自分の力を、認めないで使わずに、他人に預けるように依存する必要などありません。



誰でも、自分が、デフォルトでエネルギー導管だということを
どうぞ忘れないでください。



怖れたり、やけを起こして低い波動でいると、低い波動のエネルギーに繋がりますので、
どうぞ高い波動で在れるよう、常に意識することが大切です。




職業としてスピリチュアルと関わっていらっしゃる方の中でも、
いわゆる「スピ業界」どっぷりな方も、ご自身が知らず知らずの内に、
マインドコントロールされていないか、今一度、見直してみると
いいのかもしれませんよね…すべてありがたい機会ですね…


 



そしてエネルギーワーカーさんたちも、原発に頼らない、
一般的なフリーエネルギー解放の大きなうねりを望むならば、
まずは、自らの足元を見て、襟を正す必要があるかもしれません。



誰かの能力やエネルギーを使う機会を、
妨げたり、奪うような形でビジネスしていませんか?



自身に、何回も依存させるようなやり方をしているとしたら、
それは、相手の「能力を使う機会」を奪っていることに等しいのかもしれません。



違和感を持たず、知らずにやっているのなら仕方ないことかもしれませんが、
知りつつも、意識的にやっているとしたら、
それは、相手の自由意志を奪うことになりがちだということを、
理解した上で行う方が、いいかもしれません。



「本当に相手の立場に立ったエネルギーシェアリングとは何か?」を、
自ら実践して、自分の内側を変えていくことで、
世の中のフリーエネルギー解放の波も進んでくるのかもしれませんよね。



とは言っても、ライトワークの仕方にしても、
ハイヤーセルフへのチャネリング実践にしても、
変化を怖れ、何も変えない人は、変えないでしょうし、
変える人は、どんどん自ら変容するのでしょう…(^-^;
常に同じであり続けることは、宇宙の法則上、難しくなる一方でしょうが…。




ともかく今回、このようなハトホルのメッセージを受け、
今まで自分に自信を持てなかった方も、まだ疑っている人も、
これからまた、このような事故や災害の機会があった際には、
切羽詰まるでしょうから、半信半疑だろうが必死で行動して、
これらの方法を試すことになるのかもしれません。


 



でも、やっぱり、イザというときには、
頭が真っ白になって忘れてしまいがちですから、
今から日常的な練習をしておくことが、有事には為になるかもしれませんね☆


 



いずれにしろ、今回のポータルを通過し、
怒涛のようなスピードで過ぎていく日々の中、
人々は、今までたくさん貯めてきた知識を、
否応無く実践する機会に、たくさん出逢うことになるのかもしれません。



土壇場になって追い詰められてでしか、行動をおこせないことにならないよう、
今から準備できることは、とてもありがたいですね…



各々の、その時々の意識によって、
経験することが、今までより、さらに全然違うものになるでしょう。



身の周りに起きてくるすべてが、「目を覚ませ!!」という呼びかけだと
感じることになる方もいらっしゃるでしょうし、



ガイアや神に対して、お門違いにご立腹するような現実に感じる方も
いらっしゃることと思います。



しかし、どんな時でも、どのように感じるか、どう捉えるか、
自分で決めることが出来る、ということを忘れないでいたいですね。



どんな捉え方をすることも出来ます…



…それが、私たちに与えられている、自由意志のギフトです。



そして、様々な並行現実の中から、自分自身の捉え方が反映された現実を、
各々が忠実に完璧に具現化して体験します。



今この瞬間もそのように具現化されたものですね(^-^*



わたしも常に、今までどおり、すべての事柄の中に潜む無条件の愛を、
事象の中から見出すことをして在りたいと思います。



さて…これからが本当の本番ですね。とても身が引き締まる想いです。



ですが、どんなことがあっても、ガイアありきです。
ガイアなしには、人々も動植物も、その上に共生させて頂けませんものね…。



集合意識が向上していきますように…自身に出来ることを
淡々として、穏やかに在りたいと思います。



あぁ、ありがたいですね。このような方法ですが、
わたしたちは、強く強く促され、自身の内側と繋がる術を習得していきます…
そして、このようにして、外部コンピュータが必要ないところまで、
進んでいくのかもしれません。。。
自身のスーパーコンピューターの、「観念OS(オペレーションシステム)」を入れ替え、
まったく新しい状態で起動するときが、まさしく「今」なのですね・・・。


 



「宇宙すべてが、エネルギーだからこそ、
 エネルギーで出来ないことは、何もない」
ということを忘れずにいたいですね。 すべてに感謝!



(いろいろ書かせていただきましたが、みんなそれぞれどう感じるか、
 違っていて当然ですので、腑に落ちないことは、スルーなさってくださいませ^^。
 意識がどこに向いているかで、ご自身の現実も変わるからです。)
 
(注釈:以下のメッセージ内に出てくる「バー(Ba)」とは、
   =「現実(リアリティ)の解釈」=肉体 のことであり、マカバのバーの事で
   「スピリットと肉体の間に相互作用をもたらし、ある世界から
    別の世界へと変換させる光のエネルギー・フィールド」の事です)



DATE:2011/03/23


URL:http://divasoul.blog17.fc2.com/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


 


 


 


 


 


あとがき



じつはimimiさんのリトリーバル日記http://plaza.rakuten.co.jp/imimi/diaryall


を読むという依存症となってしまい、ほかにもアレとコレとソレとドレとアダルトと・・


もう依存大賞戴いてもよいくらいありまして。


で、今回はそこから飛んでみたら、なんとそういう依存症はいざというときに役に立たないという話が!!


なるほど、今回の東北から始まった事象はまだ序の口だというわけですか!?


まだまだ情報がネットで取れるくらいなら御の字だというのです。


 


外部コンピュータって?  あたらしいOSって?  


 


いざ本番になると(おいおい、まだあるんかいよ”)


どこからも情報が取れなくなる。たったひとりで孤独な洞穴に居るような・・・・


そうなったとき、いまの依存症はかえって不安や恐怖をつくりあげるという。


 


いまのうちに依存症を無くしておかないと。


依存して良いのは自分の内側におわします神への繋がる自分だという。


 


まあ、話には理解できますが、実際上、全然かんけいない生活を送ってきたわけで。


たとえボクが80歳であっても、若人であってもおなじ事。


 


肉体の歳とはいっさい関係ないのです。


明日、肉体が老化で滅びようとも、花も鼻ジラム16歳の小娘であろうと、おなじ事。


 


そんな事はぜんぜん関係ないという事がこれからの人類みんなに起こる、というか、そんな舞台を承知して出てきた役者ばかり。 いよ〜〜〜千両役者! 


と言われても ぼけ役で終わるも義経役で終わるも 最後の大切りとなりました。


 


まあ言葉ではなんとでも言える。


うちへ引っ込んでワナワナとふるえている事もできる。いや、外がイヤに静かなのでこっそりと外へ出てくるタヌキかキツネのたぐい。


 


まあなんとでも言ってください。


 


書くだけはだれでもできる。


実際にできるかどうかは やっぱり 


練習だなああ


誰でも、自分が、デフォルトでエネルギー導管だということを


忘れないでください


と上記のひとも言っているし・・・・


デフォルトって初期設定ってことかな?


人間本来備わっているとか、初めから持たされているとか。


エネルギー導管  ってのは、よく手かざし(浄霊法)やる時に聞かされた「あんたは電柱なんだ。」というのと同義語かな?  「あなたは絶対に力を抜くこと。治そうとか、治してやる、とか思うことが導管を詰まらせてしまう」という様な・・


あなたはすごくうまくいっているときに気をつけなければならない。


「私は特別なひと」と思ったときから導管は詰まり始める。


なかなかねえ〜。それがそのときになると「ひょっとしたらオレは」などと思っちゃうんだよねえ〜・


周りから一斉に持ち上げられるし・・・


 


 以下はあまりにも品性が低いとさすがに自覚したため割愛しました。(自分で割愛というか)


 


 


 

原発はどういうものなのか?今まで知らされなかった知識から冷静な判断を

ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


 


広瀬隆氏の見解では

・海水を注入すると、塩がたまって、水が循環しなくなり危険
・放水ではどうにもならない
・電源の復旧は、非常に複雑で難しいので恐らく無理。なぜなら
原発を製造したのは、東芝と日立で、東電は運転してるだけなので、東電は無知。
・早く日本中のコンクリートを集めて、原発を固める準備をしておかないと、
大変なことになる。(チェルノブイリでは最終的にコンクリートで固めて収束させた)
それ以外にない
・政府も東電も非常に無知。彼らでは対処は無理。本物の専門家の知恵を結集して
取り組まなければならない。
・このままだと、チェルノブイリの何倍もの被害が出る

広瀬氏の動画です。どうかご覧ください。電源の復旧が相当難しいことが想像できます。http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/0db89279cf33792c14e4b566aac187d8

とにかく政府は、鉛、コンクリート、液体窒素等大量に集めて、固める準備をしないと、
日本は大変なことになるのではないかと、心配です。

政府に提言できないでしょうか。。。
以上、よろしくお願いいたします。

副島学問道場のファンより

(転載おわり)

下記の広瀬氏のインタビュー動画もぜひ広めたいです。上記紹介のものより後の録画です。原発の恐ろしさについての国民的共通理解が必要です。この期に及んでまだ原発を守ろうとする動きを孤立させねばなりません。

必見!●予言されていた“原発震災”広瀬隆氏インタビュー
http://www.videonews.com/interviews/001999/001771.php
TITLE:
DATE:2011/03/21


 


URL:http://www.snsi.jp/bbs/page/1/


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


 


 


 


 


 


いたずらに恐怖する必要はありませんが、ではどうして福島原発はこうなったのか?という事を考えると、みんながあまりにも知らなかったのでしょう。


  それは学者も含めて政府や電力会社さえもです。


一般人はなおのこと、「想定外」というのは「知識不足」を意味しています。


 正確な情報や知識があれば「備えられたこと」かも知れませんが、それよりも


 


もっと冷静な知識から言うと、「原子力発電所は限りなく危険なもの」だという結論が出てしまいました。  


 


どう取り繕うと、これは危ない、人類はこれに頼っているといつかは一国家どころか世界中が放射能汚染で死滅する可能性があるという事です。


 


これは「過剰な心配をしない」とか「何があっても大丈夫だ」とかの性質のものではありません。


 


ほんとうに今は専門家たちでなく、一般の国民というか、人類全部が正しい判断をくだす秋がやって来たという事でしょう。


 


しかもその残された時間も短いという。


それがこの日本を冷静に見た場合の判断です。


 

経済と生命のどちらを選ぶか取捨選択の自由は国民にあり。

「地震についての記事は当分お休みします」


と、書いた翌日からまた書いている懲りないやつ。


 


これは始まりであり、原発の危機はこれからも起こる可能性が非情に高い。


 


これはもう、経済が大事か、生命が大事かの瀬戸際の選択が差し迫っていると感じます。


 


 


小松英星氏のHP、Q&Aより


一部抜粋ーーーーーーーーーー(強調や改行を入れてあります)ーー


DATE:2011/03/22


URL:http://homepage3.nifty.com/gaia-as/qa11c.html


  


) 日本の原発を全廃したい


 




(Q) 突然のメールすみません。
前略


世界的にもエネルギーの高いこの日本で、原子力に頼らねばやっていけないということは絶対にないはずです。

そのようなライフスタイルに移行するためにも、今メノマエノ危機を何とか乗り切らねばなりません。
そこで、全世界の心あるみなさんの力をおかりして、J行をおこないもんじゅの停止をさせることはできないものでしょうか?



(A) 拝見しました。

「もんじゅ」は、主燃料としてプルトニウムを使うこと、そして冷却材として水(軽水や重水)ではなく金属ナトリウム(液体ナトリウム)使う点で、現に日本を含め世界中で稼動している他のタイプの原発と決定的に違っています。

この原発の、特別な危険性については次に書いた通りです。

http://homepage3.nifty.com/gaia-as/nuke.html




しかし「もんじゅ」は、原子炉停止中で稼動していません。

ここに至るまでに、1994年の「初臨界」直後の1995年に、最も懸念していた「ナトリウム漏洩事故」を起こして、昨年5月に電気出力40%で「再臨界」を「でっち上げる」までに15年を要しました。

ところが同年8月に、今度は「炉間中継装置の落下事故」を起こしました(担当課長が自殺するという悲劇まで起こりました)。

関係者はいまだに「安全」を喧伝し、今や実用ではなく「メンツだけの臨界」のために執念を燃やしているようですが、この炉が陽の目を見ることは、もはやないでしょう。



それに、ご存知と思いますが、「もんじゅ」は日本海側(敦賀市)にあります。

東海地震を、特にそれに付随する津波を心配するなら、御前崎市にある中部電力の浜岡原発でしょう。

いずれにしてもガイアは、地震学者たちが過去の統計に基づいて計算した「警告」や、いわゆる「預言者」たちの筋書きに沿って行動しているわけではありません。

具体的データを抜きにして「明日地震が起こる」と言えば、この地震国では、50%以上の確率で「的中」するでしょう。



不幸にして原発は、その本質的な危険性が見逃されたまま、いつの間にか電力供給の約4分の1を占めるまでに肥大化してしまったので、国内の電力供給の帰趨に大きく影響します。

したがって、それからの離脱は、産業界を含む国民的合意の形成が不可欠で、「J行」になじむ性質のものではありません。

ここで大きな難関は、「地球温暖化」を実質的に最大の環境問題とする全世界的な人心誘導(いわば陰謀)に、日本だけでなく各国が「国を挙げて」嵌っており、原発がその問題解決の切り札になると多くの人が信じ込まされていることです。



本当の地球環境問題は「温暖化」ではなく、大気、陸地そして海洋の汚染で、中でも最大の問題は、原発が出す放射線による地球(ガイア)とその生きものへの加害です。

ここでいう原発には、イギリスのセラフィールドや、フランスのラ・アーグのような「(使用済み核燃料の)再処理工場」を含みます(事もあろうに日本では「六ヶ所村」を、その仲間に加えようとしています)。

それだけでなく、長期にわたって放射線を出し続ける(使用済み核燃料を含む)核廃棄物も広義の「原発」に含みます。



今回の「福島原発事故」が、「原発というシステム」の本質と、その広範にわたる危険性を日本国民に強く印象づけたことは間違いないでしょう。建設に十数年を要し巨費を注ぎ込む原発が、如何に幼稚な「安全技術」に依存しているかを。

世界中が「フクシマ」に注目するのも当然です。

誰も予想しなかった「副産物」を、「東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)」がもたらしてくれたわけですが、これをどう活かすかが、いま日本国民に問われていると思います。



確実に言えることは、いま建設中または計画中の原発が実用に供されることは、もはやないということです(東北電力東通原発2号機、東京電力同1,2号機、東京電力福島第一原発7,8号機、中部電力浜岡6号機、日本原発敦賀3,4号機、中国電力島根3号機、九州電力川内3号機---以上は既存立地への増設。電源開発大間原発、東北電力浪江・小高原発、中国電力上関原発?---以上は新立地)。



問題は、電力需要が大きく伸びているわけでもないのに、なぜ電力各社が原発の新設にこれほども執念を燃やすのか、不思議に思いませんか。

それは原発が「ゼニになる」からです。認可制になっている電気料金の算定において、総コストに上積みする電力会社の利益部分が、稼動設備残高にリンクする仕組みになっているのです。

設備を増やせば増やすほど、利益が増えるというわけで、その最も効果的な手段が原発なのです。

実質的に「過剰設備」になろうと、稼動しているという名目さえ立てば、利益に繋がる・・・。

例えば、超大型の原発7基を持つ「世界最大の原発」柏崎刈羽(東電)の全基が、新潟県中部沖地震のために約2年半にわたって停止した時、特別の「騒ぎ」にならなかったことはご記憶と思います。停電もなく、街からネオンサインやライトアップが消えたわけでもなく。

この仕組みは、戦後の早い時期に電力不足が深刻だった頃、電力会社へのインセンシティブとして導入されたものですが、いまだに抜本的に見直されることもなく運用されています。



この先を展望して最大の問題は、「原発というシステム」が持つ放射線を、この地上から消し去る技術を現時点では人類が持っていないことです。

それは、原子炉本体、使用済み核燃料、それを再処理して取り出したプルトニウムや高レベル放射性廃棄物、再処理工場の処理施設など、いずれも「核物質の放射能まみれ」で、放射能が消えるまでに何百年も要するのです(その間、ガイアや地上の生きものを加害し続ける)。

ところが、それらを最終処分または保管する場所がどこにも見付からない(そんなことを真剣に考えずに原発に手を染めてしまった)という問題です。



一方、太陽光発電をはじめ、ハイブリッドカーや電気自動車など、いわゆる「エコ」として喧伝されているものは、いずれも「まやかし」で、製造段階で資源や排出を「先出し」して、その回収(効果の発現)には何年もかかるという代物です。そして、補助金などの注入がなければ、おそらく最終的にも採算に乗らない。



結局、これらの問題解決は、「(人類が既に持っているが「シャドウグループ」が取り上げて隠匿している)フリーエネルギー」の実用化しかないでしょう。それを、宇宙の同胞たちの支援を得て磨き上げ、早期に実用できるようにする。

「核物質の処理」も、その延長上に来るでしょう。

「核」に直接向き合うよりも、宇宙に目を向けて皆が目を覚ますことが近道で、これから2年足らずの期間に出来ることは、それしかないと考えています。




DATE:2011/03/22


URL:http://homepage3.nifty.com/gaia-as/qa11c.html



 ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


 


 


 


 


 


   どうやら、復興第一でありながら、それだけでは終わらない様な感じです。   


起こったことには冷静に対処して、これから起こる可能性に対しては迅速に対応する。


 


つまりそれが恐怖や不安というよりも、これこれこうなったら、こうなる」という予測が出来るわけです。


それを「万が一でも起こるはずがない」 とか「大丈夫だ」とか言っても、それこそ科学的判断ではないですね。


 


これは別に霊能者達の予言とかでは無い、まったく「こうなればこうなる」という物理的な法則で考えてみれば分かることです。


 


起こったことに対して恐怖することと、これから起こるかも知れないことに用心する、備えをするという事では意味が違うのです。


 


原発事故には「もしも」という事が想定されていないのです。


それは「想定外」という言葉に置き換えられているのです。


もしもこうなったら、どうなる?どう備える」という事をまったく無視したのが今回の福島原発の人災とも言えます。


もちろん、地震は自然ですが、起こる可能性のある事に対処しなかったこと、想定さえも無視していた事が人災となるのです。


 


では、これから起こる可能性が高い事を「想定」すれば誰の目にも明らかになっているのが東海地震の可能性であり、そこに厳然としてあるのが浜岡原発だということです。


 


いま福島原発の様に「想定外」の震災が襲ったらどうなる?


これを考えたら、やはり、今は一時でも良いですから、最高の震度の地震に耐えられない事は「想定内」です。


この事をもしも「想定外」としてしまったら、もう起こってから対処のしようがない、最悪の事態も「想定」しなくてはならない。


我々が「想定する」ものはあくまで「自己都合の良い想定内」です。


「都合の悪い事」は「想定外」にされて、万が一でもあり得ないとされてしまいます。


 


上のの記事を読んで、原発は世界の銭儲けの為に推進されてきたという意味が分かりました。  原発に替わるフリーエネルギーは既に出来ているのでしょうが、それを表に出しては銭儲けにならないという、まことに不誠実な意識であったのです。


それで、国民(日本だけではない)が一番被害を受ける事になるとすると、もう日本人は大人しいだの、整然としているだの、と国外から感心されている時ではないでしょう。


 


もちろん、暴動とかは論外ですが。


それぞれ個人が口に出すべき時です。


もう原発は危なくてイカン。 要らない。


 


100万が一安全となるまで使うな! 


命あってのものだねだ。と。


声を出さないと。


 


 


 

問題を出されて答案用紙を出すまでの制限時間は?

今回の福島原発は


日本人ひとりひとりに問題を出したというわけ?


え、どんな問題ですか?


そりゃあ、その人にとって全部ことなる問題だよ。
けど、大筋のところではみんな似ているだろうな。


その大筋のところって?


まあ、他人様の決定を全面的に受け入れるか、
自分の決定を前面に出すか。



でも、結局は他人様の決定を聞いているわけですよね。
まったく異なった意見があるわけでしょ。
右でも左でもほとんどみんな他人様から与えられる情報を
自分で判断してるわけでしょ?



そうだな。
まったく最初から自分であらゆる情報を内から取り出しているわけじゃないな。
ほとんど、他人様からの話を取捨選択していると。


そうでしょ。
自分の直観というは言うけど、詳細はやっぱり他人様の情報を収集したりして、それをどう選択するかだけでしょ。



では、キミは本当に厳選しているの?
取捨選択の条件は持っているの?



そうですねえ〜〜
たいていは国の言うとおりとかどこか偉い人の話とか、学者や教授の話とか・・



そうだろ?
選択する前に既に決めているんじゃないの。
自分より位置が高いとか社会的に認められた人とか、世界的権威とか・・


そうですねえ。
やっぱり社会的に信用できるという方を最初から選びますねえ。



それじゃあ、キミは選択していないってことだよ。
初めから「既に決めている」から。
権威筋とかマスコミとか常識とかでね。



でも常識ってのは最大多数の意見が集まって、これなら大丈夫だろうって様な事がなったんでしょ?
この常識から外れたらダメなものが多いですよね。



そこだよ。
すべてをそういう判断で選択しているから、「すべてそうなんだ」という決めつけがキミの頭の中に植え付けられている状態に気がつかないんだね。



そうか・・
そいえば、既に条件付けしてあるわけですね。
常識とか権威とか多数とか・・



そう、それが正しい事の方が実際上は多い。
しかし、それだけになると例外がたくさんある事にも気がつかなくなる。
しかも、重要な、重大な影響が自分の身に起こる可能性があっても、それが問題意識もわかないようになる。
本当の正しい判断をする時が必要なときに麻痺していることになる。



そうですね。
福島原発事故はそれを教えてくれましたね。
学者さんや電力会社、国と世の中の偉い方達が「安全」という太鼓判を押してくれたものに、なんの疑問も持たなかったし・・・



じつはその安全という太鼓判に反論していた人たちも居たんだけどね。
だれもそれには注目しなかった。
取捨選択の材料は無かったのではなく、あったのに初めから選択外にしてしまった。



これは僕たち素人だけではないですよね。
ほとんどそうだったんじゃないのですか?



そうなのだ。学者さん達や政府高官など、専門家と言われる人たちでさえも、取捨選択出来なかったのだね。
いや、取捨選択したのかも知れない。
しかし、そこには既に「権威側を信用する」という意識があったから、正確な判断力を失っていたんだろうね。



ああ・・・・やっぱり。
まず上の方からですね。そして僕たちにはよく分かりませんからね。
そんな専門的な事は、上の方に任せてしまいますよ。



そうだ。上で判断したんだから正しいという一種の思いこみが、そこから先は全部自分の取捨選択の権利を放棄したというわけさ。
しかし、ちょっと素人で考えても分かるような情報はたくさんあったはずだよ。



う〜〜ん、それはそうですね。
海外でも事故とはあったし、それに安全ならどうして東京湾に作らないのとか。
大都会からわざわざ遠く離れた、しかも送電のロスがあるのに地元ではその電気を使わないで。



そう思っていた人は多いだろうね。
しかし、それはそこで思考が止まっている。
「みんなが大丈夫だと言っているから安全なんだろう」程度だ。
なんとなく、皆がそう思ってきた。



うん、地元の人でさえも「あまりそんな危ない話は考えたくない」という様な雰囲気を持っていたんでしょうねえ。
それに、自分個人が考えて反対してもどうにもならないという無力感もあるし・・・



そうだね。無力感がまず思考を停止させるのだろう。
自分ひとりそう思ってもしょうがない、考えるのはやめよう・・とね。



そうですよ。いくら考えても周りのひとは賛成してくれないという無力感がありますよ。
いくら言っても無駄だから、話すのは止めよう。言えば変人に思われるから損だとか・・
そのうちなんとかなるだろう・・みたいに。



そう、キミの様な人はけっこう居たと思うよ。
ただ、それを表に出さないからほんの一握りの人だけだと思い込んでいたかも知れないね。
しかし、今回の危機によってずいぶん変化しつつあると思うよ。



あんなのが繰り返されたら日本は国が幾つあっても足りない!という危機感がね。



でも、マスコミなどではそんな事あまり言いませんね。
古かったからとか、想定外だったからとか、これからは万全をきせば大丈夫とか・・
それに原発無くしたら生活が凄く不自由になるから、もう日本は止められないとか・・



うん、そうだろう。
最初にあった話に戻ったようだね。
そこでキミはどういう選択をするかだ。



もちろん、権威ある人たちや学者や国の・・・
あれ?  


そうそう、気がついたなら普通の人に戻ったんだね。
まだ、気がつかないとまたそれを繰り返すというわけさ。
今回の事故で素人でも捜せばいくらでも情報が取り出せる機会が与えられたのだよ。
しかし、それをしないで居る自由もあるけどね。



そうか、またまた他人様のしかも権威とか多数とかに頼ってしまって、自分の決定権を譲り渡すというわけか。
そうして、しばらく時間をおいてまた繰り返す・・・



まあ、他の事だったら何度も体験して、実感して、それからようやく目覚める・・というコースでもいいんだけどね。
でも、この原発事故はもう後がないという事を示している事だろうね。
それに気がつくかどうか・・・・


え、もう後がない!  のですか?



それほど地球の浄化は激しく進んでいるようだ。
地震はもうどこに起こっても不思議がないほどにね。待ったはなしって言うじゃないか。
一度さした将棋の駒はもう元に戻して欲しいなどという緩やかな将棋はお仕舞いというんだ。



う〜〜ん、、迷うところですね。
原発無くなれば不自由だし。石油も段々当てにならなくなるし・・



そう、迷うところだろうね。
ところで、君はいまなんのために生きているの?


そりゃあ、楽しく生活をエンジョイしたいし、家族があれば何時までも元気で仲良く・・・



そうか、じゃあ、君の選択は楽しくエンジョイしたいを選ぶとする。
しかし、それには制限時間があるだろうね。



え、制限時間?


そう、地震などの自然現象は君の生活などを優先して待ってくれないという事だよ。
いま、直ぐどこかで、しかも原発の真下で地震が起こっても不思議はない。
また海上で起こって大津波が押し寄せてきても不思議はないのだ。
これを防げるなら、君の選択は有益なものになろう。


むむ、いのちあってのものだねか・・・
「絶対安全」という太鼓判が消えちゃったんだし・・
そうなると、考えている時間よりも直ぐにでも停止する方向に持って行かなきゃ!

何時何時どこで地震が起こる」なんて全然予測できないし、だいいち原発だけが生き残る保証なんてどこにもない事が分かったんだし・・・



そう、もう君は「知らなかった」では済ませられないのだよ。
後は選択することしか無いのだね。
このまま存続させる。そしていつ事故が起こっても後悔しないという覚悟。


もうひとつは生活落として生きて行く覚悟ですね。
では直ぐでも停止しないと自然は待ってくれないから、停止してくださいという国民の意思表示をするという事ですね。



そうだね。両極端のフチにいま人類が立っているというわけさ。
自然が緩やかに待ってくれるなら、緩やかに変えれば良いのだが、そういう時はもう通り過ぎたと思った方が良いね。



放射能除去技術は既にあるのだろうが

もう管弁してえ〜




なに、このほうれん草、むしゃむしゃ食べてくれ?

どうしてオレはいつもこんなパフォーマンスしなくちゃならないんだよ〜〜


でも、閑散、あれはヒットでしたよ〜

でも貝割れ大根ってあれからあまり見かけなくなったような・・・・・?


そういえばそうだなあ・・・

缶さんが食べてみせたからじゃないの(笑い)


じゃあ、このほうれん草ムシャムシャと食べて見せたら・・・??





下らないコントはこんどにして。


 


武田邦彦 (中部大学)


かなり冷静な判断が出来る資料ですね。


 


どうにか・・・我々は塀の上でどちらの落ちるか、・・・薄氷を踏む様な想いを・・・脱したようですね。


これもひとえに見える世界と見えない世界(こちら方が凄いのかもしれないが)のコラボで


日本壊滅か存続かの状況を乗り越えられると。


まったく奇跡中の奇跡だった! と。


(後年なってからそれを実感するのだろうけど)


 


今は政府や東電の楽観情報が多くの人の恐怖をとるには役だったのかも知れない。


ぜんぶ正直に言うと恐怖心がその恐怖の現実を創り出すという「引き寄せの法則」というもんがあるからな。


嘘でもいいから今はとにかくダイジョウブの大合唱が必要だ。


我々は創造者として凄いパワーを備えているから。


ハープなども信じたらダメよ。ダーク卿に力を与えるだけのこと。


ジェダイの騎士は「恐れを取り込むと」ダーク側に堕ちてしまう。


みんなそれだけのパワーを備えている。


それを長い間「否定」するように操作(もっとも自作自演のシナリオらしいけど)されてきた。


「思いださないように、思いださないように」と。


 


 


あ、そんな事書いてるんじゃなかった。のです。


 


 


これからはどうしたら効果的に放射能汚染を無害化できるか?

おそらく、これから民間には沢山の技術が隠されていると思いますので、それらの発掘作業をするだけでよいかと思います。

これから開発研究ではなく、既にあるものを掘り出すという作業ですから、見つかったら速いと思います。

いや、その前に「見つける能力」が必要です。

学者さんとかどこかの教授さんだけに任せておくと、彼らは頭が良いだけあって「既成概念」というシャッターが付いていますからね。

そんなシャッターを付けていない、「なんでも受け入れてみる」という容量の大きい能力が必要なのです。


そんな人材をまず採用することから始めないといけません。
すると、後はもうスムーズに行きます。

既にあるものを見つけ出す。
あらゆるシャッターを排除して、「え、それは何?」「へえ〜こんなものが?」「信じられん!けど、やってみよう」とか、
要するに「一応なんでもやってみよう、後は結果で判断できるからね」
という
一本筋を持った人を


まず「発掘」することです。

で、そんな人を発掘する人を発掘する?

閑散、いや、管さんの見せどころですけどねえ。


え? 菅さんの腕の見せどころを見せる為の側近が必要?
その側近を発掘しなきゃ、でもそれを誰がやるのかな?


ここで、菅さんはほうれん草や牛乳飲んで見せてくれと言うような人材じゃあダメねえ。


既に知る人は知る
「微生物の応用科学」で「放射能は消せる」という情報も出ているし、その他にもあるだろうが、これから真っ先にやる事は「既にある放射能除去技術」を皆で捜して(既にあるのだろうから、すぐ見つかるだろう)、それをあらゆる方法で採用出来る方向に導いて行くというビジョン。

決まりだな。
参考は藤原直哉のネットラジオ放送収録版


とか柳田ファーム等を検索  EMBCだったかな?


 


 


おわり(あとは妄想話だから読まないでね)


 


 


 


それにしても、

こちらはあまりにも宗教的、オカルト的な話題になるが、
岡田茂吉の時代は、
「原爆恐るるに足らず」という論文を書いたほどだから、放射能除去技術はあの昭和20年代にはあったという話。

では、いまはどうなの?

って聞かれると、
「う〜〜〜ん」とボクはうなるだけだなあ。


もうあの頃の力は無いのかも知れないし、いや、あるかも知れない。

それは教団という団体にこだわる必要はないのも知れないが・・・

ボク自身は自信が無いが、自分だったら、自分の手を使って見えない放射能(これを人体放射能という)を放射して無害化する(つもり)。


これを浄霊法と言っていたものだが、現在では放射能を無害化できるのか、出来てもどれだけの効果があるのかは不明。

おそらく、後継団体でもそんな事は言わないだろうね。
だって、「出来る」などという自信もないだろうし、そんな事言って「出来なかったらどうなる」っていう不安もあるだろうから。



しかし、人は想いが創造となると言うじゃないか。
しかも、人類は皆、手のひらからある種の光が出るという。

それじゃあ、みんなでちょっと訓練してみて、大勢の中でどれだけの人がどれだけの効果を上げるのか「まんずはやってみるべえ」でいいんじゃないの?


イメージとしては手のひらから光が放射されて、向こう側の壁でもなんでも鉄板でもなんでも突き通しているという、まあ想像だね。


後は自転車の練習と同じ。

最初は意識して練習するが、そのうちさっと乗れるようになる。当たり前になる。

もちろん、これは宇宙の根源から愛の光を戴くという意識を持って、決して自分(自我意識)の能力だと思わない。

常に力を抜く。これは肉体的ばかりじゃない、自分が治すとか治そうとかいう意識も無駄で邪魔になるから、そういう自我意識と言う力を抜くこと。


もちろん、浄霊という名前などどうでも良いんだけど、
自分で名前付けたって構わない。

野口整体の方では愉気とか言うらしい。
レイキなどと言う似たようなものもあるし、

要はどんなものであっても、自分が宇宙の根源と繋がっているのだから、出来るのが当然という事で、後は試してみることで。


え、出来ない?
何度もやってみてなんの効果もなかったら、それはご苦労様でした。ちょっと時間の浪費でした。
で、ほとんど損も無いだろう。

どこそこの団体に入ってとか、セミナーを受けるとか、伝授して貰うとか・・・

そんなの一切関係ない。

要はやってみること。


まあ、物質的に放射能の数値が下がるかどうかはちょっと疑問だけど・・・

じゃあ、ダメか?
というと、そうでもないんじゃない?


要は無力化する
という意味で。

放射能の力は見えない世界。
しかし、みえないけどパワーがある。能だから。
そして、計器で測れる。

だから有ると分かる。

それだけ物質的にも近いもの。



しかし、
人体放射能は反対に物質的には遠い存在。

これを計器で測れない。
だから無いとする。

しかし、実験、体験で存在を確認する事はできる。


もしも確認できるものなら、それを応用してみることも自分次第。

だれも強制も抑制もしない。


能力としては波動の法則でいうと
物質的に近い波動ーーーー荒いから計器で把握できる。
物質的に遠い波動ーーーーー微細だから物質的計測は出来ない。

物質的波動を制御できるのは非物質的波動である。

つまり、荒いエネルギーよりも微細なエネルギーの方が上位にある。


おそらく微生物が放射能を制御する能力は、微生物の活動が微細なエネルギー、波動を創り出しているからだと思う。


エネルギー転換は太古から行われてきたのだが、それを物質的には証明出来なかっただけで、実際日常において生物の中では常に原子転換が行われている。


こうなると、いろんな技術の応用で「放射能恐るるに足らず」という現象がこの東北地震の原発事故を布石として世界に顕現する時が来たようだ・・・な。


まあ、妄想は創造の内というから、漫画家の描いた未来が今になって実現しているのと同じ。

妄想こそ創造主たる器じゃなあ〜〜

などと、すっかり自画自賛して今日はおわることとする。



ここまで付いて来れたひと、手を挙げて。


いや、上にじゃないの


まずはしっかり心身ともに脱力してから、手をかざす。



え?  どこかの宗教信者と間違えられる?


そりゃそうだな。
これもけっこう勇気が要るかもね。


だって、ボクだって今は人前ではほとんどやっていないからね。

言うは易く行うは難し


よく言ったモンだ!!


あ、やっぱりここまで読んだのね。


「決して読まないで」効果(笑い)

破壊の中にて創造する。人の隠されていたパワーを引き出す方法伝授

ああ、神様!


どうか原発が爆発しないようにお願いします・・


どうか放射能が拡大しませんように・・


大地震がこれ以上起こらないようにお願いします・・


 


 


あ、チミ〜〜〜


 


ダメダメ、そんな下手なやり方じゃ!


 


え?


 


あんた、その中にキーワード入れただろう?


「原発爆発」  「放射能拡大」 「大地震」


 


 


ああ・・・・


 


 


それが下手なやりかたなんだよ。


 


でも、起きないように・・とお願いしていますよ。


 


アッチの世界はどうもへそ曲がりの様だよ・・・


あんた、蛇が嫌いかね?


 


 


ええ、嫌ですね、見るのも。


だから山を歩くときはドキドキですよ。


絶対わたしの前には蛇が現れませんようにと願っているんですけど・・・


 


 


でも、けっこう嫌いな人ほど蛇を見る(笑い)


 


そういえば・・・・


見たくない嫌いなのに、別に平気な人よりも蛇を見てしまう・・


 


それ、それよ!!


 


あんたは蛇をキーワードに入れたね。


フォーカスする、注目する、気にする・・


「蛇」にね。


 


でも、蛇を見ない、蛇に出会わない様にと真剣に願っているのにですよ!?


 


 


それがヘタコイタというんだよ。


 


と、どうもボクが書くと、自分が「蛇見たくない人が蛇を見る」たぐいなので、やっぱ、


他人様に書かせておいたものをご紹介しておく。


 


・・??他人様に・・・書かせておいた??・・


まあ、よくいうじゃないか、根っこは繋がっているって(爆) 細かいことはおいといて・・


 


◎ご注意;いつもの様にぼろぐ主のまえがきはほとんど役に立たないので飛ばして、転載記事の方に直接どうぞ。


(オイオイ、最後に書くな!!)


 


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


幸せへのスピリチュアル・メッセージ


ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界!そこには、幸せへの近道、 ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智… 初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

『未来を創る』 (18)


NEXT(つづき)


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


 


 


ちょっと文字が小さいのでボクはいつもの様に音声読み上げで聴きます。


テキスト文にして文字拡大で読むか、縦書きビューアソフト(これは便利、読みやすい。各種あり無料)で読むかする。


 


ひじょ〜〜〜〜に、分かりやすく書いてくれていますよ。


 


さすが! わが秘書!


(オイオイ)



いまあなたは試されている

ああ、


 


おまえね。


 


 


いや、おまえだよ。


 


だから


おまえだろ?


 


 


だから〜〜


オマエだよ。


 


え、だから読んでいるオマエだろ?


 


チガウってっ


 


書いている


つうか、ポツポツとキー打っているオマエだよ!


 


 


ああ?・・・・・・・


 


 


オレ?


 


誰が試してるの?


 


もちろん!


 


神か?


 


オマエだよ!オマエ。


 


 


え、オレ?


 


なんで、オレがオレを試してるのよ?


 


そんなのオマエがオマエに聞けよ!


 


え、オレがオレに?


 


 


けど、


 


ここ読んだ人は?


 


試されたの?


 


 


こんなくだらない話を


さいごまで読むかどうかという・・・・・


 


 


・・・・・・・・


 


 


 


あら、読んじゃったの


 


 


いま思うんだけど、


 


アクセス数が異常なんだな。


 


普段200もあれば御の字だったんけど。


 


なんだか自信失った。


 


なんで?


 


どうでもいいことにばかり反応されちゃってさ。


 


 


だいじょうぶ。


 


 


これ見て明日から歓呼鳥なくから。


 


 


その後は?


 


またひねくって考えて顧客集めに奔走するだろう。


そういう男だオマエは。


せいかくにねじまがってしまったらしい。


 


 

地震より自身の自信かな?

愛と光の星・・・地球


より


ハルマゲドン


 


の中でリンクしてある


東北地方太平洋沖地震


 


後はグリコのおまけ


 


5円のおまけでして・・・


いつものように読んでから後悔しないように


 


 


 


 


光と闇の闘い

これがなんと外の世界ではなく、自分の内なる宇宙で起こっているという。

右や左のだんな様

右はこうだと言う。
左はああだと言う。


オレは真ん中で右向いて怒ったり、左向いて笑ったりしている。
また右向いて安心したり、左向いて怖がったりしている。


おい、オレは首振り人形か!

え?

その左右の人たちの方が人形だって?


ほらほら、君の左右の手を見てご覧、

あ、何か持っている・・


そうそう、その持っているものの上のほうも見てご覧



え〜と、

こりゃ、なんだ? 脚だな・・・と言うことは・・・・

次は・・あ、胴体か・・・


その上だよ。


え? あ、
なにか盛んにしゃべっているぞ!


君が両手で持っている物がわかったかな?


あ! こっちの方が人形だ!


そうそう、自分で持った人形に喋らせているのに、君の方が人形になったつもりで首を左右に振っているという爆笑一人芝居というわけだ。


ええ〜〜?
これって自分が仕掛けたの?
で、人形使いのオレが、逆に人形に操られている人形?


ははは、人間という人形をまた左右に人形使って踊らせているという一人芝居という、まあ手の込んだ腹話術師の見事な演技だねえ〜〜(大笑い)



ええ〜〜〜!!!

じゃあ、右や左のだんな様の言うことは自分が・・・・


そういうわけさ、しかもすっかり真ん中の人形になりきっている腹話術師見たいだから、のめり込んでしまって、迫真の演技してるってわけさ。


すると、まったく意見の違うことを両脇から叫んでいるってのは自分が叫んでいるってこと?

それを腹話術師は見事に演じているわけだろうな、自分が腹話術師という事も忘れるほど、まあ昔の団十郎を超えて自分が役者という事も忘れる真剣芝居という。
自作自演の大道芸だなあ。


えええ〜〜〜
でも、オレだけでなく、あっちにもこっちにもいますよ。沢山!

ふふふ・・・

それもみな自分の舞台効果を盛り上げてくれるために用意したんだよ。



ここまで来るとまったく信じられない話だ。
書いているオレが信じられないんだから、読んだ人も・・・

いや、そうでもないだろ。
君の様なものよりもずっと早く気づいている人たちは50000、いやごまんといるらしいぞ。


で、結局オレはどっちのだんな様人形の言うことを聞くわけ?


 


そんなのアンタが決めてあるんだろうが!


 


ええ〜〜〜〜、オレが決めるの〜〜?


 


ほらほら、腹話術で人形に喋らせている真ん中の人形さん、君だよキミ〜〜


ぜんぶ君がシナリオ創ってるんだ。


アドリブも自由なんだろ?  


 


これからどうするんだね?  アンタハ。


 


追記


どうやら、真ん中も実は人形だったらしい。


え?


じゃあ、主人公は?


夢見ているらしいよ。その主人公の腹話術師を自分としての・・・


 


それに、


右と左の二つの選択を迫られていると言うのも早合点らしいぞ。


え?


3つあるんだと・・


 


右と左以外に?


 


そう、「いまは決めない」という3つめの選択さ。


 


あ。  な〜〜るほど〜〜  決めないという選択か。


 


 


 

地震に関しての記事は当分お休みします。

どうもいい気になって、アクセスあがるものだから盛んに書いていた自分。


 


どうも不純過ぎた。いや、もともと不純だったか(苦笑)


で、もう少し平穏になるまでお休みすることにしました


地震後の記事は全部削除しました。


 


あらためて、被災地の皆さんの元気をイメージして、自分は自分の平安を。


(これが一番大事な事だった〜)


 


コメントいただいた方には申し訳ありませんでした。


 


もう少し落ち着いてから、本来の転載王を始めます。


だいぶ、調子に乗りすぎた。自分が分かってないのに(もっとも転載なんてそんなものかも)


 


既に危険水域は脱出したと確信。 もう大丈夫!!


これからは本来の日本人が多くなるばかり。


良かった・・・

★「恐れ」からの脱出★アファメーション付

ヘミシンク訓練でも最初に恐れ、不安をボックスなどにしまい込むという意識上の作業をやりますね。


長い間この地球上に恐れから発するマイナス波動が支配してきたと言います。


それを岡田茂吉は「夜の時代」となづけ、これからは「昼の時代」がやって来ると。


その夜の時代を象徴するのが「恐れ」を土台としたあらゆる人間の意識や思考というものだったのかも。


不安、恐怖とも言い換えれば、今の世界がまったくその様な様相がハッキリしてきました。


しかし、それは鍋底にへばりついていた汚れかすが熱に溶かされて表面に浮いてきたようなものかもしれません。


自分の中にまだ見えてこない恐れが表面に出てくるとき、それにフォーカスすると翻弄されてしまう。ほんろうされると言うのは同調してしまうことでしょうが、それによって自分自身が創り出すパニックでまた自分がパニックを増長させる・・・・


 


キャア〜〜〜〜、ギャア〜〜〜〜と叫んだ、その自分の声でまた恐れを増幅して、ついにはパニック状態に陥る?


では恐れをどうするか?


もともとあるものだったら


 


お〜〜そ〜〜〜れ〜み〜〜よ〜〜〜


 


と冷静に見つめて流す。


これは練習だな・・・・きっと。


最初は怖い顔の人でも見慣れるとなんだか可愛く見えちゃう?


怖いと思ってみるのと可愛いと思ってみるのとはぜんぜん見え方が違う。


お岩さんでも可愛いと思って見つめる。


 


そうすると、相手は怖がってくれないから、切ない顔をして通り去って行く。


そんなにジッと見つめないで、恥ずかしいから・・・とか言って・・


 


 


 


★「恐れ」からの脱出★アファメーション付


 


 


バシャール


バシャール〜「恐れを感じても大丈夫♪」


 


バシャールのメッセージは





 


上記でテキスト翻訳文章と原語文、さらにユーチュープの映像りんくが多数あります。


 


 


合わせて魂のインターネット   新しい時代への手引き書


(宗教を超えて宇宙時代への教科書のひとつとして読んでいます。)



 


 


 

宇宙から見た「運命」論

運がよい、運が悪い


何気なく使う言葉。 しかしその「運命」とは何か?


おそらく他者との比較で変化してしまう価値観なのかも。


絶対的な運命というような、固定した状態は無いのでしょう。


個人によってその判断は違います。


ある人から見たら運がよいと言うし、別の人からみたら運が悪いと言う。


しかも、自分でみても果たして運がよいのか悪いのかも分からないわけです。


それは時間と供に変わってしまう。


あの時は運が良い(悪い)と思っていたのが、時を過ぎたら運が悪い(良い)と気づいた。


しかし、その時の判断のまた時が過ぎると反対に思えたりして。


どこまで行っても固定された運命などあり得ないわけです。


ただ、その一瞬の時の状態、状態と言っても感情的なものが入るので、運命の良し悪しなど決定出来ないものです。


しかし、他者との比較という点でいつも運命を決めると固定しやすくなります。


それには幸不幸の判定まで加わりますが、その固定する者は一般常識という様なあるような無いような線引きがされるだけの事でしょう。


人の病気、死も究極的な運、不運で判断しがちですが、それは幸不幸の判定とも似ているというか、同質なものかも知れません。


どちらも本当は固定された価値のあるものではないから、結局は社会の平均的な常識観でしか人は較べるものがない、そんな常識観など世の中の移り変わりとともに変化してしまうものです。


さて、へりくつを並べてみましたが、運命とは?


運を良くする方法とか、運命を改善するとか・・・・


そんなものが本当にあるのかどうか分かりませんが。


そもそも、そんな運命を変えたいと思うところには、自分の運が悪いという決めつけが成されるからでしょう。


決定づけているその裏には運命標準表でもあるのでしょうか?


そんなものは無く、ただ他人様からみて自分は運が良いだの悪いだのと決めているだけのこと。そういう人が他人の運まで決定してしまったかの様に査定してしまうからです。


この地球上に神が人間を通して体験をする


という大前提を認めるとしたら、


運の良い悪いなど、全然ナンセンスな考え方だと分かります。


体験するのに、例えば財産とかをあげれば金持ち、貧乏となります。


しかし、貧乏体験を神の体験として望んできたのなら、途中で大金持ちになったとしたら、それこそ運が悪いという事になり、また次回に貧乏体験をやり直さなくてはなりません。


人に虐げられるとか虐待される体験を選んできた神の代理人としては、誰かにその悲惨な運命を助けられてしまったとしたら・・・・


目的から見たら、選んできた運命を途中で挫折してしまったということになり、それこそ運がついてないことになります。


 


要は喜怒哀楽の体験をしたくてうずうずしている冒険者達にとって、運というのはあらかじめ決めて来たテーマに沿って人生が送られるかどうかなのです。


他人様から見たら運が悪いと見えても、それは自分の選択した体験コースだとしたら、少しも運が悪くないわけです。皆が同じ体験をするという地球上のゲームだとしたら、おそらくあまりにも単純過ぎて「おかしくもおもしろくも何ともない」世界になるでしょう。


例えば最近起こった悲惨な事件。


これを当事者達も周りの人たちも「なんと運の悪い事が起こったのだろう」と嘆き悲しむのは至極当然の事です。


そこには悲しみと無くなった方への愛情とか、そして加害者への憎しみとか怒りがわき起こるはずです。


ただ、それは自然ではあるが、そのままその感情を引きずり続けると、とても辛い人生となります。それもその体験を欲してきたと言えばそうでしょうが・・


 


しかし、今の時代は冷静、いや、霊性回復の時代だと


「魂のインターネット」


というHPで書かれていました。


そろそろ、運命とは何かを忘れてきた奥の部を公開してしまうという人類にとっての大イベントが始まったようで、その前兆のひとつとして様々なチャネリング情報があちこちで聞かれます。


そのひとつ、運命論


(ああ、自分で書いておいてこのまえがき、ほんとかいな??)


お後の方がよろしいようで・・


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


運命


少し単純に言うと、
運命とは、自分が許した現実の創造と言う事です。これが、運命です。

この許した事が、どの時点で許したかによって、その性格が変わるという事です

根本的なホーリー・スピリットの部分で許した現実ならば、それは、変更は難しいでしょう。

ところが、感情のような表層的なものであるならば、幾らでも変更が可能です。



また、先の話と矛盾するかもしれませんが(実際は、矛盾しない)、パラレルワールドの考えを導入すると、あらゆる現実を変更する事が、可能となります。

ところが、神との契りに関しては、あらゆるレイヤーに行き渡るので、変更は、ままなりません。

理解できますか?



そのメカニズムを知らない限りは、変更できないのです。

出来る場合は、あなた自身が、止めるだけです。

ところが、自己の求めるものは、自己の拡大ですので、神との契りを止める事は、拡がりのチャンスを失う訳ですから、先ず遣らない事になります。


ただ、感情面の恐れで止める事はありますが、促されるでしょう。
衝動が強いのですから・・・・



 ● これは、あなたと私が、一つであると言う事から決定されました。

止めるのであれば、止められますが、しかし、私の一部がそれを許さないでしょう。

神である私の部分が望むのです。

また、あなたの神でも在るのですから・・・



ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


 


と、まあ、ボクの解説はどうやら的外れな面もありますが、それはそれとして


(おい誤魔化すな)


 


運命を変えるという事は奥の意識としては変えたくないというものらしいです。


ただ、浅い次元というか感情次元では変化できるらしいですね。


まあ、


表面意識が「運が悪い」と思っていても、奥の自分は「とても順調に行っている」とほくそ笑んでいるかも?


だから、いくら変えようと努力しても、後押しの方があって向いているかも(笑い)


まあ、運の悪いという体験をしているのが私と神とか何とか言って開き直るしかないようね。


そのうち、


何年かして


 


ああ、あの時苦しかったけど、


今になって分かった。


絶対あれは必要だったんだなあ・・


と感謝している自分が居るかも。


最後まで分からなかったら、


まあ、次回にお楽しみが待っているでしょ。(自分で選べばのはなしだけど)


しかし、


本当におまえそれで納得しているのかい??


 


う〜〜〜〜ん


 


 


あら、悩んじゃってる? 


ベンツが悪いの?

宇宙医師から見た「人間の病気の意味」とは

むかし、あるチャネリング情報として保存しておいたものから、抽出しました。


これを発表した方が閉じてしまったのですが、そもそもチャネリング情報(これはどこかの宗教の教祖が受けた神示なども同様)とは、独占する性質のものではありません。


よって、各宗教の教義に著作権などをかけるとしたら、まったくナンセンスとしか言えません。


たしかに受信者はひとりの人間ですが、受診内容は人類に対する教示みたいなもので、独占件があるはずもなく、それを取捨選択する権利はひとりひとりの人間側にあるからです。


ただし、本にして収入を得るとかの行為はこの人間世界での決まり事になりますので、むやみに横取りする様な行為はいけないでしょうが。


しかし、そもそも人類に公開するという事がチャネリングとか新示ですから、勝手に隠したり非公開にするのはどうかと思います。


それは受信者と発信者を同一するという勘違いであり、その選択は公開された後の問題、個人の自由意思によるものです。


ということで、今回の情報は「差し止め請求」があったとしてもお断りとしました。


くどいですが、取捨選択は読んだかたにお任せですよ。


 


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


病気についてのチャネリング情報ーー一部抜粋


 


病気』とは、本来人間には有りません。全てのものに、ありませんと言うべきですね。『病気』は、基本的に未消化の不安の種の蓄積を意味します。



生きて表現して行くと(物質界で)、生存に対する基本的な恐怖を、何時もどこかに持ち、生活をする事に成ります。

その恐怖と言うのは、自己愛の忘却、または、変容を表します。

本来、私達、個人個人は、全て第1意思(意志)と繋がっているので、不安になる要素は存在しないのです。

ところが、新たな拡張を続けるように準備実行された、この物質次元の表現で、この表現している仮の自分こそが、『自我』こそが、自分と思い込んでしまい、死という幻に、常に、苛まれています。



また、この恐怖は、あらゆる形に姿を変え、相対性の中での明暗、光と影の側面を創り出しました。
悪い事では、ありいません。
何故なら、これによって、感情的な側面が大きいにせよ、喜びと言う愛の表現の存在意味をとても大きく知るスパイスのような物に成ったからです。


本来、私達は、喜びしか知りません。
ところが、この喜びだけの中では、喜びとは、一体どのような物なのかを、知ることが出来ないのです。理解できたでしょうか?

よって、これは、この次元に来た一つの目的であった訳ですから、それを達成することが可能にしたツールなのです。

その意味においては、十分その働きは、達成しています。



ところが、人間は、その事を忘れています。これが、真実に成っています。恐怖が・・・・!



ということは、マイナスエネルギーが、恐怖だとすると、量子的に考えると、喜びをプラスに見て、在るがままが、プラス、マイナス、ゼロの状態です。つまり、釣り合いが取れている時です。この状態は、ニュートラルなので、病気になりません。



プラスの場合は、喜びの増加の場合は、体の中のイオン変化が増幅され、活性化する状態になります。
つまり、エネルギーバンドが上昇して、振動数が活発に成るのです。そうすると、脳から、電気的信号が流れやすくなり、細胞内のDNAに組み込まれた自浄性プログラムD‐45pxy(?)と言うプログラムが活動して、体の代謝を促進し、新しい物と交換するのです。その為、体は、正常なニュートラルな物へと再生されていきます。



逆に、マイナスエネルギー、恐怖を持ち続けた場合は、どうでしょうか?

この場合は、プラスの時とは、逆な状態を引き起こします。脳から、本来、定期的に送られるはずの、代謝促進による電気信号が、送られなくなります。何故でしょうか?それは、エネルギーバンドが、振動数を下げてしまい、不活性な状態に、体の細胞変化(を)、引き戻します。量子的に、停滞させてしまう、硬直させてしまう訳です。



そうすると、活発に本来交換が行われるはずの、エネルギー交換が行われず、固定化されてしまいます。
と言う事は、全てに、神の意志である、新たな創造と言う使命が在るとすれば、それは許されません。
と言う事は、その停滞するものは不必要に成り消えていきます。それが、原理です。



細胞の方に戻って話をするならば、変化が起きない細胞は死滅して行くのです。単純な事です。
更に、その恐怖の蓄積が多くなると、その死滅速度は、速くなります。

脳から、喜びとは違う信号が、送られるのです。それは、細胞内のDNAのZpg‐475ya(?)と言うプログラムを起動させ、細胞の異種化増殖をさせるのです。
つまり、癌のような死滅細胞を作るのです。これは、同時に、Dzp‐25hgy(?)と言うプログラムとあいまって、健康な細胞まで死滅させてしまいます。

分かったでしょうか?



『病気』とは、何を隠しそう、恐怖の蓄積によって起きます。
恐怖とは、変容しますので、例えは、憤懣だったり、悲しみだったり、怒りだったりと、自分が認められていないという感情の部分が多いかもしれません。この感情を良く見ていくと、気づきます。


『認められない』
これは、自己否定です。

認められるのは、誰であろう?それは、あなたに他ならないのですから・・・。
自分で自分の存在を、この次元で認めないのですから・・・分かりましたね。

ですから、病気に成り死ぬのです。



では、何故、病気は体の部位により起こるのでしょうか?それは、@@@等の色々な方が、体の部位と感情の対応などを話しているので、よく見て下さい。



これは、大変優れた警報装置で、自分の感情の中で、何が見整理で、蓄積されているかがわかるもの、知らせる機能なのです。

例えば、心臓が悪い人は、愛を表現しきれていない、声が出ない人は、人の事を傷つける事を言いすぎる等、よく考えると、そのような教科書を見なくても、自分でわかると思います。

十分注意して見る事です。分かりましたね。

ーーーーーーーーーーー以上ーーーーー


なるほど、かなり奥の視点から病気というものを解説していますね。


上記中の「では、何故、病気は体の部位により起こるのでしょうか?それは、@@@等の色々な方が、体の部位と感情の対応などを話しているので、よく見て下さい。」


とありますが、その名前は伏せました。


 


しかし、最近の記事で紹介した本


自分を愛して!」(検索で出ます)


これには非常に細かくまるで医学辞書の様に書かれています。


 


人の感情体が病気の原因としてかなり影響力を持つ


 


これは岡田茂吉の医学論をさらに超えた内容かも知れません。


信者さんにとっては納得しがたいかも知れませんが。


それは仕方ないことです。


人類は全体の進化と供に、受信される内容も高度になってくるのが当然です。


 


現代医学者の方では土橋医師が同様な事を話しています。


治療ではなく何かが癒す。


その何かが、人間の感情とか意識的なものだと言うのです。


 


極論を言えば、というより、極端な実例が


増癌剤である「抗がん剤」を飲んでいても、癌が治ったという人もいるという事です。


逆に自然療法的なもので、薬を飲まなくても死亡する人もいるという事です。


ただ、それらは単純な公式ではなく、すべてその人によって異なるものでしょう。


 


原因が物質的な方に近いひとも居るだろうし、


より意識界の方に近いという人もいるわけで、


本当に分かるのは自分の神のたち位置においてしか分かり得ないと思います。


 


他人はただ後でそれを想像するだけのこと。


他人がいくら病気の真因を解き明かそうとしても、それは一般的なものであって、個人の特定は神ならぬ者(完全に繋がっていないひと)に解けるはずもないでしょう。


 


だから、人の死に対して「これこれの原因だ」と断言できる人はこの地球上でひとりも居ないと思います。(と、断言)


みな、それぞれの信念(他から植え付けられたもの)を土台にして、たぶんこれだろう的なものに過ぎないでしょう。


と言いながら、自分も他人の事を判断しているという愚か者(莫迦)


 


 


 

悲惨な事故や事件で死んだ家族、短命で終わった家族は魂からみたら完璧なのか?

おそらくこれは当事者になると受け入れられないはず。


知っていても感情は当面受け入れないでしょう。


でも、知っておいても損はないかも。


もちろん、受け入れなくても結構。 


ただ、ボクは受け入れた。いや、受け入れた方が楽になる。


極悪人を憎む、許せないという感情はあって当たり前。


短命に終わった家族を悲しむのは当たり前。


 


しかし、それをいつか超えないと自分が何時までも傷ついてしまう。それは身体に現れるし、いつまでも癒されない自分が続くから。


 


時間をかけてでもよいから、いつか理解しないと・・


 


この世の肉体人間だけの思考では苦しくて悲しくて悔しくて・・


そして最後まで苦しむのは相手どころか自分になる。


これを受け入れるかどうかは自由だから。


 


あるがままでいいんだよ...守護さんとぼくのおしゃべり


ここは高次の自分との対話。いわゆる神との対話みたい。


その神とは高次の自分になるらしい。


神が人となり体験するというから、逆をたどれば神に近づく意識。


その視点から見ると死に対する認識がまったく異なってくる。


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


「この世に生まれて、すぐに死んでしまったり、犯罪にあって悲惨な人生をあるいている人も完璧なのか」 

って言う人いますね。


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


見たくない人はここで終わり。




どうしても知りたい人は



 


 


地上での不幸に遭った被害者や家族は


時間が経たないと受け入れられない、あの世とこの世の仕組み。




 

自分を愛して! からだの声を聞きなさい ーー病気の心因とは

という本のそうかいです。


 


おや紹介。


 


もはや、岡田茂吉の医学論だけでは解けない身体と心の関係を辞典の形にして、その都度検索できるようになっている本です。


身体的にみれば薬毒や不純な添加物などの毒素。
精神的には想念の毒


これですべてを解明できるかどうかという疑問を持っていたのですが、この本を付け加えて総合的に身体の健康と精神のあり方がよく解ると思いました。


「すべてはこれだけで」という事はこの世界では無いと思います。


宗教を超えた精神と感情のあり方をひとの病気に関連づけている内容はとても新しい感覚だと思います。


極端な例ですが、土橋先生が藤原直哉氏のインターネットラジオ放送で言われたことがあります。癌の人が抗がん剤を飲んでいたにもかかわらず(普通は飲んでいたからとなるでしょうが、本来は抗がん剤は癌促進剤ですので)、癌が治った人がいるという。


それはその人が180度、心の転換があったからだという話です。


また乳ガン患者を長らく観察してきた結果、右と左の違いがそのひとの生き方、感情や考え方に原因がある(関連がある)とも言っています。


 


ごくごく極論になるかも知れませんが、薬毒があってもその人の普段の考え方や精神とか感情が病気の発症を左右するということでしょうか。


だから、また極論ですが、


自然療法やっているとか、自然食を心がけているとか、モノ的な原因よりもそのひとの心の状態が病気の発症を左右するということがあるようです。


いや、そちらの方が根本的な原因となるのかも知れません。


体的には、薬という毒や食べ物に含まれる有害物質、それと生まれながらの遺伝毒素・・


しかし、これらがあっても発症しないで健康であるひとも居る。


これはいくら浄霊法とか自然療法的なものをやっていても、心のあり方によっては発症するし、それが解決しないうちは繰り返したり、短命で終わるという事も有りなのかと思うのです。


 


私は「浄霊は万能ではない」と最近言いましたが、その意味はここにあるようです。


 


なぜ病気をするのか、もちろん原因が身体にあるからですが。


その発症を即すのは何か?


もちろん、天恵の浄化作用なのですが、それだけでは無い、なにか機械的な方程式じゃないものがある。


 


それがその人の表面意識と隠されている奥の意識に差があるのではないかというものです。


これはかなり深くて重要なところでしょう。


しかし、いままでそのような詳しいあり方はほとんど知られていませんでした。


病気をするには単純に浄化作用としてだけでなく、その人の心の状態の表れとして


むしろ、「気づきのチャンス」として起こるのではということです。


ゆえに


 


その「気づき」がなされないと、ある意味ものすごい力を与えられても、それは気づきが解決していないと、再発する・・・・


昔も今もかなり効果のある治療法があるようですが、どれにしてもその気づきが同時に行われていないと、再発するということなのではないかと思うのです。


だから、浄霊に限らず他の素晴らしい◎◎療法と言っても、やはり「万能ではない」のではと思います。


 


なぜなら、その人ひとりづつ皆心持ちは違うのです。


それと前世からのくせというものも異なっています。


おそらく「考え方」が似たような人生を繰り返してきて、ここに来てすべてを解決する為には「気づき」が必ず必要だというのではないかと思うのです


 


それが今の地球大転換の時期に一切を解決したいと望んでいる魂が多いのでは。


もちろん、先延ばしにすることも魂によっての自由なのでしょうが、いまはそれこそ未曾有の大転換のエネルギーの恩恵にあずかれるという大チャンスなのでは?


 


だから、身体的には亡くなってでも、このチャンスを生かすためにあえて大病(大浄化)を選んで、気づきを即すという事もあり得るのだと思います。


その気づきが100パーセント?かかなりの意識転換がうまくいく人も居れば、すでに身体的には持たなくなって逝く人も居るでしょうが、魂にとってこの世の生き死になどはあまり関係ないことでしょうから、かなりきつい浄化(病気)を選択する事が多くなってきたのかも知れません。


 


では、宗教の教えとはひと味もふた味も違った、精神世界の考え方からその「気づき」とは何なのか? という事を症状別に解説してくれる本を買い求めてみました。


やはり、ここでも広げれば八百八十巻、まとめれば一巻。


すべてそこにたどり着く解説がありました。


自分を愛して


という意味を知るにはまだよく分かっていないボクですが、まあ死ぬまで何年(数日かも知れないが誰も分からん)かですが、そこへ行くまで理解して自分に活かしたい。


 


下の方が参考関連図書です。


 



 


プロフィール

akyoon

Author:akyoon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR