「病気があるから健康を保つ」という新型医学理論の登場

あえて古い論文から抜き出しています。

昭和11年ですが、その後に幾多も残した医学論は左のリンクから読んで貰うとして、この古い時代に書いてあった論が未だに新しいという感覚がしますので。

医師も患者も「医学に騙されている」としたら、その基本中の基本が何なのかを知らないと分かりません。


病気の源はひとつなのだとしたら、万病はその表れのひとつひとつに過ぎないのでしょうから、何万の病名の症状を細かく研究してみても分からないのです。

いや、かえって迷路にはまってしまうわけで、医療の専門家が「全体を知らずに各論を唱えて研究している」状態となり、脚の事は知っているが頭の先の事は専門外という様になっているのが現代医学の実情でしょう。


医学の根本中の根本を知れば万病は自ずと解明できるはずです。






ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

毒素療法

『明日の医術・新日本医術としての岡田式療病法』
昭和11(1936)年5月15日発行


 病気は、自然浄化作用であるという事は述べた通りである。

故に、人間は、病気という、浄化作用があるから、健康を保っていると言ってもよいのである。


であるから真の病気治療とは、病気を外部へ排泄する事であって、内へ押込む事ではない。




例えば、腫物が出来ようとする場合、それを散らそうとするが、それが、大変な誤りである。

肉体自身の自然浄化作用が、折角、内部の汚物(膿)を排除しようとして、皮膚面にまで、押し出して来たのを、再び元へ、押込めようとするのであるから、もし、その目的通りに内部へ還元したなら、その汚物は、内臓へ絡んで、内臓の病気を起す事になる。

故に、飽くまでも、外部へ膿を排泄し、残余の無いように、しなければならないのである。



 膿の排泄であるところの、浄化作用が起るという事は、それは、その人がより健康で、生活力が、旺盛であるからである。


それが不純物である膿を、排除しようとする。

その現象としての病気発生であって、それに伴う苦痛である。

故に、苦痛があればあるだけ、肉体は浄化されつつある訳である。


随って、その場合として余病などは、決して、起るべきはずが無いのである。

しかるに、実際は、医療中、よく余病が起るのであって、はなはだしいのは、幾つもの余病が起るという事は、排泄さるるべき汚物を、押込めるからである。


例えば、ある一部に病気が起るとするとそれを散らそうと、氷冷法などを行う、それが為、そこへの膿の集溜運動は、停止されるから、膿の残部は、他の方面へ、方向転換をする。

それが他の部分へ余病となって表れるのである。

その一例として中耳炎を氷冷するとする。熱に因って溶解された膿が、中耳に向って進行し、そこから外部へ出ようとする、それを氷冷によって、停止をさすから、膿はたちまち、方向転換をし、小脳へ向って、進行する。
その結果が、脳膜炎である。
手当をしなければ、中耳炎で済むべきものを、手当をして反て、脳膜炎という余病を併発さすのである。医学の誤謬は、実に、及ぶべからざるものがある。






 故に、今日までのあらゆる療法は、病気を治癒しようとする場合、薬剤やその他の方法に依って実は、血液を汚濁させようとするのである。


それは、血液は汚濁すればする程、浄化作用の力が、弱まるからである。


浄化作用が、弱まっただけは、病気現象が衰退するのは、理の当然である。


即ち、病気が一時引込むのである。

それがちょうど、病気が治癒されるように、見えるのである。


動物の血や、牛乳を飲むとか、蝮、蛇等を呑むとか、注射で、薬液を血液に注入する等は、いずれもみな、血液を汚濁させるのである。


それによって、病気を引込ませるのであり、それを、軽快又は、治癒と誤認するのである。

故に、一旦、治癒の形を呈するも、時日を経過するにおいて、再び、自然浄化による、病気発生となるが、今度は、本来の病気以外、血液汚濁療法の、その膿化の排泄も加わるから捲土重来(けんどちょうらい)的に病勢は強まるのは、当然である。





 かくのごとく、今日までの療法は、根本的治癒ではなく、一時的逆療法であって、その根本に気が付かなかった事は、蒙昧(もうまい)であったとも言える。

人類を短命ならしめた真因は、ここにあるのである。

今日のほとんどと言いたい程膿と毒血によって弱体化しつつある現状は、これに外はないのである。

しかも、それに気の付かない、近代の日本人が、益々、薬剤や動物性食餌を求めようとするのは、全く戦慄そのものである。


これを他の事でたとえてみよう、ある一国に、敵が侵入したとする。その侵入した敵を、味方の軍勢が段々、国境付近にまで、追詰めて、今一息という時、別の敵が、他の方面から侵入して来るのである。
その新しい敵の、後背からの脅威によって、国境にまで敵を追詰めていた味方の軍勢は、後退するの止むを得ない事になる。
そこで、国境に追詰められていた敵は、俄然として踵(きびす)を返し、再び内部へ侵入して来る。それと同じ訳である。



 これを以て、真の治療としては、味方に声援を与えて、一挙に敵を国境外へ、放逐してしまう事でなければならない。


 この道理を考える時、今日までの治療方法は、いかに誤っているかという事が、判るであろう、

故に、世間よく効く薬というのは、最もよく血液を溷濁(こんだく)させる力のある訳である。

彼のサルバルサンが、一時的にも卓越せる効果があるという事は、元来が、恐るべき毒薬である砒素(ひそ)を原料として、作られるからである。


今、自然排除によって、黴毒が発疹等の現象を呈するや、サルバルサンを注射する時は、前述の理によって、その現象は速かに、引込むのである。

サルバルサンの効果が一時的であるというのは、この様な訳である。



昔有名なる漢方医先生の著にはその事が書いてある。

元来病に効くのは、薬ではなくて、毒である。
毒であるから効くのである。

それは、毒を以て毒を制するという訳であると、いうのであるが、実にその通りであって、私の言う、毒素療法の意味である。



 かように、今日までの間違った治療が、段々人間の血液を汚濁させ不健康ならしめ、ついには、生命をまで短縮したのである。

病気が起れば、毒素療法をし、又、病気が起れば、毒素療法をしては、ともかくも一時的安易を得て来たのである。

言い換えれば、汚物を排除しようとすれば、それを引込める。

又、排除されようとすれば引込めるという手段を、執って来たものであるから時の経過によって免る事の出来ない最後の自然大浄化によって、たおれるのは当然である。

その時は、加重されての多量の猛毒であるから、肉体が浄化作用に堪えられないからである。


吾々が、今日の人間が、膿塊毒血であるというのも、この理を知れば、能(よ)く肯(うなず)けるであろう、世間一旦、病に罹るや、治療後相当長い間虚弱であるのは、毒素療法の為である。

彼の窒扶斯(チフス)のごとき、薬剤を用いずして治癒されたものは、予後、頗(すこぶ)る健康になるのも、この毒素療法に依らないからである。


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー



これが古くて新しい医学論です。

しかし医学は新しくても、古い医学論で基礎が出来てしまったようです。

毒素押し込め療法という、毒素抑圧療法と言ってもよいかも知れません。
だから、最終的に医学は浄化作用の基本中の基本たる感冒(風邪、インフルエンザ)という振り出しに戻らざるを得なかったのでしょう。

それが平成21年11月現在の世界の医学事情です。
そしてその最終走者のトップを走りそうな気配が今の日本国の事情でしょう。

しかし、日本には世界に先駆けてこの新しい医学論が残されていたのですから、一発逆転のチャンスは大いにあり得ることなのです。


それから、勝手に論文中の最後の部分を分離して最後に載せますが、岡田式療法というのは手かざしである「浄霊法」のことです。

当時において、これが「世界唯一である」と記されていますが、現代においてはいろいろな療法がありますので「唯一」というのは異論があると思いますので、そこは取捨選択でお願いします。

人間には本来備わっている浄化力というものが主役であるとして、あらゆる療法は「手助け」的なものとして見た方がよいかも知れません。
(信者さんには不満でしょうが)




残りの記載文
ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー



 今日の人間体内に、堆積しつつある膿毒に対(むか)って、新日本医術による、不思議な光波を放射する時、完全に浄化作用が行われるのである。そうして現在、この光波以外に血液を浄化すべき方法は、全世界に無い事を断言して慣らないのである。


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー






スポンサーサイト

医学に騙されている医師に罪はないとすると? 

相手は人間ではない。医学という学問だった。

なるほど、医学という学問の言うとおりに医師は思考し試行するとしたら・・・

その学問が正しかったら結果も正しくなる。

その学問が間違っていたら・・・

こういう事を書くと吉外か夢想家くらいに思われるのは当然であるが、このことを昭和11年に書いていた人物が居たのだ。

岡田茂吉を宗教家して見ると勘違いしやすい。

また他のいろいろな宗教教義について今の時代には通用しない様な論もあるだろう。

しかし、医学論の基本的な論は未だに有用な情報であると思うのだ。

温故知新 古いけど今の医師達はもちろん、一般人も研究資料として見直してみるとおもしろい。(おもしろくない人もいるだろうけどね)


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

医学に欺されてる医師

『明日の医術・新日本医術としての岡田式療病法』
昭和11(1936)年5月15日発行



 西洋医学に依る、治病能力の疑問は再三述べたところであるが、多くの医師諸君の中には、これをハッキリ、認識出来得ない人もあろう。


それは、薬剤や物理療法に依っての、苦痛の軽減を、治癒されると思う誤認である。

病気軽快と治癒とは、全然異(ちが)う事も、述べてある通りである。

故に、病気治癒に当って、その余りにも治らない事に、煩悶しない医家は無いであろう。ただしかし、これ以上に治療法が無いものと、決定的に信じてしまっているので、どうしようもないのである。


 医家が、病患を治癒せんとして、あらゆる療法を試みる、その事が却て、病気を悪化させる作用であるという真理に、気が付かないのである。


その例として、医家が、ある病患を治癒せんとして、種々の療法を応用し、焦れば焦る程、病症は却て、悪化するであろう。

反対に、それ程の努力を払わない病人の方が、能く治癒せられるという皮肉も多くの医家は、経験されているはずである。

又、何かの事情によって、医療を止めてから、軽快治癒したという例も、数多く聞くのである。

彼の医家自身の病気や、自己の子女の病気に際し、特に、他の医師に治療を求める事もよく聞くが、これも実に不思議である。


医家が、いかに医術を危うんでいるかゞ想像されるのである。

これによって見れば、この場合医術は万一を僥倖(ぎょうこう)する賭博のごときものとも言える。



 今一つの緊要なる点は、一時的、外面的治癒と、永久的、根本的治癒とは、その本質において、格段の相違がある事である。


前者は、再発の憂があり、後者は、その憂が無い事である。故に、医家が作成する全治報告、及び治病率統計は、この点まことに不正確である。

予後の短期間の成績を、基準としている事が、多いようである。

又、これと同じく、軽快と全治とは、全く異う事である。

薬剤や物理によって、治療する場合、ある程度の軽快を見るが、それは治癒ではなくて、病気攻遏(こうあつ)の結果である。

故にこの場合の軽快は、一定時を経れば、猛然として、反動的悪化の作用を起す患(うれい)がある。これは医家も、しばしば経験されるところであろう。


 又今一つは、ある病気を全治さした結果、それは重に手術であるが、例えば、扁桃腺を除去するとする。

なる程、扁桃腺炎は起らないが、それに更(かわ)るに、他の、疾患、淋巴腺、耳下腺、中耳炎、肺尖加答児(カタル)等に罹り易いという事実、

又、盲腸炎の手術の結果は、腎臓〔病〕や腹膜炎を起し易く、卵巣除去の結果は、子宮癌、腎臓病を起し易いという例も、知らないはずは無いと思うのである。


かくのごとく、本来の病気よりも、手術後に起り易い疾患の方が、より悪性であるという事は、大いに考えなくてはならない事である。


しかし、医家はいうであろう。
手術をしなければ、生命に係わる以上、一時なりとも、その生命を延長し得る効果があるから、よいではないかと、

なる程、それも一理はある。

がしかし、それでは、本当の医術ではない。


ちょうど、借金の借換えと同一であって一時的の苦痛は免れるが、借金の返済ではないから、いずれはその苦痛が増加するという結果になる事である。


 故に、これらは、真の医術ではないのである。





しからば、真の医術とは、いかなるものであるか、参考の為、左に条件を示してみよう。


一、治療の場合、メス又は針等によって、絶対に苦痛を与えない事

一、手術の傷痕、又は、灸の焼痕のごとき、醜い痕跡を止めざる事

一、全治後は、再発をなさざる事

一、治療中、余病の発せざる事

一、あらゆる疾患に対し、明確に、全治とその概略の日数を、断言為し得る事

一、薬剤は、必ず、中毒を伴うものであるから、用いざるを原則とす

一、重症といえども、多額の費用と、多数の時日を要せざる事


 右の条件の一つにても、西洋医学は可能でありや、恐らく一つも、及第するものは無いであろう。



 二千有余年以前、希臘(ギリシャ)時代から、幾千幾万の学者、専門家が、研究努力しつゝあるにも係わらず、右の一つだも、未だ不可能というに到っては、驚かざるを得ないのである。


これによって見るも、たとえ、向後(こうご)、何百年、何千年経るとも、まず西洋医学では、病気根絶は、到底見込のない事を、誰しも想像なし得るであろう。



 随って、西洋医学を、絶対無二のものとして、信奉しつゝある人は、実は、欺されていると、言ってもよい訳である。


故に、私は言う。

医家には、罪が無いのであって、医学そのものに罪があると思うのである。

一言にして言えば医家は、医学に、欺されているのである。

とも言えると思うのである。



ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

新型インフルエンザ・ワクチン接種にもの申す 日本の先進的な専門家は語る

※下段に「風邪の原理解明」と「危ないぞ予防接種」のリンクあります。


既にご存じでしょうが、ここでも度々引用させて戴いている母里啓子先生と、現場で実際に診療していられる山本医師。

講師
元国立公衆衛生院疫学部感染症室長・医師 母里 啓子(もりひろこ)氏

大阪赤十字病院小児科医師 
山本 英彦 氏


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

ワールドブロガー協会は、インフルエンザワクチン接種に対し、
賛成または反対する活動団体ではありません。
 但し、ワクチン接種の問題は国民一人ひとりの健康と生存権に関わる問題であり、

メディア報道が接種に対して推奨一色であることを懸念し、
国民の自主的な判断を公平なものにするために情報提供をしています。





イベント /
取材会

【最新ニュース!】
第3回取材会の動画全編アップ!DVD発売開始!(11.08)



TITLE:
DATE:2009/11/14 09:49
URL:http://www.worldblogger.net/


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


かなり長い時間でしたが全部聴きました。

ようやく、現代医学もここまで来たかということと、まだ現代医学の枠内であるなあという感想です。

ちょっとお喋り音声

そりゃあそうですね。

ボクは岡田茂吉から始まった医学革命ですから。
ちょっと極端すぎると思われるくらい現代医学の基本をひっくり返す論ですから。

しかも・・宗教

宗教と医学をまったく別物の様に考えると分かりません。

しかし、現代医学教の信者さんがたにとっては非常に革新的なお話でしょう。

いきなりゴールに行くには無理なんですね。

こういう意味で今のインフルエンザ騒動は非常によいきっかけを与えてくれたようです。

まずは第一歩はやはり浄化作用の基本中の基本である感冒からですね。

音声読み上げ感冒の原因解剖論

危ないぞ予防接種



元祖?種痘から始まった病気土壌を創り上げてきた予防接種(ワクチン)の結果が

 と、まあ、前置きが長くなりすぎたですね。
いつものこと、ここは古くて新しい医学論を唱えていた岡田茂吉研究の場ですから、まずは資料を読んでから、取捨選択しましょう。

丸呑みは行けません。 が、丸投げもいけません。

研究とは上記の方達とは縁もゆかりもございません(笑い)


とりあえずは風邪の予防と種痘の予防がどのような結果を生みだすかは、先回の記事に紹介した論文とあわせて読まれるといっぺんに氷解します。

そうなるといいだけど(大笑い)



ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

種痘による免疫の不完全

『明日の医術・新日本医術としての岡田式療病法』
昭和11(1936)年5月15日発行


 現在、あらゆる疾患の原因を探究する時、それのほとんどが、一種の水膿の溜結である。

さればこれが頸部の周囲及び延髄、又は肩凹(けんおう)部に溜結すれば、風邪、神経衰弱、脳疾患、眼病、耳鼻咽喉病等の原因となり、胸部のそれは、呼吸器病を起し、その他胃腸、肝、腎、胆、中風、神経痛、リョウマチ等、実に、あらゆる疾患の原因となるのであって、医学は、この膿毒を、先天性黴毒と診断するのであるが、これは全く誤である。

吾人の識る所によれば、これは実に、意外な原因から来ているのである。


 それは、人間は生来、人により多少の差別はあるが、先天的にある種の毒素を保有して、出生するのである。それが即ち、麻疹、百日咳、疫痢、天然痘等である。


しかるに、麻疹や百日咳の毒素は、種痘のごとき確定免疫法は無い為に、病気発生に依って、各々その毒素を自然排泄さるゝのであるが、独り天然痘のみは、種痘によって、毒素の排泄を確実に、停止せらるゝのである。


即ち、停止さるゝのであって、排除されたのでない事を、充分認識しなければならない。



この事は未だ医学上、発見されていない事である。


 今日までの医学は、種痘によって、天然痘が発生しないから、これによって免疫され得たと安心しているのであるが、ここに大誤謬が伏在する。



 この天然痘毒素は、種痘によって、解消したのではなく実は、種痘によって、病気の発生を停止されたまでゝある。

病気発生の停止は、毒素の消滅ではない。単に、排除作用の停止であるから、排除作用を停止せられたる天然痘毒素の行方は、いかなる方面に、いかなる状態を以て残存し、又、これがいかに活動し、影響しつゝあるかという事である。

医学はこれを知らず、又、知ろうともしないのである。


 種痘に因って、発病を停止せられたという事は、実は、発病の力を失った事であって、発病の力を失ったという事は、毒素排除の勢いが、挫折したという事で、軟性毒素に変化したのである。

いわば、陽性から陰性化したのである。

そうして、潜行的に、体内各方面に流動し、たまたま弱体部を選んでは、溜結するのである。


この膿結が、あらゆる病原なのであって、進んで結核となり、なお進んで、癌腫ともなるのである。


今日、医学が進んだと言いながら、病患者が益々増加し、又、児童弱体者の驚くべき増加、国民の体格の低下等、学理によっても解せられざる、不可思議な現象は全く、この陰性化した、天然痘毒素の跳躍が主な原因である事である。


 故に種痘に依って、天然痘発生を防止した事は、実に第一工作であって、その恐るべき陰性化した毒素を全く解滅する、第二工作がなければ、意義を成さないのである。


随って、この第二工作が発見された暁、種痘なるものは初めて、人類救済の恩恵者としての価値が有る訳である。

故に、実は世人は、唯一の天然痘を防止したによって、百の病患を与えられた結果になるのであって、まことに恐るべき事なのである。





 しかるに、喜ぶべし、我岡田式治療は、この第二工作たる、陰性化毒素の解消を、完全に遂行せられ得るのである。故に、これによって初めて、種痘の真価は発揮されるのであるから、理想的健康たり得るのである。

 種痘実施以来、泰西においては、肺結核の激増を来したそうである。我国にあっても、近来肺結核と近眼の激増は、主にこれが原因である。特に、小学生に多いのは、入学するや、頭脳の使用によって、天然痘の陰化膿が、延髄付近に溜結の結果、血液の脳への送流を妨げられ視神経が営養不足を来し、視力薄弱となるからである。


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

種痘による免疫の不完全

『明日の医術・新日本医術としての岡田式療病法』
昭和11(1936)年5月15日発行


 現在、あらゆる疾患の原因を探究する時、それのほとんどが、一種の水膿の溜結である。

さればこれが頸部の周囲及び延髄、又は肩凹(けんおう)部に溜結すれば、風邪、神経衰弱、脳疾患、眼病、耳鼻咽喉病等の原因となり、胸部のそれは、呼吸器病を起し、その他胃腸、肝、腎、胆、中風、神経痛、リョウマチ等、実に、あらゆる疾患の原因となるのであって、医学は、この膿毒を、先天性黴毒と診断するのであるが、これは全く誤である。

吾人の識る所によれば、これは実に、意外な原因から来ているのである。


 それは、人間は生来、人により多少の差別はあるが、先天的にある種の毒素を保有して、出生するのである。それが即ち、麻疹、百日咳、疫痢、天然痘等である。


しかるに、麻疹や百日咳の毒素は、種痘のごとき確定免疫法は無い為に、病気発生に依って、各々その毒素を自然排泄さるゝのであるが、独り天然痘のみは、種痘によって、毒素の排泄を確実に、停止せらるゝのである。


即ち、停止さるゝのであって、排除されたのでない事を、充分認識しなければならない。



この事は未だ医学上、発見されていない事である。


 今日までの医学は、種痘によって、天然痘が発生しないから、これによって免疫され得たと安心しているのであるが、ここに大誤謬が伏在する。



 この天然痘毒素は、種痘によって、解消したのではなく実は、種痘によって、病気の発生を停止されたまでゝある。

病気発生の停止は、毒素の消滅ではない。単に、排除作用の停止であるから、排除作用を停止せられたる天然痘毒素の行方は、いかなる方面に、いかなる状態を以て残存し、又、これがいかに活動し、影響しつゝあるかという事である。

医学はこれを知らず、又、知ろうともしないのである。


 種痘に因って、発病を停止せられたという事は、実は、発病の力を失った事であって、発病の力を失ったという事は、毒素排除の勢いが、挫折したという事で、軟性毒素に変化したのである。

いわば、陽性から陰性化したのである。

そうして、潜行的に、体内各方面に流動し、たまたま弱体部を選んでは、溜結するのである。


この膿結が、あらゆる病原なのであって、進んで結核となり、なお進んで、癌腫ともなるのである。


今日、医学が進んだと言いながら、病患者が益々増加し、又、児童弱体者の驚くべき増加、国民の体格の低下等、学理によっても解せられざる、不可思議な現象は全く、この陰性化した、天然痘毒素の跳躍が主な原因である事である。


 故に種痘に依って、天然痘発生を防止した事は、実に第一工作であって、その恐るべき陰性化した毒素を全く解滅する、第二工作がなければ、意義を成さないのである。


随って、この第二工作が発見された暁、種痘なるものは初めて、人類救済の恩恵者としての価値が有る訳である。

故に、実は世人は、唯一の天然痘を防止したによって、百の病患を与えられた結果になるのであって、まことに恐るべき事なのである。





 しかるに、喜ぶべし、我岡田式治療は、この第二工作たる、陰性化毒素の解消を、完全に遂行せられ得るのである。故に、これによって初めて、種痘の真価は発揮されるのであるから、理想的健康たり得るのである。

 種痘実施以来、泰西においては、肺結核の激増を来したそうである。我国にあっても、近来肺結核と近眼の激増は、主にこれが原因である。特に、小学生に多いのは、入学するや、頭脳の使用によって、天然痘の陰化膿が、延髄付近に溜結の結果、血液の脳への送流を妨げられ視神経が営養不足を来し、視力薄弱となるからである。


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

岡田式療法についてはコメントしません。

治療法を上に出すとこの本質が見えてこなくなるからです。

主役は自身であることを忘れやすくなります・・・その治療効果が大きいほど。



要は血液の汚濁(物質的霊的精神的な源がある)を解除しようとして
浄化作用が起こる。

それが天然痘であったり、各種の伝染病と称されている病気である。

その中で一番効率よく軽く済むのが感冒(風邪、インフルエンザ)である。

そうとしたら、それを浄化停止(予防接種や薬毒)で押し込めたらどうなるか。


その結果は時間を経て出てくる。


昔は時間がかかった。
今は時間が早まってきた。

そうなると、天に唾をしたら昔は戻ってくるのに時間がかかって忘れてしまった。
落ちてきた時は自分が唾をしたことを忘れてしまった。
「おお〜〜天はどうしてこんなひどいことを〜〜〜」と嘆き悲しむのであった(爆)

しかし、今はこれから落ちてくる時間が短縮されつつある。
すると、落ちてきた唾は自分の唾だと気付くのである。(認知症はべつだけど)

医師も患者もインフルエンザ(=風邪)についておべんきゃうしませう

昭和11年に書いてあった論文。

相当古いとお思いでしょうが、古いヤツほど新しいものを欲しがるものでございます。

ということで、未だに新しいこの新理論。

古いのは何十年も硬く固く閉ざしてきたアナタの御脳  だったりして(アラ)



ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


風邪は唯一の浄化法

『明日の医術・新日本医術としての岡田式療病法』
昭和11(1936)年5月15日発行


 いかなる健康人といえども、遁(のが)るる事の出来ない病気は、まず風邪であろう、しかるに昔から、感冒は万病の因、と言って、非常に恐れるのであるが、これは大変な誤りである。ここにまず、風邪の原因を開明して、風邪は決して恐るべきものではないばかりかこの病気あるが為に、いかに人間は、恩恵に預かっているかという、私の研究の成果を発表したいのである。



 元来人体は、その高等生活器能が、頸部以上即ち脳及び顔面に、集注されている関係上、その器能の活動に要する、エネルギーとしての血液は、常に上部に向って、昇騰し勝ちである。


しかるに、現代人の大部分は、汚濁せる血液の所有者であるから、その汚血も共に昇騰するので、その場合、頸部以上の高等器能を活動させるには、ある程度の浄血でなくてはならないので、その血液輸送門にあたる肩凹(けんおう)部及び頸部において、濾化浄清の自然作用による、残渣(ざんさ)即ち血液中の汚素が、絶えずその部に滞溜するのである。


今一つは、肺臓の呼吸運動による空気中の塵埃吸入に因る残渣、それが上昇しては、肩胛部に滞溜するのである。今一つは、病的でない位の、軽度の脊髄〔椎〕カリエスに因る膿汁が脊〔背〕部の皮下を、通過上昇して、肩凹部及び頸部に集溜するのである。随って、頸部付近は人体における、汚物堆積所とも、言うべき場所である。



 これら、種々の汚物の滞溜は、ある程度の量を越ゆる時、必然に重患が発生する順序になっている、それを回避せんが為、自然は巧妙にも風邪なる、簡単にして奏効する、浄化作用を行う事になっているのである。


それは、風邪に依って、汚物は溶解し、鼻汁となり、喀痰となって、排泄さるるのである。

発熱作用は右の汚物溶解の為である。




この理を知れば、風邪は、何ら療法をせず放任しておけば、順調に治癒してしまうのである。



この事を知らない世人は、不安の結果、種々の療法や、手当を為すのであるが、それらは悉(ことごと)く、療法ではなく、反対に浄化妨害となるのであるから、療法や手当をする程、治り難くなり、長びく事になるのである。


例えば、解熱剤を用いるごときはそれである、何となれば、汚物を解溶せんが為の役目をする。
その発熱を退散させんとするのであるからである。

又、無理に汗を取る方法も同一の理で、これも、人為的解熱法であるから不可である。


要するに、自然療法が、最も可いのである。この理を教えられて、それを信じた人達は、一文の金も要らず手数も要せずして、医療の時よりも、より速く順調に治癒するので、その意外に驚くと共に、大いに喜んでおり、風邪に対する恐怖から、解放された幸福に、感謝しているのである。


 又世人は風邪は万病の因と思い、風邪によって、各種の重患を喚び起すと信じているが、これも、非常な誤りである。

又、医家もそう信じて、風邪に罹らないよう、実に努力しているのであるが、全く真相を知らないからである。

そうして、重患に罹るという事は重患に罹るべき条件が具備して居って、いつ勃発するや知れないという時、たまたま風邪がそのチャンスを作るまでである。


病気は一切汚物即ち膿汁滞溜の排泄作用であるから、一日も早く発生した方が、それだけ軽く済む訳である。


随って、風邪によって発病する事は、むしろ歓迎すべきであって風邪に罹らなければ、幾分遅延して、発病するまでである。

故に、発病が遅れれば、後れるだけ、より重症であるから反って不利であるのは、勿論である。




 もし仮りに、風邪を予防し得たとしたら、いかん、それこそ恐るべきである。




それは滞溜せる汚物の浄化が行われないから、肺臓及び肋膜炎等の疾患を起し易く、なお、頸部付近の汚物滞溜は、送血器能を圧迫するから、上部の高等器関〔官〕活動のエネルギーに、不足を生ずるので、その結果、脳貧血、眼、耳、鼻等の疾患が起り易くなるのである。近来激増せる、近眼、肺結核、神経衰弱等これが原因が多いのである。




 この真相が知識されたなら風邪こそ、実に重患予防としての、大浄化作用であるから少しも恐るるに足りないのである。

これ故に近来流行するマスクは、誤れるのはなはだしいものである。

又、年々増加の傾向ある、自殺は勿論多くの犯罪は、神経衰弱者が多いという事である。又、肺結核患者は現在、全国に百二十万人ありとせられ、死亡率も、一ケ年十万人を下らないと言うに到って、この病患の撲滅には、官民倶(とも)に、頭脳を悩ましているのであるから、この私の説のごとく、風邪を予防しない事によってこれらの疾患の、激減する事は、断じて、疑ないのである。


ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


インフルエンザは風邪です。
ただウイルスの形にこだわりすぎてしまった現代医学の狂想曲。
それに踊らされている医師と患者たち。

そうして昭和が終わり、平成も二十歳過ぎになりました。

しかし、相変わらず成人できないでいるのが医学のおべんきゃう(苦笑)

音声復帰

一部音声読み上げが出来ませんでしたが、ケロログの版が復帰したようです。
ながら族で聴けますよ。


http://www.voiceblog.jp/akyoon/

医学試稿3 インフルエンザ(=風邪)原理を知れば医学は振り出しに戻る

ちょっと前書きに問題有り

と思いつつ・・・

 医学試稿の基本中の基本、風邪の原理を知ればインフルエンザ対策も変わる。



いや、日本からこれを世界に示す絶好のチャンスが天から与えられているのだ。



世界中を巻き込んでしまった新型インフルエンザ創造(騒動を起こすためにかなり準備されてきたようだから)は
まさに医学の基本をひっくり返さない限り、この不安恐怖から逃れる事はできないだろう。



 ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

<title>第二篇 病気</title><style type="text/css" media="screen"></style>

病気の真因



 病気というものを一言にしていえば、


『生の為の浄化作用なり』である。







元来、人間が健康を保持し、生活を営みいる条件としては、


ある程度全身が清浄でなければならないのである


何となれば、


血液を初め、新陳代謝の完全に行われるには、汚濁があってはならないからである。





であるから、


自然は、飽迄その汚濁を排泄せんとして、浄化作用がおこるのである。


 



そうして、浄化作用の表れが


発熱となり、痛みとなり、不快となる。


嘔吐、下痢、咳嗽、喀痰、鼻汁、出血等、すべて痛苦は伴うものである。






この浄化作用へ対して、


今日迄悪い意味に解釈し、


これら痛苦作用緩和又は停止せんとして、発達して来たのが医術を初め、各般の療病法である。





従って、言を換えていえば、


既存療法は〃浄化作用の停止〃が目的であって、汚濁の排泄をとどめんとするものである。




その最も世人の熟知せる事実は


〃病気を固める〃


という言葉――、



それは汚濁の排泄を留め、固結せしめる方法である


再発とは


右のごとく


一旦固結した汚濁――


即ち病毒は、再び浄化作用発現によって、病的症状を呈する――



それをいうのである。


これに就ての実際と理論を次に述べる事にする。






病気の実例



 まずあらゆる疾患中、最も多きは感冒であろう。

しかし、今日迄医学上感冒の原因は、今以て不明とされている。


(注;現代医学ではウイルス感染によるものとされているが、非ウイルス性感染もあるわけで決定的なものではないのと、ウイルスの正体についても完全に解っていないのであるから、未だ未決定、即ち医学の進歩途上にある想像説、もう少し突っ込むと未完成、未熟な医学の想像説の一端でしかないことになるでしょう)


 


 



しかし、私の発見によれば、この病原位はっきりしているものはないと思うのである。




 そもそも、


人体の浄化作用は、二六時中一秒時といえども浄化作用が行われつつある。


 


そうして、その浄化作用はいかなる順序、いかなる経過を執るかというと、それは、


身体の各部に汚濁即ち病毒が集結するのである。



それで集溜凝結する局所は、大体きまっているのであるが、特に神経を働かせる個所に集溜するものである。


 



その関係上、頸部の周囲、及び頭部、両肩部等を主なるものとし、


肋骨、骨盤、腎臓、股間リンパ腺(特に右が八、九十パーセント)


稀には、胸部を中心とする腹部、肩胛骨、横隔膜の下辺等である。




そうして


これらの局所に、病毒(この病毒に就ては後項に詳細説明すべし)が集溜し、


ある程度固結したる時浄化作用が起るので、


その際一個所又は数個所発(おこ)る事もある。


 


 


 





それは


その固結を排泄し易からしむる為、溶解作用が行われるのである。


 



そうして、


溶解されたる毒素は液体となって喀痰又は鼻汁、稀には下痢、嘔吐等によって外部へ出ずるのである。


 


その際、咳嗽は喀痰を吸引排泄するポンプ作用のごときものである。


嚔(くさめ)も鼻汁を吸出するポンプ作用である。


 


 


この理によって


感冒は何等の処置を施さず、放任しておけば、短期間によく自然治癒をされるのである。


 


 


そうしてかくのごとく


自然治癒によって、感冒を何回も経過するにおいて、毒素は漸次減少し、ついに全く感冒に罹らぬ健康体になり得るのである。


 


 


 


右の理由によって


一回毎に軽滅する事実は、前述の理論を裏書するのである。


 



 しかるに、


今日迄この理論を逆解せる為、


熱に対する氷冷、湿布、解熱法等、極力浄化作用を留めんとするので、


従って、


治癒状態迄の経過が長く、何回も繰返すのである。


 


 


 


故に、


 


感冒とは神が与えた最も簡単なる浄化作用であって、


恐るる所か大に感謝するのが本当である。


 


 


 


 


昔から風邪は万病の因というが、


実は私からいえば


〃風邪は万病を遁(のが)るる因〃


といいたいのである。


 


 ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー


次は結核の稿に移りますが、

昭和14年当時という講義録ですがその後の岡田茂吉論文を読んでみてもそれほどの違いはなく、やはり基本は変わらないのだという思いです。


その後の著述は左のリンク中にありますので、そちらは終戦後から昭和30年までに書かれたものが中心となっています。

考えてみれば、人体が何万年前と今もほとんど変わらないとすれば、医学論も何十年だろうが何百年程度で変わるはずもなく、ただ説き方や言い回しが変化する程度なのでしょう。

そもそも医学が進歩するという言葉の裏は

進歩しなければならないほど未熟なもの

という意味で、

未だ進歩途上と言うなら、

今はまだ未熟なものだから、この先どんなに変わるか分からないよ。という意味ですね。

だから前とおんなじじゃないか?というものほど、完成に近いわけです。

進歩し続けるというのは未完成なんですから、これだけ進歩している医学という意味は未完成なんだから信用できないものがあるんだよという事です。

そう思ってよ〜〜く読んで自分の頭で考えてみましょう。

取捨選択眼はセルフサービスなんですよ。


そういうゲームを選んで来たんですから(苦笑)



医学試稿2,インフルエンザ騒動に見られる医学の現状は既に昭和14年で予測済み。当然の帰結だった。


第二篇 病気



病気とは何ぞや


 この事は、数千年来、人類がこの悩みを解決せんとしていかに努力したであろう事は、余りにも明白な事である。



そうして我国においても千余年前、漢方医術が渡来し、次いで明治少し以前、西洋医学が渡来し、今日に至っている事も周知の事実である。


そうして、政府も国民も協力しつつ、この西洋医学によって病気を治癒せしめ、これによって体位の向上を計らんとしつつ、日夜懸命の努力を計りつつある現状は、まことに敬服すべき事と思うのである。



そして、その結果やいかん。


あらゆる病気は日に月に増加し、特に青少年の結核、虚弱児童の累進的増加の事実は、何を物語っているのであろうか?。


それはとにかくとして当局は、この現実をみて、いよいよ増々西洋医学の理論と方法によって解決せんと躍起となっている状態は、日々の新聞雑誌等によって誰人も知りつつある事実である。


人あるいはいわん、当局の施設は、ようやくその緒に就いたのみにて、今後において、漸次的に良策を挙げるのである。


しかしながら、私は断言する。


西洋医学による理論と方法を以て解決せんとすればする程


結果は逆となり、


ますます悪い結果を来す


事は火を睹るよりは瞭かである。




何となれば、近年、急激の国民体位低下はその原因が、いずこにあるか――という事が明かでなければ駄目である。



一切は原因によって結果が生ずるのであるから、その原因を極め得ずして、末梢的結果をのみ捉えても何の効がないのみか、この事に関する限り、逆結果を来すのは致方ないのである。




私は、この大問題に就て、長年月努力研究の結果、驚歎すべき一大事実を発見したのである。







文明人の滅亡

(略)


 


(注・西洋文明国家の体位低下と人口漸減についての統計引用の内容ーーー現在の日本の国情がそれに当たるーーー西洋現代医学を採用している世界の結末を説いている内容)


 


 



しかるに、幸なるかな、私はこの根源を発見し得たのであるが、その根源が余りにも意想外なる事実で、これを知識せずにおいて到底信じ得られざる原因にいかなる人も驚歎するであろうと思うのである。






国民体位低下

 確実なる統計によると、  (中略)


(注:明治以来、国家の衛生管理状況を示した統計を示す内容)



世人は、何故にこの点に疑を挿(さしはさ)むものなきや。
まことに不可解千万と思うのである。

又、年々医学も社会衛生も、年々、進歩停止する所を知らざる情勢に対し、それと反比例にいよいよ国民体位の低下が急速に加わりつつあるに対して、政府は焦慮はなはだしく、出来る限りの各般の施設に汲々たる有様は、日々の新聞紙を賑わしているのである。



しかし、それらいずれもの方策も、その原因には触れる事なくして結果に対する対症的方法以外の何物でもないのである。




しかしながら、それはやむを得ないのであって、その原因が不明であるからである。以下、項を逐(お)うてその原因を説く事にする。



(注;ここからがいよいよ本番になります)




病気とは何ぞや

 古来、病気なるものは、その原因として、仏説には四大(しだい)調和の破綻(はたん)とか仏罰、漢方医学においては五臓六腑の不均衡、西洋医学においては、ウ〔フ〕ィルヒョウの細胞衰滅説、コッホの黴菌による伝染説等、幾多の理論学説等あるが、


いずれもが病気なるものを災厄とし、悪い意味に解せざるものはないのである。


 


 


 





しかるに私が発見した所によると、


右とは全く反対であって、


 


病気とは、造物主が人間に与えた最大な恩恵であって、


人間は病気に罹るが為に健康を保持し、長寿を保ち得るのであって、


この真諦が判れば、神に感謝せずにはおれないのである。



かくのごとき事をいえば、世人は狂人と思うかもしれない。


 


それは、コペルニクスやガリレオの地動説もニュートンの引力説も、狂人扱いにされたと同じように。しかし、真理は飽く迄真理である。


 


従ってこの書を読む方々は、先入的観念をかなぐり捨てて、全くの白紙になって熟読せられたい事である。




医学試稿1 現代医学はどうして間違ってるのか?その根本的解明論。

<title>第二篇 病気</title><style type="text/css" media="screen"></style>

 「医学試稿」


 昭和14年 (1939)年



    (昭和14年中の3回の講義を筆録したもの)


 


    はしがき


   
 岡田大先生が創始されたる病気療法は、名称は指圧療法の名を用いているけれども、実際は、本当の意味の指圧療法ではないので、適当な名称が見当らない為、やむを得ず人口に膾炙(かいしゃ)した指圧療法という名を用いられておったという事は、度々先生から聞かされたのであります。そうして、この療法の原理についての講義を筆記したのがこの一篇であります。


 


第一編 


(中略: 別項目に掲載) 


 以下、 この  (中略) と 青文字は当ブログ書きの挿入です。では、肝心要といえる医学の基本理論から紹介して行きます。当時は昭和一四年という時代背景もあり、今日とは異なっている医学状況でしょうが、それにしても、人体は何百万年前とそれほど異なるものとは思えませんので、たかだか数十年前と異なるはずもない医学上の記述は、今日こそ改めて見直されるものかと思われます。


もちろん、100パーセント真実かどうかは各方面において研究研鑽されることで取捨選択が行われるべきもので、信者さんという立場ではなく一般人としての研究が行われる事を、後年になって岡田茂吉師自身が常に語っていた事です。


それを「将来岡田茂吉研究が始まる。その研究の最終段階が医学の革命論である」という趣旨のお言葉でした。


 


ちなみにここのブログの書き主も元は「岡田茂吉信者」でした。


現在は個人を崇拝せず、偉大なる先駆者として感謝しています。
(現在、信仰的態度は一切自由にやっています。人物の誰が救世主だとか神だとかいう思考は卒業できたと思っています。霊界の話しについても宗教とはまた別の思考です。従って現在家には神様奉りもお位牌もありません)


 


信者時代は「全面信仰」ですから、論文批判などは出来ませんでした。


しかし、現在は論文を取捨選択する、非信者としての立場です。


かと言って、どれとどれが正しくてどれとどれが間違っているかなどという絶対的判定など出来るわけもないので、それぞれご自分で取捨選択をお願いします。


 


信者は100パーセントすべてを真実とし、


非信者は100パーセント否定する


という向かい方もボクには極端だと思っています。


 


とにかく、岡田茂吉という人物がどういう人であって、どういう立場の人であったかなどと言うよりも、ここにある様な話しをされていたという内容にこそ意義があると思っています。


そして、医学についての本質的なところは現在でも的を外れていないと思ってます。


現代医学の進歩の行き先を昭和14年において、既に解明していたという事は、今の日本をはじめ世界の先進国の医療事情を見ると理解できます。


その代表が癌(がん)の治療方法とその結果だったり、新型インフルエンザでWHOを筆頭にした世界の医療対策(ワクチンやタミフルに代表される)でしょう。


いま世界は歴史上の大転換期に入っていると言われます。


その中でも医学、医療の分野は地味でありますが、人間生命と健康という観点から言うと人間の基本中の基本でありますから、これが正されない限り、地上の天国やら理想世界などとはほど遠いことです。


全人類の認識として一度はこの事(医学の覚醒?)をクリアしなければ次世代の地球は始まらないと断言してもよいでしょう。


 

文字制限で次回から本編に入って行きます。



 

プロフィール

akyoon

Author:akyoon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR