特殊な目の不自由な人が見えないと無の世界になる

あるところに

目の不自由な人が居た。

目が不自由と言っても彼の場合は非常に特殊なのだ。

まるっきり見えないわけでもないのだ。

それは、ある大きさ以下になると突然見えなくなるという不思議な目を持っていたのである。

例えば野球のボールくらいまではよく見えるのであるが、 ビー玉くらいになるとまったく見えないのである。

野球のボールが道ばたに落ちていたら、彼はすぐひろって自分のものにするくらいだから、なんの不自由もない。

ある日、彼は道を歩いていたら突然足をすくわれたかのように、すべって転んでしまった。

どうしてそうなったのか、彼にはそれがまったく分からない。

道には何も無い、滑るようなものは何も見あたらないのだ。

彼は頭を傾げてしきりに不思議がっている。

それを通りがかりの人が彼の様子を一部始終見ていたのだが、おかしくてたまらないとともに、どうして彼は不思議がっているのか分からなかった。

そこで、彼に聞いてみた。

「あんたはどうして不思議そう顔をして居るんだね?」

「はい、何もない道なのに僕は滑ったかのように転んでしまったんですよ。何もそこにはないですよね。」

通りがかりの人はその言葉で理解した。彼には見えていないのだ。そこにあるものが。

「そうか、君には見えないのか。そこにたくさんのビー玉が散らばって落ちているのが・・」

「え、そんな物は見あたりませんよ。道には何もないんですよ。だから僕は不思議でしょうがないのです。無いものは無いんですから。あなたは想像で言ってるんでしょう?そこにビー玉があるなんて考えられない!!」

通行人はあきらめたのだった。彼にいくらビー玉の存在を説いても無駄だった。彼が不自由な目をいくらかでも回復出来る日まで待つしかない。いつかビー玉くらいまで見えるようになって、さらに米粒くらいまで見える様に回復するまで、さらにそれよりも細かい物がいくらでも続いて有るという事を覚らせるには時間が必要だと。






そういえば最高の科学と言われている物理学にもそういう科学者や教授がたくさん居ると聞いた。

彼らにも特殊な目の不自由な人がたくさんいるというのだ。

しかし、彼らの目はかなり良いのだが。

むしろ、普通の人よりも目が良いくらいだから、特殊といっても高等な特殊な目になるだろうが。

その彼らもやはりある程度までは特殊な目でよく見ることが出来るが、そのある程度を超えると途端に見えなくなってしまうという。

もっとも彼らは自分の目を使うわけではないのだ。

その特殊な目というのは道具を使っているのだ。
いわゆる測定器。

先ほどの特殊な目の不自由な人と共通な点は、「その見える限界を超えるとまったく見えないので、何もないと思っている」ことだろう。

不自由の度合いは違っても、「見えないから無い」という観念はまったくおなじ事なのだから。


昔は細かい究極は顕微鏡の見える範囲までであった。

それが進んで原子という粒が見えた時は世界中が驚きであっただろう。

しかし、それで終わりではなかった。

特殊な目が回復(進歩ともいうか)するにつれて、「無い」ものが「有る」に代わっていった。

「無」という、この世の中に存在しないものが、途端に「有」という存在する物に代わってゆく。

次々とその見える粒が小さくなって行き、現時点でそれ以上見えないもの(自分の今の能力では確認出来ないもの)を「無いもの」とした。

人類の特殊な目の不自由な人たちはどんどんその目を回復させながら、その見えない境界線を粒の小さいものへとしていった。

いままで「無い」としてきた世界はどんどん「有る」という世界に組み込まれて行ったのだ。

しかし、ある程度まで来たらどうやら足踏みし始めているかの様になっている。

どうしても、その小さいな粒を超えるほどの物を見る(測定)ことが難しくなってきたからだろう。

どうも粒というよりもなにか別の様相をしているかのような物では測りきれないものが有るかの様だが、どうしてもそれを見ることが出来ない。

それ以上の世界をまだ「無の世界」だとしておくしかない。

そして世界の優秀な「不自由な特殊な目」を持った人たちが見えないものは「無いんだ」と普通の人たちも信じている。



話は飛ぶ。


菌は自然発生しない

という特殊な不自由な目を持った人たちは言い放った。
そして、何も無い世界から生まれる(発生)するはずは無いという教義は何世紀か世界に行き渡った。


そりゃそうだ。何もないところから何も生まれるはずはないのだ。
しかし、通行人は言った。

「あんたがた、首を傾げているけど、そこにはちゃんとあるじゃない、たくさんのビー玉が・・」

すると、そこにはほとんど特殊な目の不自由な人たちばかりであったから、通行人には分が悪かった。

「バカいってんじゃないよ!!そこには何もないじゃないか。わしらの中でも特に目の良い連中が居て、そいつらが言ってるんだからマチガイナイ!」


通行人はあきらめた。彼らは嫌と言うほどビー玉で足をすくわれて転ぶまで気がつかないだろうな・・・


また話は飛ぶ


ウイルスというものが特殊な目の不自由な人によってついに見えだした。

その人たちはそのウイルスが見えるがまだその先の細かい世界までは見えないのだ。
だから、野球ボールまではどうにか見えてもビー玉以下は見えないのだ。

だから、野球ボールまでは「有る世界」だが、ビー玉以下は「無い世界」

ウイルスという野球ボールはまだ見えていないビー玉以下の世界から出来上がってきた。
まあ、出世魚じゃないが、ブリになったらようやく見えたというような。

稚魚の時は見えないから、いきなりブリを発見するようなものだろう。


とにかく、彼らは細菌の次ぎにようやくウイルスが見える様になった。

しかし、彼ら特殊な目の不自由な人たちにはまだぼやけて見えるという程度であって、野球ボールの細かい縫い目や皮の性質、中身がどのようになっているか、そしてその野球ボールはどのような素材を使って、どのように作られたかなどは知ることは出来ない。


だから、ウイルスがそこに存在するという事だけは確認できても、ただそれだけの事。
その正確な性質やら素性などを調べる事はまだ出来ないのだ。


それはそうだ。その奥の小さい世界はまだ目に見えない特殊な目の不自由な人たちだから。

その野球ボール(ウイルス)がもっと小さな素材から出来ていて、さらにその素材は分子原子そしてまたその奥の小さな微粒子から出来上がっている・・・・なんて気の遠くなるような奥があるという事をまだ知らないから、相変わらず「それ以上の奥は無いのだ」と決めつけている。


この先、特殊な目の不自由な人たちの中から回復度の良いひとたちが現れるまで、彼らは「そうなのだ。無いんだよ君〜。無の世界なんだよ。無いところから出るはずないじゃないかね。ちみぃ〜」


物質と霊の世界がどこかで輪切りにされて分離されているわけではない。

いっしょくたん

ただ、特殊な目の不自由なジンミンが現時点で見える(測定発見できる)ところまでを有る世界。

それ以上見えない(測定発見できない)世界を無い世界。

だから、その境界線は昔からどんどん塗り替えられているわけだ。

今日はここまで見えたから、ここまでは有るんだよ。

昨日まで無かった世界も今日は有るというのだ。

じゃあ、ほんとに無かったのか有ったのか?

有ったんだ。

特殊な目の不自由な人がかってに有るだの無いだのと境界線を作っていただけのこと。

今日「無い」と言っても明日には「有る」に換わるのが科学という仮の学問。

唯物科学というのは

「今日まで見えたものまでを」科学的という。

明日見えるかどうか分からないが、とりあえず〜〜今日見えたものまでだけを科学的を言おうよ〜〜

って、けっこう勝手な言い分じゃ〜〜ん。


ウイルスはまだまだそれよりも微細な世界から生まれたんだよ。

ナニ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜そんな非科学的なこといっちゃイカン!

まだ見えない世界(無と言われている)から生まれて育って大きくなった細菌がね、私たちの味方となって身体の毒素の浄化を手伝ってくれるんだって。


ナニィ〜〜〜〜〜〜
バカいってんじゃないよ!!!
無の世界から生まれたあ〜〜〜〜?
無いところから、どうして生まれるんだよ〜〜〜!!


まだまだ特殊な目の不自由な人たちの回復を祈らずにはいられません。


そういえばオイラの財布いつも空っぽなのに、いつの間にかお札が詰まっている・・・
むむ〜〜、この財布は無限の無限のありがとう財布なのかも?


どうやら低次な妄想は続いているらしいキョウコノゴロのこころなのだ。


スポンサーサイト

アメリカ占領体勢からの解放はあなたがたヒーローにかかっている

今日のぞいたところですが。

植草一秀の『知られざる真実』

この中で

森田実氏が入手した「米国国債を売らない約束」

なるほど、やっぱりねえ。

非国民が真の国民で、お偉い方たちが非国民だったという。

あと、原千春さんのHP

天木さんとの対談、
http://www.768.jp/ondemand/list/vod.php?vod_id=23

ここもおすすめです。

夜の闇の時代が明るみに照らされ出した気配をものすごく感じますね。
うそと偽りが通用できなくなる世界のはじまりのようです。

悪役の方たち、ご苦労様でした。

夜の時代の立役者たちです。

砥石の役割をしてくださいまして、まことにありがとうございました。


などと聖人ぶってはおられませんけどね。



現代医学の詐欺的性質もそろそろ暴露されるでしょう。
詐欺と言うのは訂正。
錯覚から始まった虚構の疑似科学とでも言い直します。
ロバートメンデルスン博士(米国)も
現代医学の90パーセントはいらないと名言しています。
残りの10パーセントが全部必要かどうかも不明ですが、それほどのものだという事を知るだけで十分でしょう。

世界金融崩壊は金で動かしてきた欺瞞が立ちゆかなくなるという意味です。
湯水の様に使って存続してきた医学は早晩立ちゆかなくなるのは目に見えています。

特に今盛んに鳥インフルエンザの予防接種を呼びかけてきた大本営的情報もばれ始めてきたようですね。

予防接種トンデモ論
これを読んでみました。

岡田茂吉論文の医学論を読むと分かりますが、現代医学は夜の医学であり、昼の時代には不必要になるという意味がこの本でよりよく理解できると思います。


それも夜の時代の必要悪だというのですから、今後は昼の時代の無必要悪として退陣を余儀なくされることでしょうね。

だます側とだまされる側の役割分担もてのひらをかえされるごとく、「あんなものがこんなものに・・」と大本しんゆそのままの時代を迎えるまえに大掃除が始まる気配ですね。


個としての救世主やヒーローは必要ない時代のようです。

外に求める
から
内に求める
という
そいういう時代になったようです。

それにはまずは真実を知ることが前提のようですから、いまのところ、メディアからは期待できないので、もっぱら、ネットや本で知るしかないので、そういう情報を各自がどんどん発信して行きましょう。


最近はどうも書くことも無しで飲みながら鬼平はんかちょうのビデオを見ているのが一番楽しいひとときであります。

なんのこっちゃ。

はは、毎日鬼平三昧です。

いつの世も悪がはびこり・・

あのギターの伴奏とナレーターの声にますますオツムが痺れてしまい、忘れ物ばかりしている毎日でございます。


金融崩壊と日本とユダヤの関係

前に見たかも知れませんが、もう一度見ると今の世界金融騒動の本質が見えてくるようですね。

藤原さんのネットラジオ放送と合わせて聴くといいかも。

藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2008年10月28日 26年ぶりの株安から見えること




ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

/4 「金融ビッグバン、ユダヤの巨大カジノに日本人はカモられる!?」


TITLE:
DATE:2008/10/29 09:47
URL:http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=592428
ーーーーーーーーーーー以上ーーーーー


放蕩親父を操る親父を操る悪神を操る神を見ている神

なんのこっちゃあ〜

なるほどなるほど、
先ほどの記事からリンクしているところを読んでいたら出たつぶやき
(なにしろ、紹介記事などよく読まないで紹介しているんだから、自分の記事からジャンプしているという無責任のあと事後確認者だから)


先ほどの放蕩親父をアメリカを主とする金融実効者とすれば、それに追従する各国の首脳関係者として、じつはその奥にはもっと高等な戦術を使う者たちがいるようで、その一派は世界をひとまとめにしてしまう遠大な計画で動いているという。

そしてその背後にはある種の思想が動かしている。
世界はひとつ と言っても、陰と陽あるみたいで、陰の世界統一をめざす勢力がいま行おうととしている世界金融事情のようだ。

そして、その裏には陽のほうの世界をひとつにしようという働きが行われているらしい。しかし、それはほとんど表には見えてこないようだ。

それは陰のやり放題の中では陽は陰の立場になっているからだろう。
陰きわまって陽となる

その陰がいまさいごの仕上げに取りかかっているのだろうが、陽はその陰のやっている力をうまく利用して、最後に巴投げ、またはうっちゃりの陽に土壇場で手のひらを返す仕組みをやっているらしい。

ともかく、相手の陰のやり方をうまく利用して最後にあっという間に手のひらを返すのだから、最後の最後まで陰の方向は目に見えて増すという風になるんだろうから、表面上だけみているとこりゃえらい苦難の世界になって行くとしか見えないかもしれない。

最後にうっちゃりがあるとしても、これじゃあ大艱難の道はやっぱりあるんじゃないか!と落胆するも良し、今後のその苦難を自ら選んで来たその勇気に感謝して奮い立つ思いも良し、神はそんな様子をじっと観察している?

いや、そうじゃない、
悪役、善役として世界中に60億人以上の人間として体験しているじゃないか。

観察者どころか実体験者として・・・・・

それにしても、日本という国はどえらい国なんだなあ〜

でも、ワイのようなちんけな者も居ますって。


米百俵の逆現象を演じている金融世界の殿様たち

世界中が「痛みをともなう」金融計画を実行し始めたようで。

もちろん、痛みをともなうのは下層のイッパンタイシュウと決まっている。

そんなことはおくびにも出さないのが上層部のいつものうまい言い訳。

搾取のやり方を変えただけのことで、結局は「み〜んなみ〜んな飲んじまった〜」の周平小説の中のセリフじゃないが、放蕩親父が遊びのつけを子供預金から引き出すまでとことん遊び惚けている風景と同じじゃないか!

公的資金ってのは、国民から税金を集めているんじゃ。
これを放蕩親父にどんどん使ってしまうというのは、もっともっと税金を増やさなければ足りなくなるということだ。

「おまえたちショミンが一番困ることになるんだよ」とか何とか言って脅かせば、「おお〜〜それは困る、さあ、どんどん使ってくださいませ公的資金」って。

なんのことはない、自分の小遣いをどんどん取り上げられて、気がついたらナンにも無くなっていたのにやっと気がついて泣きながら放蕩親父に抗議したら、
「み〜んなみ〜んな飲んじまった〜」
とへべれけ親父はさんざんやって来た飲み打つ買うの放蕩生活でもう足腰も立たない無策無能なただのダメ親父になっていたとさ。

よう〜〜く考えてみよう。
いや考えなくても判るか。

米百俵の精神って、よく権力者が使うけど、あれって上層部が危機に際して「ここは一番、わしら上層部が我慢して将来の一般庶民のために有意義に米(資金)を使おう」という、英断、決断じゃなかったの。

痛みをともなうというのは上層部の連中なんだよ!
それを逆解釈してよくも「米百俵の精神」なんて言えたものだ。


いまの金融政策は目先ショミンの為と見えるが、実は放蕩親父が自分で遊んだツケを払えないので子供の小遣いまでみんな巻き上げて、それを支払いに使おうって魂胆まるみえじゃないか。
いままで儲けた分は自分たちだけでためて使って出来るだけ下には回さない、そんな精神の連中が困りだしたわけ。

「ワシが斃れたらみんな路頭に迷ってしまうんだぞ、ワシを助けるのはおまえ達(子供)が可愛いからじゃ」とかなんとか言って、結局は最後に「み〜んなみ〜んな飲んじまった〜」
のせりふはいて赤ら顔で路上で寝そべっていたんじゃ、もっと困るのは子供達、「あのとき、親父のいうとおり小遣い(税金)出してなければ、もう少しましだったのに・・」
と。


さんざん博打経済でもうけていて、それもイッパンタイシュウ人から集めに集めた資金を湯水のように使いまくり、こんどは博打で大損したからといってまたイッパンタイシュウ人から集めてしまうやり方。

これが資本主義の正体か。

もうこういうやり方はイタチのさいごっぺで終わりなのは分かっているが、どうもそういう世界に無関係な下層の下層に居るものにとっては、どうもね・・見え見えじゃありませんか。

聞けば、日本のお金600兆円も親父の借金の証文に使われているっていうし、しかもその放蕩親父がこけたから、また出さなければならないっていうんだが、これって全部国民の資金でしょ。

銀行やら生命保険会社やら証券会社やら、よく知らんけどみんながその放蕩親父の博打資金に提供しているんだろうから、もちろん博打に負けりゃあ、帰ってこない大事なお宝。
それが分かっていながら、まだまだ足りないからと、今度は子供の貯金を強制的に振り込みしてしまう。

なんだ!こりゃあ、お国が率先して「振り込み詐欺」をやっているんじゃないの?


米もっとよこせ〜〜、米もっと送れ〜
イッパンタイシュウ人の将来のためじゃあ〜〜〜〜

米百俵の精神じゃあっぁああああぁぁぁぁああああああああぁぁぁぁぁ


ウソつけ!!

米国なのに米足りないわけないだろ!!


どうも、僕の作文笑はオツム足らずの感ありで、この人何が言いたいの??
って方は、こちらで詳しく(リンクも多数ありで、広げりゃ何万巻、まとめりゃ一巻だけど)


企業の健保の崩壊

ーーーーーーーーーーー以下引用記事ーーーーーーーーーーー

健保組合連合会の推計では、今年度の健保組合全体の
経常赤字は、過去最大の6322億円で、全国に加入者が約3000万人いる1500ある健保組合の約9割が赤字に陥る見通しだ。

大企業の場合、保養所の充
実や独自の人間ドック実施などで企業イメージの向上につながるため、独自の健康保険を持っている。しかし、企業で赤字を出してまで、独自の健康保険組合に
こだわる理由が本当にあるのか?といった疑問が出てくる。

ーーーーーーーーーーー以上引用終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーhttp://www.222.co.jp/NetNews/article.aspx?asn=23919より

厚生年金の中身が消えていた

今度は企業の健保が危うい

金の切れ目が縁の切れ目とはこうした現象が起こり始めている事なのでしょう。

特に現代医学の「ボタンの掛け違いから始まった」その結果なので、当然と言えば当然の現象です。

しかし、それがこうも長く続いてこられたのはやはり、金が物言う時代が支えてきたからでしょうね。

いま始まった世界金融崩壊(虚構の金融のことですが)、虚構の土台が無くなれば、虚構の建物も当然崩壊するという自然の姿ですから、おどろくものでもないんですが。


それは、金さえあれば虚構だろうが反自然だろうが存続できてきたという夜の時代の終焉の姿と言えます。

では、医療の崩壊とは反自然の医学が崩壊するだけのこと、自然医学がようやく見直されるというとても良い時代に入ったわけでして、医療崩壊とは間違った医学の崩壊に過ぎないわけです。

それが支えてきた金の土台が崩れて、ようやく本物が見え始めるという、これはヒトが頭で理解できないゆえに、金をとっぱらって、ようやく気づかざるを得ないという、まあ、猿にえさを与えないとようやく猿は自分で餌を探しざるをえない様なものかも。

ヒトはやはり猿か!?

そう、気づか猿と言われても省がないか。



では、全部国保になったら大丈夫か?というと、そんな事はない。
やはり負担金を無尽蔵に増やし、それを国民ひとりひとりが払いきれるか、もしくは国庫が負担?
どちらにしても国民の税金をどんどん増やすしか手がないわけです。

もうここらで、現代医学の本当の姿に気づいてもよさそうですが・・


金をじゃぶじゃぶ使い、その結果病気はどんどん増えるという子供ならわかる単純現象に。

それでも頭のよい「気づか猿」は赤ら顔で頭かかえているとしたら、そこらの本物の山猿たちがクビを傾げて見ているかも。

「オツム良すぎるとああなるんだよ」と小猿に母猿が教えているとさ。

ーーーーーーーーーーー以下引用記事ーーーーーーーーーーー

これには、今年度から始まった高齢者医療への拠出金負担増による収支の悪化が大きい。厚生労働省によると高齢者医療に対する今年度の健保組合の負担総額は、昨年度より3900億円増え、増加分のうち約8割を前期高齢者関係が占めている

ーーーーーーーーーーー以上引用終わりーーーーーーーーーーーーーーーーー


くどいようですが、ワクチン神話

その後どうなったのでしょうか?


インフルエンザワクチン事前接種、まったく的外れな発生もしていないウイルスに対するワクチンなどあり得ないものを事前に接種するという医学界のナンセンスさは、もはや疑似科学そのものを露呈しているのですが、それでも、イッパンタイシュウ人はそんな事にも気づかずの医学教信者さんたち。


前記事であの天然痘撲滅宣言の金字塔でさえも虚構だったと分かると、いっさいのワクチンなどというまやかしに気づいてもよいのに、それを学者も政府も医学界もまったく話題にもならず、当然ジャーナリストと言われる報道関係からも取り上げられない。

金融恐慌などであわてふためいている陰で、まったく知られずに備蓄だの接種だのされている方がもっと怖いのですが、こういう話をもっともっと話題に乗せないと、あとになって慌てふためくのは目に見えているのですが・・・


金が大事か命が大事か

どうやら、金を失わないと命の方へは段階が進まないようで、まあお後はパニックにならないように今から警鐘ならしておきましょう。

ワクチン神話でググってみましょう。


それにしても、岡田茂吉論文の医学論文の要を信者さん達は知らないふりしているんだろうか?


団体の力を駆使すれば、あっという間に世間に広報できるはずなのに。

まあこちらは元信者ですから、関係ないですけど。(苦笑)

マネーというモンスターが自己崩壊し始めたソウダ















副島隆彦氏特番について




緊急特番「恐慌前夜」!

http://www.768.jp/topicv.php?t=1&i=292


より


おこるべくして起こった世界恐慌。(既に起こっているのだろうが、そうでないようにとりつくっているだけ)


弱肉強食から強肉弱食の時代へ。
とうぜん、強者は金でもの言わせてきた。


弱者は徳で物言わせるのだろうね。

いや、本当は弱者だからこそ金でも持たないとえばって居られなかったのだろう。


お金自体が悪いのではないが、それを使いこなせない弱者が独占してきたから、本当の強者がお金を使うこなすようになるというだけのこと。


当面はお金はまだまだ必要だろうが、莫大なお金がいったんは消えてしまうようだ。


副島先生はそれを分かり易く解説してくれる。


 

プロフィール

akyoon

Author:akyoon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR