もう〜とまらない〜 あぶりだし

ばればれの世界になってしまって

正直松太郎さん、
いや、正力松太郎さんって?
あの巨人軍の   
日本テレビの

大先輩であった、日本の大御所のあの人があ〜〜?

ほんとびっくり腰抜かしてしまいました。

ところでエージェントって知ってる?

じゃあ、CIA は?

なに、知らない、  はい、さよなら。


以下は知ってる人向け

あのCIAのエージェントだったとかの本が出ているというのを聞いて驚いて腰抜かしたものでした。
(まあ正直のところ、腰はほとんど抜かした事無い、腰を折った事はあるけど)

そういう事実がアメリカの公文書公開で明らかになったというのです。

詳しくは藤原さんのネットラジオにて
そこのこちら
藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2007年1月16日 あぶりだし ←クリックで音声mp3


もう、あぶり出しってホントに始まって居るんですねえ。
「昼の世界になると暗がりに隠れていたものがすべて光に照らされて明らかになってくる」とその「夜昼転換論」で解いていた岡田茂吉師であった。
あまり、「師」などと書くと「尊師」と間違えられるので、ここではあえて氏名のみにさせて戴くこととして。

岡田茂吉が一番重要なウソとして現代医学の対症療法と薬という毒を用いる治療は病気を造るという、「現代医学は造病医学である」という事がその当時はまだまだ暗がりの世界であったから、明らかにされてこなかった。

しかし、昼の世界になると、隠し事や陰謀事は明るみに出されてしまい、自然とあぶり出されてしまい明らかになってしまう。

という事をしきりと説いていたのだけど、まだまだ医学の本性と薬の正体は残りの陰に隠れているのか全面的に表に出てきていないようです。

しかし、他の事は小気味よいほどさっぱりと表に出始めてきているのは愉快な事です。
いや、愉快とは言えないか。苦々しく思われる方も多いかも知れないが、人は案外自分の信じていた事実がウソだとばれるのを嫌う傾向がありそうです。

けっこう自分が傷つくのですね。
あれほど信じていた彼女(彼氏)から突然裏切られてしまったあの瞬間!

って、経験はないですけど。想像できますよ。

頭くらくら。のたうちまわって・・


こういう事とは違う!って?

そうかなあ・・・・


とにかく、今の時代 次々と「あぶり出し」が始まっています。
人様の事だと思っていたら、なんと! 自分の分まであったとは!

これが一番腰抜かすでしょうけど。
ああ、腰折る方がどれだけ楽だったか・・・よかった・・・なにが。


次はアポロ計画の疑惑や911の疑惑やら、もうでるわ、出るわ。
ああ〜〜 もう〜〜どうにもとまらない〜〜〜〜

あっちち〜〜あっちち〜〜  ああ〜あぶりだし〜〜〜

リンダさん 出番でっせえ〜〜

スポンサーサイト

ドクソ? え、毒素!?

はじめて、例の会に入った頃聞いた 「どくそ」という言葉。

病気とは毒素の排泄である。
病気とは排毒だ。

ドクソ、どくそ。毒素    

こんな言葉を人さえ見れば、口に出していた頃、20年も過ぎてしまったあの頃はもう夢中だったなあ。
今は変に悟ってしまって、毒素なんて言葉はあまり吐かなくなった・・・

若さに勢いが無くなったためか・・・・・言い換えれば加齢したせいか・・・・
心が。

その当時「毒素」なんて言うと、相手から「なに!どくそ?」なんて

一種怪しげな言葉として受け止められたものだ。l

そして、薬は毒素になるから病気の原因となる などと言うと、もぅ呆れた顔をされてしまうのがオチだった。
まあ、今でもそんな人がいかに多いか、あなた試してみればよくわかる。


この世の中、本当の事を言うと、「こいつバカじゃないの」とばかり、白い目で見られるものと体験から知り得たことである。

だからなのかも知れないが、最近はあまり人様に向かった薬は毒だとか、病気は毒素の排毒作用だなんて事、言っても無駄だと変な悟りをしてしまっていた。

しかし、
ようやく、時代が変わりつつあるようだ。

本業を医師とする方が 代わりに ドクソ などと言ってくれるようになたからだ。

毒素をためると病気になる 排毒・解毒で病気は治る (単行本) 本部 千博 (著)

ありがたいものだ。

こんごはまた復活しようと思う。

どくそ どくそ どくそ どくそ どくそ 度糞 あ、毒素 

どくそ

崩壊する日本の裏に

崩壊する日本

日本人の知らない恐るべき真実のブログ

が昨年からぷっつりと更新切れになっていますね。
あのブログを全部読むと、いかに吾ら大衆は何も知らないで来たのかという事が分かります。
そして、その副作用として

「吾らは無力だ」「もうどうにもならない」「やはり権力には敵わない」「本当の事を言うと危険だ」「怖くて、おそろしくて」「世界も日本も崩壊に向かっている」・・・

などと、真実?を知ったことがかえって無気力感を増やしてしまうかも知れません。
それほど、現実は悪い方向、悪い方向へと進んでいるかの様に見えるからです。

しかし、これはある必要な方向へ向かうための一時的なもので、すべて必要有って起こっているとしたらどうでしょう。

つまり、
崩壊する日本の裏側で再生する日本が始まっている

とします。

身体の病気と同様ですね。

「病気は浄化作用。正常に戻るための一時的過程である。
いや、人類存続のためにみると病気によって死ぬ場合でさえ、ある程度の精算をして行く事で子孫によい遺伝子を残す役目。
あくまで病気は崩壊を示しているんではない、その先々までみると必要あって起こっている。
自身の為であり、人類全体の為にもなっている」


表面的にみると
確実に今の日本は見える所では悪い方向へと向かって見えます。

しかし、これはある事を前提にしてみると、見方が全然違ってきますよ。

その前提というのが、

日本の姿が本来の姿に戻る

という事です。

この日本ばかりか世界の情勢もそうですし、それどころか、この地球そのものが危機に瀕しているという情報ばかりが増えてきています。
これはもう予言者の世界でなく、統計科学的に計算されると「このままで推移すると・・」という条件で地球環境そのものが人類にとって未来の可能性が少なくなっているということです。

それを知らない方が良いのか、知った上で対処した方が良いのかは分かりません。
しかし、知らないでいる事は「このまま推移する」という事でしょうから、やはり計算上ではかなり危ない将来になるでしょうから、やはり、「知るべき事は知って対処する」のがよい選択なのかも知れません。

ただ、「知る」においての注意があるようです。

知るために入ってくる情報の中にたくさんの誤った情報が含まれているという事です。これを見分ける事は難しいのではないかと思われるほど、多種多様な情報が飛び交っています。

この中から取捨選択して自分の行動の基とするには、どうしたらよいか?

これを考えているのですが・・・・



一種のカンの様なものかも知れません。
しかし、その時の自分の態度というか心構えをもって臨む事で、ある程度の情報選り分けができるのではないでしょうか?

「恐怖」を持たない。
「全体としての利益」があるか
「素直に望める」事かどうか

いろいろありそうですが、皆様の選り分けに対してのコメント情報をお待ちしております。


フォトンベルト効果

フォトンベルトという言葉が相当浸透して来ているようですね。

国際政治論の中にまでありました

このフォトンベルトという言葉は相当前からネットを中心にして世界に拡がったようです。
この事の解釈にもいろいろありまして、どれが正解だという世界でも無いのでしょうが、とにかく、この地球が変化するのは太陽に強い影響を受けているのは昔から知られていたことです。

そして、太陽もまた宇宙の何かに影響を受けているということが知られてきたようです。

その影響力のひとつにフォトンベルトというものがあるらしい。
この事について詳しいのは渡辺さんのHPや本、エハンさんの本など、また海外でも相当多くの本が出ているようですし、HPもたくさんありそうです。


で、難しいことはそういう人たちに任せて、ではどうなのよ?

その影響というは?

というのが吾らショミンの素直な反応でしょうね。

そこで、僕の幼稚な説明とともに、どういう影響が起こるか・・という、まあ、相当外れるだろう的妄想論を書いてみました。


で、どこからその影響が起こるかという事はフォトンベルトでも何でも実はどうでもいいのかも知れない。

影響力がまた2002年や2003年を大根の輪切りにしたかの様にキチンと大変化するというものでもなさそうだ。

まあ、車にしても急ブレーキをかけて方向転換しようとしたら、車がこけてしまうだろう。だから徐々にそういう変化を行うのが得策でしょうね。

それには、同乗者が多数居る地球丸と考えると、これがまあ多種多様な民族で、しかもそれぞれ実に生活感や人生観も異なっているから、これを十把一絡げにみては無理なんでしょうね、

そこで、それに見合ったような注意を引き起こして行くわけ。それもある程度徐々にしないと、みんなパニックに陥ってしまうから要注意というところ。

で、大変化が行われる
という事が前提になっているフォトンベルトの影響説になるわけだ。

まあ、宗教で言えば立て替え立て直し論みたいなところかも。
しかし、いまどき宗教の神の計画などとの賜ってみても、かえって不信感や相手にされない面が多すぎるのが今の宗教にあるのだろう。

そこで、フォトンベルトという説は、アメリカのNASAでさえおそらく知っている言葉であろうから、こういう一面科学的な言葉を使うと、いわゆる知識人とか教育を受けている自称オツム(の形の)良い大人には大受けするわけです。


いや、このフォトンベルトという事が嘘であるとか事実であるとか言っているのではなくて、こういう入り方の方法が今の時代にピッタリしているのではないかというわけです。

あ、また前置きが長く・・・・


で、一番の影響というのが、実は自然環境とか物理的な地球環境が大変化するという事よりも、

じつは人の価値観の大変化というべきものでないだろうか!

と、結論づけたわけです。

すべてはこの地球上に住んでいる人類がその主役として、いや、多くの生命体の代表的な役割をこなしているとすると、すべての源はこの人類の意識変化を源として、地球、宇宙という風に連動して居るんでしょう・・・・・・ね。
いや、 ・・・か? かも。


人類の意識の大変革

というと聞こえは壮大な大変化を思い起こすかも知れませんが、

じつをいうと

それはわたしの大変革なんでしょうね。

わたしという独りの生命体、魂があるとすると、

その魂が地球上に現れて表現しているという独りの生命体。
その生命体の ひとつひとつ総合して集まっての人類ですから、

まんずは、

このわたしの大変革が起こるというわけです。

それが意識革命   

おお〜〜〜

革命!       か・・・


きこえはいいけど、
ただ「思いこみ」を知ること。そして「思いこみ」を捨てて行くこと。


ただそれだけね〜〜〜〜

って、これがじつに大変なんですよ〜〜〜

こう書いている文そのものが「思いこみ」でしかなかったとしたら、いや、それさえも判断できないわたしが居るとしたら、


じゃあどうすりゃあ いいんだよ〜〜

って事になりますね。

そういう、すべてに対しての「思いこみ」と「事実」の違いが分かるいい男、イイ女になるにはどうすべえか?

そこですね。

それに強力な味方をしてくれそうなのが、フォトンベルト効果という事になりそうです。


つまりですね。

人は黙っていたんじゃ、いや、何もなければ、そのまんま・・・
よほどの事でも起こらないと、気がつきゃあしませんよ。
日々、安穏というのが あたりまえ 平和ですねえ  これでもいいんですけど、

宇宙は、変化が基本だそうです

だから日本むかしばなしの様に一生安楽に暮らしたとさ・・・・の世界ではねえ。

もちろん、願望希望としては必要でしょうけど。

そこには宇宙からみると、

オモシロクモナントモナイ  という 一瞬一瞬変化の極みで宇宙意識が喜んでいるとしたら・・・


だからと言って、破壊ばかりじゃない、その裏にはちゃんと建設創造というものが表裏一体ということでしょうか?


え〜 単純に説明しようとしたら、かえってねじ曲げている・・・


主人公であるわたしをちょっとこの辺で大きく飛躍変化させよう

としたら、

では、そうなりましょ

で、すめばみやこ


でも、そう簡単には行かない  

とすると、

自分の周りの変化、

それには肉体も含まれている


肉体さえも中心の自分ではないですから、あくまで お借りしている物質に生命体が入りこんでいるだけ。

その合体感はもう完璧ですから、分離感などないんですけどね。

その肉体の変化   浄化 でしょうね。

浄化作用・・・・・古いものを捨てて新しいものに変えましょうよ。

で、病気、様々な浄化の課程  それが 何千、何万種と区分けされている病気。

源は一つなんだけどね。

肉体の浄化が自分を変えている過程だとしたら、

それもうんとレベルアップできる為の

もうナイスバディなどと言ってられない・・・・そんな大好きな大切な身体を超えてしまうほど大事な大事な意識上昇気流ですからねえ。

それに乗ってしまおう〜〜  っと決めた魂は、もうなんでもそのために受け入れるって訳でしょうかねえ・

次から次へと我が身に起こる大変化   

いい加減にしておくれよ〜

と悲鳴を上げるほど、起きてくるはもう〜


病気、事故、失業、貧乏、かかあの小言・・・その他・・

ぜ〜んぶ、魂レベル(より神に近い自分)が許しているんですから・・・

たまったもんじゃない。

ふ〜〜〜


そしてその大道具としてのフォトンベルト効果とでも言うんでしょうか。

それがこの太陽系に、地中に及ぼす環境の変化


大舞台まで用意周到のうえ、今回の計画は練られた上に練られていたんじゃないでしょうかねえ〜〜


それがいま流行の言葉


「アセンション」

汗とション(便)の意味じゃありませんよ。

こういう言葉に遊んでいるわけじゃないですが、これって

実は、独り独りのわたしの「意識変革」ということらしいですよ。

つまり、先に書いた様に、自分のなが〜〜い(もう何千、何万、いやもっと?)あいだに自分ではまって遊んできただろうという世界を変えようってんですよ。

そのはまり込んで居られる世界のツール


「思いこみ」でしたね。

だから、思いこみ   それもどれが「思いこみ」でどれが「思いこみでない」かそれを選り分ける為には、いろんな仕掛けがまた必要という訳でしょうね。


その仕掛けとして
「フォトンベルト効果」

ということでお後がよろしいようで。
どうもお疲れ様でした。

え、ここを読む人っていたっけ?

いますよ〜〜〜 チャンと!

そう、貴方でした。たった独り。




ドキンとしましたか?あなたもhimaari聖人の、もとい、himaari星人のお仲間ですよ。爆


プロフィール

akyoon

Author:akyoon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR