もっと恐がれ怖がれ〜 暗黒卿は大食漢だからね

新しい時代の導きになる書
と言うと、それぞれ推薦のものを持ち出されるでしょうね。

僕の場合はあっちこっちと、まあいそがしい・・というよりも、あれもこれもという落ち着きのない性格ゆえに、まともに一つも掴まえていないのですが・・・

それでも、今度は「これなら!」という本が出ましたので、早速取り寄せました。
今は声での案内(講演録音)をひたすら聴いている状態ですので、平衡してこちらも文字で読むことで、少しは落ち着きのない脳みそに刻印されるのではないかと期待しています。


声のご案内人は松尾みどりさんの過去から現在まで行われた講演の録音テープです。これは是非とも聴いて欲しいですねえ。

おそらくダヴィンチコードなどで驚いているヒマなどありましぇんね。

あの映画も見に行ってきました。確かに活劇としてはおもしろかったです。そしてマグダラのマリアの事も・・ピラミッドの事も・・大変興味を引く内容でしたね。

しかし、あれは本のサワリですね。
フラワー・オブ・ライフ という本が2冊出ていますけど、あの内容を読んだらもう これは驚きものの奇! あれを詳しく理解するにはオツムがちょっと低すぎて・・・ちょっと投げてありますけど。


この宇宙は神聖幾何学であるという一面からみると、秘密結社と言われるものがこれらの情報を今まで隠して来たのがよく分かります。

しかし、彼らもたったひとつ見逃していたものがあると言うのです。

それは、愛を忘れているよ ってことらしいです・

たったひとつ見逃したこの「愛によって」というキーワードが入っていない宇宙の仕組みを操作しようとすると、破滅を招くというのです。
おそらく、彼らはこれに気づき始めたのではないでしょうか。

陰謀などが今までの様に操作しづらくなってきた事や、世界の金融支配なども昔の様に思うように進まなくなってきたという事を味わい始めていると思いますよ。

いまそういう勢力が焦って最後の仕掛けに入っているのでしょうが、やることなす事がうまく行かない結果が出るのはもうそこまで来ているようです。

映画スターウォーズじゃないけど、暗黒勢力の一番のごちそうは人の「怖れ」だというじゃないですか。
古代からずっとこれをエサとして長らえてきた彼らのエサを与えてきたのは吾ら人類ってことだから、もうエサやらないよ!ってことになれば、彼らはもう弱っちゃってどうにもならない事に。

だからでしょ。
さかんにいろいろな工作を行ってやっているでしょ。まあ9,11までは一応成功したかの様に見えるけど、これもどうやら化けの皮が剥がれつつあるようで・・・
いまひとつ剥がれないのは、それを知ろうとしないイッパンタイシュウ側にある訳だけど・・、
どうって事無いんですよ。陰謀論なんて。

お馬鹿さんが多ければそれが通るのも、お利口さんが増えることによってその手が効かなくなるってこと。

お馬鹿さんってのは頭の良し悪しというよりも、本質のところでは意味違うのでしょうね。
かえって勉強できる人ほどかかりやすいのが鵜呑み病ですから。
それと、そういう価値観を植え付けられた勉強の出来ない奴が真似するわけ。勉強できる奴の真似するわけ。

分かるでしょ。学者や権威者、それにある意味パワーのある奴になびく様なものですよ。 鵜呑みの鵜呑みってやつ、これがだんだんと少なくなって来たんですよ。
だから、もうすぐでしょ。

あまりにも鵜呑みし過ぎて腹一杯、消化しきれないでしょ。
いや、消化できるわけないか・・・嘘の情報ばかりじゃあ ね。

これから毒出しですね。 いっぱい鵜呑みで毒入れて来たんだから。
けど、この毒と薬の違いが分からないのがいっぱいあるからねえ。

僕が知っているのは医薬品だけど。いつも言っているけどね。
毒が薬になるってこと。 いや、毒を薬と名付けただけですね。

だからこれから毒出しを盛んにやらなきゃあイカンです。
もちろん、他人事じゃあないです。


おいおい!

どうでもいいこと書いて肝心の推薦書を忘れていた。

アセンションの時代

です。
瞑想する・・いや  迷走する地球人へのプレアデスの智慧  という副題が付いています。

やっぱり 地球人は迷走しているんだろうか?

働けど働けど 我が暮らしは楽になれず 

でもないけど、幸せ求めて幾千里〜〜〜 されど、幸せの鳥は見えず、そっと鏡を見る〜〜あるのはシワあわせの顔だけ〜〜

osomatu
スポンサーサイト

なぜ世界の陰謀は易々と行われてきたのか?

歴史の裏を見ると、なんと驚きの連続で目が白黒で、口はあんぐりです。

そして、いかに吾ら人間は易々と騙されて来たのだろうか?あまりにも愚かすぎるのではないだろうか?
という疑問がわくと思います。

しかし、もっと高見のところから見ると、実はこれは人類の集合意識という凄いところがあって、むしろこういう神話というか筋書きを自ら創っておいて、そこに個々に分かれて芝居の役を楽しむという様なものかも知れません。

その際、一切を忘れてこちらに望むのですからそこに体験する事は実に新鮮でかつ感動的ではあ〜りませんか。
これも一切忘れているからこそ出来るのであって、そこには喜怒哀楽が充分楽しめる訳です。
まあ・・悲しみや怒りは 楽しみにならないというかも知れませんが、そこが役にはまっているから分かんない事で、とにかく善悪を創ってそれを道具にして、戦争や病気とかの舞台設定でそこで以下に体験を味わえるかということで

陰謀が確かに存在するかも知れないとしても、実は陰謀や嘘が通用するのはそれに載る方の側が受け入れるからであって、決して主役は陰謀側ではないのでしょう。
受け入れる側が主役であって、ちょうど病気の人を直す人が主役でなくて、本当はそういう役割を引き受けて、癒しをさせてやる主役だと分かったらどうなるでしょう。

なんだあ、主客転倒した時、陰謀側も騙された側も恨みつらみも忘れて、おお〜よく配役をやっていたもんだなあ〜〜とほめ合う中になるかも。

まあ、この神芝居のような現実がうまく行くのは、「忘れていること」「知らないこと」が前提ですので、「思い出してきた」とか「知ってきた」とかが始まると、だんだんとうまく行かなくなってくるってのがこの芝居の終焉のようです。

そういう事も既に芝居の筋書きに入っていたというものの様で、そろそろ終演間近というのが筋書きの様ですが、やはりクライマックスには演劇も過剰気味に大げさに見えるというのも、これも筋書き通りってことかな?

藤原先生のネット放送をいつも聴いているのですが、今回の推薦というか、地元にも来たという話ですし、これ聴いてみてください。
な〜るほど〜〜と
単純に感心している きょうこのごろです 
 うん マネ書きです。

歴史は大本営で練り上げられたのか? 予定通りの第二次大戦

よく神話とか童話とか物語というものがあります。
とても現実ではあり得ない話しをおもしろく書いているかの様に思えるのですが、よく「事実は小説よりも奇なり」と言われるほど、じつは歴史として教えられてきた事実と本当の事実?とはこれほどの違いがあるんか!!とびっくりしちゃいます。

まあ、人の手から霊気とか光が出て人の病を治す・・などと言うと、オカルトっぽくてこれも鼻白む人が多いでしょうが、歴史においても「おいおいホントかいなあ?」と思われる人が俄然多いと思います。

だから、これを読んで皆信じ切っちゃう必要もありません。
もしかしたら、大本営発表以外は目や耳に入らないフィルターを備えている人には馬鹿馬鹿しくて見えないでしょうね。

昔から、大本営発表的歴史観を教えられ続けてきた我らにはちょっと驚きでは済まないほどの内容ですから、怖くて近づけない人はどうぞそのまま大本営発表でのんびりとお過ごしください。
そのご褒美に最後の最後に原爆級の超弩級の驚きを得られる効果があります。
これは請け合いできそうです。
なんでも
一度に知るよりも徐々に知ることで、それほどの驚きは少なくなるものでございます。そういう楽しみが減るというマイナス面もご承知でどうぞ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以下引用ーー
「しばらくの間、合衆国がどちら側につくかはきわどいところであったが、最終的にはわれわれ(英国)のプロパガンダに分があった。
 
(中略)

まだユダヤ人という手が残っている。世界全体のユダヤ人の人口は約1500万人と推定されている。そのうちなんと500万人が合衆国に住んでおり、ニューヨークの人口の25%がユダヤ人である。第一次世界大戦中にわれわれはこの膨大な数のアメリカのユダヤ人を、パレスチナにユダヤ人の民族郷土を作るという約束で味方につけた。これによってアメリカのユダヤ人のみならず、ドイツのユダヤ人をも引きつけることができたので、この約束こそ連合軍の見事な離れ業だと、ルーデンドルフも述べている」

彼らは膨大な数のアメリカのユダヤ人を、パレスチナを与えるという約束で味方につけ、それによって強力なユダヤ人の主要都市報道機関とウィルソン政権を味方に引き入れた。

「合衆国を味方に引き入れることは不可能に思えるほど困難である。あの共和国アメリカに外部の争いで再び武器を取らせるには、決定的な脅威を与えなければならない。プロパガンダによって、すべての国民にはっきりとそれとわかる脅威を。

(中略)

もし日本を戦争に巻き込むことができれば、当然のことながら相当やりやすくなるであろう。そうすればこれ以上揺さぶりをかけなくても、アメリカを引き込むことができる。いずれにせよこのことを達成するのが、われわれの宣伝活動家の当然にして明白な目的である。ちょうど第一次世界大戦のときに、合衆国をドイツと反目させるのに成功したように。」

われわれ新教徒のアメリカ人は今まで手ひどく騙されてきて、戦争には懲り懲りしている。口約束やプロパガンダでアメリカ人を戦争に引き込むことは困難であり、そのことは彼ら英国の戦争宣伝家も承知している。だから彼らは日本を敵側にまわすことによって、アメリカ人の偏見と恐怖心をかきたてる策を提案している。英国政府は、より協力な支持を合衆国からとりつけるために、この案を採用し、日本を戦争に追い込むであろう。

大統領は艦隊を太平洋に派遣した。これは日本と戦争を始めるためである。他の目的などありえない。日本がこの艦隊のうち一隻でも撃沈しさえすれば、あとはユダヤ人の報道機関、ユダヤ人のラジオ、ユダヤ人の映画界が引き受けるだろう。ユダヤ人の海軍大将タウシグは、議会調査委員会で「日本との戦争は不可避である」と言明している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上ーーーー
日本人の知らない恐るべき話しより
これは何の事を書いてあるか分かると思いますが・・・いちおう

第二次世界大戦前の話しだそうです。
アメリカ国民を戦争に誘い込むには・・・
日本を参戦させるには・・・・

これがうまく行ったという話しです。
こういう方法は今でも受け継がれていますね。
9.11事件やら、最近の航空機テロ未遂事件でも・・

大本営発表に慣れた、いや慣らされてしまった 家畜奴隷的人種にはココチヨク反応するんでしょうねえ・・

大本営発表

以前から何度も書いて書いて書いてます、大本営発表。
その大本営発表が以下にいい加減な情報だったと知ったのは、日本が空襲を受け始めた時からでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以下引用ーー
大 本 営 発 表

大本営に関連して,歴史上有名(迷)なのが,大本営発表である。大本営発表とは,大本営陸・海軍部報道部(陸軍の場合には報道部宣伝課内国新聞発表係)よる国民向けの戦況の発表で,それは通常,陸・海軍省記者倶楽部で行なわれた。いわゆる太平洋戦争中になされた「大本営発表」は,846回あったが,初期のころはラジオから軍艦マーチとともに流れた。もとより「勝利に次ぐ勝利」の戦果報告である。

国民はこれに狂喜した。

しかし,終わりのころには,勇ましい軍艦マーチは「海行かば」に代わり,しかも撃沈したはずの敵軍のアメリカ機による本土空襲が始まりかけると「大本営発表」が虚偽であることが国民の間にもわかり始め,やがて国民はそれを信じないようになった。

つまり大本営発表は,「『うそ』や『誇張』発表の代名詞」となったわけである
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上ーーーー

これが現在でも存続していると言ったら、トンチンカンな顔をされるでしょうか?
そりゃそうでしょ。
大本営が何か気づいていないからです。
そして、
何と言っても大本営発表が真実だと思っているからです。

現代の大本営発表とは 
 現代医学側の権威筋からの発表でしょう。

それに国家や企業、そして一番の宣伝省はマスコミでしょうか。後は例によって「国民大衆」です。

開戦前には
東条英機宅には 開戦を望む 国民からの手紙が山となったそうです。
反して、その当時の反戦を唱えた山本五十六には たくさんの非難の手紙やら、暗殺の危険が迫っていたという。

そうです、本当の開戦論者は 踊らせられた 国民が 多数になっていた事です。
そして、空襲による被害、とどめの原爆・・・
その後、踊った国民の大多数はどこへ消えたのでしょうか?
 戦争責任をただ戦勝国が決めた戦犯だけに押しつけたようです。
吾らには一切責任無しという顔をしてしまったのでしょうか?

そんな事を思うと、大本営発表 という権威筋からの情報がまかり通るのは、無知な国民がそれを鵜呑みにして扇動されるからだと思います。

医学情報に限らず、まだまだ 大本営発表的情報は流され続けています。
その嘘に気づくのは
 結果として マイナス面が大きく出てから
では、遅すぎるのです。
いや、体験するという目的なら それで良いのでしょうが、悲惨な目に遭ってからでないといつも気づかないというなら、人はずっと永遠に愚かだと言われても仕方ないでしょう。

今信じている大本営発表はいくもいくつもあると思います。
その中には唯一絶対だと思っているものもあり得ます。

こんな事を言っては申し訳ないのですが、私が信じてきた「教え」自体もその中に入るかも知れません。

ほんとうに真実を選び出すのは大変な事です。
しかし、意外と簡単なのかも知れません。
 いったんはぜんぶ捨ててみて、まだ拾いたいものがあったら、それが必要なものかも知れません。

医学はもちろん。
科学も宗教も歴史も   なんと多くの大本営発表が含まれている事か

これが21世紀に行われる洗い出し作業になるのでしょう。

おいおい、その前に自宅の掃除をやるのが先決だぞ と言われるのが 分かってますけど・・

東条英機の遺書

東条英機の遺書

とりあえずここ
日本人が知らない恐るべき真実ブログ

知らないという事はとりあえずは平和だ。
しかし、いずれ怖ろしい結果が訪れることがある。
 

西郷隆盛の欧米人観


戦争犯罪人という話題から
なぜ日本は戦争を起こしたのか?
ということを考えると・・・・ 
西郷隆盛が「欧米人は断じて文明国ではない」と言った意味

より、歴史でも時が過ぎると何が善で何が悪か決められないようです。

しかし、それは20世紀までの人類の舞台であって、これからはそういうシナリオは必要ないと思います。
今度の第三次世界大戦の怖れがあったイスラエルの侵攻も、どうやら実質的には敗戦の憂き目にあったようですし、これから闘いや力づくというやり方は通用しなくなる時代に入ったと思われます。

やはり正しい戦争などあるはずも無いのでしょうが、それでも歴史の見直しからもう一度考えてみたいと思います。

東条英機の闘い

戦争犯罪人とは?

靖国問題から日本の国論を湧かせているのですが、ただ単にA級戦犯だけの問題で済ませてよいのだろうか?という疑問が湧いていたのですが、ふと検索していたら下記の文章を見つけました。
今こそ、この方の手記を日本国民のみならず、世界人類に紹介する時期であると思います。
ここを読んだ方は是非ともリンクをお願い致します。

敗戦後の戦犯処刑で無実の人が間違われて処刑されてしまった方の手記の抜粋です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以下引用ーー
『しかしこの日本降伏が全日本国民のために必須なる以上,私一個の犠牲のごときは忍ばねばならない。苦情を言うなら,敗戦と判っていながらこの戦いを起した軍部に持って行<より仕方がない。しかしまた,更に考えを致せば,満州事変以来の軍部の行動を許して来た全日本国民にその遠い責任があることを知らねばならない。

我が国民は今や大きな反省をなしつつあるだろうと思う。その反省が,今の逆境が,将来の明るい日本のために大きな役割を果たすであろう。それを見得ずして死ぬのは残念であるが致しかがない。日本はあらゆる面において,社会的,歴史的,政治的,思想的,人道的の試煉と発達とが足らなかった。万事に我が他より優れたと考えさせた我々の指導者,ただそれらの指導者の存在を許して来た日木国民の頭脳に責任があった。

かつてのごとき,我に都合の悪しきもの,意に添わぬものは凡て悪なりとして,ただ武力をもつて排斥せんとした態度の行き着くべき結果は明白になった。今こそ凡ての武力腕力を捨てて,あらゆるものを正しく認識し,吟味し,価値判断する事が必要なのである。これが真の発展を我が国に来す所以の道である。

あらゆるものをその根底より再吟味する所に,日本国の再発展の余地がある』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上ーーーー

詳しくは
プロフィール

akyoon

Author:akyoon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR