今回も宣伝ですので   都留晃市さんまで巻き込んで

都留晃市さんの残されたメッセージより

なりたい、なりたい、欲しい、欲しい・・・

と思っていると、実現します。

ただし、
そうなりたいと思っている状態ですけど。
欲しいと思っている状態ですけど。

と言われた時、なんだか分かんなかった僕・・

はい、人は創造主のミニチュア版だということ。
「欲しい」と思っている状態が創造されるってことらしい。

・・・ってことは?

はい! 「無い状態」が現実に実現するってこと。

え、分からない?

そう「お金が欲しい」なら「お金が無い現実」が創造されるってこと。つまり「まだお金が無いから、欲しいっていう状態が実現する」らしいのだ。

なんだかよく理解できないけど、どうもここら辺に原因があるらしい。
「前世のせい」だとか、何とかいう理由付けは後からくっつけたものかも知れないのだ。
いや、そういう「思いこみ」をわざわざ自分で納得して今回の人生ゲームに臨んで来たのかも知れないけど。
とにかく、こちらとあちらを輪廻転生という形で続けには、そういう思いこみを自分に植え付けなければならないようだ。

覚って、分かってしまうとゲームアウト。
でも最初は皆が神だから、当然知っていたこと。
それをわざわざ忘れる様にして、それを忘れたままの状態があまり永く続いてしまい、ついにその忘れるという設定さえも自分でやった覚えも無いから、すっかり自分のしかけた罠(仕掛け)にはまり込んでしまった僕たち。

だからこんな事聞いても「そんなことはない!」と否定するかもね。


「手に入らない」から「欲しい」という状態が望み通り・・(表面意識では望んでいないんだけど)実現してしまうという・・・


「幸せになりたい」ってのもこんな所を考えて望まないといけないようだ。
つまり「お金が無い」と「幸せになれない」と思いこんでいる自分は創造の主だとすると、「お金が欲しいと思っている」状態を創りだしてしまうらしい。
そして、お金に縁の無い状態をいつまでも保っているから、「幸せになれない」と思いこんでいる状態を保つってことらしい。

ん????

なんだか分かりにくいけど、
つまり、お金と幸せを無理矢理条件付けしてしまったらしいのだ。
この条件づけを離してやると、よく見えてくるのかも知れないのだ。

でわ〜 この条件づけを離すには?

よく理解させる   自分のエゴ意識に

ってことになるだろうけど、
それがなかなか・・・・・・・手強いエゴさん、そう理屈では納得してくれないだろう。

でわ〜〜  
もうひとつ手があるらしい。

はは、現ナマを見せてやるか、手に入るという確信を与えてやる事

エサに不自由しないと分かれば、エゴはイチコロですなあ
なにしろ、げんきんですから。

このエサが必要な人と必要でないひとがいるから、そこんとこよろしく〜!

このエサはうんと臭いが強いので鼻をそむける人も多いだろうけどね。なにしろ、食った事も無い人は臭くて臭くて・・・・・(嗤)

あんたクサヤを食べたこと無い?
そう、食ったものしか、その味を味わえない。
当たり前か。

しかし、食う前にうんと臭いがするから嫌われる。
きっと食あたりをするんじゃないかとか・・・・

とっても胡散臭い臭いだからねえ〜〜〜(笑い)

どれどれ


都留晃市さんが残していったメッセージより
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以下引用ーー
私がまず初めに皆様方に選択して欲しいのは「幸せになるために必要なものなど何も無い」という考え方です。
幸せになるのにお金はいりません。幸せになるのに恋人は必要ありません。幸せになるのにどんな環境も必要ではありません。

こんな考え方を信じていると、今この瞬間が、そしてどんな瞬間も、とても幸せに想えてきます。生きている毎瞬毎瞬が至福の時へと変わります。「これが手に入ったら・・・」、「こうなったら・・・」といった未来の幸せに意識を向けるのは止めにしましょう。


 そして次に手放して欲しいのが、「働かないと生きていけない」と云う固定観念です。
現代社会の根底にある硬い硬い価値観です。

決してそんなわけではないのですが、そう信じている人達が、それを真実として体験しているにすぎないのです。


もし貴方が過去の経験に照らして私の云うことを判断しようとしたら、私には私の正しさを証明するすべは全くありません。貴方のこれまでの体験が貴方の正しさを証明しているのですから。


貴方が受け入れた考え方を、真実として体験しているのですから。ですからどうか勇気を奮って新しい選択をしてみて下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上ーーーー


スポンサーサイト

いったんは日の本の金をひきあげるぞよ

おおお 飛んでもない記事を読んでしまった

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以下引用ーー
竹中平蔵と猪瀬直樹は日本の公共資産を外国に売り飛ばして
その手数料を海外の銀行に蓄財しているユダヤ外資の手先
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上ーーーー
TITLE:株式日記URL:http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu111.htm



金、金、かね、カネ・・・・
もうおいらの頭の中はこれでいっぱいじゃあ〜〜

でも・・・、頭の中だけだけど・・・・・

そんなにお金が欲しいのか?
はい、
でお金で何をする?
え〜〜と、まずうまい物たらふく食って、旅行して、飲んで、きれいな姉ちゃんと遊んで・・・

それから?
え〜と、家を買って、広大な庭を持って、農園もやって・・
それから?
え〜〜と

どうしよう?  あとは・・・

ふん、そんなものかい、お前の欲は、ちっちゃいねえ〜〜

はい、しかし欲しいです。

そうか、「欲しい」はいつまでも「欲しい状態」を実現してくれるってのは分かっているよな。

ひゃあ〜、「欲しい」は禁句でしたあ〜〜

でもな、この日本はお前の様なお金の亡者がうようよしているんだ、どうしてそれをクリアする?
しかもだ、上の記事を読んだか?お金がどんどん消えて行く日本で、どうするんだね?(嗤)

・・・・・・


日本の資本は海外へ流れ出そうとしているーーーというか、もう、流れているとか。

おお〜〜〜、これは大変だあ〜〜〜と騒いでも、あとの祭り?

なんでこんな事に・・・・・深く嘆いてもどうにもならんのだろうか?

いや〜ん、まってえええ〜〜

じゃない、
いや、まてよ。

そういえば・・・・
ひふみ神示にあったような・・・・

なんだったけ?

え〜と、「来るなら来い、待ってるぜ、どんどん来いよ、え〜!
どんどんかかって来いってんじゃ! 目にもの見せてくれるわい」

こんな事書いて・・・・・・・ナイカ!

とにかく、こんな事も「想定内」って事か・・神はすべてをお見通しじゃあ〜〜、やりたい放題してみなされえ〜〜、神のうっちゃり技を見せてくれるわい

こんな文も無かったな・・・

どにかく、

日本からどんどんお金が流れて行くーーーーと言うことは・・・・・

いまの日本のがっちり固まった組織が金で身動きできない程になっていたものをほぐしてくれるってことかいな?

すると、日本の支配層が脳梗塞状態であったから、手指や足先にまで血液が流れて来ない状態であった。
まあ、行き過ぎたんだろうね。

困っている人がどんどん出てくる社会になってしまったので、この辺で流れをよくしなくちゃあって事。

いまの状態では金融から社会組織、官も民も学も固定してしまっている、これをちょっとほぐすにはどうする?

はい、金の流れを変えてやることですか?
具体的には?
はい、いったん金を引き上げてやることで・・
誰から?
はい、今ため込んで活用できない人たち、いや、組織かも
どうやって?
はい、外から取って貰うってのはどうでしょうか?
うむ、良きに計らえ・・


ハ!  すると
そのお役目をしていると・・・・いう事か・・・


金でつくった世を金でひっくり返すのだぞよ

ライブドアーショックはかなり大きいようですが、僕は関係ないのでどうって事無いですけど、それにしても自殺した方、死ぬほどの事でもないでしょうねえ。

たかがお金のことです。
お金ってのはほんとは精神世界の部類で、物として見たんじゃダメなんでしょうね。

え、お金が精神世界のもの?

って、書いている僕が驚いているんですけど。

パソコンの世界と同じ様なものかもね。
あるフォルダを削除したり、ドライブcからDへ移動したり、いろいろやっていて
ああ〜〜あっちへ行った、こっちへ来た。いや消滅したとか・・

いやん、まってぇ〜

じゃない、いや、まてよ!

こいつは違うんじゃないかあ?
これはパソコンの中で、勝手に区切りをつけて、あっちへ行ったり、こっちへ来たりして、また消えたりして・・いるだけじゃないんか!

なんだ、このパソコン内でゲームしているだけかい。
「区切りを付ける」から分けられるんだなあ
付けるシールをかえりゃあ いつでもあっちになったり、こっちになったり、シールを取れば無くなって消えたように見えるんだなあ。

その証拠にゴミ箱を空にしても、ちゃんと中には残っているんだからね。
ソフトで戻せるってこと。

おいおい、この世界のお金もそんなもんじゃあ ないかあ〜〜

かってにオレのシール、奴のシールを貼ってよ〜〜
まあ、思いこみ強い奴はシールをいっぱい貼っちゃってね^〜

はい、これはオレ様のもの  ちゃんとシール貼ってあんでショ!
おまえさんのは何も無いのね、 シール貼らないからね〜〜

なんだあ^^〜

お金の世界って単なる思いの世界じゃあないか、これは実態じゃあないね。
すると精神世界の分類かあ〜〜

それをすっかり実物の世界と思いこんでいたんだ・・・
なになに、そもそもこの世界そのものなんじゃと?

まあそんな所まで行くには10年早いわい。

とにかく〜〜

いま世界はシールの張り替えをやっているところじゃな。
どうもシールを独り占めした奴がいたせいじゃ。
だから、皆がお金の精力に負けてしまうんじゃな。かんちがいして。

どうだね、お金のシール貼りかえ作業のアルバイト募集してるんだけど
なあに、新しいシールをいっぱいつくって、独り占めしていたシールの上に張り替えるだけじゃい。

はは、フォルダの名前を変えたりするには、たくさんの名詞がいるってこと。

名詞が「勝ち組」だけでは、おもしろくもなんともないだろうね。

え、なになに今度張り替える名前はって?

もちろん「皆が富み組」に決まってるじゃろ!!

怖くて、臭くて、おいしいもん なあ〜に

新しい奴ほど 古いものを欲しがるものでございます

薬毒残存の恐怖
復習してみましょ。

なに? 読みのがめんどくさい?

しょうがないなあ〜〜   では


読み秀君が読みましょ!ただし、読み違いの訂正ははセルフサービスだからね。

皆が観音様じゃ  ーーー観音様よりのお告げ

北枕はお釈迦様もよく知っていたのでしょか?

大雨、地震、大雪、そしてまた大雪、


北枕はお釈迦様もよく知っていたのでしょか?

ウシトラ金神様は京都綾部の大本でよく知られていますけど、丑寅の方向は霊気の来る方角だと言うことで、大切な頭をこちらの向けて寝るのは一番科学的なのかも知れませんね。

波動整体のK先生も言ってましたが、北枕は波動的に最適な向きだとの事です。
世界中のどこにいてもその人から見て北(本来は東北)向きがいいのかどうかは分かりませんけど。


666は悪魔の数字などと言われていますが、13の数字と同じくこれも良い数字を悪魔(存在しないのでしょうが)から見れば怖い数字ですから、隠しておきたいのでしょ。

567の経と369の緯がの中心でもあり、あと468が組み合わさった立体的に言えば中心になる6がみっつになります。
天津金木がちょうどその形をしているとか。うろ覚えですが。
すると残りの数は468になりますけど。

どれも足して十八で観音様の数です。
それも足して九 九は光 すべてを押し出してくれる数。
九九算で九の項は一桁にすると全部九。
一度素に戻す数


ところで観音様は男か女か?
♂と♀の両性を備えた宇宙の姿を仏教的に表現していたんでしょうか。
すべてに表と裏がある様に、片側の性質だけでは分離しています。
すると、善の裏に悪有り、悪の裏に善有りで、この宇宙の高見からみると善と悪は無いようです。
ただ、一面だけを見ると善と悪がある様に見える。
この現界はいままでそういう錯覚を利用していたんでしょう。

が、まもなくその前面が見えるようになってきたということは、皆が観音様の様になれるということか?

まさか!
自分の事を考えるとそう思いがちだけど、

日本人なら無意識的に観音像を受け入れると思いますけど、中には見ただけでいやらしい姿もあるので嫌いな観音像もありますよ〜。

雑談かいて何がおもしろい?
このブログ。みんな、自分のために書いているんですね。(笑い)


ウイルスと鬼門の方角  似たもの同士

鬼門(東北)の方角を忌み嫌うというのは、インフルエンザウイルスを嫌うようなものですね。

なぜかと言うと、原因が自分の中にあるんですけど、それが他からやって来ると錯覚(そう思いたいのが人情ですか)してしまったようなですね。

その説として
鬼門からは清浄な気が流れてくるというのですが、清浄な気に反応するのは何でしょうか?
そうですね。清浄なものに清浄なものはあまり反応しない。大きな河の流れに沿った流れならスムーズという訳ですが、逆流しようとする流れは乱れます。

これを人に当てはめるとすると、清浄な波動には乱れた波動が反応しやすいというか、清浄化しようと動き始めるとでも言うのでしょうか。

本来は天然自然の気に順応する方がうまく行くのですが、それが今の状態が自然に順応していないとすると、その反応もきつくなるという事ですね。

一時はきつくとも、段々と自然の波動に一致してくれば反応も収まるわけです。

波動製品などもその波動の質(振動、種類、高さ?)に一致してくると、反応もしなくなるということでしょうか。

火にあぶり出されるものが無い状態になれば、別に悪い影響に見えるものも出ないという、大自然が変わればそれに合わせて変わるべきものが地上の人間、すべてがそうでしょうけど。

では、インフルエンザ・ウイルスの場合はと言いますと、これも同じ原理で考えるとよく分かると思いますね。


そう、決して外から害がやってくるのでなくて、自分の中身が反応する状態にあるからという訳です。

悪魔はやって来るのではなく、自分の内にあったのですね。
そして、その悪魔をあぶり出して外に出して解消してしまおうというのが、ウイルスの役目。

なんと、ウイルスは福の神だったというわけです。
鬼が東北に押し込められて鬼門の神として恐れられたのと同じように、じつは清浄化の神が怖いという自分の状態に怖れていたいのでしょう。

病気にしても、その他のすべての忌み嫌う事がじつは
すべては内にあった
という説です。

この説を受け入れるかどうかは自由選択でしょうが

では、悪いことだけを考えているからなかなか受け止められない事もあるかも知れません。

良い事象もすべては内にあったからとすると、どうなるでしょうか。

偉大なる神でさえも内にあるとするという考えはどうでしょうか。


すべての病気は内にあるものが外に出てくると考えてみると、それを押さえつける対症療法は決して根本治療でなく、臭い物にふたをする、しかも一時的ですから、最後そのふたを持ち上げて出てくるという考えはどうでしょうか。

さらにそのふたに用いた薬は毒ですから、その毒の排除もしなければならなくなる。

そうすると、インフルエンザ予防接種や治療薬などは、決して根本から身体を良くしているのではなく、将来にわたって病気の素をを継ぎ足しいただけという考えはどうでしょうか?


次々と新型ウイルスが出現する訳が理解できると思います。
それも自分の代、一代だけでなく次世代へと繋がっているとしたら、今の世界の感染症は、出るべくして出ているというのが良く分かるはずです。

今の世界の上層部と言われる人たちは、その事をまだ知らないのですから、上から伝えられている感染症対策はそのまま鵜呑みにしていたら飛んでもない事になりそうな気がします。

気がします・・・・・・本当は事実その通りだと僕は確信しています。

でわ〜〜

カルマの除去 とアセンション

言うは易く、行うは難し
それは「許し」

地球霊界の特異な輪廻転生はカルマを道具に使ったことか?
そろそろこれも大転換期に入ってそのカルマという道具もご破算にしなければならない時期に入ってきたのかもね。

ただ、そうそう、そうなんだ!
と思っても、それが実際にどう行われるのか具体的に知りたいなあ。

DNAにしっかり刻まれていると言われる過去の情報をクリアーして行けるなら、もうこれから罪とかの意識から解放されるのかも。

これから、よく読んで見たいと思います。
何か、キーポイントがあるかもね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以下引用ーー
みなさんに理解していただきたいのは、ある者が特定意識レベルに到達したとき、カルマはもはや訓練のガイドとして必要でなくなるので、簡単に除去することが可能なのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上ーーーー

参考


付け足し
そう言えば、昔の話しだけど、家族が変成意識になってしまって、いわゆる霊的感受というのか、ある意識が入ってきて言った言葉。
「おまえのせいでこうなった〜」
と言われてしまった。
え?オレのせい〜〜   もちろん、そんな覚えはないのだけど。

前世でのオレの行いなのか? 
「記憶にございません」と言って忘れたふりをする「覚えている人」もいるけど、じっさいこの場合は、ぜんぜん記憶にございません・・・

「まあまあ・・」となだめてみてもどうかと思うし・・

けっきょく、

僕の発した言葉 は
「あなたは神です。あなたは光です」

とくり返すだけでした。

で、最初の反応は
「なに〜〜、ひかり〜〜? 光など見えぬわ〜」
と怖いしわがれ声のおばあさんの声、それのご丁寧におばあさん顔っぽい(コワ)

しかし、もっとくり返していると、納得したのかどうか、おさまって消えていった。

こちら現界人はなかなかこんな事は納得できないけど、
どうもあちらの世界では、理解が早いみたいで・・

ま、参考になるかどうか、
もし悪霊(ほんとは無いのだけど)的な霊がかりを体験したら、上記の言葉をくり返してみよう。

効果てきめん
かどうかは保証の限りでないけどね。

ガイアアセンションも医学革命が基本でしょ。

引用ばかりだと嫌われる

と言うけど、これほど簡単な事はないですね。

もっとも人間の思考とは自分の考えをひねり出すというより、空間の既にある思考を受信して同調するだけなのかも知れませんので、常に人はどこからか引用している様ものでしょうね。

言い訳をしておいて、今回も再度重要な所を適当にみつくろって・・
ハイ!ド〜ゾ〜  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以下引用ーー
「ガイア・アセンション」シリーズ:解説『この時代!』
第3回 健康についての真実

●医療の肥大化を支えるもの


暗示の威力は医学界ではよく知られていますが、そのネガティブな応用を見付けるのは簡単です。危険な太陽や自然に身をさらさすなとか、実際は毒性の化学カクテルに過ぎないワクチンが必要だとかの、情け容赦のない不吉な警告がそれです。あるいは、毎年のインフルエンザ・シーズン到来を人々の頭に刷り込む、重々しく警鐘的な発表です。


予防接種の対象としている病気は、感染してもほとんどの人は軽く済み、重篤な状態になるのは千人に1人とか、数千人に1人の話です。それにもかかわらず、全国民に「毒性の化学カクテル」を飲ませようとする。これが、予防接種の本質です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上ーーーー
健康についての真実

日本経済と日本医学教団は二人三脚か

日本経済とよく似ている現代医学教団

この経済身体と医学身体はよく似ているし、
共存共栄しているものかもしれませんね。


経済身体が疲弊して来ると、片方の身体も疲れ果ててしまうようです。

なにしろ、現代医学の医療費はきっと31兆円を超えていると思われますから、正式な金額でもそれなのに目に見えない負担を加えるとどれだけになるのか想像も付かないですね。


金の切れ目が縁の切れ目

などと言われますが、おそらく今後に起こる経済的な大異変が起こると現代医学の宿命的な「湯水の様にお金を使うシステム」は崩壊せざるを得ないでしょう。

もっとも、これはどしろうとのhimaari人の勝手な想像ですので鵜呑みにしないで下さい。しないでしょうけど。

いま急速に加速中の国家の財政危機はこの医学教団を支え続ける事が困難になるでしょう。

これだけの大金を使って病者が激減するならば、それはそれで認められるでしょうが、現実はそうなっていないからです。

では、金がないから医療にかかれないとなるとどうなるのでしょうか。

もちろん、民間でもお金のかかるものは敬遠されるでしょう。

高額な健康食品や器具も一部の人だけのものとなります。
一般の人にはとても手が届かないものは売れないからです。

そうなってくると、自然と決め手は「安い」出来るだけお金のかからない医療が浮かび上がってきます。
そして安くて効果の高いものの選別が始まります。

おそらく健康保険制度も立ちゆかない事になりますから、西洋医学一辺倒の病院も衣替えをせざるを得ないでしょう。

彼らも必死になって患者が来てくれる医療を目指すことになります。
そして、情報収集に躍起になるはずです。

もともと病名や診断の知識は豊富ですから、経費のかからない有効な治療法を早く見つけ出すでしょう。

ーー医学の革命は経済問題がきっかけになって急速に進展するーー
と今年の
細木滓右衛門の予測でした。

ま、どっちに転んでも良くなるというのが未来予測ですね。

需要と供給の関係は経済と医療の関係にも当てはまるようです。


こんな予測が出来るのもインターネットという情報があふれている時代だから出来るものですね。

ときには、とんでもないアダルトにはまってしまう小生ではありますが、好きな物にふたは出来ないってことかなあ・・・・


功罪ともにあざなえる縄の如し・・・・インターネット情報

9.11は世界を変えた  よくも騙してくれましたけど

いや〜〜またねすごしてしまった。
おはようございます。 もっともこれから寝ますけど、その前に




ほんと本番はこれからみたいですね。

これをネタにしてイラク侵攻が始まったし、世界に対する規制なども目に見えないところで自由束縛の制度が進行してしまったようです。

しかし、逆にみると、この事件の真相が白日のもとに明らかにされることによって、マイナス面を数層倍超えたプラス効果が生み出される仕掛けにもなっているようです。

日本の原爆投下もそんな好例になると思いますが、マイナスの裏には必ずプラスの効果が含まれている(しかもマイナスをずっと超える程の・・・)という事でしょうが、プラス面はマイナス面よりもずっと後の方で分かってくるというのがある様ですけど。


9.11事件は、ずっと後になってから人類にとっての重要な切り替えポイントとなったという歴史が残ると思います。

ちょっとその一面として
世界がずっと陰謀的な操作で動かされてきた事実が明るみなる発端となる。
教えられてきた歴史がいかに真実を違ってきたかという常識観がひっくり返るきっかけになる。
この様に芋ずる式に現れてくる真実の最初の芋にあたるのが9.11の真相となるようです。

http://www.wa3w.com/911/   
「911 ボーイングを捜せ」

日本人は愚かにもマスコミ(特に大新聞やテレビラジオなどの大メディア)の報道によって操作されやすいコクミンとなり果ててしまっていて、大多数の人は報道操作のロボット人間の様なものです。

しかし、光は強し

隠そうにも隠しきれないのが今の波動の世界。
波動と共振できないものはふるい落とされてしまうのですから、この大波と共鳴共振する方が遙かに楽ちんです。

陰謀とか陥れるとかの波動は過去の時代は一時的でも栄えたんです。
でも、もうそれも終わり。
いよいよ本番まっただ中。

僕の一番の注目、現代医学の誤りも白昼の光に照らされてしまうと、あっという間です。
もちろん、残るべきものもあるでしょう。(どれくらいかな?)
それは自ずと自然に分かるようになるでしょう。

それと個人的にも同じ事が出てきます。
人様の批判ばかりしているそこの貴方(はは、じつはこの僕でした)

昼の光に出会って、キョロキョロしてるでしょ。(ハイ、マッタク!)

アキョ〜〜ン! などと叫んでいてもミットもないだけですよ。

ゴモットモ・・・・・。

癌は確実に治ります  と言ってはみたけど

あ〜寝てしまったら、日を超えてしまった〜


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040728-00000001-yom-soci
↑参考


癌は確実に治ります。
現代医学の進歩はめざましいものがあります。
おそらく21世紀には癌が撲滅される日も近いことでしょう。

ふ〜〜ん。なるほどね。
で・・・

あれからどうなったのかなあ?
癌はだいぶ減ったんでしょうねえ。もう2008年にもなったし・・

あのころはちょっと、予想と結果がだいぶずれてしまったみたいだけど。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以下引用ーー

全国のがん発症者数は、1997年に62万人と従来の推計値より3割も多いとみられることが、国立がんセンターなどの調査で分かった。
一昨年報告された1997年の推計値は約48万人だった。

 患者数はがん検診などの基礎資料になるだけに、「これでは効果的ながん対策が打ち出せない」との指摘もあがっている。

 がん患者の情報を集める仕組みに不備があることが原因で、正確なデータ収集の体制確立が急務だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上ーーーー

だれか教えてくれないかなあ。
あの頃推定していた21世紀に入った頃の癌死亡の数字を。
そして、昨年の癌死亡の数字もね。

ねえ、おじさん  モルモットってにんげんなの〜?

新薬のモルモットにされるアフリカの人々
http://www.asyura2.com/0505/health10/msg/302.html
より

モルモット == ネズミ類  ノン!
         人類    イエス!
         


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以下引用ーー
 世界の大手製薬会社が、新薬の試験をアフリカで行うようになっている。
アフリカの魅力は、安上がりなコストと規制の緩さにある。被験者の安全は二の次だ。
事故が相次いでおり、中止に追い込まれた試験もある。
こうした無軌道なやり方は、製薬業界が先進国の医療問題の解決のために、いかに途上国の人間を利用しているかを如実に物語っている。[フランス語版編集部]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上ーーーー

おいおかしいんじゃない?
薬の安全性は動物実験で解決済みなのでなかったの?

けっきょくは人間に使って見なけりゃあ、分かんないの?
じゃあさあ、
動物実験って要らないんじゃないの?

まあまあコナン君、君はまだ幼いんだからねえ、そんな大人の話に首つっこむんじゃない。

(ふん、大人のくせになんにも分かっちゃいないくせに)

でもねえ、アフリカのひとたちが危ない目にあっているっていうし〜
ねえ、どうしてなの?
これって人体実験してるってこと?
アフリカってお金無い人多いんでしょ?


ばかだなあ、アフリカの人たちはねえ、これでお金を稼げるんだよ。
いいことをしてるんだぞ。彼らも喜んでいるはずだ。


ふ〜〜ん、でもこんなことも書いてあるよ〜〜



ーーーーーーーーーーーーーーーー
 どの途上国も、製薬会社が倫理や被験者の安全を無視して行う臨床試験の舞台となっている。
本人の同意もなく、詳しい情報も与えられず、十分な医療上のコントロールもなく、現地の患者や住民にとっての利益もわずかなのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これだと、みんながよく知らないで実験されているみたいだけど?

ばかいえ!ちゃんとなあ、同意を得てやってるんだ。
薬が認可されるにはゼッタイ必要なんだよ。じゃあ、代わりに誰がやるってんだ。え?

これって人体実験って言うんでしょ。でも、こんな呼び名じゃあ、僕もいやだよ。ねえおじさんならやるの?

ばかいうんじゃねえ。だれが好きこのんでやるかい!人体実験なぞ。

あれえ〜、へんだなあ、さっきは人体実験じゃないようなことを・・・


子供はだまってろ!!


ーーーーーーーーーーーーーー
とはいえ、臨床試験は新薬の認可と商品化に欠かせない、形式化された厳格な手続きの一環である。

その目的は耐性と効果を測ることにある。

世界中で行われている臨床試験は毎年10万件近くにのぼり、そのうち10%が途上国、1%がアフリカで実施されている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ホラ見ろ、上の記事読んだか。
臨床試験とちゃんと書いてあるだろうが。おじさんもこれならやってもいいと思っているぞ。


???ふう〜〜ん、 でも人体実験と臨床試験ってどう違うの?


しつこいやつだな!世界の立派なひとたちがちゃんと決めているんだよ! お前みたいな奴は臨床試験させちゃうぞ。


ええ〜〜〜ん、こわいよ〜〜。やっぱり人体実験じゃないの〜?
でもさあ、アフリカや途上国ばかりじゃあないんだね。
これ見ると、あとの90パーセントは世界中で行われているんだね。
おじさん、この日本でもそうなの?

ふん、当たり前だろ。
う〜〜ん、たしか、なんと言ったかなあ〜〜〜

それって、治検って言わなかった?ぼく、どこかで聞いたことあるよ、そういうお仕事してる人いたよねえ。


なんだ、そのチケンだかなんだか、知らんけど・・・まあそいういう事だな・・・


(フン、大人のくせに何にも知らないんだから・・)
でもさあ、さっきも不思議だと思っているんだけど、お薬ってどうして動物実験するんだろ?

だからあ〜〜、人間様に使う前に動物で試さないと危ないだろ。
安全だと分かって、やっとこ人間様に使うんだぞ。
わかるだろ? お前みたいな奴にいきなり毒だか何だか分からん薬を注射されたら困るだろうが・・


え〜〜?そんなあ。、でも、動物実験で安全が確かめられるなら、なんで人間たちに試験するんだろう?
やっぱり変だなあ・・・・安全が確かめられない動物実験ってあるのかなあ・・・・????


もうごちゃごちゃ考えていないで、勉強でもしてろ!
まったく!!
近頃のガキといったら。
理屈ばかり抜かしてやがる・・・


(おいおいオッチャンよう〜〜、てめえの脳みそが働かないからと言って、ガキの事言える立場かよ・・)


ーーーーーーーーーーーーーー
 統計の利用と試験の実施に基づく「実証医学」という考え方は、19世紀末から西洋諸国に広がったものである)。


第二次世界大戦後、1947年のナチスの医師たちに対する裁判に続いて、医療倫理に関する初の取り決めとなるニュルンベルク綱領が採択され、これを端緒として医療倫理の発展が見られたが、

製薬分野への波及は遅々たるものだった。

スキャンダルや事故の末に、規制が行われるようになったのである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そら見ろ、こういう事だよ。分かったか!

(なにがそういう事だ い、何もわかっちゃあいないくせに・・)
そうだねおじさん。でも、けっきょく偉そうに書いてある取り決めが出来たはいいだけど、ちっとも守られなかったんじゃない?


おとなの世界ではなあ、そういう事がおおいものなんだ。
これはなあ、ガキのお前には分からんことだ。
まあ、おまえが大きくなったとき分かるんだなあ・・・


そうかあ、でも僕にもわかるよ
きっとお金を儲けるためには目をつぶる事が多くなるのが大人の世界だというんでしょ。
だから、なんでも事件や事故が起きるまでは目をつぶっている人が大人ってんでしょ。それが世間で通用する立派な大人と。


おお〜〜分かってるじゃないか、ガキの割には頭いいぞお〜

(おとなのお前の方が頭わるいだよ!)
うれしいなあ、でも僕はあまり大人になりたくないなあ、
そんな大人だらけだったら、僕にもその被害を受けそうだし・・
こわいよぼく。


あのなあ〜〜大人の世界は厳しいんだ。人を食って生きて行かなきゃあならない渡世だからなあ〜〜
渡世人のつらいところよ〜〜 曲げて通らなきゃあならない世界、
どうぞ だまって通してくんなせえ〜〜


(おいおい、渡世人ぶっちゃってよ〜)
ふ〜〜〜ん、でも、かわいそうだねおとなって。
さんざんつらい目にあってからでないと、変われないんだね。
かわいそう〜〜


そう、おとっつぁんは可愛そうなんだぞ。チャンはつらい道をえらんだんだぁ。

(わらわせるぜ、じぶんのオツムの低さを棚に上げて。要は知らないだけなんだ。逃げてるだけなんだろ、だから目に見えず、耳に入らない・・・自分の無知さを渡世のせいにするな!!)
おじさんもつらいんだね。ぼくよくわかるよ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 国際宣言としては、1964年のヘルシンキ宣言と1981年のマニラ宣言が挙げられる。ヘルシンキ宣言は、医学研究における倫理原則を定めたもので、マニラ宣言は途上国で行われる臨床研究を特に対象としたものである。これらの文書では、

試験実施者の資質、被験者の同意の尊重、秘密保持と個人の保護が、とりわけ強調されている。

しかし、
これは勧告であるため、違反に対する制裁手段もない。
ーーーーーーーーーーーー

ほらほら、見てみろボウズ。
こういう立派な法律があるじゃあないか。
大人も捨てたもんじゃないだろうが。オホン

うん、でもねえ、これってみんなが守っているの〜?
約束破ってもどうってことないみたいだけど〜

ばかだなあ、立派な大人の世界じゃ。
だれが破るってんだ。

でも、さっきは渡る世界は鬼ばっかりの様な事言ってたよ。
おじさん、どっちなの?
(ふん、お前の様な大人がどんどん約束やぶってんだよ!都合のいいオトナがよう)

むむむ、その時によって違うさ。それがおとなの世界。
分かったかボウズ!


ーーーーーーーーーーーーーーーー
 フランスでは、1955年に102名の患者を死に追いやった消毒剤スタリノン(R)、57年から62年にかけて1万2000名の胎児障害を引き起したサリドマイド、72年に乳児145名の中毒と36名の死亡を招いたタルカムパウダーのモランジュなどの大事件をはじめ、数々の事件をきっかけに、臨床試験が義務づけられ、その際の規則が定められるようになった。しかし、倫理上の要請が完全に定められたのは、88年12月20日のユリエ=スリュスクラ法による。
これは、

20年間にわたり臨床試験が全く非合法に行われてきた

ことを暗に認めるものであった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そうかあ、おとなの世界ってこういう世界なんだね。
約束なんて無い方が長かったし、あっても目をつぶっている時の方が多いってことかあ


それが渡世人のつらいとこよ〜〜




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
倫理原則の回避
 
製薬会社が試験の場を次々とアフリカ大陸に移す中で、倫理にもとる行為を生むリスクは大きくなる一方だ。

試験にかかる費用は、アフリカでは先進国の5分の1で済むことさえあるからだ。
ーーーーーーーーー
これって安いからなんだね、

そうよ、安いのがなんたっていちばん!

へえ〜、今の欠陥建築マンションなどもそうなのかあ

そうよ、顧客のニーズに併せなきゃあ、それが商売人ってわけよ。

でもアフリカの試験はお客さんに合わせているってより、製薬会社の方に合わせてるような・・・・・

ーーーーーーーーーー
また、アフリカにおける疫学状況は、試験の実施に好都合である。

感染症をはじめとして病人の割合が高く、反復的集中的な治療を受けていないために症状の出方もはっきりしている。
さらに、現地の保健医療体制が整っておらずに困り果てている被験者は御しやすく、試験を実施しやすいということもある。
ーーーーーーーーーーーーーー

こんな理由があるんだね。
やっぱり人体実験はアフリカに限るって風に見えるけど・・
おじさん、人体実験じゃないだっけ。

おお、そうだ。
生活に困っている人たちを助けることなんだぞ〜。

ふ〜〜ん、でも試験にはとてもやりやすい環境なんだね、製薬会社の人にとって・・・
でも、どうしてかなあ? あのひとたちって、ホントに人助けでやってるのかなあ〜?




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以下引用ーー
1990年代末には、医薬品業界の世界での売上高(3800億ユーロ)は、サハラ以南アフリカ諸国の国内総生産(3000億ユーロ)を上回っていたのである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上ーーーー

ね、儲かるんでしょ。
すごく儲かるんでしょ。 薬は・・・



URL:http://asyura2.com/0505/health10/msg/302.html

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願い致します。

プロフィール

akyoon

Author:akyoon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR