汝、証拠不十分にて・・その4  検診

健康診断:項目の大半が有効性の証拠薄い 厚労省研究班4

どこまで行ったか分かんなくなったけど。
いちおう続きその4?かな
  
  ところで、検診 「無駄イコールゼロ」 とならない事もあるそうだけど  「無駄 イコール マイナス」もあり得るというし・・


ーーーーーーーーー以下引用ーーーーーー
 ◇健診のマイナス面も検証を
 
 厚生労働省の研究班が大半の健診項目に厳しい評価を下した。
 
 「検査すれば安心」との思い込みを排し、健康人への検査が本当に病気の予防や死亡率低下につながるかを冷静に確認した結果だ。
ーーーーーーーーーーー以上



ふふ、検査さえしてしまえば安心、安心・・・なんて話している国民など、ほんと無邪気なもの。
 こんな結果が報告された今でもまだまだそんな検査好きな国民が多いからねえ。
いや、彼らは検診と治療と間違っているんじゃないかなあ?

何でもかんでも検査して貰えば治ると思いこんでいるんじゃない?
そう・・・「○○病」とか病名を付けて貰って安心しちゃたりして


そんなお脳の持ち主にいくら言っても無駄な事。

総一億「検診イコール安心」という「思いこみ病」に罹っているなじゃない。ニッポン!ちゃちゃちゃ    って、茶化すな!

それにしても厚生労働省にも真面目な人は居たんだね。
立派に税金を使っているねえ〜〜    見直しました。
 他の人も税金の無駄遣い癖が抜ければなあ・・・消費税下げられるだろうに。31兆円国民医療費一桁ゼロが減るかも。


ーーーーーーーーーー以下遺尿ーーーーーー
 研究班報告書によるとGOTとGPT、γGTPの値を調べる肝機能検査で、見つけるべき主な病気の一つは脂肪肝だ。
この大半は、放置しても大事に至らない。
他に見つけるべきものは、アルコール性の肝臓病とウイルス性肝炎だが、どちらも見落とされる場合が多い。
検査するなら飲酒量の問診や直接のウイルス検査が勝る。そこで研究班は「実施の意義を再検討する必要がある」と結論付けた。

米、英、カナダなどではGOTなどによる健診は実施されていない。

 肝機能健診の評価を担当した田川一海・三井記念病院副院長(消化器内科)は
「GOTなどが高くても問題ないことは多く、それほど心配しなくてよい。逆に見落としが多いので、低くても安心はできない」と話す。
ーーーーーーーーーーー以上ーーーーーーーーー

ニッポン人は数字に弱いかもね

ラジオ健康相談などを聞いていると、質問者が得意げになって「GOT」の数字やら、なんだか分からん横文字の数字を並べて、ああだこうだと質問しているのを聞くと、「ああ〜〜ほんと付ける薬はないなあ・・」と。

彼らは数字信仰者なのであろう。
血圧にしてもあんなの、いくらでも基準値を変えられるので、それにすっかりのめり込んでしまった国民は数値にあたふたしているんだから・・

これからはやれGTOだの(おい車じゃないってんだ)やれGPTだの、そんな訳の分からない数字を出して来ても会話にならないって事かな。

眉間にシワ寄せてさあ〜
  数字の較べっこしてるなんて、いやらしいじゃない、
  なんだか、貯金高を自慢しているようで・・・・・
(あ、 僕の眉間のシワは、なが〜〜〜い 耐乏生活のせいで、もう戻らないのね)


「まずレントゲンとってみましょうね」とか何とか言われ、元気よく
「ハイ!! おねがいしま〜す」とか何とか。

これにケチ付けたんだからね。
今回の厚労省研究班。
それも海外でも証拠充分だと言うし・・


「レントゲン? なんだか嫌だなあ・・・」
「大丈夫、大丈夫、それにリスクよりも病気が見つかるメリットの方が大きいよ〜」
「はあ、そうですか・・・それなら・・」

な、なに〜〜 検診の有効性が無い〜〜〜〜??
 メリットは、 メリットはどこへ行ったんだ〜〜〜〜!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 胸部エックス線(レントゲン)検査については「肺がん検診としての有効性を支持する証拠はない」とした。

別の研究班は01年に「海外の研究では肺がんで死ぬ人を減らせないとの結果だが、国内の研究からみて日本の肺がん検診は有効」としており、評価が割れた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


↑これレントゲンは嫌ですと言ってみたら、医師も看護婦も「だいじょうぶですよ〜〜」と安心させてくれたことがあった。
僕も受けていたんですよ。


けど、ほんとうはどうなんだ?

もしも、「儲け」に関係ないとき、彼らはどう言うんだろうか?
口で言うことと実際の事に、違いはないんだろうか?

しかもこういう結果が出たあとどうなったんだろうか?
相変わらず、無効で危険なレントゲン撮影をしているとしたら、なんと国民は馬鹿にされたものか。

いや馬鹿にされているんじゃなくて、元々○鹿だと言ったら怒ってくれるだろうか?
いやあ、怒るほど分かる人がいるんかいなあ・・・



不思議なのは海外と日本の議論は反対になっていると称する研究班が居るということだ。
 どこの誰がメンバーなんだろう。彼らには腰ひもが付いていないだろねえ・・・

将来、こういう公の研究発表は残るわけだし、多大な影響力があるのだから、研究班の氏名と公表結果をずっと残しておいて、それをインターネットで自由に閲覧出来るようにしたいものだ。

そうなると、過去のいい加減な発表も明るみに出るし、これから発表するものも慎重になるし、医学上の理論を利益などで変えられたらたまんないからね。

事実上、彼らには大きな影響力があるのです。
国民はほとんど無条件の信用しちゃいます。
それが国民というもの。 馬○でもチョ○でもコクミンね。



では心電図はどうなってるの?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 心電図の測定も、心筋梗塞(こうそく)の予防などに役立つとの証拠はなかった。
検査で正常とされた人たちの方が、異常が見つかった人たちより、心筋梗塞や突然死に見舞われる率が高いとの調査結果すらあった。

研究班長の福井次矢・聖路加国際病院長は
「心電図検査は昔から健診として効果がないと言われてきた」と話す。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はああ?
昔から検診の効果が無いと分かっていたあ?
じゃあ、なんでやってきたんだあ〜〜

ばかだねえ〜〜〜
言っているだろう、そこに儲けがあるか無いかよ〜く考えてみよう。

あ、そうか! ポン (手を打つ音)



でも、いちおう検査した方がやらないよりかやった方がいいじゃない?  プラス無しでも、い・ち・お・う  気分的に

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 あまり意識されないが健診にはマイナス面がある。放射線による発がんの増加、病気の見落としによる治療の遅れ、治療不要な病気の発見による不要な検査・治療の副作用、膨大な費用などだ。
健診実施には、マイナスを超える効果があるかの検証が欠かせない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんだプラスがなければゼロだと思っていたら、
実はマイナス面があるとはね。

僕はもちろん放射線は受けたくないけど、他の検診までマイナス面があるとは、よけいな事をしていたんだね。
それも「してもしなくても良いこと」じゃなく、「しない方が良いこと」もあるってことね。

検診イコール無害ですが有効性は無いってフレーズじゃあないんだね。
では、公式
「検診」イコール「無効」プラス「中には害もある」

これ僕の間違いイメージかなあ?
なんでもかんでも ひっかけ様としている あまのじゃく体質のせいかのかも・・・・・


よい子のみなさんは決してまねしないように。
ほとんど、僕の方が間違っているんでしょ。おかしいのは僕の方ね。

だから、膨大な費用を使ってやりましょ、やりましょ。け〜〜んし〜〜ん 献身ね。身を捧げてちょうだい。
湯水の様にお金はだぶついてるんだからね、ニッポン!チャチャチャ!


参考資料↓
http://www.asyura2.com/0505/health10/msg/378.html
スポンサーサイト

バリウム飲んで 今日も元気で〜 にも陰りが・・

年間愛用者、1750万人! 売れに売れたけど ついに安全性に×か!


どんどん検査してどんどんバリバリ飲もうぜ〜〜〜〜

男も女もダマって バリウム〜〜 バリバリ バリウム〜〜

で、飲んだ飲んだ、年間 愛用者 1750万人だとさ〜〜

おいおい、清涼飲料水じゃあるまいし・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以下引用ーー
厚生労働省は24日、検査薬「硫酸バリウム」(CT用製剤を除く)を使い、1954年以降で副作用(疑い、因果関係不明も含む)として「消化管穿孔(せんこう)等」が27例(うち死亡4例)、「ショック」が18例(同ゼロ)の報告があったとして、

●「医薬品・医療機器等安全性情報」の重要な副作用情報
    に追加した、と発表した。 
    
年間推計使用者数(04年度)は約1750万人。
             毎日新聞 2005年11月24日 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上ーーーー



当たらないhimaariの予測ではまだまだ愛用者は増えそうだから、もっともっと出るかもね。
しかし、本当の原因はそんな愛用者の数の増加なんかじゃないと思っている。


これは秘密なんだけど、ここだけの話しで、ばらしちゃおう。

じつは・・・・


光が増えてきたんだ。きっと。
光は太陽が源。そして太陽に影響するフォトンベルトとか言われている光の御手が・・・

さらに太陽に反応して地球の浄化力が人に影響してくる。

そう、今の時代はすべてがあぶり出しの世界に突入中。
鍋底に永年こびり付いていた汚れまで浮かび出すほどの強力洗剤。
病気ばかりか事故災害、自然現象、気候・・・何でも浮かび上がる・
だから、鍋の中の水は汚れが表面に浮いていっぱい・・・
   (その代わり、鍋底は綺麗になっているわけ)

最近増えて来たかのような人の精神異常的な犯罪もたぶんあぶり出し効果かな?  人類全体を鍋とすれば、その中の汚れ部分が浮かび出して来たってことかも。


この宇宙的規模から起こっている強力浄化システム発動中においては、いくら超人気のバリウムでさえ、その本質をさらけ出さざるを得ないのだ。

おっとお〜〜
人ごとだと思っていたら、なんと!! 僕にもそれがぁ〜〜
 え〜〜ん、僕はきれいだと思っていたのに〜〜〜
 (だれが! しあくちゃだぜ)

してもしなくても良い検診じゃなかったのね

これ続きの3です。

おいおい、あんなんだったんだよ〜〜
健康診断提唱者諸君はでてこ〜〜〜〜〜〜い

「ダメだよ!健康診断うけなきゃあ〜〜」
「健康診断受けるから病気治るんだし、予防できるんだよ」
とか言ってた君ぃ〜〜
 出てきて説明してちょうだい!

結局何局、どうやら有効とされた検診はたったの6項目だそうで。

じゃあ〜〜ん!  次をみてみよ 腰抜かすなよ〜

=================

●効果を示す十分な証拠あり
、「血圧の測定」と
、「飲酒」と「喫煙」に関する問診

●有効と評価されたもの。ーーー但し、条件が合えばなの話し。

「身長・体重の測定」は
       減量指導を充実すれば有効、
糖尿病検査の「糖負荷試験」や「うつ病を調べる問診」は、
      健診後の指導や治療の体制整備を条件に、
====================

健診が有効とされたのは以上の6項目のみ。

だそうで・・・
なになに?  まだよく分からないって?
う^〜む 悩?検査ひつようかなあ・・・

「血圧の測定」と「飲酒」と「喫煙」に関する問診
「身長・体重の測定」、糖尿病検査の「糖負荷試験」。
「うつ病を調べる問診」
     
どう6項目あったでしょ。
 そして証拠充分にて バン!と合格印を条件無しで押されたのは
 
 なんと2項目だけ
 ================
 血圧の測定」と
、「飲酒」と「喫煙」に関する問診
=========

はあ・・・    あきれ太君 も言葉なし・・・
  例の 「あきょお〜〜ん」も出てこないようだし



はてさて。どうしてこんな証拠不十分な健康診断を
   今までしてきたの?
   これからいつまでやるの?

答え;  ふふ、ば○なこっくみんが気づくまでさね〜
答え2:  いや、これは法律で決まっているしい〜〜〜
答え3:   お金の続くかぎり わたしたちは一緒よ〜〜(業者)

三択式じゃあないんだよ!!!(すまん、変な答えばかりで)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー以下引用
 労働安全衛生法は、全事業者に年1回の健診実施を義務付け、労働者全員、約5900万人に受診を義務付けている。また老人保健法は、市町村などに、40歳以上の住民への健診実施を義務付け、対象者は約2900万人。さらに健康保険法などは、健保組合などの保険者に健診実施の努力義務を課している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ね、 そうでしょ。なんとなく、答えが分かりそう。
三択式、どれを選んでも正解かもね。


半ば強制的でしょ。職場の健康診断などは・・
 嫌なら仕事休むしかないような環境でしょ?
 受けない奴はおかしいなんて言われない?
 
なんと言っても「労働安全衛生法」が燦然と光っているのです。

効果あろうが無かろうが、それは「女将」いや「お上」のお達しでございまする。 とか何とか言って、決まった事にケチを付けるでないぞ。


しかし、ここいらに来て、どうにもこうにも隠しきれない証拠が出てしまった以上、あとは言い訳を考えなきゃぁ・・・

ーーーーーーーーーーーーーー以下引用ーーー
 福○班長は「日本では健診の有効性評価が手薄だったことを痛感した。今後、厳密な科学的評価を進めるべきだ」と話している。

 職場健診を担当する厚生労働省労働衛生課の○部○○課長は「似た指摘は以前からあった。職場健診を議論している検討会で、各健診項目の有効性を考えてもらいたい」と言う。
ーーーーーーーーーーーーーー


おいおい、この様な指摘は前からあったというじゃあないか。
どうして、そのまま来たんだヨ!!
かくして
有効性の無い検診がさも必須な検診かの様に思わされて来た、
そしてその陰には
「もうかるなあ〜〜」
という声が聞こえたかどうかは 分からない・・


ね、いつもそうでしょ。欠陥マンション騒ぎじゃないけど。
 分かっちゃあいるけどやめられない  えびせんじゃあないけど、
 僕の禁酒禁煙もそうだけど
 
 
世の中、分かっていても、どうにもならない事が多いんでございます。(ふん、自分の意志の薄弱さを同類にするな!)

しかしねえ〜〜 お金の無駄遣いがここまで続いたとはねえ〜
(そうそう、お前の飲酒喫煙もずいぶん無駄遣いとは思わないのかね〜     あちゃあ〜〜  痛)

まだまだつづくけど、ちょっと眠くて・・
  

証拠不十分にて本日貴殿達を解放する その2

どうでも良い健康診断  なんでやるの?

ーーーーーーーーー
 健康診断で実施されている代表的な24の検査項目のうち、肝機能検査や心電図測定など16項目は、病気の予防や死者の減少という視点では有効性を示す根拠が薄いとの評価結果を、厚生労働省の研究班がまとめた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー


それでどうなった?
そんな無効な検査を廃止したの?
もう今はやっていないの?


ーーーーーーーーー
自治体や企業に法律で義務付けられ、成人の大半が受ける健診の実施費用は、同省などによれば総額で年間9000億円近くに上る。多くの健診項目が「実施を勧める証拠はない」とされたことで、制度の見直し論議は高まりそうだ。
ーーーーーーーーーーーー

議論っていうけど、どこで誰がやってるの?
いつ高まっているのかな?
法律で義務付けられて」っていうけど、その法律って、今は無いの?あるの?
もしあるとしたら、どうしてあるの? そんな無駄なものを。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これまで、各健診項目の有効性は、ほとんど検証されてこなかったため、研究班は健診の効果的、効率的実施を目的に、各健診項目の効果と、その証拠についての医学論文を世界的に調べた。証拠の質の高さも加えて評価した。

 その結果、「血圧の測定」と、「飲酒」と「喫煙」に関する問診は、効果を示す十分な証拠があった。「身長・体重の測定」は減量指導を充実すれば有効、糖尿病検査の「糖負荷試験」や、「うつ病を調べる問診」は、健診後の指導や治療の体制整備を条件に、有効と評価された。健診が有効とされたのは以上の6項目のみ。他に2項目が判定保留となった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



な〜〜だあ、どうでも良いようなといっては悪いけど、重大な検診と言えるものかなあ?こんなの・・・
飲酒や禁煙の問診、身長と体重の測定、うつ病
あとは血圧と糖尿、

おいおい、あとの項目はなんなんだい?

いったい無効な健康診断ってのは?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 これ以外の16項目は「勧めるだけの根拠はない」「病気予防や悪化防止の証拠はない」などとされた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


やらなくても良いものをどうして大金を使ってやるんだよ!

分かってるくせに
はは、儲かるからさ。
いや、これが飯のタネなんだ、分かってるくせに。

とは言わないだろうけど、どうでも良い様な検診なんて自分で試薬を買って出来る程度だし、血圧や身長、体重測定なども自宅で出来るよ。
重大検査のごとく思われていたあとの検診って16もあるんだな。
それがみんなみんな必要ないって・・・・

それに一番の大義名分 「病気予防や悪化防止」 の根拠などどこにも無いって事。
おお〜〜、

では、今どうなんだ?やっぱり検診は行っているのか?
どうして止めないんだ。
お金の無駄遣いだろうが。

資料は↓から
http://www.asyura2.com/0505/health10/msg/378.html

証拠不十分にて本日貴殿達を解放する その1

よく裁判で、疑わしきは罰せず
などと言われるけど、
この下の項目はどうなるんだろう?

具体的な証拠も無しに被告を罰する事はできません

なんて事も言えないし・・・

証拠不十分で、汝を解放するってことかいな?


ーーーーーーーーーーーーーーーー
 厚労省は先月、健診の検討会を作り、席上で今回の報告書の要旨を配った。
日本もようやく、科学的根拠に基づく健診政策に乗り出す兆しが見えた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




ーーーーーーーーーー以下引用

 ◆有効性について厳しい評価をした主な項目◆
・一般的な問診 明確な証拠はない
・視力検査   勧めるだけの証拠はない
・聴力検査   勧めるだけの証拠はない
・身体診察   明確な証拠はない
・聴診     明確な証拠はない
・腹部診察   ほとんど証拠がない
・心電図測定  虚血性心疾患の発見には無意味
・胸部X線   肺がん発見に有効との証拠なし
・コレステ   コレステロール低下には役立つが心
 ロール検査  筋梗塞(こうそく)予防に有効との
        証拠なし
・肝機能検査(GOT、GPT、γGTP)
        実施の意義を再検討すべき
・尿検査    糖尿病発見には不適切。腎不全など
        を防ぐ証拠はない
・血球数など  有効性を示唆する十分な証拠はない
・C型肝炎検診 判定保留
・B型肝炎検診 判定保留
毎日新聞 2005年8月14日

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上

僕のコメント
判定保留は、おそらく効果も無いけど無効とも言えないという様な状態を言っているんじゃないかなあ?

それにしても、効果の証拠もないのにずいぶん長い間やってくれたもんだなあ〜〜〜〜
なに?今もやっている? そんな事ないでしょ!


URL:http://asyura2.com/0505/health10/msg/378.html
参考ページ

ついに大本営も負け戦を隠せず 時機到来

「臨時ニュースを申し上げます。帝国陸軍は南方方面の戦闘にて、ついに多大な損害を受け・・・・」

う〜〜む、ついに帝国大本営も負け戦を発表せざるを得なくなってきたか・・・・

いままでは負け戦は隠して隠し通せたのに、どうしてだろうって。

それもこれもこの地球世界が明るくなったからさね。
今までは暗かったからの〜〜
けどもうこれからは明るくなる一方だから、暗がりがだんだんと光に照らされて、汚れ物もあぶり出されて、底に沈んでいたあくどい沈殿物も煮えたぎった湯に灰汁が出るかごとく表面に浮かび上がるんじゃよ。

とうぜん医薬品の害も浮かび上がるというもんじゃ。
薬の本質は毒なのだから、いままでは副次的な効能ばかりでオブラートされていて気づかなかったものがどんどん表に出てくるのよ。

下を見てご覧、

ーーーーーーーーー引用ーーーーーー
12月21日(ブルームバーグ):米医薬品2位のメルクが開発・販売を担っていた鎮痛薬「バイオックス(商品名)」の自主回収−−。

医薬品の潜在的な副作用リスクをめぐる動揺が、医薬品企業1社にとどまらず、業界全体に波及している。

17日(米国時間)には米ファイザーの鎮痛薬「セレブレックス」や米イーライ・リリーの注意欠損多動性障害治療薬「ストラテラ」などの副作用問題が相次いで発覚、事態は新たな局面に突入した。


国内でも20日午後に製薬最大手の武田薬品工業が、次の大型新薬と位置付けていた糖尿病治療薬「TAK−559」について、開発を中断すると発表。米国で実施していた第3相(フェーズ3)の臨床試験で、肝機能検査値に異常が出たことを理由に、同薬の今後の開発方針を見直すことになった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうじゃ、水面下ではもう始まっているんじゃな。
これからもどんどんあぶり出されてくるのが薬の正体じゃのう。
(どうも爺さんが憑いてしまって・・苦笑)

そこでじゃ、あとはそれを平民どもが認めるかどうかなんじゃな。
何と言っても多勢に無勢、言論でもっていくら突っ込んでも無駄なんじゃなあ・・・
枯れ木でも黙然人でも数ある方にたなびくのが人のサガ。

どんなくだらない事でも、平民どもはみな多い方になびいて行くのだからのう。
だから彼らには大きな責任があるんじゃのう。

それを・・
「いや、知らなかった」「いや、知らせてくれなかった」「上の方はそう言っていた」「いや、周りはみんなそう言っていたしい〜」

場化もん!!  

もうそんな言い訳は通用しないんじゃ!!
聞かせても聞かん、見せても見えん、もうそんな奴は当劇場には来てもらっちゃあイカン!

おっと年寄りの冷や水はじゃったか・・・

まあ、こういう事は古くから言われてきたんじゃが、それも馬面に念仏じゃったの〜〜う。
(う〜〜〜ん、すっかり憑いた爺さんになりきっちゃった・・)


ーーーーーーーーーーーーーーー
「すべての物質は毒であり、毒でないものはあり得ない。

まさに用量が毒と薬を区別する」(独科学者のパラケルスス、1538年)−−。

薬学部の学生が最初の授業で必ず習うといわれる薬業界の箴言によれば、薬にはその用法用量によってベネフィット(恩恵)とリスク(危険性)が存在する。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

薬学を習っても、薬を処方を指示するのは薬学をほとんど知らないといわれる医師ですからねえ。
ほとんど製薬会社の言われるままに使うんでしょうけど、


薬は毒。毒でないと薬にならない。

今でも「薬は毒だよ。毒を飲んでいるんだよ」とでも言えば
怒り出す人がいるから、もう平民に手を付けられない。
彼らは平民たる特徴を固く守るつもりらしいから。

まあ、これを独りくらいは読んでいるだろうが、平民ではないと思っているから安心だけど。

ーーーーーーーーーーーーー
1999年に米国発売されたメルクのバイオックスは、5年間で累計約2000万人に処方されたとみられており、2003年の売上高は25億ドルに上った。

グラハム氏は、公聴会でバイオックス服用で8万8000〜13万9000人が何らかの損害を受けたと説明。2万7785人の心臓発作や死亡につながったという。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんなのはいくらでもあったし、これからも出てくるのは当たり前。説明の洋梨。

これから日本にもどしどし出てくるだろう。
これに一役かいそうなのが下の記事だった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
  FDAの機構改革が、欧州や日本の医薬品行政に変化を促すのは必至。
今後はより一層、審査の厳格化が求められそうだ。
またバイオックス問題を機に
患者団体が製薬メーカーを提訴する動きも出ており、
「医薬品業界は大型医薬品の安全性をめぐる係争を抱え込んでしまった」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

患者団体が訴えるのは良いけど、そんな目に遭う前に何とかしたらどう?って言いたいくらい。

「知らなかったぁ〜」なんて言い訳はいいわけないよ。

でもしっかり「害に遭う」「ひどい目にあう」って事も必要なんだなあ。
何事も経験から学ぶって言うから。

いちいち、薬の名前を上げていたってしょうがないだけどなあ。
あんなのいくらでも名前変えてしまうから。
ちょっと構造変えれば、りっぱな新薬になってしまう。

それにもう数え切れない程の数の薬品を訴えていたって100年経っても減りはしないでしょ。

まあ、無理に止めやしないけどね。

引用参考はこちら

薬が病気をつくる 対 薬をやめると病気が治る

himaari対安保教授バトル

まんずはhimaari師  
  ===================
  病気は誰にも備わっている自然良能力で治るのが原理原則。
  薬は毒だ。 薬が病気を造る。  
  現代医学の対症療法は誤り。病気は天恵の浄化作用である。
  自然良能力は常に浄化作用で身体を清浄化しようとしている。
  (いつも「治る」働きをしている)
  熱や痛みは浄化作用の過程。これを止める事は生命力を止めるに等しい。強い薬ほど浄化停止の効果がある。(良く効く薬)
==========================

以上himaariから情報でした。もちろん受け売りですが。
 この売り主は昭和の初期から販売していました。
 だから、先見性は抜群でした。
 それに灰汁の強いhimaariが悪のりしているだけですけど。
 
 
 しかし、この論を最近の医学研究専門家がマネし始めたんだからねえ。
まあ、真実に特許は無いから、ぜんぜん咎めることもないけど。

だいた〜い ショミン様は こういう肩書きが無いと信じないし、感心しないからねえ。

フルイとお思いでしょうが、 肩書き信仰、権威信仰、かかあ信仰  だいたいこういう強いものに惹かれるのがショミンでございます。
 (鶴田小路)
 
やっとこ、さっとこ こういう事が見えてきたんだなあ。
阿保教授さんも、今いちばん注目されている人。

しかし、だいぶ叩かれているんじゃないか、心配だなあ。
誰に?
 医学界の大御所ですよ。それと成約害者
  彼らの飯のタネにケチつける様なもんでございます。プーーー   木枯らし頭次郎
  
 ツマヨウジくらいで済むのは、やはり肩書きと時節と真実でしょうかねえ。 いや、いや地球の神様の厳しい御採択があったからこそ。
これに刃向かうもの、容赦なき成敗をするぞよ。  
 この印籠が目に入らないか。 ひかえおろろろ〜〜〜うう〜〜
 
 次は安保教授のおでましい〜〜

 ーーーーーーーーーーーー以下目次から引用ーーーー
安保徹教授著「薬をやめると病気は治る

   第2章  「薬をやめる」と病気は治る

     ● 病気は自分で治せる時代になった
     ● 病をつくるくすり
     ● 対処療法の過ち
     ● 体は治りたがっている
     ● 血流を止め組織破壊を促す消炎鎮痛剤
     ● 新たな病気が上乗せされる
     ● 消炎鎮痛剤が引き起こす病気
     ● 病気を難治化させるステロイド剤
     ● 安全に離脱するには
   --------------引用終わり:
   
これ読んでひょっとしたら、安保さん、himaariの助言を受けたのでは? 
 と、ご心配される方も多いと思いますが、当himaariは一切関与を否定しているものでございます。

 

拝啓ショミン殿別名 チョロ右衛門殿 大本営より

これ、どこの誰が何の報告をしたの?

ーーーーーーーーーーー抜粋記事ーーーーーー
●・・に関する研究報告書の内容を縮小して発表した


 内容を「…」などと
●誤魔化した

ほか、「」という内容は
●発表すらしなかった。


これほど重要なことについて

問題になってから ●2年後 に研究に取り掛かり、

   ●さらに 2年後に
 研究報告書を発表したわけだ。
しかも、 ●内容を縮小 、●隠蔽  した。


 これほど長い時間と努力をかけてまとめた研究結果を
 ●記者らの休みである土曜の午後にひそかに発表した、


報告書は長官が目を通す前に ??業界の手に入り、

報告書がまとまってから●1カ月も過ぎて発表された。

結局、??会社に当該??の在庫を処理する時間を与えるため???
ーーーーーーー以上引用終わりーーーーーーーーー
URL:http://asyura2.com/0401/health8/msg/777.html


まあ、これ読んで何のことか分からんショミン様。

あなたの事なんですよ。
え?
いや、あなたが今まで飲んでいた風邪薬。
ちっとも知らなかったでしょ。

そう、当たり前、知っても誤魔化して、縮小して発表されたんじゃ分かる分けないねえ。

あ・・・・聞こえてくる、くる

「だいほんえいはっぴょう・・ほんじつ・・ていこくかいぐんは・・・だいしょうりをおさめ・・・」
これ、昭和20年の春かなあ〜〜

上の放送はどうも最近らしいけど・・・

まあ、いいか、ショミン殿には、竹槍持たせても付いてくるんだから
チョロ慰問よ。

なに〜〜!!
あ、またつい怒ってしまったボク。これじゃあ、ショミン族から抜けられない・・・・
 
参考記事はここ

スティーブンス・ジョンソン症候群?友の会

スティーブンス・ジョンソン症候群?

どこの誰? 
って、ゆうような名前

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用ーー
 風邪薬や抗生物質の服用後、全身の皮膚や目がやけどのようにただれる「スティーブンス・ジョンソン症候群」を発症した例が、昨年秋までの2年7か月間で1064件に上ったことが29日、厚生労働省のまとめで分かった。

 このうち、市販の風邪薬や解熱剤が原因と見られるケースは58件あった。
 死亡につながった例も106件に上り、厚労省は医療関係者や患者に注意を呼びかけている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昔っからあるのに、庶民殿にはあまりつたわっていないんだね。
こんな事をくり返しくり返しやっているんだから。

こんなのは氷山の一角でしかないんだろうけど、誰もそれに気づかない、まあおめでたいショミンだからいいか。

でも、このスティーブン・・・って、誰なんだろ?
ーーーーーーーーーー引用ーーーーー
 同症候群は、薬の副作用が原因と見られているが、発症の仕組みはよく分かっていない。
ーーーーーーーーーーーーーーー

まだこんな事言ってるのか。
オツムが良すぎるんだなあ。

薬は毒。毒を飲めば害がある。それを発症という。
簡単。
いや簡単なのを無理矢理めんどくさくするのが医学かな?

ぜ〜〜んぜん解っていない医学。そしてその信者たち。
毒が全身に回るのだから、どこにでもいろんな害作用が出るってのは当たり前の話し。それにいちいち名前を付けられないから、「症候群」。
ーーーーーーーーーーー引用ーーーー
 厚労省によると、2001年4月から2003年10月までの間に「副作用報告」として製薬会社や医療機関などから寄せられた1064件のうち、702件で症状が軽くなったり回復したりしたが、62件で後遺症が残った。

 厚労省では1997―2000年の3年間にも同様の調査を実施。このときは同症候群の報告例は約900件、死亡例は81例で、今回はともに増えている。
ーーーーーーーーーーーー

この様に発表される例は本の一部。だから実態はもっともっと出て居るんだろうね。

それに気づくまではの^−天気のショミン様にはどれくらいかかるのかなあ?
なに、自分の頭にトンカチが落ちても耐えるショミン様だから、たぶんだめだろうね〜  って。それは無いだろう!!

いや、いやここで怠ったら、僕もショミンだと言うことがばれちゃうから、ジッと我慢。


ーーーーーーーーーーーーーー引用ーーー
 風邪薬や解熱剤のほか抗てんかん薬や痛風治療薬でも発症が報告されており、厚労省安全対策課では「もし高熱を伴う発疹(はっしん)などが起きたらすぐに投与を中止し、皮膚科の専門医に診てもらう必要がある」と話している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はは、他の薬でも当たり前だのクラッカー。
(む、このフレーズ、どうしても忘れられないんだなあ。この頃、クラッカー食った事無いショミン以下だったなあ・・)

毒を飲むから浄化作用で排泄される。
それが毒を溶かす熱、そして排泄に皮膚を通して湿疹や発疹。
その他千差万別の形有り。l

そのまま服用を止めて、我慢するより致し方ない。
しかし、そこはショミン、じっとしては居られない。
発疹なら皮膚科へ。
そこで、また浄化停止の薬毒を飲むか塗られる。
運良く、一時停止。
そして、後から出てくる出てくる、排毒作用の病気はいろんな形になって・・・癌を筆頭に多種多様。

けっきょく、運が良かったんじゃなく、運がもっと悪くなったことにも気づかないショミン。

ほんと!しょうもない民族=ショミン 
  (略語;広辞苑 無いか!!)


ーーーーーーーーーー引用ーーーーーー
 また、「スティーブンス・ジョンソン症候群患者会」の湯浅和恵代表は「発症を予知できない以上、副作用の可能性を常に頭に入れて薬を使うことが重要。医師や薬剤師は安易に薬を出さず、患者側にもよく説明してもらいたい」と訴えている。
 (2004/7/29/23:26 読売新聞)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
患者の会っていろいろあるんですねえ

安易に出すはずも無いんです。お任せ下さい。ショミン様。
こんな事言わないかも知れないけど、
同じ事を何百回くりかえしゃあいいんだろう・・・・

患者友の会、これからも益々増えて行く展開に見えるけど、

おいらもつくろうかなあ

万年多発性突然&慢性金欠症候群患者友の会

病気の真因 イ 

なんだ!たいして効かない?タミフル

先の掲示板の記事を読み返していたら
これは!とおもったのでまた抜き書きしてみた。

引用文は副島氏の掲示板です。
ーーーーーーーーー以下抜粋ーーーーー
タミフルを世界で最も消費しているのがこの日本なのだ。
 
 過去五年間に日本で約二千四百万人がタミフルの処方を受けて
 おり、
 処方量は世界の七七%を占めた。
 
 一昨年から今年六月までの全販売額の四三%が日本分で、

過去五年、子どもの処方量は、日本が米国の十三倍だった。

こんなにも多いのは、日本の健康保険制度下の医師の処方と患者の薬信仰に原因があると断言できる。
ーーーーーーーーーーーーーーー

まるで日本人が人体実験場になっているかの・・
患者の「クスリ信仰」だとさ。

なんだあ、信仰者だから宗教というわけだね。僕がいつも言っていた
医学は宗教
だと、ここでも言っているんだね。

信仰者にいくら言い聞かせてもねえ〜〜〜〜〜〜〜〜
理性や理屈など関係ないんだね。

で、その肝心のタミフルの効能というと、

ーーーーー以下抜粋ーーーーー
タミフルとは何か、何のための備蓄か

 ここで極めて根本的な事に立ち返る必要がある。光文社ペパーバックスから『患者見殺し 医療改革のペテン 「年金崩壊」の次は「医療崩壊」』との警世の著書がある?谷博征氏のタミフルについての総括をまずは聞いてみる事にしよう。

「一.世界の服用者の約八割を占める約二千四百五十万人が日本で服用している(なぜ?!)


。二.FDA(米食品医薬品局)の発表 大人も含めた死者は全世界で七一人

 三.(薬剤情報)では・・・・ 
  『効果を得るにはウイルスが増える前、発症四八時間以内に飲む必要がある。
熱のある期間が平均約一日縮まり、熱の高さや関節痛も緩和される』

とあります。インフルエンザにかかると四日程度、発熱が続きます。そのたった一日!?症状が早く治るだけ・・・・。
ーーーーーーーーーーーーー以上ーーーーーー


「たった一日だけ」〜〜〜〜??

たった一日だけでも効くと仮定しても、その後はどうなんのよ。

副作用が現れているってのに、関係ないと言っている厚生労働省
ええ〜い、この「労」が邪魔なんだよ!

厚生省だけだと、責任が来るから労働者まで巻き込もうってのかい?

後の副作用がお楽しみ? こんなもんで終わらないかもね。

んでも、薬信仰者には 馬の耳に真珠か〜〜〜

ん?猫に念仏だっけ?

参考に

自己浄霊で風邪をサーフィン


風邪を引くことは良いことだ。

しかあ〜しぃ〜〜

その時に間違えないこと。

対症療法を行わないことだね。


対症療法って?

今まで常識でやってきたことさ。
熱を下げる、下痢を止める。咳を止める。鼻水を止める。
かかあの愚痴を止める・・・・・

まあ、ひとつ違っているけど、とにかく言いたいことは

じょうしきなんて クソ喰らえ〜〜!!

って、お下品な言葉が使いたくなるほどですな。


では、とのとき家政婦は何を見たか?

我が家の家政婦は僕が兼任しているから、僕が僕を見ることになるけど・・・・・・


まず風邪を引くと熱が出る。
もちろん冷まさない。 氷嚢なんか捨てたし、水枕も要らない。

自己浄霊は頭を触ってみて特に熱のあるところを狙ってやる。
同様に頸の周りも触ってやる。
方も少々。

喉が痛い。だいたい痰がでたりするけどなかなかどうして喉がヒリヒリしたりするので、この時はもちろん直接喉を狙って自己浄霊だね、

この時も裏側を突き抜ける感じで・・・イメージは最初だけでOK。

この喉の痛みは溶けた毒素が集まって来るとかそこにある毒素が溶けて移動する時、その毒性のため神経を刺激するからだね。

それに鼻水なども相当濃くなってでるけど、僕は鼻をかむときにいつも覗いてみるね。
 「どろどろとしら真っ黄色な鼻」などが出ようものなら、
 「やったあ〜」と小躍りするくらい嬉しいもんだけど。
 
 
なあに原理が分かれば、この様な小さな喜びまで感じられるんだから、ほんと、風邪様々だね。
人様が引いているときは貰いたいくらいだけど、不思議とそういう時には風邪が貰えないからなあ・・・


下痢なんてのもひじょ^〜ううに嬉しい現象だねえ。

これも体内毒素がうんと出て行く形だからね。
熱で毒素を溶かして、液体状になってあちこりから出て行く。

正直だるいのはみんなおんなじだけど、その時の対処方法で後々が違ってくるんだね。

まさに借金を返す時、ちびちび返して行ける形が風邪。
それを嫌がって拒否していたら、一度に返せと言われた形が肺炎。

それさえも拒否していたら、まあ昔なら結核。今はどんな形になって借金返しをさせられるか分かんないくらい病気は多くなったけど。


だいたい、人類が風邪を解明出来なかったことが最初のつまずきになったのかも知れないね。

医学が科学的だなんて言っても、未だに風邪の原因をウイルスなどのせいにしているけど、ウイルス性でない風邪もあるとか言ってもいるし、なんだか、「知らない人が分からない人に説明している」現象がながあ〜〜く続いて来たんだな。


さあ、今日もせいせいとした。
書き放題のブログは ちょうきもちい〜〜い!!

薬も麻薬も同じ

薬も麻薬も同じ

世の中は都合分けという分類が多く行われているようですが、
下記の記事もそんな一例。


「ケタミン」を麻薬指定 六本木で外国人が服用死

 厚生労働省は13日、全身麻酔薬として使用されている医薬品「ケタミン」を麻薬に指定することを決めた。昨年春、東京・六本木で相次いで死亡した外国人が服用していた可能性が高いため。医薬品を麻薬に指定するのは異例。
 
http://asyura2.com/0510/health11/msg/185.html


医薬品と麻薬の区別はどう付ける?

使用目的によってでしょうね、

料理に使えば便利な文化包丁と「文化」まで付けて貰えるけど、
人を刺す事に使えば、たちまち「凶器」の包丁となってしまう。

では、
麻薬はどう?  もちろん、精神高揚とかに使うけど、高価なために
犯罪目的にされやすい。

しかし、これを医療用と認定して貰えば、たちまち貴重な医薬品として医療様に使われる。

同じ物でも、使用目的によって善にも悪にもなるから、上記の「ケスタミン」はたちまち所持するだけでも犯罪者となってしまうでしょうね。


古来から本当の医薬品などというもの(害の無い、身体に有用のみのもの)など無かったと言いますけど、人間は勝手に使う都合で分類してしまっただけで、これからも医薬品が麻薬指定に変わるなんて事はあり得ると僕は信じるのであります。

そう言えば前にも書いたっけ
これ↓、だいぶ皮肉的に書いてあるから、そのまま信じちゃあ駄目ね。

薬は賛成! 麻薬は反対?

タミフルではどれだけ必要なの?

タミフル服用後に男性2人死亡、他薬副作用の可能性も
 厚労省は15日、インフルエンザ治療薬タミフル(一般名オセルタミビル)を服用後に死亡し、タミフルの副作用が否定できない大人の男性の事例2件を公表した。

 他の薬による副作用の可能性もあり、同省は「タミフルの安全性に重大な懸念があるとは考えていない」と説明している。

http://asyura2.com/0510/health11/msg/191.html

やっぱりねえ〜〜

どれだけ犠牲者が出ると「重大な懸念がある」用になるでしょうね。

こんな事は過去に何度も何度も繰り返されて来たことだし、いざとなりゃあ、それは当局には責任はございません。
いや、当会社も責任はございません。

いやあ〜〜、今のマンション沙汰を見ているとよ〜〜〜く分かりますね。

かくして、薬害は相当拡大してから、ようやく思い腰を上げる・・と・

「そろそろ回収しても儲けは充分とったし・・・」あんて考えていたら、
もう勘弁しないから!!

と言っても、その時にはどうにもこうにもしてみようもあるまいけどね。

インフルエンザ治療薬 タミフルと医師の見解とhima語録4

ーーーーーーーーーーー
日本人は薬好きです。毒だとしか思えない薬もどきを中国などから輸入して飲んでいる人がいます。薬状にして「がんが治る」と謳えばどぶ川のコケや犬のウンコでも売れるでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

#【そうです。そうです。その薬漬けいや薬好きにしたのはだれだっけ〜〜〜
誰が宣伝したんだっけ〜〜〜?
「毒だとしか思えない薬もどき・・」
はは、毒が薬になるんですよ。
モドキじゃあなくて、りっぱな医薬品も。

そう、もう分かっているんですね。誰もが。
それを知っていながら悪い患者の為に出さなければならない立場・・・苦しいでしょうね。

僕はてっきり、お医者さんでも薬が毒だとは思ってなかったと思いこんでいましたけど。意外でしたね。
この医師だけなのかな?

どぶ川のコケや犬のション便が

はあ?
りっぱな医薬品でもありましたよね〜〜似たようなものが
ペニシリンって?
たしか人間様のション便もありましたね〜〜
ホルモン剤?

「薬もどき」よりも「薬そのもの」の方が上を行っていると思うんですが・・・毒性としては。だから良く効く。(一時だけど)

「もどき」ごときに負けてたまるか〜〜〜本家では
「癌が治ると言えば、毒ガスでもなんでも使うか。(抗ガン剤のひとつ)
】###




ーーーーーーーーーーーーーーーー
使用例の多い日本のタミフル副作用情報をアメリカが欲しがっていることは事実でしょう。
乳児におけるインフルエンザ脳症は安全性が確立されていないもののステロイドとともにタミフルを使ったほうがよいという指針が厚労省研究班から出されています。
乳幼児にも安全に使用できるかは世界的に有用な情報になるでしょう。
ーーーーーーーーーーーーー


####【ひゃ〜〜〜あぶない話しだなあ〜〜〜
なんだか、日本人が猿か犬のごとく動物実験されているような・・・・
きっと様子を見て居るんでしょ〜ね〜〜
日本人がこれからどうなるか・・・・興味深々(この字でよかたかな?)いあ津々?ま、どうでもいいか。

ふふ・・副作用情報を見たがっている
って事は副作用をどんどん起こして貰わなくちゃあ期待に添わないかな?
いやまてよ。情報を待っているより、日本人の○滅を狙って・・・・?  あるわけないな。・・・・。




安全性が確率されていないものの・・
「ステロイドとタフミルを使った方が良い」・・?

おいおい、誰が使うんだ〜〜
え、庶民?  自分たちは高見の見物〜〜?

だいたい、ステロイド剤は薬害の王者だと言われるほど毒性が強い事は専門家なら知っているはず。
それにまた危険と言われているタミフルまで混ぜ合わせて・・

何も知らない乳幼児に毒団子を飲ませようっての〜〜?

いったいどこの誰が?

なに〜〜  厚労省衛生班〜〜〜

その人たち、メンバーの名前は?
指針を出しているほど権威ある偉い方達だから、これはメモしておくべきでしょ。

もしかしたら、数年後には証言して戴くことになるでしょ。
薬害エイズ事件で懲りたんじゃなかったのか?

でも・・・その乳児って、どこのどなたの子、孫なんでしょう?
気になるけど・・・  】####



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本で使われている多くの薬剤、特に抗がん剤などはまず欧米で人体実験(効く効かないを決めるphase1 study)がなされたものが殆どです。効果があることが分かった上で日本で人種差や使用量を決めるための治験が行われて使用が一般に認められるのが手順です。
だから欧米で効果があるとして使用されているのに日本で保険適応にならない抗がん剤が多く出てしまいます。

日本では新薬の治験が行われることは難しく、10年前より治験数が10分の一に減っているという資料もあります。日本で開発された薬をわざわざ外国で治験を行う例も多いと聞きます。

治験が行われにくいのは国民性もあるのでしょうが、国民皆保険制度の恩恵もあると考えます。治験に伴う検査や医療の費用は普通製薬会社持ちであることから保険の恩恵に預からない人が海外では多く治験に参加します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


###【 動物実験だけでは新薬の効果は判らない。だから人体実験が必要だ。

こう言うと、「そんな事は無い、危険は動物実験で回避してあるのだ」と答えるでしょうが、「動物実験の無効性」は「医療の犯罪」(千人の医師の証言)という本で答えが出ています。

それを無視し続けてきたのが医学そのものですから、その医学を習って医師になった人たちも同じように答えるでしょうか?

しかし、実体は「治験」が行われているのです。
「治験」はチケンだ
などと言っても駄目。それは法律でも認められているものです。日本でも常識だそうですね。


まさか、人体実験とは言えないのでしょうが、実際は試して貰う患者が必要な訳です。
当然副作用の危険があるので、外国ではよく行われるのが貧困層や犯罪者で服役中の囚人などだそうです。
命に替えるのがお金や服役期間となるのでしょう。


普通の人は怖くて遠慮するわけですね。喜んで毒のむ人はいませんね。しかし、いったん認可されると喜んで飲むのだから、まあいい加減なのは人間様かな。

しかし「治験」くらいでは判りません。だから大量に使ってないと薬害は現れないのでしょうね。そして次々と消えて行く。その実際上の被実験者は患者となるのです。

今回の日本だけ以上にタミフルが備蓄促進されたり、ステロイド剤と併用が指示されているという事は、今回は日本国民を人体実験にお使い戴く様、いままの恩返しでもしようってのかな?

国民はたまったものじゃあないけど・・・・】###

ーーーーーーーーーーーーーーーー
私について述べますと、かつて緊急医療援助隊に指定されたときは黄熱病などの種々の予防接種を受けた経験がありますが、ことインフルエンザについては一度も予防接種を受けたことはありません。今年も受けません。タミフルも飲んだことはありません。普通の風邪薬を飲んだだけで眠くて仕事にならないことが多いくらいですから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

####【 はは、ほんとにこのお医者さんは正直ですね。尊敬しちゃいます。
ただでさえもいろいろな情報のタネを与えて戴き、さらに最後には正直に告白されているのですから。


ある農家に遊びに行った時

おおこのトマトおいしそ〜〜

あ、だめだめ。こっちのにしなさい。

そうね。これってきれいだし形はいいし・・・きっと売り物にする大切なトマトでしょ。
それよりちょっと落ちるけど、こちらを皆さんが食べているのね。

そう、見た目の良い方は売り物。ちょっと落ちるのは自宅用。
しかし、理由はちがうよ。

はあ?売り物だから大切にしているんでしょ?

ははは、そんなものあまり食べちゃあいけないんだ。
だって、消毒は何度もかけているし、形はよいけど化学肥料たっぷりで育てたんで、味も見かけほどじゃないよ。
かえって、こちらの方が味はよいよ。無農薬無化学肥料育ちだかね。
第一、安全でなきゃあああ^〜〜
食べものはね!!

え〜〜なんで、それを売らないの〜?

売れないんだよ。買う方が選んでいるからね。見かけの悪いトマトより、見かけのりっぱなトマトの方を選ぶからね。それに値段だって高く売れるし。

そうかあ・・選んでいる消費者に合わせているんですねえ。


何事も裏話を聞くと感心しますね〜〜
知ってるんですよ。ほんとは。みんな。
だから、
○カ丸出しっていっちゃあ悪いけど、薬出さないお医者さんを悪く言って噂しているショミンが悪いんですよ。。

ほら、そこのあなたですよ〜〜  

振り向いたって誰もいないよ〜〜(笑い)


どうもすみません。
話しのネタにショミンを多用したことをお詫び致します。
(もっともこれ読んで怒った人は正真正銘のショミン様かな)

インフルエンザ治療薬 タミフルと医師の見解とhima語録3

ーーーーーーーー
厚労省では2500万人分のタミフルを備蓄する計画を立てたそうですが、実現は2年先とやらで各地でタミフル奪い合いの状態が現出されているようです。
そんな背景もあってこれは怖い薬なんだぞという情報を意図的に出した経緯もあるのでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー



###【うん、なるほどなるほど。
タミフルが足りないから、ちょっと脅しておいてやれ、そうすれば襲い合いが無くなるという・・・・・

まあ、そういう見方もあるわけですね。
では、
ほんとにタミフルは怖い薬なのかどうか?
これ一番大切な事ですが。

2年先にはどうなっているか興味ありますね。
ほんとにタミフルが安全かどうかはみなさんが多く使ってみて人体実験されると判るでしょうけど。(それを観察しているどこかの国・・)

しかし、薬害は忘れた頃にやって来る  なんて事もあるんで、2年後に間に合うかどうかは保証出来ませんけど。

まあ、5年後に薬害が出たとしても、5年も経ってからどう証明しろって? これを証明して貰うまでまた5年?

2500万人分買い取って(世界ではあまり使われていないものを)日本人皆に飲ませようって・・・
薬害が出たら国民の税金で支払うって・・・・・

今回の欠陥建築マンション騒ぎじゃあ収まらないぞ〜〜
(覚悟しておいた方が・・・関係者)

それにしても・・・
「本当の怖い薬だぞ〜〜」と何故?教えてくれないの??
他にもいっぱいあるお薬だけど。  】####


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月20日付けの科学雑誌NatureにベトナムでH5N1ウイルスに感染した患者からタミフル耐性の株が発見されたという報告がありました。
こうなるとタミフルだけ備蓄していても十分でなく、他の抗ウイルス剤「リレンザ」なども備蓄しておく必要が出てくるでしょう。だから我々医師たちには備蓄が促進されるように「寝ていれば治るインフルエンザにはタミフルを出さないように」する教育が必要かもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



####【えええ〜え〜〜????
「寝ていれば治るインフルエンザにはタミフルを出さないように」する教育が必要かもしれません。

って、どういう事???
ちょっと頭脳名跡な僕でも考え込んでしまった。


寝ていれば治る・・・・のに・・・なぜ重度の副作用の危険が言われてきたタミフルを患者に出さなきゃいけないの?
「それを出さない様にする」・・・・当たり前の話しだけど。

しかもそれを教育しなくては?  え〜〜?
わからん・・・・


しかも、タミフルだけでは十分でないと判ってきたって〜
耐性菌(ウイルス)が出てきたって〜〜


そりゃあそうでしょうねえ〜。
浄化作用で見た感染症の原理原則では
  薬から菌(ウイルス)が湧く。
  Aという薬を使えばBという耐性菌が現れて
  Aの薬毒を掃除する。
  Bを退治しようとする薬が現れると、
  Cという耐性菌が現れて、
  Bの薬毒を掃除する。

それが新種の耐性菌が次々と現れる秘密(でもないんだけど)の鍵だったんだから


今までも、これからも薬(毒)でウイルスや細菌を攻撃しようとすれば、必ず耐性菌(ウイルス株)が現れるのは歴史的事実そのものですから。

ウイルスや細菌の役割は新種の薬毒が現れると、一枚上の存在となっているんだね。

ちょうど、お父さんが出世すれば、奥さんはお父さんより一枚上の存在だから、いつもお父さんより上に居られるんだね。

・・・・・・・・・・・・・

ソウかかあ〜〜〜 孫悟空とお釈迦様の手の関係なんだね。
それなら分かる?
】####



ーーーーーーーーーーーーーーーーー
もともと日本でタミフルが多く使われる理由のひとつに「医療機関へのかかりやすさ」があります。数分でインフルエンザと診断がつくキットが診療所レベルでも汎用されるようになるとインフルエンザと診断されたのに解熱剤だけ出して「寝てれば直りますよ」と患者に説明するだけではすまなくなります。
よい薬があるのに出さないと「あの医者は藪だ」といわれてしまい開業医には致命傷です。
ーーーーーーーーーーーーーーーー


###【むむむ・・・そうかあ、責任は患者にあるんだね。
薬を出さないお医者さんを藪医者と呼ぶような患者がおおいからねえ〜〜まったくショミンはしょうがないね。
  しょうがない民の略語かな?
(まさかショミンから訴えられないだろうな・・)


お医者さんだって商売だから、悪いうわさを立てられたんじゃ困っちゃうはずだし。
本当は寝ていれば治るものも薬をださなくちゃあ納得しない患者たち

それじゃあ、患者が悪いよ。ぜったいに!!

ほれ耳を澄ましてごらん。
すぐ、あちこちで井戸端会議。お○さんに多いかもね。

「ねえ〜あそこのお医者さんはお薬も出さないのよ〜〜」
「あ〜らいやだ、奥さん。もうあそこへは行かない方がいいわよ〜〜。あたしは○○医院なんだけど、あそこはいいわよ〜〜。お薬もいっぱい出してくれるし、先生はすてきだしぃ〜〜・・」

おいおい、先生の容姿や優しい態度で判断しか出来ない庶民にかかってはお医者さんも正当な評価は貰えないわけか。
出してくれるお薬だって皆同じ様なものだけど、出す先生によってアソコは良いだの悪いだのと決めつけている○鹿○鹿しさ。 (○の中は牛です。念のため)


やっぱり、患者が一番わるいんだなあ・・つくづくそう思ったね今日は・・・】####




ーーーーーーーーーーー
だから自分の家族には飲ませなくても患者にはタミフルを処方することになります。

インフルエンザ脳症の死亡率は高いのでやはり重篤と思われる患者には効果が限定していると分かっていてもタミフルを出すことになるでしょう。
出さないで万一死亡して訴えられた場合、現在の裁判状況では間違いなく負けるでしょうし、下手をすると告訴されて前科者にされかねません。

その意味では本当に教育が必要なのは患者(国民)の方かもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


##【うんこの。 いや、  うん!この医師はまったく正直な告白をされている、   ホント りっぱ!!

「だから自分の家族には飲ませなくても患者にはタミフルを処方することになります。」

そう、苦渋の決断をされているんですねえ〜いつも。
自分の家族には飲ませられないものでも、患者には・・・
それも患者が悪いんです〜〜
よからぬ噂をたてる 患者が〜〜〜〜

最悪の場合はすぐ訴えますからね〜〜〜患者は。
薬出さない医者が悪い!!
薬さえ出して貰えば治っていたかもしれないのに・・などと。


これじゃあねえ〜〜
お医者さんは出さない訳にはいかんぞね。

ほんと、教育しなければならないのは国民の方だあ〜〜〜

でも、誰が教育するの???
厚生省?  (労働省?ーーーだいいちなぜ一緒にしたんだよ。ぜんぜん畑違いじゃあないの?
イザという時の責任逃れかな? 同じ省庁だから人事異動もスムーズに行えるし、まずいことあった時に有利だなあ?)

馬鹿な事書いてないで、はいお次

でもこの国民たち・・・
教育して治るかなあ・・・・

竹槍もって敵機を打ち落とそうとしてたくらいだからねえ〜〜
身内に聞いたら、その時はホント真面目に考えていたらしいよ。(ふ〜〜)
】###


タミフルの副作用報告します という副島氏のHP掲示板に有りましたね。
投稿日:2005/11/25(Fri) 00:37:39
気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板

インフルエンザ治療薬 タミフルと医師の見解とhima語録2

以下は副島隆彦氏のHPにある、 「近代医学・医療掲示板」で読んだ一医師の投稿文です。
内容は、今話題になっているインフルエンザ治療に使われる「タミフル」についてです。
これを読んで僕は「なるほどなあ」と感心したわけです。
以下は僕がコメントを付けてみた投稿文です。 その2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
また薬に副作用は付き物で副作用のない薬はないと断言してかまいません。強い副作用があっても使うメリットが大きければ使えばよいのです。
ーーーーーーーーーーーーーー


###【この事はもう大昔から言われてきた事で、誰もがこのことを当たり前の常識として受け入れていると思います。
が、未だに「このお薬は安心ですよ」などと、他人に教えている素人の方をみることがあります。

ほんとに大丈夫?
ええ、このお薬は安全だと保証しますよ。ただし、副作用が出てくるまでですけど・・・・

とでも言って貰えば本当なのだけど、後の方は大抵ぼかしているのですね。

「副作用の無い薬など存在しない」というのは、薬については医師よりも詳しいと思われる薬剤師の方が良く知っているでしょうね。

だから、「薬は毒だ」と薬屋さんの前で叫んだところで、営業妨害と言われても、その内容には間違いないと反論出来ないでしょう。


そんな毒を「お薬」といかにも安全な風に呼び、そして言葉もずいぶん柔らかに話せば、庶民はたちまち喜び庭駆け回る・・・
おっと、犬じゃなかった・・・・しょみんか・・


さて、肝心な事ですが、
薬は毒だ。 副作用の無い薬はあり得ない。
と、これは納得しているのが犬、いや、庶民でしたね。

次の事がとても重病なんです。いや重要なんです。
もっともこの真相が分からないから重病患者みたいなもんですが。

●「強い副作用があっても使うメリットが大きければ使えばよいのです。」

これです!
大昔から言われてきたし、これからも言われ続けるかも知れない言葉の意味。

もちろん、これは一人の医師の考え方でなく、医学の考え方の柱になっているかも知れません。また庶民もこれを認めて受け入れているのでしょう。

使うメリットーーーーーーーこの意味は薬の主作用の事でしょうね。薬は効くのだ。だから人は使う。当たり前です。
メリットがあるから使うんですね。
誰も効かない薬は使わないはずです。
 (これについては異論もあるのですがここは省いて)
 
では、使うメリットとしての薬の効果に対して、強い副作用が控えているというのは薬学の常識。
当たり前過ぎる薬の毒性を言っているのですが、それでもあえてこれには目をつぶり効能だけを見ようという「前向きの考え方」です。
ポジティヴな思考法として、う〜んりっぱ!

としたいけど、これも僕と同じ様に自分に都合の良い独善的な考えに過ぎないでしょうね。


昔から、現れては消え、現れては消え、現れては消え・・・
書ききれない程の名前の薬が登場しては消えて行きました。



なぜ?
そう、上記の様に「前向きな考え方」をしていたのに、実際は後の方の「強い副作用が出てきた」ため、怖ろしくて使えなくなったのでしょう。

つまり
どんな効果ある薬も後になってみると、その強い副作用で消えざるを得なかった・・・


最初のメリットを追い越す程の薬毒の被害が出てきたという訳です。

でも・・・・
使って見なけりゃあ、判らんばい・・

そうね、じゃあ、あんたからどうぞ。わしゃあ責任はとれんから、自己責任でどうぞ、どうぞ^〜〜〜

これで使うんならそれも良いでしょ。】####

 
ーーーーーーーーーーーーーー
タミフルについて報告されている副作用は使用されている頻度から比べると少ないと言ってよいでしょう。

また今回問題になっている異常行動などが、インフルエンザ脳症や高熱が副作用発現を修飾していないか、より厳密に検討する必要があると思われます。
ーーーーーーーーーーーーーー


###【 使用頻度に較べて少ないーーーー薬害なんて後からうんと出てくるんですね。それにこの薬のせいだと本当に判るのはずいぶん時間がかかるんです。その証明に。
昔の薬害裁判など見るとそれがよく分かるのですが、本当に判ったときには既に多くの薬害患者が作られた後なんです。

だから、今少ないからと言って、後に非常に多く現れる事もあり得るのです。

さらにさらに、
「インフルエンザ脳症や高熱が副作用発現を修飾していないか、より厳密に検討する必要があると思われます。」

修飾するという事実。
じつは医学の歴史上でこの「修飾」がいかに多く行われてきた事か。しかも、医学に都合の良い様に改ざんまでされた歴史もあり、この場合の「修飾」は薬害の発見を遅れさせ薬害患者を増やしたのちに薬が市場から撤退するというものです。

いままでがそうであった様に、このタミフルの重大な副作用についてモタモタ調査していると、けっきょくは重度の患者をつくりだした後「やっぱりそうだった」となるかも知れないのです。

「よくよく検討して」などと言って後で馬鹿見るのは患者自身。そして国に裁判を起こして、みんな自腹の税金で払う賠償金。

もう騙されないぞ薬害患者は!
などと言っても、やっぱり最後は薬害の治療に薬を使っているんですから、もう僕もあきらめました。】###



ーーーーーーーーーーーーーーー
熱のない健常な人がタミフルを服用して異常行動が起こったのならば明らかに問題ですが。小生にはなぜ今毎週山のように出される副作用報告の中からタミフルだけが今大きく取り上げられているのか政治的背景のほうにも興味があります。
ーーーーーーーーーーーーーー


##【政治的背景があろうが無かろうがタミフルの副作用があるのなら使わない様に方向付ける必要はありますね。
確かにマスコミはひとつの事にしか集中して報道しないので、もっと重大な事を意図的に隠す為の隠れ蓑的報道がずいぶんとあります。
この様なマスコミの質は今最低な時代なのでしょうが、マスコミ報道関係者達はそういう教育をされているんかな?】###



ーーーーーーーーーーーーー
例えば慢性肝炎の治療や一部の癌治療にも使われる抗ウイルス剤インターフェロンでうつ状態が誘発されて自殺例が出ていることは医者としては常識であり世界的にも問題視されていることですがマスコミでセンセーショナルに取り上げられたことはありません。
ーーーーーーーーーーーーーーー


###【「例えば慢性肝炎の治療や一部の癌治療にも使われる抗ウイルス剤インターフェロンでうつ状態が誘発されて自殺例が出ている」
こんな情報が医師の間には常識なら、医学会で広告でも出して発表すれば良いのにしないですね。
マスコミも御用マスコミなんでしょうからしない。
大本営発表は戦時中ばかりでもないんですね。戦後もりっぱに存在しているのかな?
それに荷担していたマスコミ界も相変わらずだなあ・・


マスコミを信じているとトンデモ無いくだらない情報だけを強調して流すので、本当に知りたい情報などはインターネットの方がうんと出ていますね。
もう僕は新聞は週刊誌と同じくらいに見ていますよ。もちろん、テレビなどももう新聞社と同じ系列でしょう。
そう思って見ていれば、けっこうおもしろいけど。

今のマスコミから重大な真実を知りたいなどと思うのは無駄ですね。やはりインターネットの世界は偽ネタも多い中でキラリと一点真実が見つかる事が多いですね。

もっともその選択がむずかしい。けどちゃんとありますね。】##


ーーーーーーーーーーーー
東南アジアで問題になっている「新型インフルエンザ」は鳥インフルエンザが人に感染したものとしてH5N1という毒性の強い型のウイルスであることが問題視されています。ベトナムでは感染者91人のうち41人が死亡、インドネシアやタイでも死亡率が50%を上回っていることから寝ていれば治る弱毒型の従来のウイルスと同じ対応ではいけない、積極的に抗ウイルス剤を使用して治療をする必要があると見られているわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーー


###【最近の新型インフルエンザは毒性が強くなったという様ですね。これも地球上の浄化作用の働きが強くなってきた証拠でしょうけど。

しかし、そんな浄化作用の働きなんて夢にも思わない医学ではウイルスがどんどん強くなった事だけを知っているのです。

本当の原因は太陽活動の活発化により、地球上の生物の浄化作用が促進されて来ている事で、ウイルスや細菌の働きはそれを助長する添加剤的な役割なのだという事。

本来は人の身体の中に固結していた毒素が溶解排除される過程を病気と言うのだけど、そんな事はまったく知らない医学だから、現れたものしか把握できず、浄化作用の原因をウイルス、細菌に当ててしまったわけ。


それにしても、今までより強くなった・・・
その原因は以上の原理は原理としても、その直接の原因を作ってきたの人間様だったのですけど。

この中で
「寝ていれば治る弱毒型の従来のウイルスと同じ対応ではいけない、積極的に抗ウイルス剤を使用して治療をする必要があると見られているわけです。」
とありますが、
では、以前のインフルエンザにかかったときに寝ていれば治ると言って何もしなかったでしょうか?

そんな事はな〜〜い
たぶん、どこの国でも風邪には薬が一番。
風邪引けば薬のむ、これさいこう。
いやいや、風邪引く前に飲む、いや打つ・
予防接種。

ほ〜〜〜ら、入れているではないですか 原料を!

すると次回はもっと重い風邪になる。簡単な方程式ですよ。
前の時に予防接種も風邪薬も使わなかったなら、もっと軽くなって来ているはずです。

嘘と思うなら、これからもうんと予防接種と風邪薬を使えば判ります。あ、そうなるとこのタミフルもうんと使えって事になるな・・・・】####


ウイルスの逆襲2


[タミフル薬害問題の深層にあるもの]とグーグルで検索すると出てきますね。真相が。 キャッシュでクリックしてね。
タミフル愛用率80パーセントと言われる日本国ショミンの皆様。

インフルエンザ治療薬 タミフルと医師の見解とhima語録1

以下は副島隆彦氏のHPにある、 「近代医学・医療掲示板」で読んだ一医師の投稿文です。

内容は、今話題になっているインフルエンザ治療に使われる「タミフル」についてです。

これを読んで僕は「なるほどなあ」と感心したわけです。
以下は僕がコメントを付けてみた投稿文です。



以下引用文ーーーーーーーーーー
[1516]タミフルについての私的見解
投稿者:「もう」投稿日:2005/11/26(Sat) 23:04:02

みなさんこんにちは「もう」です。重掲では抗ウイルス薬のタミフルについての警鐘が大いに叫ばれています。小生は感染症の専門家ではありませんが、内科医としてパート先の病院などで感冒を診ることもありますので、一医師としての私的見解を述べたいと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー


##【  (以下、この中は僕のコメント;)
一医師としてとありますが、本来医学という学問が科学的と言われる以上はどの医師でも同じ見解が出るのが本当でしょう。
あの医師とこの医師、さらに別の医師毎に医学上の理論に違いがあるなどあるはずはないわけです。
ただし、もしも「医学が科学」ならの話しですが。

ゆえに、ここに一人の医師が話すという内容は細かな違いはあっても大筋では医学そのものの考え方とみています。

くどい様ですが、この医師とまったく異なる見解がある医師が多くいるとしたら、医学はやはり非科学的だと言われても仕方ないでしょう。大筋で一致しないのは、もう個々の個人が勝手に推測しているものになり、そこに医学理論など存在しないからです。】###


ーーーーーーーーーーーーー
結論から申し上げると「薬は必要に応じて使うのがよい」の一言に過ぎます。タミフルがどこの会社で作っていようが、誰が関与していようが必要に応じて使えばよいのです。
ーーーーーーーーーーーーー


##【「薬は必要に応じて使うのがよい」という結論ですね。

なるほど〜と思うのは普通の考えかたです。
わたしんちは何と言っても、どんなところでも揚げ足取りの様なさもしい行為をしてしまうのですね。

では、「必要に応じて」という意味ですが、これは医学的には大筋の決まりがあるはずです。つまり科学的根拠からそういう教科書があるはずですね。

もしもです、この「必要に応じて」という判断を各医師が推量して行うとすると、ずいぶんいい加減なやり方ではないかと思うのです。

実はこの様な薬の使い方が実際行われてきているのも事実だと僕の推量ですが。

科学的一致がみられない、各医師の自主判断によって行われる薬の投与がもしあるとしたら、医学の科学性というのはどこにあるの?って聞いてみたいのも僕のへそ曲がり意見です。

いや、この医師を批判しているのではなく、医学の科学性を批判しているのです。人間攻撃などしていては医学の真実を暴く事は永久に出来ないからです。

現代医学の中で当たり前の様に行われている「必要に応じて」と言うのは「医師の裁量権」に当たるのではないでしょうか?

もしそうなら、医師の裁量権とは何か?とつい考えてしまうのです。

医学には科学という「理論」がしっかりとあるはずです。
各医師はその理論に従って診断と治療を行うはずですから、しっかりとしたマニュアルがあるはずです。

当然薬の投与に関しても日本中どこの医師も同じ判断をくだすのは医学。もし各自がばらばらだったとしたら、それは実にあやふやな医学と言われるでしょうから。】###


ウイルスの逆襲1
つづき 

自己浄霊と風邪引き健康法

風邪が流行っているのかどうか分からないけど、きっと流行る時期になったなあという思いで書いています。

先日、親戚に行ったらお母さんが風邪を引いていました。
どうも治りにくいようだと。
最近、というか、近年になって、毎年風邪は流行っていますが、去年よりまたその前の年より段々と症状が重くなってきた様な気がしないでしょうか?

いや、そうなっているでしょ。
(むりやり話しをそこへ持って行かないと僕の話が進まないんですね)


はい、では
そうなっているという事で・・・・


けっきょく毎年毎年ぼくらはてっぱんの〜〜〜
じゃない!

毎年風邪の度に飲んでいる風邪薬が効いてきたんですよ!
ばんざ〜〜い

じゃないって。

効いたのは効いたが、これほんとの風邪薬。
つまり風邪にかかる為の風邪薬だったとしたら。

それじゃあ、毎年毎に風邪の症状が重くなってきたのも無理無いなあ

じわじわ効いてきた風邪薬とかなんとか言って、売り出中。


そんな事宣伝しなくても放っておいても売れるのが風邪薬。

え? 風邪を治す薬は無い?

そんなの昔から言われて知ってるぞ。

では、なんで飲むの?

もちろん、ひいても症状を軽くするためさ

なあるほど。理屈はあってるな。

そうだよ。けど、なんだか最近は効きが弱くなったのかなあ?
なかなか風邪が治らないけど・・・

いや、風邪を治す薬じゃあないんでしょ。

でも、風邪が治らないってことは効かないって事で

だか〜あ〜ら〜〜  風邪を治す薬はないんだって!

じゃなんだってんだよ!!


と、一人芝居も興に入ってしまいついつい興奮までしてしまいまして・・・


ここで自己浄霊と風邪引き健康法と題したのは、両者協力しあってこそ効果倍増という訳を書きたかったのです。

前置きがまたまたトンデモない方に行ってしまって。


浄霊も風邪引きも実は体内の掃除をするからです。
自己浄霊をしていて、時には排泄物として下痢や痰が出るなどの症状が出ます。
風邪の場合も同様、下痢や痰、鼻汁、汗などで体内のお掃除をしているわけです。

自己浄霊は何も無い時でも行うことで体内掃除を徐々にしているというわけ。

で、この風邪引きの時行うのは両者が対立するのではなく、同じ方向に協力し合う事になります。
風邪は自分の自然良能力が熱を出し(毒素を溶解するため)て排泄物にして出します。

では、浄霊はそれを応援する働きの光と仮定すると、自分自身が熱を出して固結毒素を溶解するのを助けるので、ある程度で熱も必要なくなります。
すると解熱するという訳です。

もちろん、氷冷など、熱を下げる事はやりません。
自分自身が必要あるから熱を出し、必要なくなると熱を下げる働きをしているのですから、それを外からどうこうするのではなく、ご主人である身体の働きに任せると共にそれを応援するだけの事です。

風邪の原理

しかし医学の方でも言います。
「これ(薬)は自然治癒力を助ける働きがあるために」使うとい。


これは僕は言葉だけの真実だと思っています。
言葉で誤魔化されている事はずいぶんたくさんあります。
改革や国民の為や正義の為やあなたの為を思ってや・・・
いろいろな言葉で騙されます。


初めに書いた
毎年薬を飲んでいたお陰で風邪が段々軽くなって来たのならそれは言葉通りです

が、毎年毎年薬で治して来たと思っていたのに、毎年毎年風邪の症状が重くなってきたーーとしたら。


これは風邪の原理を知らないから。症状を軽くするために止めて来た薬そのものが、次の年に原料となって出てくるとしたら・・・

それが今の現実です。

そして、今年の分はまた来年に、いや一年も待たずに出てくるかも知れません。


年賀状に書きます。

「今年こそは・・」


今年こそは「本当の事が皆さんに分かりますように」

よいお年を・・・



おいおい、まだ早いって!

日本中が農薬汚染されていることがいまごろになって

http://www.collectors-japan.com/nevada/main/m_051201_6.html
ワールドレポートより
3.日本国中が農薬汚染されている?

--------------------------------------------------------------------------------

基準の800倍の汚染でも非公開(福岡県)
現在、以下の都道府県では農薬汚染が進んでいますが、実態はヤミの中にあります。

宮城、秋田、福島、新潟、長野、熊本、山形、大阪、山口、福岡、沖縄

これ以外の都道府県でも、過去31都道府県で農薬が地中に埋められていたことが判明していますが、その後、汚染があったかどうかという事実さえ公表されていません。

この農薬は、<有機塩素系農薬>で、体内に入ると蓄積されて癌などにつながり、吐き気やけいれんなどの中毒症状も引き起こす猛毒ですが、1970年代に使用が中止されたものですが、その後処理に困り黙って地下に埋められたのです。
以下省略

ーーーーーーーーーー
遅い!おそいんだよ〜〜〜

40年前に、いや、実質的には70年以上も前に突きつけられた日本人への警告があったのに。

わたしんちの地方では、雪が降ります。
雪が降ると大勢の人がスノーダンプや、スコップなどを買いに走ります。
それでも十分間に合います。
昔、豪雪の時がありました。
その時も皆どっと買い出しに走りました。

その時は全然品物が手に入らなくて、あちこちと店を走り回ったものです。

いちど懲り懲りした人たちも店も雪の準備は、雪が降らないうちから気を付けるようになったとさ。

では、農薬汚染で奇形や癌が大量に発生するという事実が公表されたとき、

はは、笑い事じゃあないよ。

雪が降るのを分かっていた人たちが右往左往したときの様にはいかんぜよ。
右往左往したって遅いんじゃ、

農薬汚染だって、みんな知っているじゃないか!
ただ、誰も言い出せない、言えばパニックだから、とても役所の側からは言えないだろうね。
それでも、それが分かったときどうするって?

はは、責任のなすりあいかな? 今回の欠陥マンション騒ぎでわかった?

でも、こんな事知らされなくても分かるのが普通の頭。
もし分からんとしたら、脳病。

ええ〜〜〜〜〜〜〜い 
相変わらず、くどくどしい事ばかり書いていて、いやになっちゃう

じゃ、止めろって?

そうはいかん、これ趣味なんだから(笑)


おっと、忘れるところだった。
下記の論文、いまこそ光っているよ。 



夜昼転換と薬毒論



解説『この時代!』 迷走する人類へのメッセージ より

解説『この時代!』迷走する人類への希望のメッセージ・・

をくり返して読み始めています。

「こうして世界は騙された」などとひと言で言うには壮大なドラマ過ぎる程です。

ホントに分かった時、口をあんぐり開けて ふ〜〜〜〜 とでも いうしかないか。

この中で健康問題の項が嬉しい。

だいたい宇宙論とか精神世界のなかで
この医学問題について、ほとんど詳しく批判論は見つけられかったからなあ。

精神論もよいけど、足を地についての肉体の問題に一番関与しているのは、なんと言っても医学でしょ。

その医学が一番わしらの身体に直接関与しくるのは、薬でしょ。

その薬によって人類は まるで 猿を騙す がごとく、うまうまと騙してくれたもんじゃ。

もっとも そういう状況を人類は選んでいたのだろうけど。
ま、選択の結果、ここまでひどい状態になったということかな。

それでもまだまだ、騙しのテクニックは有効じゃのう。(いつのまにか爺に・)

はは、騙される奴が悪いんだ!!
と言ってしまえばそれで終わりじゃけんのう〜〜〜

どうも人間は本当の事を 胡散臭い と思い、
偽の事を おお!真実だ! などと 錯覚する 事の方が多いらしい。

大体嘘のやつほど、立派に着飾って派手にして、かつ、「押しつける」からのう〜

胡散臭いと言われる中で本物もあるのに、大体は見かけで判断するから、風采の上がらぬものを 捨ててしまうんだな。

人でもそうだけど、着飾れば着飾るほど、中身が薄くなってきているのに、そこに気づかない自分がわからんちんばかり。

おっと、そんな事はどうでもよいわい。

第3回 健康についての真実

読んで、それでも輪下欄珍は 壁に突き当たるまで やってちょうだい

何をやるって?

思う存分、お薬という毒を喰らってみろ!ってわけ。

わしゃ、しらんよ 後のことは・・・

苦痛を緩和することと病気が治ることは違うのだ 

え〜〜
病気は苦痛でしょ! その苦痛が嫌だからみんな止めようとするんでしょ!

まあ、こんな答えが出てくるだろう。普通の人はその程度なのだな。
いや、相当高級と言われている御方たちも、その程度の頭だったんだね。

しか〜〜〜し、それでは 智慧が足りな〜〜い のだ。

なんで?え〜なんで〜〜?

それを今説いてみよう。
と言っても、この僕が話すとだいぶ的がずれてくるので、やっぱり古い(昭和29年以前 20年代とは思うけど)

ーーーーーーーーーーーーー

病気と苦痛

 人間一度病気に罹るとする。病気に罹ったと言う意識は苦痛である。言わば病気即苦痛である。しかし苦痛にも色々の種類がある。

これまでの医学は病気と苦痛を同じものにみていた。それがため苦痛を緩和すればそれだけ病気も緩和すると思っていた。この考え方が根本的に間違っている。
それを説明してみよう。

ここで最も多い感冒を取上げてみるが、まず熱が出るとする。

頭が痛いから氷で冷すや幾分楽にはなるが、それは病気が軽減したのではない、苦痛が軽減したのである。

これが根本的誤謬である。

それは病気と苦痛とは別々のものであって、実は苦痛を緩和すればする程病気は悪化するのである。この説を見た現代人は余りの意外に唖然とするであろう。

しかし、これこそ絶対動かす事の出来ない真理であって、これを基本としなければ真の医学は生れないのである。

以下解くところによって何人(なんぴと)といえども衷心(ちゅうしん)から納得して一言の否(いな)を唱うる事も不可能であろう。

昔の人が自惚(うぬぼ)れと瘡気(かさけ)のない人はないと言ったが、誠に面白い比喩である。実際どんな人間でも先天的毒素を保有していないものは一人もないと言っていい、しかも毒素保有量は予想外に多いものである。

この毒素とは薬剤の変化したもので吾らは薬毒と云う。この薬と毒については別の項目に詳説するが、ともかく右の保有毒素は新陳代謝の活動によって、体内の各所に集溜する。そうして時日の経過に従って漸次固まってしまう。

「毒素の集溜の個所としては神経を使う局所であるから、何と云っても上半身、特に首から上である。」頭脳を始め、目、鼻、口、耳、咽喉部等々で、これは目の醒めている間ほとんど休む事はない。特に最も神経を使うところは頭脳であろう。

従って、全身の毒素は頭脳に向って不断に集溜すべく動いており、首の周囲に最も集溜するのである。それは、目、鼻、口、耳などの神経も実はその根原が頭脳にあるからである。ほとんどの人間が首の周りにグリグリや塊りが出来たり肩が凝ったりするのは皆そのためである。

ところが右のごとく漸次固まった毒素が頂点に達するやどうしても健康に支障を及ぼすので、これの排除作用が始まる、これを浄化作用とも言う。

造物主は浄化作用に当って巧妙を極める。それはまず最初発熱する(この熱については別の項目に詳説する)。
この熱で塊りが溶けるのである。すなわち溶けて液体となった毒素は、一瞬にして肺臓内に入るや、間髪を容れず咽喉を通って外部へ排泄する。
これが喀痰である。
喀痰を排泄するポンプ作用が咳と思えばいい。

ただし後頭部から延髄部付近の毒素は鼻汁となって鼻口から出る。そのポンプ作用が嚔(くさめ)である。
咳の後には痰が出、嚔の後には鼻汁が出るにみても明かである。
また、首から下の毒素は液体となって排泄される、それが盗汗(ねあせ)である。


また頭痛とは液体化した毒素がいずれかの口を求めて排泄されようとし、神経を刺戟する、それが痛みである。
その毒素は肺臓目がけて流入し、痰となって出るのである。何よりも吾々が頭脳を浄霊するや、瞬時に咳と痰が出、頭痛は減るのである。

また節々の痛みとは、人間は常に手足を屈折するので、関節へ固まり、それの浄化が痛みである。
 右のごとく、人間の病気とは、溜った汚物の掃除である事を説いたのである。

従って、実は感冒程有難いものはない。

という事は、病気程有難いとも言えよう。

この理によって健康不良の原因は、汚物の溜ったためで、病気という清掃作用によって浄められ健康を回復するのである。

従って、病気の苦痛は、有難い苦痛なので、言わば清掃作用であるから、この苦痛を手をつけずにそのままにしておけば、はなはだしい苦痛はないのである

。ところが、医学は病気の苦痛を悪い意味に解釈し、止めようとする。

言い換えれば、自然に出るべきものを、出さないようにするため、自然と人力との衝突が起り、苦痛が増大する。
この自然抑圧法を治病の方法と錯覚し、進歩し来たったのが今日の医学であるから、いかに誤っていたかが知らるるであろう。

以上のごとく、毒素が局所に固まるや、浄化作用が起ると説明したが、これには条件を必要とする。その条件とは、毒素を排泄する活動力、すなわち浄化力である。

この浄化力こそある程度の健康体、すなわち新陳代謝が旺盛でなくてはならない。これを逆に解した医学は浄化発生を停止させようとする。

それには新陳代謝を弱らせなければならない。それは健康を弱らせなければならない。
それは健康を弱らす事である。

その方法として唯一のものは薬剤である。

元来薬剤とは、実を言えば毒物である。毒だから効くのである。と云うとおかしいが、毒を服(の)めば身体が弱る。弱っただけは浄化も弱るから、それだけは苦痛が減る。それを錯覚して薬で病気が治るように思ったのが既成医学であった。


薬剤に限らず、あらゆる療法も同一で、熱があれば氷で冷し、氷で冷してせっかく溶けかかった毒素を元通り固めようとしたり、絶対安静とは運動を止めるから弱らすには何よりである。

病人でなくとも健康体でも数ケ月も絶対安静すれば胃は弱り、食欲は減退し、手肢は使わないから痩衰え、大病人になるのは必然である。

言わんや病人においてをやである。また湿布であるがこれも弱体法である。人体は口からの呼吸以外全身の皮膚面からも毛細管を通じて呼吸をしている。
それを止めてしまうのである。

何よりも湿布をすれば熱は減り、その部の苦痛は軽減するという事は湿布面だけは浄化が停止されるからである。



 以上のごとくであるから、医学が行うあらゆる方法は人体を弱らせ浄化を停止させ、以って苦痛を軽減させるだけのもので、今日に至ったのであるから、病気を治すと言う意味はいささかもないのである。

忌憚(きたん)なくいえば、医学とは苦痛を軽減させようとして、実は病気を重くしているのである。

すなわち精神は治そうとするが行為は治さないようにしているのである。

嗚呼、何と怖るべき誤謬ではなかろうか。

ーーーーーーーーーーーーーーー

どぅ?

これ読んで わかった!

と、言えたひと    その人は  ほ〜〜〜〜〜ん〜〜〜と〜〜〜〜〜に〜〜〜

エライ!!

じゃないね、当たり前の人間でした。

その他の人は

当たり前じゃないひとね。

そう当たり前の事を当たり前と思えるひとが当たり前のひとという当たり前の話しでした。

なんだか・・・・・・・・・・・?

その訳は みんなが宗教の信者になっているからだべ。

どこの宗教?

世界医学教。

熱心な信仰者に理屈は通らない。  だから、上記の論を述べてからもう半世紀も過ぎてしまったのだべ。

もう後何年必要なんだべ。

では

タミフル備蓄騒ぎに想う 予防接種の疑惑

何度書いても書いても良いと想うのだけど、
だって、あちら側も何度もなんどもくり返して同じ事を宣伝してはやっているからね。
こちらは一円の儲けもないけど、あちら側はどうかな〜〜?

今回の欠陥マンション騒ぎだって、やっぱり儲けが絡んでいたんでしょ。
なんの商売でも儲けが一番、「安全第一」は「儲け」には適わないねえ。

こちとら、儲けもないのによくやるよ。ほんと。
ぽちぽちしか見に来ないボロ愚なんて、好きじゃあなければ書けないねえ・・

まあ、たまには隙人が来るからいいか。なんでも自己満足の世界だからね。
儲け話の得も好きだけど、少しは徳も稼いでおかなくちゃあ。

とまたまた貼り付け話で申し訳ありません。

http://www5.ocn.ne.jp/~kmatsu/iryousangyouhanzai/127yobousesshu.htm

ーーーーーーーーーーーーー
この記事の中では特に、”予防接種が間違いなく持つ効果”は良く覚えておいて頂きたい。
すなわち・・・ある集団予防接種が開始されると必ずその発生率は急上昇し、その後下降して接種以前のレベルに落ち着く。そのため、発生率をグラフにする場合、接種直後の急上昇の頂点を初年度にとれば、その後は発生率が下がっていると読めるのは当然だ・・・医者や医療ジャーナリストなどが予防接種の効果を示し人々を説得しようとするのを目にしたら、ワクチン開発以前の50年の発生率の経過を見せてくださいと要求してみればいい。きっとしどろもどろになるか、切れて怒り出す筈だ。彼らのウィークポイントは、予防接種推進の確たる根拠を持たないことなのだ。
ーーーーーーーーーーーー
とまあ後は
こちら

で読んでってちょうだい。

予防接種、すればするほど、予約接種。

予防接種で増やそう、世界の感染症

なんちゃって。 下手な標語だけど、募集しようかな・・

浄霊の急所

自己浄霊の実践という事で、その参考資料を先回は紹介したので、大体はそのとおりと言って終わり・・・
と書いては、僕の出しゃばる所はなくなるから、とにかくマネをするという事で、その前の知識として、浄霊法の急所を参考文献から抜き出してみました。

その前に、
自己浄霊を行うに当たって、何も精神作用を使わない、もちろんお守りなども使わない、マントラ(真言)も言わない、レイキなどの「光明」も使わない。
では、何をと言うと、ただひとつは「自分は神と直接繋がっているのだから、祈らずとも手から光が出るのは当たり前」と思ってみる事かな?
しかし、これも子供には無理なことだから、これも無効かも知れない。

子供に教える場合を考えるのが一番だと思うけど、「あ〜〜君ね、君の手のひらから光が出るんだよ。そう、誰でも出るんだね。その光が自分を突き通して向こうの壁(ふすまでもドアでもガラス窓でもよい)まで突き通しているんだ。」
と、教えて「最初そう、ちょっと思ってごらん」
と、後は急所を教えてやります。

で、今現在その子の一番気になるところを聞いて、その箇所の急所を教えてやります。
「さあ、そこに手のひらをもってってごらん。そう、あまりくっつけない方が良いね。触っていても良いけど、決して力を入れちゃあだめだよ」

たとえば、頭の頂点が急所だとすると、頭からちょっと手を離し、そこに手のひらをかざして、「最初だけ突き通す(光が足の下の床まで通すというイメージ)と思うだけ、後は何を考えていても良いんだよ。」
と。

例えば、腰の痛みなら急所は背中側の腎臓部の下部だから、そこを教えてやって、後ろだと手がくっつくので、力だけは入れない様にさせて、やりにくかったら、横になっても、椅子にもたれかかっても良いので、とにかくリラックスした状態にしてもらいます。

左右の手をとっかえ、ひっかえ、交代させることも大切。
とにかく、精神力などを出さずに手にも力を入れないようにさせ、マネ事が一番。

では急所を捜す場合、何もどこも異常ない場合は、身体をあちこち触ってみて、特に熱のある所。指で押して痛い所などです。

浄化中(病気)の場合は痛みや熱のある所が自然に分かりやすいので、その箇所の浄霊はもちろん、急所を知ることも重要です。

浄化の種類も多いので、その時々で異なりますが、まずは試してみること。
そして、経験と過去の資料をよく照らし合わせて、実践を通じて納得して行くのがいちばんの近道かもしれません。

下記は浄霊の創始者の論文から抜き出してみました。

ーーーーーーーーーーーーーー
浄霊の急所
 浄霊の場合、急所を外れては、労多くして効少なしという事である。何病気でもそうだが、近来殊に多いのは頭の病気であろう。その原因は首の周り、すなわち左右いずれかの淋巴腺に固結があり、相当腫れているので、大抵は見ただけでも分るが、必ず相当の熱もあり、触ればよく分る。

今一つはこれも左右いずれかの延髄部が腫れている。見ただけでも片一方が高くなっているし、触ればなおよく分り微熱もある。
という訳でこの部を浄霊すれば必ず効果がある。こういう人は常に頭重や朦朧(もうろう)感があり、特に意外なのは、腕や足の悪い人でも、この部の浄霊で治る事がよくあるから、全く不思議である。

 また今一つの面白い事がある。それは痔疾のような肛門に関係ある病気の原因は、ほとんど後頭部にある毒結であるから、そこを浄霊するとよく治るし、また歯痛によっては、その原因が盲腸手術の時の消毒薬が毒化し、歯茎から出ようとするためもあるから、盲腸部を浄霊すると、よく治るにみて明らかである。
次はひょう疽の場合、その側の淋巴腺部、脱疽(だっそ)の場合は同じく股にグリグリがあるから、そこを浄霊すれば必ず治るのである。

ーーーーーーーーーーーーーーー

と、まあ、思いもしない所に原因があるようです。
後は自分で体験しながらと言うことで最初からあまり難しい事は止して、気軽に手を当てて(身体から離せる場所は離して)みませう。

大体は頭、首、耳下腺、肩、腰(腎臓部)などを重点的にやると良いでしょう。
普通はほとんど毒素の集まる場所ですから。
また
そけい部(股の付け根)、脇の下なども毒素が固結しやすい場所でしょう。
浄霊は固結毒素を溶かすと思って下さい。
また、
熱のある場所は固結毒素が溶解されている状況ですので、高熱の所を浄霊すると解熱するのは、浄霊の光が毒素を溶かすための援助になるからです。
ある程度溶けると溶解の為の熱が必要なくなるからですが、時には急所をはずれると熱が下がらなくて上がる場合もあります。
その時は、浄化作用の原理と治病箇所の項目を勉強し直しましょう。

という、僕もだいぶ忘れてしまいました。
出直して来ます。
プロフィール

akyoon

Author:akyoon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR