医学はもう既に退廃期に入っている

そんな気がするのは独善てきだろうか。
最近のインターネット情報をみていても、医学の衰退というか負の面が目立ってきているかのようだ。

しかし、一般の人の目には全然変わっては見えないだろう。
ますます、医学は大切であり進歩し続けていると思っているだろう。

それは私がたまたま話をしたり聞いたりすることでよく分かるのである。
もうそんな人たちに医学は退歩しているとか、これから医学はだめになってくるなどといっても無駄だろうし、過去の経験でそんな事は十分知り得たことだから。

人の思考を変えるという事は一番難しいのだ。
彼らもそうだが自分自身でよく分かる。

自分がそういう事を受け入れる時期というのがあるようだから。
それまではいくら親切で言っても聞き入れては貰えないだろう。
逆にこちらの頭を疑うか、感情を害してしまい大切なおつきあいまで失ってしまうだろう。
理屈などではないのだ。
感情が嫌うからだ。

感情に対して理路整然とした説得などは無効も無効、かえって嫌われたりするのがおちである。

人は理屈や理論で心を変えるのではないようだ。
感情の方が心を切り替えるチャンスが強いのかもしれない。


私はこれからも自分の思いや主張は書いて行くが、個人に対して「ああしろ、こうしろ」とかは言わない様に気を付けないとならない。

ただ、私の思うことに共感してくれる、その時(時期)が合致してくれる人があれば嬉しい。ただ独りで強がって行くのも寂しいし、周りの環境が自分に合うようなことも幸せ感が強くなると思っているし。


私が25年前に共感した「現代医学の迷信性」というテーマが今でも未だ生きていると思っているし、そういう事実に気づいてきている人も増えてきていると思う。

しかし反面、以前よりも医学の信者として深い信仰を続けているひとも多いと気づいている。

やはり、もう後は一人ひとりの自由選択の時期なのだから、どちらが正しいとか間違っているとかの判断よりも、自分はこちらの方を選ぶという自由と責任の方が大切なのかも知れない。

薬を飲むのも自由だし、飲まないのも自由。
そして重要なのはそれを強制しないということ。

だが、今の医学制度はそれを一方だけの強制制度としているかの様に見える。一般の人にしてもそうだ。

医者にかからない人はまるで「悪」かの様に見ている人。
薬を飲まない人はまるで「狂人か変人」として排他主義で見る人。
ましてや法律などで、取り締まるなどは自由の束縛でしかない。

多数決の原理で言えば今の医学制度は正しい。
じゃあ、多数決がいつも正しいかと言えば、過去の歴史をみれば一目瞭然である。


まあ非国民的な差別だけはやめようよ。
逆になった場合も私も気を付けないといけないのだが。
スポンサーサイト

転落人生こそ怪我の功名

実はこの16日に転落の憂き目にあったのだが、一時まったく動けずに現場てじっとしていた。
一時間ほどしてから、じりじりと尻をずらしながら移動。
その苦痛はそうとうなものだったが、どうにか這い出した。

具体的に言うと斜面に横穴があってその段差2メートルくらいはあったか?そこにふっと落ちてしまい、落ちたところに大きな切断した丸太があり、その角に腰を激突したわけである。

その詳しい経緯はのちほどにして、今回はこの転落からいろいろな事を学んだ。
もちろん、例によって薬もレントゲンも嫌だから救急車も呼ばなかった。

その代わり、タクシーの患者輸送車を頼んで担架で運んで貰った。その際、乗ってきたマイカーは代行車扱いでもう一人の運転手が付いてくるので、運んで貰ったり運転して貰ったり、家に運び入れて貰ったりでとても重宝した。

落ちた後は数時間は激痛で右足はまったく効かなかった。
ほんとにじりじりと尻をずらして移動するだけだった。
しかし、想いもしなかった現象として、動かさないとあまり痛みがなかったことだ。

これはその後一週間たってもやはり動かなければほとんど激痛というものが無い。
ただ、くしゃみだけは出来ない。
激痛がおこりとてもくしゃみどころではないのだ。

それ以外はまったく快調に眠ることができ、ほんと痛みが少ないというのはどうしてだろうか?

どうも考えてみたら、理屈としては打撲した(骨も異常があるかもしれない)箇所には体内の毒素が集まるという第一浄化作用の原理があるが、その毒素があまり強くない状態だったかも知れない。

なぜなら、もうかれこれ25年くらい薬毒を入れていないからだ。
そこに集まる毒素が少なければ毒素の浄化の痛みが少ないのかも知れない。

刺激する所に毒素は集まるというが、毒素が少しは薄くなっていたのかも知れない。

それと未だ浄霊という手かざし方法は捨てていないので、即手当を自分でしていたのもよかったのかも。あと、落ちてしばらくは身体を動かさない(動けないので)状態を保っていたことか。

それにしても、自然治癒の力はありがたい。
本当はレントゲンくらいは撮ってみて貰うのが常識なのだが、特に曲がったままの状態でもないようだ。

私の状態を見た人は、必ず病院、レントゲン、湿布をすすめてくれる。
それが常識だからだ。
みんな親切で言ってくれているのだ。
しかし、25年も薬はもう嫌いだから入れないし、レントゲンも放射線の害が怖くて断って(厳密に言うと近年、歯医者で2度撮られたので皆無でないが)来たのだし、今もこれはやりたいとはどうしても思えないのだ。

で、一週間経って、悪化したかというと、いたって順調になってきているようだ。
少しは不安もあったが、悪化の気配も無いし、すこしづつ足も動き始めてきたので、もう一週間もすると大分快方に向かうと思う。

病気だけでなく、こういう打撲や骨折もよほどの骨の異常が無い限り、自然に任した方がどうも楽であり治りも順調に行くような気がする。

しかし、変な骨のくっつき方をすると怖いと思ったときは、こだわらずにレントゲンで撮って貰うかも知れない。

今もまだくしゃみが出来ないが、ふつうにしていれば極めて快適と言ってよいくらい楽である。
そして、動けない時だからいろいろな事にじっくり取り組んだり、考えたり、また不自由なひとの気持ちも察することができるし、面倒をみてくれた方への感謝も大きくなる。

一時的にはつらい目にあったが、それに増していろいろな大切なことも思い出せるきっかけになったので、これは転落人生も上昇人生に転じるきっかけになるという、実にありがたい結末になりそうだ。

ありがとうございます。   ほんと!!

太陽活動の活発化

他のBBSと同じ内容です。
ちまたではあまり話題にならない、太陽黒点活動こそ今後の人類と地球の未来を決める重要ポイントとなりそうです。
具体的には地球も人類も総ての生き物も含めてこの太陽の影響を受けているのはもちろんですが、この太陽活動が活発化することによって、起こるのはまずは自然の変化でしょう。
気温の上昇も含めて単に二酸化炭素だけの影響ではなく、根本は太陽活動の活発化にありそうです。

我々にとっては人体の浄化作用が促進されますから、病気の起こりやすい環境となります。もちろん病気は浄化作用というありがたい作用なのですが、体力的には持ちこたえられない程の浄化作用もあり得るわけです。
しかし人は身体が主ではなく、あくまで本体は死なない意識の領域ですから、まあ「死んでもだいじょうぶ!」という真の悟りを得ればよいわけです。

しかし・・・
この真実も知ってはいるがいざとなると、なかなかというのが人間肉体を持った状態の弱みでして、まあ出来るだけ普段からそう言い聞かせておくしかないようです。

太陽活動の活発化はウイルスの活動をも即します。ゆえに世界的に感染症というすがたかたちにて現れてくるでしょう。これも浄化の形のひとつであり、むしろ手助けとなるものですから、これもありがとうございますウイルス様というように普段から感謝しておきましょう。
皮肉な事にウイルスさんは感謝している人にはあまり寄ってくれないようです。嫌うと寄ってくるとか遭ってしまうのは人間様との関係でよく経験済みですね。

前から書いているように、現代医学の効力も衰退の一途をたどるでしょう。
もうある大学病院では今の医学ではもうとても対処出来ないとして、現代医学以外の療法を研究し始めたそうです。

もっとももう相当ふるくからアメリカでは国家プロジェクトで現代医学がまったく無力だという結果を出していましたが、この情報もなぜか次第にかき消えてしまっていたようです。

そんなこんなで今の日本はアメリカのあの古い時代の医学を新しい素晴らしい医学だと思いこみ、相変わらずそのしっぽを追っかけてきたようです。

では太陽活動の活発化がなぜ医学の無力をさらけ出してくるのか?
というと
これは別に医学に限ったことではないようです。つまりごく簡単に言えば、自然に合わないものは合わない結果を暴露する、それがごくごくハッキリとしてくるというだけのことです。

まあ医学の主の治療法は薬剤です。おそらく今のこの時期でも薬剤は相当よく効いていると思います。だから皆が薬を使う気になるわけですが。

しかし皆が皆、そうと言うわけでもない時期になったようです。
薬を使って即悪化するひと、副作用出るという表現をしますが、これは薬の主成分は毒物だから当たり前と言えば当たり前なんです。
ところが薬のもうひとつの働きの面として主作用とこれを呼んでいますが、これは実は浄化作用を停止する働きがあるということです。

ああ、またこんな事を書いている・・・
こんな事は以前の掲示板で盛んに書いていたことで省きます。

で、どういう事を言いたいかというと、
つまり(くどい!)

薬を使うと前よりも早く副作用が出るということです。
それも以前よりも多くの人に現れてくるということです。

そうなると数が少ない内は医療ミスとか、各病院の誤り程度にされてしまっていたのが、
今度は数が多くなるので、これはおかしい  と各病院でも、患者さんの方でも気が付いてくる
わけです。

もうとっくに気が付いている医師の方も結構居られるようですが、まだまだそれは公にはなっていません。

それに

本当に未熟なというか失礼ながらよくもこう信じているというか、医学のおこなう薬剤療法には微塵の疑いも持たない一般大衆に問題がありそうです。

たまに何かの集まりで話を聞くとなんと医学の信仰者が多いことか・
これにもう僕からの異端の説は話すにはもう話題がかけ離れすぎています。彼らは盲目の信仰者といってもよいくらい、よくお医者さんの言うことを聞きます。

僕はもう直接彼ら彼女らに本当の医学の状況を話すことはもうしていません。
彼らはそれが好きでやっているんじゃないか?
皆が戦争を従っているとき反対した者は非国民と成り下がってしましましたが、彼ら彼女らに聞く耳がないともうあきらめ加減です。

でももうすぐそういう事の心配もなくなりそうです。
僕などが別に出しゃばらなくても、ちゃ〜〜と
太陽様が教えてくれるようですから。

とかいっている内に自分の中の浄化作用を忘れていたっけ。

これはとても人様のことを高見の見物で見ているわけには行かないようです。僕自身がまずしっかりとその太陽活動の活発化を認識して

何が起きても
これは浄化作用なのだ。  と我に言い聞かせることです。

世界に日本にいくらエイズだの感染症だの流行りだしても、これは浄化作用なんだからもうウイルス様やばい菌様にお任せしてしまえ! ってなわけです。


果たしてその現実を前にして僕は毅然とした態度でそれをそれを受け止めるか?


あんがい、
ちょっとまって〜〜 ちょっとまってぇ〜〜〜〜  とか(爆)
プロフィール

akyoon

Author:akyoon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR